さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ケルン その1

2009年03月03日 | 海外旅行
ケルンは、ドイツ西部のライン川のほとりにある街です。名前は、ローマの植民地であったことによる Coloniaに由来します。

国際的な見本市なども開催される商業都市の一面も持っていますが、観光客が訪れるのは、このケルン大聖堂が目的になるでしょう。



ケルン大聖堂は、1248年に着工し、500年以上の年月を経て1880年に完成しました。ゴシック様式の建物としては、世界最大のもので、高さ157mの尖塔を備えています。



大聖堂前は広場になっていますが、全景を撮影するのは難しく、頭上に覆い被さってくるといった感じがします。



側壁も良く見ると、多くの彫刻が施されていますが、威圧感を覚えます。



内部には、キリストの誕生を祝いに訪れた聖3賢者の遺骨や、中世の芸術品が納められていますが、美しいステンドグラスも見所になっています。



暗い堂内に、ステンドグラスを通って、色とりどりの光が差し込んできます。その細部を見ると、キリストの生涯を著す物語になっています。これは、キリスト誕生の絵でしょうか。



南側には、バイエルン王ルードヴィッヒ1世によって寄進されたバイエルン窓と呼ばれるステンドグラスが並んでいます。

キリストの生誕



東方の三賢人やひつじかいなども書き込まれていますね。



十字架降下



死せるキリストを抱いて悲しむマリア。ピエタの絵といった方が良いのかもしれません。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この週末 | トップ | 黒岩山 (2009.2.22.) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2009-03-07 17:02:35
おはようございます。
この大聖堂、去年訪れましたが、その巨大さはもちろんですが、観光客の多さに圧倒されてしまいました。まだこのころはそうでもなかったのですかね。

年末、日本でさすらい人さんお勧めの「西洋絵画の主題物語」を購入しました。
最新は2008年2月第10刷です。
おかげ様で、それから宗教画をみるのも楽しみの一つになっています。
このステンドグラスもいつか、そんな視点で見に行こうかなあ。ケルンは結構近いのです。
教会 (さすらい人)
2009-03-07 20:37:34
今晩は。
私が訪れた時は、ケルンの大聖堂は、それほど混雑したという印象はありませんでした。最近の世界遺産が関係しているのでしょうか。
教会のステンドグラスの絵は、キリストの生涯を文字の読めないものに判り易く示すという目的もあったようですね。宗教画の主題が判ると、理解が深まるところもあります。私も、ヨーロッパをもう一度歩きたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む