さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ストックホルム その3

2011年02月04日 | 海外旅行
旧市街地のの西のリダルホルメン島には、リダルフセットと呼ばれる貴族の館があります。

17世紀中旬のオランダ風バロック建築とのことです。



また、リダルホルメン島には、リダルフホルム教会があります。



リダルフホルム教会は、大聖堂と同じく、13世紀から続く由緒ある教会で、代々の国王や指導者のお墓があります。



古い街並みと、リダルフホルム教会の教会が落ち着いた眺めを作っています。



旧市街地を南に進んでいくと、スルッセンにでますが、ここにはエレベーターで昇る展望台のカタリーナヒッセンがあります。

ストックホルムの市街地の眺めが広がっています。右の塔はリダルフホルム教会で、左の塔は市庁舎です。



旧市街地方面の眺めで、中央の塔がドイツ教会で、左奥の塔が大聖堂です。



旧市街地の東のシェプスホルメン島。ストックホルムは、小さな島からなっていることが判ります。



市街地の東にあるコールゴーデン島では、パーサ号博物館の建物が見えています。右奥にはスカンセンの野外博物館が広がっています。



メラーレン湖越し見た市庁舎。塔の高さは、106mあります。

1923年に完成した比較的新しい建物ですが、ストックホルムの街並みにとけこんでいます。

ここでは、多くの公式行事が行われますが、ノーベル賞の晩餐会はここで開かれます。

市庁舎
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ストックホ... | トップ | さすらいの風景 ストックホ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む