さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ノイシュヴァンシュタイン城 その2

2009年07月28日 | 海外旅行
観光ポスターなどで使われておなじみのノイシュヴァンシュタイン城の写真は、入口を正面から見て、左右の背後に湖が広がるというものです。

このアングルを求めて、ノイシュヴァンシュタイン城背後の岩山のテーゲルベルクへ上るロープウェイに乗りました。



ロープウェイからお城までは距離があり、ロープウェイのスピードも早いため、難しい撮影になりました。



お城の入口が正面になりましたが、標高が少したりません。右奥に湖が見えていますが、左の湖は岩山に隠されています。



標高1,720mのテーゲルベルクの山頂に来てしまいました。スイスアルプスには標高が劣りますが、ババリアアルプスの眺めが広がっています。山頂には、ハンググライダーの離陸台も置かれています。



ノイシュヴァンシュタイン城まで登山道が続いているようなので、歩いて下りることにしました。



下までは、標高差がありました。



岩山の眺めも広がっていました。



谷奥に見えるのは雪渓でしょうかね。



花も見かけることができました。キキョウの仲間でしょうか。



黄色い花は、何の種類か判りませんが、脇の薄紫の花は、コイワカガミに似ていますね。



アルプスカモシカでしょうかね。

観光客には場違いな所に入り込んでしまったかなと、少々反省。



麓の湖やホーエンシュバンガウ城も見えてきました。



ノイシュヴァンシュタイン城も眼下に見下ろすことができました。崖際の木に捕まっての撮影です。



ノイシュヴァンシュタイン城のアップ。空撮と間違えそうな角度です。



登山道沿いには、何か所か、お城の展望が開けるところがありました。

これは、もう少し下がったところから。

この登山道沿いからも、定番写真のアングルは得られませんでした。

結局、ノイシュヴァンシュタイン城の有名な写真は、空撮によるもののようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ノイシュヴ... | トップ | 月山 (2009.7.20.) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ババリアンな風景 (小太り親方)
2009-08-01 06:40:46
始めまして、小太り親方です。
sanaeさんのリンクから伺いました。
昔、この近くに長いこと住んでいて何度も足を運んだ懐かしい風景と、新鮮なアングルでの写真に驚き書き込みさせて戴きます。
いやいや、こんな絶景が見られるロープエイがあったのですね。思わずまた行ってみたくなりました。
ババリア (さすらい人)
2009-08-03 23:12:43
はじめまして。sanaeさんとは古い付き合いでして。
バイエルン方面にお住まいでしたか。ドイツといっても、北とは違って、このバイエルン地方は人柄が陽気で明るい感じですね。
ルートヴィヒ2世のお城は気に入って、ノイシュバンシュタイ城とリンダーホフ城は二回訪ずれていますが、写真の整理をしているとまた行きたくなりますね。
^^ (おう)
2009-08-10 23:39:07
どもです!
ロープウェイいいですねw
僕も近くの山のロープウェイの年間パスポート
買ったぐらい、大好きです^^
もうあの普段、感じない刺激が最高です!
いいですね、ロープウェイw
宜しくでした^^
ロープウェイ (さすらい人)
2009-08-11 23:14:45
おうさん:
はじめまして。
アルプスは、日本の目からみても、大胆なところにロープウェイやケーブルカーをかけていて、乗ってみて面白いですね。自然破壊ではないのだろうかという疑問はわいてきますが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む