奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三里古墳

2009年05月30日 | 古墳
 石棚のある特異な横穴式石室です 撮影日;2009.5.23 

 直径20mほどの円墳もしくは全長35mほどの前方後円墳
 6世紀後半ごろの築造

 墳丘の封土も石室の石もほとんどなくなっています
 玄室長4.4m、幅2.2m、高さ3m、羨道長4.6m、幅1.4m
 羨道部には箱式石棺が残り、玄室から羨道を通り排水溝があります
 
★所在地;生駒郡平群町三里958
★交通;近鉄平群駅下車 徒歩10分
★駐車場;なし
★入場料;見学自由
★問合せ;0745-45-1001(平群町役場)

 両袖式の横穴式石室で、玄室奥壁の高さ70cmのところに幅2.5m、長さ1.4m、厚さ45cmの石棚が設置されています
 このような石室は珍しく、県内では岡峰古墳、槙ヶ峰古墳のみで、他には和歌山県紀ノ川流域の古墳だけ
 石室の平面設計が分かる、非常に面白い古墳です

三里古墳石室

 昭和50年に実施された三里古墳の発掘調査で
 石室内から、豪華な馬具、多数の須恵器・土師器、武具、ガラス玉等が出土しています


 参考;出土品
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧普門院 | トップ | 大磯虎女の旧跡「今市地蔵」 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む