北海道美術ネット別館

略称「ほびねべ」。美術、書道、写真の展覧会情報を発信。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。

下沢敏也「ハルカの土ヲ焼ク・2011」 ハルカヤマ藝術要塞

2012年05月17日 23時00分03秒 | 展覧会の紹介−現代美術
承前)

Toshiya Shimozawa “Burning soil in the Haruka 2011”

 下沢敏也さんは1960年生まれ、札幌在住。
 なお、この作品は、図録には英語題が附されていなかったので、仮に筆者がつけた。
 また、図録には、制作協力として7人の名前が記されている。

 下沢さんは陶芸家だが、うつわのほかに、土を使ったダイナミックなインスタレーションでも知られる。当初は、おもに関西で発表していたが、ここ数年は、札幌でも個展、2人展、グループ展など、めざましい発表ぶりで、道立近代美術館でも大規模な作品発表を行った。
 この分野では、道内ではまず第一人者と言って良いだろう。
 現在も、札幌のギャラリー門馬で、3人展を開催中だ(18日まで)。



 作品は大きく2基あって、れんが状の部品を積み上げた搭のようなかたちのものと、下沢さんがよく制作している柱状の作が、数メートル離れて向かい合っている。

 れんが調の塔は、内部に入れるようになっており、内部に置かれた小さないすに腰掛けて、暗い空間から外側を見ると、ちょうど向こう側に、柱状の作が見える。

 今回の作品については、下沢さんからなにも話をうかがっていないので、あまり断定的なことを書くわけにはいかないが、題から察するに、この会場附近の土を焼成したのだろうと思われる。
 たぶん、れんが調の塔のほうが、地元産の土を使って制作されているのだろう。



 曲線と直線。
 ふたつのものの対峙。

 そこに、空間が生まれている。



■ 「札幌作家グループ展」阿部典英+柿崎熙+下沢敏也 帯広コンテンポラリーアート−真正閣の100日 (2011年)
フォールディング・コスモス (2011年7月17、18日、札幌/September 3 - 11,NYC)
【告知】フォールディング・コスモス

中庭インスタレーション 下沢敏也 Re-birth 風化から森へII (2011年10月まで札幌芸術の森美術館で展示中)
下沢敏也展[陶のオブジェと小品展](2011年6月)
下沢敏也個展「Re-birth.2010」−起源−(2010年)
下沢敏也さん 札幌文化奨励賞の受賞お祝いの会

ARCHAIC FANTASY 土×炎=? つちとほのおで何だろな (2009年12月−2010年2月11日)
交差する視点とかたち vol.3 阿部典英 加藤委 川上りえ 下沢敏也 (2009年7月)
奥村博美×下沢敏也 陶展 (2009年5月)
下沢敏也陶展 -RE-BIRTH- (2009年4月)

下沢敏也陶展−風化から森へ− (2008年8月)
交差する視点とかたち vol.2(08年7月)
「響韻と、在る。」石川亨信さんとの2人展(08年4月)

交差する視点とかたち 川上力三・阿部典英・下沢敏也(07年7月)
07年4月の個展
田村陽子さんとの2人展(07年1−2月)

下沢トシヤ陶展(06年12月)
西本久子さんとの2人展(06年1月)
下沢トシヤ陶展(04年6月)
北海道立体表現展(03年)
下澤敏也・多田昌代2人展(03年、画像なし)
下澤敏也・多田昌代2人展(02年、画像なし)

ジャンル:
芸術
キーワード
フォールディング コンテンポラリー 近代美術館 1960年生
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 【告知】本田征爾展 −虹の世界−... | トップ | 5月17日(木)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL