散策
その日の出来事を気ままに・・・




カルガモ親子の情報を貰い、朝の散歩に行きましたが、残念ながら見つける事は出来ませんでした。
野生ですからどこにいるか判りませんね

でも朝の散歩は気持ちがいいです
芦原・朝日に照らされた鴨・シラサギ を見れて清々しい気持ち








コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




石山寺の観梅を終え さあ~ 又白鳥を追いかけて湖岸道路を走り鳥が沢山居る湖岸緑地へ入り
白鳥はいませんね 鳥の写真が沢山貼ってある小屋で聞きましたが、着てませんね
白鳥は諦めて、雪山と鳥達を追いかけました 


カモメの水兵さん スイースイー


おなか空いたよ~~ 小屋まで歩いて来て待っています


カモメも疲れました

      2017/02/26 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




雪の伊吹山 三島池の鳥達雪の中の鳥 色々イメージを膨らませて向かいましたが、
滋賀県に入っても最初の頃は雪が無く、どうしたもんじゃろと不安になりましたが
進むにつれ期待通りの雪に会えました。
まずは雪景色の伊吹山と新幹線(ドクターイエロが欲しかった)




三島池は2つの池で成り立っており、1つの池は一面氷の池
もう1つの池には半分氷でその周りに行儀よく鳥たちが並んで待っていてくれました。
池の周りは雪が積もっており、歩くのに足がすっぽり入ったりして歩き難かったです





     2017/02/15 撮影


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりに翡翠に挑戦
枝に止まってるのは撮れても、魚を捕りに行き水しぶき これは失敗しました。 ひどい手振れ 
いつ見ても翡翠は癒しです 







コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




抜き足 差し足
 

お腹が空いた~




どこかな~~ あれ!!
 

鳥のオアシス


       2017/01/04 撮影


コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




烏骨鶏(うこっけい:天然記念物)
江戸時代初期に中国から渡来したといわれています。
羽毛が絹糸状、皮膚と肉と骨が黒色など、他のニワトリと異なる形質を持っています。
体の毛はふあふあと揺れ可愛い、足には羽毛で靴を履いてるかのようにも見え・・・

この烏骨鶏のあるき方、道化師の様に片足を上げ、次に違う片足を上げる仕草
見てても微笑ましく可愛いかと思えば、にらみ合いの後は空中戦 残念ですが空中戦撮れませんでした。
何時まで見てても飽きません

烏骨鶏のかわいいダンスをアニメでどうぞ


この後空中戦の始まり すいません残念ながら撮影できませんでした


お食事中

    2016/12/06 撮影


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




朝の芥川での出来事 コサギの繁殖期かな 数十羽集合してました。








     2016/10/13 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




野間の大けやきでアオバズクの子育てがそろそろ始まるかなと思い立ち寄ってみましたが、
双眼鏡で皆さん探されていますが、今回は残念ながら確認できませんでした。

オオケヤキの周りにはご近所の方のボランテアでお花が植えられていました。
朝露で水滴を沢山付け元気なお花たち

2016/05/19 撮影


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




小寺池で2羽のマガモの♂ 3羽の♀ 別々に行動

「繁殖期のオスは黄色のくちばし、緑色の頭、白い首輪、灰白色と黒褐色の胴体とあざやかな体色をしている。
メスはくちばしが橙と黒で、ほぼ全身が黒褐色の地に黄褐色のふちどりがある羽毛におおわれる。
非繁殖期のオスはメスとよく似た羽色(エクリプス)になるが、くちばしの黄色が残るので区別できる。」
ウィキペディアのページからお借りしました。

マガモは繁殖期だけ綺麗な緑の頭になること知らなかった。ビックリ
あの綺麗なマガモは冬になれば渡り鳥で飛んで来て、又帰ると思っていました。

小寺池


繁殖期の雄マガモ


雌マガモ


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




三島池は、周囲約780m、面積3万9000平方メートルあり、
今から700年ほど前に、農業用水池として造られた楕円形の池
伊吹山を背景に池の真ん中に浮かぶ巨大な雪見灯籠・マガモの自然繁殖南限地

池のバックに伊吹山 凍りついた三島池の氷の上を歩く鴨たち
一方では氷が解けた池で餌を探す鳥たち
又ここの鳥たちは人になついていて、足音がすると寄ってきます
鳥の数は半端でなく凄い数ですよ~~ 
スライドショーへどうぞ

      2016/01/27 撮影


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧