散策
その日の出来事を気ままに・・・




お天気に誘われて久しぶりの散歩
暖かい日差しで河原には沢山の親子が散歩
久しぶりに翡翠にも合いました。♀



オナガガモさん餌取れましたか??

 

椿も綺麗


さくらんぼ沢山実をつけてね


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




梅田へ買い物に行き大阪駅近くの散策
上から見た大阪駅のホーム


時空の広場




大阪駅近くにアイススケートが楽しめます


親子で楽しそう


皆忙しそうに足早ですね

    2016/12/23 撮影


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




JR保津で降り保津川にかかる朝霧が見たくて行って見ました。
朝霧は次から次へと湧いてきましたが、あまり濃くなくてすぐに薄くなりダメですね 失敗

写真を撮りながら歩いていると通りがかりの人が、清滝まで歩けばバスがありますよと教えてもらい
清滝まで歩くことにしましたが、
落合トンネルを抜けて川に下り、まず保津川下りの船を待ちました。

保津峡駅から清滝までは清滝川沿いに歩くコース 途中なかなか手強い道 途中岩の上を歩き大きな岩から降りるのに足が届かない
一瞬道が無く岩の上を歩くのに、道を間違えたか不安になりました。
東海自然歩道 ほんと自然歩道ですね  雨降り後は危険ですね 
でも道は気持ちの良いコース綺麗な川を横目に、その水が透き通るほど綺麗 

    トロッコ保津峡のタヌキさんからどうぞ

     2016/10/30 撮影



コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




稲の中をよく見るとイトトンボが数匹飛んでいます。
朝露もピカリピカリ
その中に子孫繁栄に勤しんでる一組のトンボ  


芥川では白鷺・オオサギの朝のお喋り??
いや お腹が空いてるのでしょうね 


なに拗ねてるの!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




藤原宮跡の帰りに寄ってみました。
最初は中央口駐車場に着きましたが、暑さとお腹が好き、カフェレストランのある北口に移動
まずは腹ごしらえから、パンケーキを頼みました。
ベーコン、エッグ、レタス、トマトを使った、栄養バランスに優れたパンケーキ。彩も美しく、サンドイッチスタイル
ドリンクはアイスコーヒー ボリュウムモあり美味しかった。

さて園内に出ましたが暑くて”馬見花苑”の写真のみで北エリアへ行く元気がなかった。
この暑い中でも花苑の中の花は綺麗でした。






白の百日紅も綺麗に咲いていました。


芝刈りの後も絵になりますね。


青空に大型テント映えます


これだけ廻るのが精いっぱい 暑かった 


コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




新川まで行って帰ってくると我家から7000歩強
朝の定番のコースですが、お花に出会えるのが楽しみです
家を出る時はどんなお花に出会えるかワクワク












2016/05/14 撮影


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




公園や路傍でたんぽぽやヒメジョオンと並んで咲いているシロツメクサを見ることができます
幸運の象徴ともいえる四つ葉のクローバーを持つシロツメクサの花言葉は
「幸福」「約束」「私を思って」「私のものになって」。どれも幸せでロマンチック


ヨシが綺麗ですね 古い葦の流れもいいね


川の中から撮影の貨物列車 又クロネコ大和宅急便 目立ちます 絵になります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




下賀茂神社から京都府立植物園まで半生の道をあるきました。
川沿いを歩くと色んな景色が見れて楽しいですね





 



河原での事件??
トンビとカラス カラスがトンビの巣を狙ってる様子 
必死になってトンビが守ってる、でもカラスも仲間を連れてきて攻撃
最後はトンビが巣を守りきりました。 残念写真に撮れなかった 


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




松阪城跡
現在は石垣のみが残っており、城址公園となっている。周囲には松阪市役所、市民病院、当地出身の本居宣長記念館などがある
松阪が輩出した偉大な国学者「本居宣長」








今も生き続ける武家屋敷
御城番屋敷は松阪城の警備を任務とする紀州藩士とその家族の住居として文久3年(1863年)に建てられました.
天正16年(1588)に蒲生氏郷が築いた松阪城の搦手(からめて)門跡から続く石畳の道の両側に
槙垣(まきがき)をめぐらした武家屋敷があります。
今も生き続ける武家屋敷 御城番屋敷は松阪城の警備を任務とする紀州藩士とその家族の住居として文久3年(1863年)に建てられました。
松阪市の指定有形文化財(建造物)として、屋敷の一部が公開されています
ビックリなのは一軒は昔のまま残されていて無料で中を見学することが出来、その他は今も人が住んで居られます。






城跡を歩いた後は、松阪のもう一つの顔である豪商たちの痕跡も訪ねてみました。
城跡の北側を通る旧伊勢街道沿いに点在する長谷川邸や松阪商人の館、三井家発祥の地など、なかなか見応えがありました。
江戸時代の木綿問屋「丹波屋」であった建物です。往時の松阪の繁栄ぶりをそのままに残しています。

たまたま松阪を訪れたのが、祝日だったゆえ、見ることができました。


2016/03/20 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




エヴァ撮りの帰りに舞子公園に行って見ました。
沢山の魚釣り人・散歩・ビックリは将棋を指してる人と見ている人


夢レンズ 何??
三種の異なった石肌によるメビウスの輪は人・自然・科学を
そして明石海峡大橋が結んだ本州と淡路 四国を表しています。


この三つの相が調和し、円空から未来への発展を展望していますと彫刻家牛尾敬三


公園から見ると、明石海峡大橋を走っている車のスピードが凄く遅く見えます。


舞子海上プロムナードへ
海面から高さ約47m、陸地から約150m明石海峡へ突出した延長約317mの回遊式遊歩道
 

”海上47mの丸木橋”床が透明になっている部分もあり、直接海面を望めます。 
スリルを体感しましたよ  前の人は後ずさりしてユーターン


展望ラウンジでソフトクリーム 景色も好いし美味しかった。   2016/03/16 撮影


コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧