散策
その日の出来事を気ままに・・・






白内障の手術後経過が順調です
又写真撮影ができるように頑張ります
来年もぼちぼち頑張りますのでよろしくね


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




12月4日に右眼 12月11日に左眼 の手術を日帰りで受けました。
12月18日に両眼の保護用眼帯が取れてすっかり明るくなりましたが
何もかもが鮮明に見れて、逆に今は疲れます
慣れるまでには時間がかかるのかな?

手術は30分ほどで終わり、痛さは辛抱できる程度で、
むしろ不安の方が要らぬ心配が頭の中を過ぎりました。

手術後1週間は毎日通院 両眼で2週間毎日通院
今週から1日おきの通院 今のところ手術後順調です。
以上ご報告まで


コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




南丹南市の西光寺は
天平勝宝八年(756)、東大寺の良弁僧正によって創建されたと伝わる近隣屈指の古刹です。
現在は京都高雄の神護寺の末寺で、もみじも神護寺から移植されたそうです。
竜宮門らしき門が見えてきました、楼(ろう)門 上層は鐘楼になっています。





西光寺のモミジの木は古木が多く、背が高く真下から眺めても迫力があります

七色に映えると形容される色とりどりの紅葉が美しい西光寺








池の上に枝垂れるもみじ 境内一面の落葉 踏み荒らされていませんね
何処を撮っても美しい




















長いこと紅葉にお付き合いありがとうございました。

私事ながら12月に白内障の手術を受けますのでしばらく”散策”お休みさせて頂きます
    2017/11/23 撮影


コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




龍穏寺からるり渓に向かう途中の絶景
森林の間の光芒 思わず車を止めての撮影




園部川源流部の標高500m付近に広がる渓谷を瑠璃渓(るり渓)といいます。

岩や滝にそれぞれ名前がついていて「るり渓十二勝」といいます








ここは紅葉には遅く落ち葉の世界
落ち葉が渓谷に流れる様も又秋の風情を感じ好いものです。










 きのこがびっしり並んでます
      2017/11/23 撮影


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




今年最後の紅葉狩り
1509年に創建され、園部藩の家老の菩提寺として栄えた曹洞宗の寺院です
山門から始まるモミジに覆われた参道や、池に映る紅葉など撮影スポットがたっぷりあります
雨あがりを狙って行って好かった。落ち葉も輝いてくれました
カメラマンこそたくさんいますが、市内の有名スポットのように混雑や行列とは全く無縁です(笑)

山門からの紅葉


もみじの絨毯の参道 誰も歩いていませんよ


色とりどりの落葉


山門から後ろへ振り返れば


参道の横から




 





池の前の紅葉


竹と柿のコラボ






もう1度参道へ

   2017/11/23 撮影


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




浄住寺の後、一休さんが修行した竹の寺・地蔵院へ行きました。

このお寺は周囲を美しい竹林で囲まれていることから、通称’竹の寺‘として知られております
境内全体が、京都市の文化財環境保全地区に指定されています。


  










   2017/11/20 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




上桂・山田岐れ交差点を過ぎ更に行くと、右「地蔵院」左「浄住寺」の石碑が立っています。
左に曲がるとすぐにお寺があり、民家に囲まれていますが、参道に入ると別世界

初公開の隠れた紅葉名所である浄住寺を拝観しました。

  







  

池の中の太陽





    2017/11/20 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




香嵐渓の駐車場探し、満車で一時は諦めましたが・・・でも民間の駐車場にもぐり込むことが出来ました。

四季折々の美しい自然が魅力の豊田市足助町(あすけちょう)の「香嵐渓」
香嵐渓のもみじは約380年程前に香積寺11世住職の三栄和尚によって植えられたのが始まりで、
昭和5年に『香嵐渓』と命名された。




背の高いもみじに覆われ「もみじのトンネル」とも言われてる






何処を見ても紅葉真っ盛りで綺麗






巴川の川面も紅葉で美しく彩ります


イベントやグルメも楽しい紅葉祭


日光さる軍団『ともきりき』の”りきくん”芸達者で賢いお猿さん
拍手が少なければ、自分でたたいて拍手を請求
人間の心理を読めるのかな
広い距離を飛んだり・高い棒高跳びをしてくれたり
思いがけないところで楽しませてもらいました。

      2017/11/17 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




愛知県豊田市小原町の四季桜です。
もともとこの四季桜は、豊田市小原北町の藤本玄碩という医師が文政年間内の始めに
名古屋方面から苗を求めて、植えたのが親木となって、広まったものと言われています。
マメザクラとエドヒガンの種間雑種と考えられ、花は一重の白又は淡紅色で秋と春に咲く。
小原町では、昭和53年に地区の木に制定し、その繁殖に力を入れているため、現在約8,500本あり、
町のいたるところで四季桜を見ることができます。

紅葉の時期と重なる秋の桜が特に幻想的で、四季桜は紅葉と桜のコントラストが美しく、春とはまた異なる景色が楽しめますね。
その”紅葉と桜のコントラスト”を見に豊田市まで行ってきました。
山一面の四季桜です朝日で上の方は飛んでしまいました。






柿と桜は如何かな?



青空に


窓ガラスに映り込み


今年の桜の花の付具合はどうかな








ポコポコとドウダンツツジの紅葉と桜


手すき体験も・・・残念時間が無い



   2017/11/17 撮影


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




滋賀県の湖東地域にある「西明寺」は、「金剛輪寺」「百済寺」と合わせて「湖東三山」と呼ばれており、
日本の紅葉名所百選にも選ばれている


本堂と三重塔が国宝、二天門・本尊薬師如来などが重要文化財に指定されており、
紅葉と一緒に楽しむことができました。
二天門

二天門

三重塔(国宝)

夫婦杉

鐘楼

池泉回遊式の名勝庭園の蓬莱庭にも紅葉が見られました。






苔も綺麗な庭




  2017/11/13 撮影


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




琵琶湖の東側にある3つのお寺「湖東三山」。
そのうちの真ん中に位置するのが「金剛輪寺(こんごうりんじ)」です
秋は「血染めの紅葉」として有名な紅葉スポットです。

黒門(惣門)

血染めの紅葉

      

入口から本堂までは石段を上っていきます。途中の参道沿いには、
千体のお地蔵さんがずらりと並んでいて、よだれかけがそれぞれ違い、其々に風車が供えられています。
一説には2000体以上有ると言われています
千体地蔵さんに見守られ登って行きますと本堂・三重塔


 三重塔











明寿院から望む名勝庭園




     2017/11/13 撮影


コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




百済寺は606年に聖徳太子によって創建されました
聖徳太子が百済人のために近江の仏教拠点として創建したと伝わる近江の最古級寺院で、湖東三山のひとつ
重厚な石垣に覆われた山城の趣のある寺院










春の桜と違い、年を越えて長く咲く所から「長寿桜」画面右


喜見院(きけんいん)の庭園は美しい景観が一望できることから、別名「天下遠望の名園」と呼ばれています








庭園から少し登ったところに、湖東平野が一望できる大パノラマ展望があります


比叡山も見えますよ 正面左奥の山


長い石垣参道を登り、仁王門正面につり下げられた一対の大草鞋に触れると、
身体健康・無病長寿のご利益があると昔から言い伝えられております
1円玉のお賽銭がびっしりと草履に挟まれています。




本堂の近くでは鐘楼を叩けます。「余韻の長さと音色の美しさで昭和の名鐘と云われています」と書かれていました。
私も願いを込めて叩いて鳴らしました。心地よい音色にホッとしました。

    2017/11/13 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




鍬山神社は、京都府亀岡市にある紅葉の名所。丹波の国をつくったとされる神が祭られている神社だそうです
鍬山神社は「矢田の紅葉」と呼ばれ親しまれています
早くから色づくポイントとしても知られています
道路沿いの参道からはすでに真っ赤な紅葉が続き、境内でも本殿を包むようにヤマモミジが色づいています




朱の灯篭が霞んでしまう、極彩色の世界


鳥居の朱も負けていますね


祈祷所を鳥居越しに






手水鉢を囲んで


何て鮮やかな光景


仰ぎ見れば、赤、オレンジのタペストリー


心字池では


言葉はいりませんね 2017/11/10 撮影 申し訳ありません UPが遅れています


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




花背大悲山(だいひざん)・峰定寺(標高746メートル) は、
京都市の中心部から北へ約35キロメートル離れたところで,京都市左京区花背原地町
夏期でも月平均気温は22度前後と涼しく、冬期はマイナス1度前後で積雪量の多いところです
京都市内とは言え、北部山中の峰定寺周辺~花脊の紅葉をお届けします




















桂川の源流の1つ寺谷川が境内南を流れています
その流れに映る紅葉は友禅模様の様で美しい




 

仁王門脇にあるアベマキの巨木・樹齢250年とも?

    2017/11/13 撮影 この後亀岡の鍬山神社へ


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




周山街道最後のトンネルを抜けると別世界 目の前が真っ白な霧の世界 ビックリ
花背の方角に向かい走る事 常照皇寺に着いても霧の世界,
でも開門の9時には霧は消えていました。


桜の名所で知られ、天皇ゆかりの常照皇寺 
穴場的場所ですね 人混みもなく自然の紅葉の美しさを味わえ、
ゆるやかな時間が流れる山奥の古刹をのんびり散策し撮影もゆっくりとでき楽しめますね
山門


1番目の勅使門 


勅使門から見えるお庭


 

奥の勅使門


勅使門の中から


方丈


鐘楼


お庭の入口







時期は少し遅かったかな? やはり京都市内より早く紅葉がはじまったみたいです 2017/11/10 撮影


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧 次ページ »