散策
その日の出来事を気ままに・・・




8月に申込みして(一回で当たり(*^_^*))、その時点では紅葉の時期が判らなく、
行く時期が少し遅かったようですが、まだまだ綺麗な所も沢山ありました。

昼過ぎから雨の天気予報 でも行きましたよ 折角のチャンスだから
心配するほどの雨でなく、時々小雨で写真も何とか取れてよしかな
前と後ろに宮内庁職員と皇宮警察 列から遅れると“遅れてますよ”と即注意
急な斜面の登り下りを含め約3kmほどの苑路を歩いての鑑賞で、参観の所要時間は約1時間30分位

江戸初期に造営された、後水尾上皇の離宮。
後水尾上皇本人が、直接、石ひとつから、庭木、草に至るまで、指示して作らせたと伝わる。
敷地は、上中下と3つの離宮に別れ、それぞれに趣向を凝らした茶室が建てられている

松並木で結ばれた下離宮、中離宮、上離宮という3つの庭園が配されている。
表総門を入った所が下離宮で、数寄屋造の寿月観[じゅげつかん]と池泉鑑賞式庭園がある。
続く中離宮は、華麗な装飾が施された客殿が見事で、天下の三棚の一つの霞棚も忘れずに見たい
でも写真を撮り、説明を聞くには時間が無い
上離宮は、浴龍池を中心に茶屋を配した大庭園。
山腹に立つ茶室隣雲亭からの眺望はすばらしい。

写真を撮り、宮内庁の方の説明を聞き 忙しかった。
歩く道が狭いので、歩きながらの写真・手振れ状態でダメ
遅れると即注意、初めての拝観での写真ですがどうぞ。


2015/11/25 撮影






コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




大門寺に詣でる参道は、古い瓦や石臼が整然と轢きつめられ、その上に散紅葉が・・・
山門を抜けると、まず色鮮やかな”イチョウと柿”が目に飛び込んできてほっこり

庭には綺麗な菊が並べられており、紅葉と菊が見られるとは思いませんでした。

今回は本堂の前の赤紅葉には遅いのですが、紅葉の時期の2日間だけ御茶席が設けられていたので
客殿の庭から見える紅葉を堪能しながら抹茶を戴きました。
茶室の畳に斜めの日が入り一層秋らしい雰囲気を作ってくれました。

 

 

 

 

             2015/11/21 撮影


コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




津山市山下の国史跡「津山城跡(鶴山公園)」三層からなる重厚な石垣に赤やオレンジ、
黄色に色付いた葉が美しく映え、城跡を秋色に染めていました。
津山お城まつりが開催され、モミジのライトアップも行われていましたが 
残念ですが時間がありません バス旅行の悲しさ

石垣の見事な遺構が残っていて、そこから津山市内も一望できます
本丸に備中櫓が再建されており、
今回は現在アートで”津山のみのり”成人一人が1年間に消費する量を素材にした稲籾付きの「わらぐろ」が展示


2015/11/19 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




金蔵寺(こんぞうじ)は、小塩山(標高642m)の中腹にあり
養老2(718)年に元正天皇の勅願によって創建されました。
道路は、非常に狭くて対向困難な箇所が幾つもあり、
しかも急坂なので、慎重な運転が必要です。
Pは、お寺の山門の手前と向こうの計2箇所あります(無料)。

金蔵寺は200円の寄進料を払ってくださいとの掲示がありましたが,
あくまでも自己申告でお賽銭箱に入れるのです。
もちろん二人分400円払いましたよ(笑)

石段中程にある大銀杏
参道の横道は一面イチョウの落ち葉で彩られていました。

手水舎の庇に吊されてる干し柿も色を添えています

見晴らし台からは、京都市内が一望でき、遠くに比叡山が見えます
金蔵寺がいかに山頂に位置しているかがわかります
朝夕の寒暖の差が大きいことから、色鮮やかな紅葉を楽しむことができます。


2015/11/15 撮影


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




大原野神社・勝持寺・西法寺 この後金蔵寺に行きたいので西法寺さんは外からの撮影です
大原野神社の大鳥居を背にして、すぐ左向かい、西山の麓に朱塗りの欄干「極楽橋」を渡ると西法寺

今回は時間が無く、外からの撮影のみです






2015/11/15 撮影


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




京都の西山連峯の麓にあって、小塩山大原院勝持寺と呼ぶ古刹。「花の寺」とも呼ばれる勝持寺
西行法師が自ら植え吟愛していたと言われる八重桜「西行桜」があり、
春は桜、秋には美しい紅葉が楽しめます。

静寂の中真っ赤に色づく紅葉は豪華絢爛で見ごたえがありました。
京都には紅葉の名所がたくさんありますが、人がいっぱいの中でみる紅葉と違い、
鳥の鳴き声や風でもみじがゆれて”サラサラサラサラ・・”という音が聞こえます。


         2015/11/15 撮影


コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )




”千世までも 心してふけ もみじ葉を 神もをしほの 山おろしの風”藤原 伊家(これいえ)
現代語訳
「この大原野の紅葉が散るのを神様も惜しんでいる。
小塩山の山おろしの風も注意していつまでも紅葉を散らさないように吹いておくれよ」
鎌倉時代初期に編纂された勅撰和歌集 新古今和歌集1899番
平安時代の官吏・歌人 藤原伊家 が、大原野神社を参詣した時の歌です。
以上大原野神社のホームページからお借りしました。

奈良の春日社の分霊を大原野に祀ったのが始まりとされています
雨上がりに行ったので一層赤さが増しているように見えました。
まだ灯籠に灯りも入っており、真赤な紅葉とツーショット

鯉沢の池の睡蓮の葉に赤い落葉 あまり見れない景色ですね

現在の京都中心地からは少々遠く、交通の便もそれほどよくないこともあって、
訪れる人も比較的少なく、ゆったりとした時を過ごせる。
のんびりとした佇まいの境内、心地よい空気。静かに散策出来ました。


2015/11/15 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




奈良からの帰り道
京都府京田辺市薪里の内「一休寺」の紅葉は如何かなと思い寄ってみました。

以前行った時に山門の紅葉がきっと綺麗だと期待して行ったのに
まだ部分的の紅葉でした。

  

  
        2015/11/12 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




柳生街道沿いに建つ古刹、奈良市忍辱山町の圓成寺
池を中心とした浄土式庭園、池越しに見る楼門と池を彩る紅葉
水面に映る青空や紅葉が見事な風景を作り上げていました。
綺麗な色の錦鯉が優雅に泳いでいました

運慶の初期の作品といわれる国宝・大日如来像が安置される多宝塔、
寝殿造り風の本堂など、宮殿のような境内の各所を紅葉が赤く飾っていました。

帰りには池の前にあるお食事処里の“松茸入荷”の看板につられて
「里定食」天ぷらに松茸・にゅうめんに松茸・マツタケご飯ほかに鉢物など 
今年初めての松茸を口にしました。 


          2015/11/12 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




奈良の中心地から僅か8Kmの山手にあり
古来より紅葉の鮮やかさから、『錦の里』と呼ばれています
山内ではカエデが燃えるような朱に染まり
ケヤキやオウバクの黄と競演して、見事な景色を作っています。
又ナンテンの木が多くナンテンの実の赤さが生えます

福寿院客殿の緋毛氈の上に座り、山の紅葉・柿の木を借景とした庭を眺めていると
どこからとなく川のせせらぎの音も聞こえ、幸せの気持ちになります。 どうぞ 


              2015/11/12 撮影


コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧