散策
その日の出来事を気ままに・・・




京都はまだ雪が残っていると思い、龍安寺へ行きましたが
早や雪はほんの一部分にしかの残っていませんでした。

今朝は好く冷えていて鏡容池には氷がはっていました。
 




鏡容池(きょようち)は、平安時代にこの地が山荘であった頃の名残りだそうです


 



蹲踞には真ん中の水穴を「口」という字に見立て、周囲の4文字とあわせて「吾唯足知」(われただたることをしる)と読みます


油土塀の屋根にも雪が積もっていましたよ






龍安寺垣とは、参道の脇を飾っている竹の生垣です。割竹(わりだけ)をひし形に組んであることが特徴ですね


スイレンに氷が張って




鏡容池に映るナンテンも綺麗 真赤です

    2017/01/25 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




大雪の竹林 初めて見ましたが、見事な芸術品
竹の節々に着く雪 絵になりますね 




 

竹垣に積もる雪も綺麗


竹林に積もる雪も場所が変わると付き方が変わりますね




帰りの渡月橋


嵐山公園で寒稽古 男性は上半身裸 
 

嵐山駅 綿帽子
 
     2017/01/15 撮影  京都の豪雪日記の最終です 3回のお付き合いありがとう御座います


コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




我家を出る時は、路にうっすらと白くなっている程度でしたが、
桂で乗り換え、すでに駅員さんがホームの雪かき



電車で嵐山に向かうと、雪の量が増えていきます。
嵐山駅前の積雪は30㎝はあり一面銀世界


嵐山から天龍寺へ向かいましたがその間幾度も
猛吹雪かと思うと明るくなり雪が止むを幾度も繰り返し
渡月橋の風景は墨絵の世界 下2枚カラーで撮りましたよ(笑)



この吹雪の中でも観光客は来てますね
天龍寺は明日にアップします     2017/01/14 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




滋賀県畜産技術振興センターは県立の畜産研究所で、約4,000㎡の敷地にコスモスが咲きます。




センター内にある「ふれあい広場」では、ヒツジ・ウサギ・ポニーなどの可愛らしい動物が放し飼いになっており、
お子さん連れにも楽しめるスペースがあります
ふれあい広場には中に入る階段があり色んな動物と触れ合う事が出来ます








入場の際は消毒槽を通って靴の裏の消毒をしてから入ります。入場は無料

広い敷地で北海道を思わせる風景にも出会えます。



2016/10/26 撮影


コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )




鶴見緑地は広い 目的の場所に行くのに時間が掛かりますが、でも途中も色んなものがあり楽しめます
中央噴水に行くまでに楽しい花壇が



自然体験観察園の玄関が凄いです


やっとシンボルとも言える風車の丘にある花壇へ 真っ赤なサルビア無くなって、コスモスに代わっていました。




次はバラ園へ
秋バラが迎えてくれました。


カナダ・オンタリオ州の花博の跡地の滝 キット紅葉の時期は綺麗でしょうね


この後ぶらぶら散策
 



紅葉も少し始まっていました。


凄く回ったつもりが最初に入った入口に戻ってきました。
キツネにつままれた見たい

この後”咲くやこの花館”へ行きました。

我が国 最大級の巨大な温室 さくやこの花館 は 色々な世界の地域の 植物が見れます。
都会の真ん中で は見れない様な珍しい物、 高山、砂漠、極地。  次回でアップします
          2016/10/19 撮影


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




真赤な夕日 綺麗でしたね
急いでのシャッター
阪急電車とのコラボ  電車が見えない


歩道橋
 


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




室生湖の帰り 額井岳近く、標高530mの山中に湧水を貯めた神秘的な池。
風が無いと鏡のようになった水面に周囲の山を映す”龍王ヶ渕”
ココの水面は水鏡と呼ぶに相応しい景色を見せてくれるそうです。
今回は時間が遅く風も出ており、水鏡のようにはいきませんでした残念でした。






木道の遊歩道があります


遊歩道を歩くと何か蝶のように飛び、姿は蝶でなく”チョウトンボ”が沢山飛んでいました。
飛ぶのが早くて、その上小さいので上手く撮れません


これはトンボ


また、池のほとりには「堀越神社」があって豊玉姫命(とよだまひめのみこと)を祀り
本殿内の御神体は桶の中に収められた石で旱魃(かんばつ)のときには向渕(むこうじ)の
農民をはじめ、近村からも祈雨の願いをこめてお詣りします。
境内横の「竜王ヶ渕」・・・今も雨乞いをする時には周囲をたいまつを
持って「雨ヲタマワレ→タマワレ→タンブリ、タンブリ」といって回るそうです。
鯉も泳いでいました

       2016/08/05 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




毎日猛暑日が続きますね この暑い中でも奈良公園の百日紅 見事な花を咲かしていました。
春から夏にかけては鹿は夏毛でとてもきれいです。
とりわけ綺麗な茶色の毛の中に混ざる白い斑点、鹿の子模様(かのこもよう)がいいですね
夏の季節の鹿が一番綺麗だと思います. 今回は少し遅かったかな?

ニホンジカは一年を通じて二回換毛する。
春頃に換毛する夏毛は茶褐色に白い斑点(鹿の子模様)、秋頃に換毛する冬毛はメスは灰褐色でオスは濃い茶色になる。
斑点は雌雄とも消える。発情期のオスのみ首の周りにたてがみが生える。
発情期には泥浴び(水たまり、小川などに座り泥を首などへこすりつける行動)や
フレーメン(首を伸ばし角が背に触れる程のヘッドアップ姿勢で上唇部を引きつらせて歯を見せる行動)
角の突き合いなど行動パターンも変わってくる

春は出産後のメスジカが我が子を守るため、秋はオスジカは発情期に入るため、気が荒くなっていて人に襲いかかることもあります。

奈良の鹿愛護会のページからお借りしました。

奈良公園に住んでいる鹿は「にほんじか」という鹿です
オスだけに角があり、生後1年で1本角を1対、成獣になると3つに枝分かれした立派な角を1対もつ
鹿の角は春先にひとりでに脱落します。そして新しい角がはえてきます。要は毎年新しい角に生え変わるっていう事ですね。

満1才以降の鹿は4月頃に新しい角が生え始めます。
満1才のオス鹿は枝のない角です。「ごぼう角」と呼ばれているそうです。一直線の角•
満2才のオス鹿は直線の枝に枝が1本出ます。
満3才になると枝が2本になるようです。
それ以上の年齢になると枝が3本になります。
春に新しい角が生え始め8月中旬頃にできあがります。

こんなカッコイイ角をはやした雄鹿と記念写真を撮りたければ夏のシーズンがおすすめです。
ただし怒らせないように気をつけて下さいね。鹿は野生の動物です。

今回は鹿の表情を撮ってきました。 男前をクリックしてどうぞ

         2016/08/05 撮影


コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




京都市の西の端・右京区嵯峨越畑茅葺屋根が残る集落、
緑の棚田とオミナエシ等の花畑が拡がり、のんびりとした昔ながらの里山風景だった。


越畑(こしはた)・樒原(しきみがはら)は2009年「にほんの里100選」に選ばれている
愛宕山麓(さんろく)の棚田と清流が美しい




オミナエシの甘い香りが漂う中、撮影開始
盆花である女郎花 黄色の帯がお盆前の越畑の風景ですね




棚田の合間に伸びる黄色いライン うつくしい女郎花畑です


黄色い絨毯を敷きつめたようだった。


真赤なほおずき つやつやしてますね
朝露 水滴が一杯 のほおずき


 
          2016/07/30 撮影


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




京都の自然二百選 選定植物「オニバス」
 

京都府内有数の探鳥地で府内唯一のオニバス自生地である。
亀岡市の平の沢池沿いの道が「水鳥のみち」として整備されています。
農業用溜め池として整備された上池、中池、下池、ハス池があり、総称して平の沢池と呼ばれている。





中池は、京都では唯一、全国的にも数少ないオニバスの自生地として知られ、
8月頃から花を咲かせます(朝に咲き、夕方頃にはしぼんでしまいます)。



平成28年7が23日撮影の情報・この日探しましたが、花を見つけることができませんでした。
探されていた地元の人にも聞きましたが駄目でした。 残念

蓮の花は満開で沢山の花が咲いていました。綺麗でした




秋から冬にかけては、ハクチョウやマガモなどの渡り鳥が訪れ、
12月頃には水面を埋め尽くすほどの渡り鳥を見ることができるそうです
     2016/07/29 撮影


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧