散策
その日の出来事を気ままに・・・




毎年綺麗に咲いてくれます
我家に合っているのか、今年は沢山の花を付けました。
 



ツツジも綺麗に咲きました。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




新しいスタジアム”市立吹田サッカースタジアム”初めて行きました。
 

凄いかっこいい 6:20にスタジアムに入ると 7:00まで時間があるのでまだ観客は少ないです
万博記念競技場は陸上コースの中にサッカーのピッチで選手との距離が離れてた。
今回の席は前から3番目(指定席)でピッチとの距離がまじかに見える選手の顔、
 

試合はガンバ×アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)
 

最初にガンバが二点入れ喜んでいましたが、後半になり二点入れられ
 



その後ガンバが追加点で3:2 ロスタイムにオーストラリア入れられ同点 終了間際の悲劇 
 

よくあるパターン なぜかロスタイムによく入れられる


吹田スタジアムからバス停の万博記念競技場まで遠かった。
      2017/04/24 撮影


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




チューリップを撮りに万博へ行きましたが、朝1番に入りましたが
写真家が凄い 人無しでは撮れません

花は綺麗に満開 人も満開
 

 

 

 

 

キクモモも綺麗に咲いていましたよ
 

 
     2017/04/19 撮影


コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




標高約430メートルの山の上にあり、
長谷寺の奥の院ともいわれ「長谷寺にお参りしても瀧蔵神社に参詣しなければご利益は半減する」と伝わっているという
瀧蔵神社の参道の入り口の石垣の上に、巨大な幹を横たえて見事に咲いている桜が”権現桜”
太い幹が石垣に覆いかぶさるように横にせり出した枝垂れ桜
樹高4,2m 樹齢400年 幹回り3.01m










近年は樹勢が衰えてきたため手当てが行われていました。

               2017/04/14 撮影
2015年の時は綺麗


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




森野旧薬園は「国指定文化財史蹟」
入口は、松山千軒と呼ばれる古い町並みの中にある伝統的な建物。






そこから裏山に建物を通り抜けて行くと急な崖になっており、
ジグザグに坂道を登ると斜面一面にカタクリの花が咲いていました。








薬草がたくさん植えられていますが・・・・名前の解る花は




 

カタクリの花は日光が当たると反り返るように花弁が開きます


帰りに「茶房・葛味庵」でおいしい葛きりを頂いてきました。  2017/04/14 撮影
次は樹齢400年以上の権現桜へ行きます 



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




ここは大野寺から宇陀の歴史的町並みの森野旧薬園に向かっている途中に偶然発見
国道165号線を榛原方面へ走行していると、桜と鯉のぼりが見えたので、気になって立ち寄ってみました。


 





以前”濡れ地蔵”さんを見に来たところでした。
室生ダムの運用により、貯水位を高くする秋から春にかけては水没し、
梅雨や台風に備え貯水位を低くする春から秋にかけてはその秀麗な姿を現す磨崖仏となっています
”幻のお地蔵様”で2016/08/11にアップしました。
そのお地蔵さまが11月から6月まではダム湖の中 下の写真の道を進むとお地蔵さんが
 
2016年に写したお地蔵様


近鉄電車も桜とツショット



   2017/04/14 撮影


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




宇陀川沿いにある、室生寺の末寺。
樹齢約300年のコイトシダレザクラの古木2本、西光寺の城山之桜が親木といわれています。
コイトシダレザクラは全国的にも珍しく貴重な桜の木で県指定の「天然記念物」に指定






大野寺のもう一つの見どころは、宇陀川を挟んだ対岸の岩に掘られた弥勒麿崖仏(みろくまがいぶつ)です
本堂横の奥には遙拝(ようはい)所から、正面に弥勒麿崖仏が拝めるようになっています。
 


    2017/04/14 撮影


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




女高野の室生寺の前から登って行く西光寺へ、樹齢400年”城之山桜”この桜にはここ三年通っています。
小高い山の中腹に建つ小寺、この寺のシダレザクラは、隠れたお花見スポットで
観光客はあまり来ないのでゆっくり写真が撮れるのが好きです。




 



室生寺の赤い橋 開門されてないのでパスしました。
 
   2017/04/14 撮影


コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




なだらかな登り道もちゃんと整備されており頂上に登れます。
周りに高層ビルがないので遠くまで見渡すことができます
丘の上からは畝傍山・耳成山・香久山がみれます
 



大和三山も見渡せ飛鳥の里が眺められます
 



展望台の桜が見たくて148m登りましたよ
甘樫の丘付近には花桃が綺麗にさいていました。






甘樫の丘は花筵も綺麗

   2017/04/09 撮影


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




御本尊は「三人寄れば文殊の智恵」の格言で有名な文殊菩薩が祀られています。


「陰陽師・安倍晴明公」の天文観測の地として知られる
展望台から見下ろす景色は見事です。
今年の干支の酉 パンジーで描かれていました。
 

水面に映る桜と金閣浮見堂 池の周りには桜が満開


 




     2017/04/09 撮影




コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




朝から雨 天気予報では昼過ぎに雨が上がる
天気予報を信じて車を走らせました。
長谷寺に着いた時はまだ雨の中ですが、山の木々から真白な煙のようなものが立ち上り
幻想的な景色になり、うれしくてシャツターを押すこと
少し離れたところから見ると、長谷寺が桜のかすみに覆われたように見えます
桜の雲海を見るようでした.



















  2017/04/09 撮影


コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




散歩コースの新川
花盛りのこの日はあいにくの”花の雨”
大急ぎの写真ですが私のお気に入りの新川の桜をどうぞ
例年の如く今年も綺麗な桜の花を見せて貰いました。




花桃と




芝桜と


桜の下にチューリップ


桜のトンネル


花盛り


   2017/04/08 撮影 今頃は花の雪・花筵出会えるのかな うらめしい桜雨


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




渉成園(しょうせいえん)は、東本願寺の飛地境内地の庭園です



傍花閣(ぼうかかく)周辺に桜があり、ピンクの花びらの間から見える傍花閣も好いです
傍花閣は、珍しい楼門作りの建物です。左右側面に山廊とよばれる階段の入口があり、階上には4畳半の部屋があるそうです。







京都タワー見えますよ


アオサギも忙しそう


閬風亭(殿舎の南端の大広間)前の桜

    2017/04/06 撮影


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神泉苑は、京都市中京区にある東寺真言宗の寺院で
お花見の発祥地とされています。
ここ神泉苑は、徳川家康によってその面積は縮小され、
今ではこじんまりした小さな神社なのですが昔はこのあたり一帯が神泉苑の敷地だったそうで、
二条城もかつては神泉苑の中にすっぽり収まっていたそうなので相当の広さだったようです。






812年、日本で始めて公式に桜の宴が開催された場所として日本書紀に
池の畔の華やかな桜も楽しめます


1つだけ心に願い事を唱えて赤い法成橋を渡ると願いがかなうそうです

あひるちゃん 撮影にご協力ありがとう(笑)


竜頭舟がここにもあります。
実は平八亭と言う料理屋があります。これは舟の形をした宴会場なんです

   2017/04/06 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




本満寺のしだれ桜は 樹齢90年 円山公園の「祇園しだれ」の姉妹樹です。
大きな枝垂れ桜が1本ですが、傘を拡げた様に丸い曲線で地に今にも着きそうです。
もう少し待てば満開を迎えれば圧巻ですよ
ここもカメラマンが増えましたね











 
    2017/04/04 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧