さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ソグネ・フィヨルド その3

2008年07月04日 | 海外旅行
さて週末です。これから北に向かって走ります。帰宅は、月曜日になります。
では、良い週末を。


フロムでフェリーに乗って、いよいよソグネ・フィヨルドの船旅の始まりです。

ソグネ・フィヨルドは、長さ200kmほどのノルウェー最大のフィヨルドであり、グリーンランドのものに次いで、世界第二位の長さを持ちます。

最大の水深は、1300mほどで、幅は平均5kmほど。両岸は、1000mを越す崖に囲まれています。

ソグネ・フィヨルドの支流のネーロイ・フィヨルドは、世界遺産に登録されています。

海であることを忘れるような静かな水面に船は乗りだしていきます。

以下は、移り変わる風景をお楽しみください。

とりあえず、バックミュージックは、ノルウェーの生んだ偉大な作曲家グリーグにちなんで、ペールギュントより「朝」でも聞いてください。




船の中を動き回って写真を撮っていますが、波が写っていないのは舳先。波が写っているのは船尾からの写真として見てください。

























船旅はさらに続きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鬼ヶ面山 (2008.6.29.) | トップ | 行ってきました 東北花の山旅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
氷の力 (本読みと山歩き)
2008-07-05 05:03:00
今晩は。
これはすごいですね。
年月x氷力のすごさをまざまざと見る思いです。
アルプスのカールやU字谷もそうですが、これは規模が違いますね。
氷河 (さすらい人)
2008-07-07 20:38:19
本読みと山歩きさん:
フィヨルドの作られ方を聞いて、実際に目で見ると、確かにそうだと納得しますね。日本でも御馴染みの、河川による侵食地形が沈んだリアス式海岸とは違っています。昔覚えた地学の知識が思わぬところで役に立ちました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む