さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ストックホルム その7

2011年02月10日 | 海外旅行
スカンセンは、スウェーデン各地の古い民家や教会を集めて展示する野外博物館です。1897年オープンという古い歴史を持っています。ノルウェー、フィンランド、デンマークでも同様の野外博物館が設けられていますが、このスカンセンがもとになっています。



独特の形をした建物です。



木製の風車



スタッスクバテーレットといい、17~19世紀の町が再現されています。



農家の中では、昔ながらの生活用品が展示されています。





昔ながらの生活風景も再現されています。





見どころのひとつである、木製の鐘楼。



高さ60mで、18世紀のスウェーデン建築の傑作といわれています。



こちらは、また別な鐘楼。



立派な塔ですね。





セーグローラの教会

18世紀半ばの教会で、現在でも結婚式があげられているようです。



夏至祭のポール



夏至祭には、花で飾られたこのポールの周りを民族衣装を来た男女が回りながら踊ります。



ルーン石碑

「ビョルン、アウズルヴ、グンナル、ホルムディスはウールヴ、ボーンディ(農夫)のギンラウガ、の思い出にこの石碑を立てさせた。そしてアスムンドが彫った。」と書かれています。

ウプランドを中心に活躍した彫刻師の一人であるルーンマスターのアスムンド作です。1020年代~1030年代の作で、彼の手がけた約40の石碑が残されているといいます。



領主の邸宅





緑の濃い農家が点在しています。





コウノトリも買われています。



雛鳥を引き連れた鳥も歩いていました。


日本の明治村も、この野外博物館の影響を受けて造られたものですが、スカンセンのように庶民の家を集めた民族博物館を日本にも作るべきでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ストックホ... | トップ | さすらいの風景 ドロットニ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
木製 (本読みと山歩き)
2011-02-10 19:57:28
バーサ号はすごいですね。
17世紀の船ですか、みてみたい。
スカンセンもヨーロッパらしからぬ木製の家と一風かわったデザインで、いいです。
これまたみてみたい。
やはりこのあたりは針葉樹林が豊富だったので、木製品が盛んだったのでしょうね。
帆船 (さすらい人)
2011-02-10 20:46:03
多くの戦艦を持ったイギリスは、オークやチーク材をスウェーデンから輸入していたようです。現存する戦列艦としては、64門艦のバーサ号がもっとも古いものですが、往時のまま保管されている戦列艦としてはヴィクトリー号があり、18世紀の100門艦で、ネルソン提督の旗艦としてトラファルガーの海戦に参加したものが、ポーツマス港に記念艦として展示されているようです。
ハヤカワ文庫より出版された「海の男/ホーンブロワーシリーズ」の影響で、戦列艦の戦いに興味があるので、ヴィクトリー号も見てみたいです。
19世紀の帆船で有名な「カティー・サーク号」は、2007年に燃えてしまいましたが、ロンドンオリンピックまでに復元されるとのことです。この船については、いずれ写真をだします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む