さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ブハラ その2

2013年05月30日 | 海外旅行
バラハウズ・モスクを見下ろすようにアルク城が広がっています。

アルク城は、ブハラ発祥の地で、最初に造られたのは2000年以上前になります。モンゴル来襲の際には、立てこもった多くの住民が虐殺され城も破壊されましたが、後に再建されました。その後も破壊と再建を繰り返し、現在のものは18世紀に建てられたものです。1920年にソ連に攻略されて滅亡するまで、歴代のブハラ・ハンの居城でした。



入り口は細い傾斜路で、防御重視のようです。



薄暗い通路を進むと、左手にモスクが現れます。



17世紀に造られたジュマ・モスクです。



モスク内部のミフラーブ。





城内の通路は、細く、壁に囲まれています。



十字路に出て、左に入ると、クリニシュ・ハナ(応接室)があります。



クリニシュ・ハナ(応接室)では、戴冠式や客の応対が行われました。



建物の屋根は1920年のソ連の攻撃の際に破壊され、室内の飾りも僅かしか残されていません。



入り口方向をみたところ。



地下室への入り口には、ライオン像が置かれていました。



イスラム教では、人や動物の像は禁止されているので、ハンの宗教心のほどが疑われる珍しいものになります。



入り口の門。ウズベキスタン独特の飾り付けが施されています。



クリニシュ・ハナ(応接室)の向かいには馬車の荷台が並べられたテラスがありました。



テラスの中央には、牢獄への入り口が口を開けていました。牢獄には、囚人を苦しめるため、馬のし尿を流し込ませたといいます。



テラスから見える白い建物に設けられたバルコニーからは、ハンがレギスタン広場で行われる公開処刑を見物したといいます。

ブハラ歴代のハンは、残虐で、多くの人を虐殺したといいます。



最上部の部屋は、ハンの写真や資料の展示室になっていました。



ブハラのハンの肖像。あまり好きになれない顔ですね。



玉座のようなものも置かれていました。



石膏レリーフに彩色をした美しい装飾が壁を飾っていました。



通路を見下ろしたところ。



貨幣を展示する部屋もありました。



城壁の上からは、バラハウズ・モスクを見下ろすことができました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ブハラ その1 | トップ | さすらいの風景 ブハラ その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む