散策
その日の出来事を気ままに・・・




伊吹山のふもとグリーンパーク山東で、幸福を呼ぶおもと展


「おもと」とは、古くから縁起物として重宝された、日本の伝統園芸植物だそうです。
自然に葉がカールするといった珍しい品種など沢山の種類がありました。
漢字で「万年青」と書くことから、年間通して青々とした葉が楽しめます。


盆梅展は、会員所有の三百鉢余りの中から厳選し、入替を行いながら常時約百二十鉢を展示されています。
他の盆梅展と違い、会員それぞれが独自の方法で育てておられ、様々な個性や思い入れにより、面白みのある作品が並んでいました








 
     2017/02/15 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




雪の伊吹山 三島池の鳥達雪の中の鳥 色々イメージを膨らませて向かいましたが、
滋賀県に入っても最初の頃は雪が無く、どうしたもんじゃろと不安になりましたが
進むにつれ期待通りの雪に会えました。
まずは雪景色の伊吹山と新幹線(ドクターイエロが欲しかった)




三島池は2つの池で成り立っており、1つの池は一面氷の池
もう1つの池には半分氷でその周りに行儀よく鳥たちが並んで待っていてくれました。
池の周りは雪が積もっており、歩くのに足がすっぽり入ったりして歩き難かったです





     2017/02/15 撮影


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




我家では薄らと屋根に雪が積もりましたので、大阪城に雪を期待して行きましたが裏切られました。 
お天気は良くなり大阪に近づくにつれ屋根も濡れてませんでした。トホホ

梅開花は五分咲き位かな 観光客沢山、写真家も
ツグミ・ジョウビタキ・ワンちゃんも参加

古木の貫録




本黄梅


水仙も綺麗


大阪城と梅花






ジョウビタキと梅花


ツグミ


ロードトレイン



    2017/02/11 撮影








コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )




写友nokoさん・がーこさんとこだまのドクターイエロを家の近くの公園から撮ってきました。
初めて”こだまのドクターイエロ”を見ました。
”のぞみ”とは顔が違いますね(笑)

のぞみはスマートでこだまはお鼻が少し低い感じ ごめんね

ドクターイエロこだま 月1回


新幹線のぞみ

     2017/02/08 撮影


コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




宝寺(宝積寺)の豆まきに、 JR山崎から10分ほど、急な坂道を上がりました。


ドクターイエロの通過時間と山門から法螺貝に合わせて大導師・福男・七福神・5匹の鬼・お稚児さんの行列 2時頃で重なりビクビク
ドクターイエロを撮り終え大急ぎで山門にもどり、間に合いました。






節分の日、2月3日に宝積寺で「星供結願護摩法要」が執り行われます
この節分会 「星供節分会(ほしくせつぶんえ)」は約1,280年以上前から続く、歴史ある節分会です
まず法要の後、大導師、福男、七福神が5匹の鬼を追い払う「追灘(ついな)式」




鬼は松明を持って帰って行きます


その後豆を撒いて福を願います
豆まきでは、かわいい稚児(ちご)や七福神が豆をまきます。
このときのかけ声は、「福は内」だけ。鬼は改心して寺を出て行くからなのだそうです。




子供たちは別に豆まきをしてもらいます

ドクターイエロを見ると幸せの福 節分会で福豆を貰い 2ツの福を貰ってきました   2017/02/03 撮影


 

コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )




ながれ橋 先日は自分の納得のいく撮影が出来てなく、
距離的にも近場で、お天気も好いので再度撮影に行きました。

映り込みのながれ橋






朝霧の立ち昇る木津川




霜で白いながれ橋




又新たな感動を貰いました。 早朝は寒かった  2017/01/28撮影


コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )




龍安寺の帰りに、再度嵐山へ向かいました。
先日は大雪で龍安寺のみで回れなく、今回は冬の嵐山を廻ってみました。

亀山公園からトロッコ列車を見ようと行きましたが、1~2月はお休みでした。残念
千光寺よく見えました。



亀山公園に早や梅も咲いていました。一方雪も残っていました。
 

何時もと違うコースを歩き 発見
青竹の凄い数 綺麗な竹林 人力車のコースですね
人力車が何台も入ってきて案内していました。






山陽本線の踏切を渡り帰ってきました。


嵐山ではこんな景色も 

   2017/01/25 撮影


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




京都はまだ雪が残っていると思い、龍安寺へ行きましたが
早や雪はほんの一部分にしかの残っていませんでした。

今朝は好く冷えていて鏡容池には氷がはっていました。
 




鏡容池(きょようち)は、平安時代にこの地が山荘であった頃の名残りだそうです


 



蹲踞には真ん中の水穴を「口」という字に見立て、周囲の4文字とあわせて「吾唯足知」(われただたることをしる)と読みます


油土塀の屋根にも雪が積もっていましたよ






龍安寺垣とは、参道の脇を飾っている竹の生垣です。割竹(わりだけ)をひし形に組んであることが特徴ですね


スイレンに氷が張って




鏡容池に映るナンテンも綺麗 真赤です

    2017/01/25 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




親戚のお見舞いに行き、大阪城が近くで歩いて
寒い時期で梅もまだ早いから、静かな散策になると思いや
びっくりどこに行っても人ひと 外人さんばかり(笑)

変わった建物と思いやNHKでした。




大阪城の映り込みも綺麗
 



梅林は早咲きうめでまだ淋しかったが、水仙が綺麗






汽車も走っていましたよ


船は何時動くのかな?


お疲れ様

           2017/01/18 撮影


コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )




茅葺の屋根に蝋梅 以前にも頼んで写真を撮らせてもらいました。
個人のお家なので今回もお願いしたら心好く”どうぞ”て言って頂き
帰りには蝋梅の切り花まで頂き、恐縮しました。

今でも我家は蝋梅の香りに癒されてます。
大雪のアップで、流れ橋の帰りに撮った蝋梅がすっかり遅くなりました。












コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




大雪の竹林 初めて見ましたが、見事な芸術品
竹の節々に着く雪 絵になりますね 




 

竹垣に積もる雪も綺麗


竹林に積もる雪も場所が変わると付き方が変わりますね




帰りの渡月橋


嵐山公園で寒稽古 男性は上半身裸 
 

嵐山駅 綿帽子
 
     2017/01/15 撮影  京都の豪雪日記の最終です 3回のお付き合いありがとう御座います


コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




嵐山駅から1度はバスを考えましたが、歩きました。
幾度か猛吹雪に遭いながら、その度に屋根のある所で雨宿り 風と雪で立って居れない位の猛吹雪
天龍寺に着いてホッとしました。





天龍寺の方丈・大方丈の回廊にも雪がつもり、雪解けをされてましたよ
この日は障子は大雪の為閉ざされていました。







回廊をスリッパですべら無い様にソロリソロリ、曹源池庭園へ
雪で真っ白な庭園と背景の山々 墨絵の世界に魅了しました。
 



 




       2017/01/15 撮影
>

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




我家を出る時は、路にうっすらと白くなっている程度でしたが、
桂で乗り換え、すでに駅員さんがホームの雪かき



電車で嵐山に向かうと、雪の量が増えていきます。
嵐山駅前の積雪は30㎝はあり一面銀世界


嵐山から天龍寺へ向かいましたがその間幾度も
猛吹雪かと思うと明るくなり雪が止むを幾度も繰り返し
渡月橋の風景は墨絵の世界 下2枚カラーで撮りましたよ(笑)



この吹雪の中でも観光客は来てますね
天龍寺は明日にアップします     2017/01/14 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




京都府八幡市の木津川にかかる木造の上津屋橋(こうづやばし、全長356.5m)日本最長級の木橋 別名流れ橋
これまでに何回も流され橋脚の一部をコンクリートにして昨年の3月に作り変えられました。
以前見に行った時は無残な姿だったので、 綺麗になった流れ橋と朝日を撮りたくて行ってきました。










      2017/01/13 撮影


コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりに翡翠に挑戦
枝に止まってるのは撮れても、魚を捕りに行き水しぶき これは失敗しました。 ひどい手振れ 
いつ見ても翡翠は癒しです 







コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧