奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一ノ木ダム

2016年11月21日 | 名所
一ノ木ダム
 柿博物館へ行く途中に有ります 撮影日;2016.10.09

 紀の川水系古田川 に造られています

 五條吉野国営農地開発事業の一環として建設されました

 1081ヘクタールの既成畑を含めて、合計1674ヘクタールもの畑にかんがい用水や防除用水を供給しています
 完成にあわせてダム周辺地域を憩いの場やふれあいの場にするために整備
 地元住民の手によって桜の木も記念植樹されています

一ノ木ダム説明板 一ノ木ダム湖 堤堤から見た管理棟 

 1974年に着手され、1995年に竣工(平成6年末に完成)
 貯水量は157万立方m
 高さは38.44m

一ノ木ダム提 ダム湖と橋 公園の東屋

★所在地;五條市野原町1212-3(一ノ木ダム管理事務所)
★交通;JR五条駅より 地図参照
★駐車場;有ります(無料)
★見学; 自由
★問合せ;五條市観光協会


この記事をはてなブックマークに追加

三室山

2016年03月27日 | 名所
三室山山頂
 大阪と奈良の府県境にある標高137.3mの山 撮影日;2015.12.13

 山頂には展望台が有ります

 展望台から獣道同然になった古道を7・8分登ると右手の高台に「龍田神社本宮跡」伝と刻された立派な石碑が建っています

三室山三角点 三室山山頂からの眺望

 生駒山脈の最南端部を占める竜田山(立田山)の一部をさして、三室山と称します
 
 龍田大社の神域で、古より崇められてきました

 三室山は歌枕で『古今集』『後拾遺集』に
 「たつた川 もみぢばながる 神なびの みむろの山に 時雨ふるらし よみ人知らず」
 「嵐ふく みむろの山 のもみぢ葉は たつ田の川の 錦なりけり 能因法師」など詠まれています

 JR三郷町駅から高山集落を抜けて三室山への道が有ります
 古代の人が「龍田越え」と称して神社に参詣を兼ねて登った「古道」です
 道の途中には休憩所・公衆便所まで整備して有ります
 少し横道に入って行くと古墳(三室山古墳)も見学できます 

★所在地;生駒郡三郷町
★交通;近鉄三郷町駅下車 徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;無料
★問合せ;

 斑鳩町の竜田川西岸にも三室山(標高28m)が有ります

この記事をはてなブックマークに追加

とっくりダム湖

2015年11月15日 | 名所
とっくり湖と吊り橋
 ダム湖の中央に吊り橋がかかっています 撮影日;2015.11.01

 とっくり湖は「とっくり」のような形をししていることから名前が付けられたようです

 朝護孫子寺の南側に位置し、周囲を緑で囲まれた静かな湖です
 周囲約1km、東側のとっくりダムの堤も道路となっており、ぐるりと1周できます

 春には湖を桜並木が囲み、秋は紅葉と、四季折々の美しさを楽しむことができます

 とっくり湖 とっくり吊り橋 

 とっくり湖のほぼ真ん中に架かるのは、長さ約100mのとっくり吊り橋です
 橋の幅は1mほど(完成は1973年)

 ダムは大和川水系実盛川に作られています
 堤長98m・堤高30m
 直線重力式コンクリートダムです

 とっくりダム とっくりダム公園 

★所在地;生駒郡三郷町大字南畑
★交通;近鉄信貴山下駅より バスで信貴山門下車 徒歩5分
★駐車場;ダム湖周辺はなし  朝護孫子寺駐車場
★見学;自由
★問合せ;


この記事をはてなブックマークに追加

倶留尊山

2015年11月09日 | 名所
倶留尊山
 日本三百名山の一つです 撮影日;2015.10.25

 三重県津市と奈良県宇陀郡曽爾村にまたがる高見山地の標高1,037mの山です
 高い山ではありませんが、二本ボソから、美しい山容を見せてくれます

 曽爾高原の国立曽爾少年自然の家(690m)、お亀池を経て亀山峠(800m)に登り、稜線を北上し二本ボソ(996m)を経て山頂に至る
 二本ボソから先の頂上部は私有地で、入山料が必要です

 二本ボソの名前の由来は『昔、山頂にホソの巨木が二本立っていた』からだそうです
 「イワシの口」と呼ばれる突き出した部分が有り、絶景だそうです
 (行きも帰りも先客がいたので、この日は行けませんでした)

倶留尊山から見た二本ボソ 倶留尊山山頂 

 山名はこの山に見られる柱状節理の大障壁、すなわち賢却千仏の「拘留孫」に由来するとの事

 倶留尊山は第三紀に活動した火山のなごりで、三重県側斜面には火山岩による柱状節理が見られます
 倶留尊山、曽爾高原一帯は室生赤目青山国定公園に指定されています

 山頂には三等三角点「具留尊山」が有ります

★所在地;宇陀郡曽爾村伊賀見(北緯34度31分50秒, 東経136度10分12秒)
★交通;近鉄名張駅より バスで太良路へ 乗り換え 曽爾高原下車 徒歩60分
★駐車場;曽爾高原の駐車場
★入山料;500円 (環境整備のための協力金)
★問合せ;0745-94-2101 (曽爾村役場)


この記事をはてなブックマークに追加

万葉の森「膳夫古池」

2015年10月09日 | 名所
万葉の森公園
 天香具山の北東麓に整備されています 撮影日;2015.09.26

 第32回全国植樹祭記念事業の一環として整備された森です

 万葉集に詠まれる植物(アセビ、イチイガシ、梅等)を植栽した万葉植物展示園が中心です
 桜展示園・紅葉展示園・花木園・水生植物園・竹林園・野鳥誘致園なども有ります
 四季折々の花が楽しめます

 遊歩道には立派な万葉歌碑が立てられています

万葉の森南入口 万葉の森歌碑

 天香具山の北東部の麓にある池は『膳夫古池』と呼ばれます
 
 「万葉の森」に隣接し、「白鷺の舞い降りる池」としてNHKTVで紹介された風光明媚なところです

 ≪かしわでの地名のいわれ≫
 古代に天皇の食事を用意した専属料理人;膳夫(かしわで)氏の一族がこの一帯に住んでいたそうです
 一族の長(おさ)を膳臣(かしわでのおみ)と呼んでいました
 古くは、食器の代わりにカシワの木の葉を使っていたことから、これらの呼び名がついたそうです 

膳夫古池 天蚕生原旧跡

 万葉の森の南側に『天の蠺生原舊蹟』の石碑が有ります

 天蚕生原旧跡・・・蚕の発祥伝説でも有るのでしょうか?
 天八千千姫久波御霊神が、桑の木を植え蚕を飼っていたのは、この辺り?

★所在地;橿原市南浦町
★交通;JR香久山駅下車 南へ徒歩20分
★駐車場;有ります(無料)
★入場料;タダです
★休園日;なし
★開館時間;
★問合せ;


この記事をはてなブックマークに追加

金魚が泳ぐ電話ボックス

2015年09月30日 | 名所
金魚ボックス
 公衆電話を改修して水槽として展示されています 撮影日;2015.09.20

 町おこしのイベントで使用したものがここに常設されるようになったそうです
 イベント中は数台あったそうですが、今はここだけだそうです

 これを見るためだけに来る価値はある?
 多くの方が足を止めて、写真撮影しています

金魚ボックス前の人だかり ボックス内の金魚 レゴの電話

 40匹ほどの金魚が泳いでいます
 中の電話はレゴ

 元ガソリンスタンドだった建物を使用し、電話ボックスの中に金魚が泳ぐ「金魚ボックス」が設置してある喫茶店『K coffee』
 隣は、重厚な建物の銭湯「大門湯」

銭湯の煙突 金魚灯篭

 紺屋町通と柳町通には、他にも灯籠形金魚鉢3基と石製の金魚鉢などが20基設置されています 

★所在地;大和郡山市柳5丁目
★交通;近鉄大和郡山駅下車 徒歩5分
★駐車場;
★見学;自由
★問合せ;


この記事をはてなブックマークに追加

鷹塚山地蔵尊

2015年09月28日 | 名所
鷹塚山地蔵尊
 真の修徳天皇陵ではないかと言われています 撮影日;2015.09.19

 西大寺の北西、1.5kmほどの住宅地の中
 15mほどの高さがある小山が有ります
 高塚町にある鷹塚山よ呼ばれる丘です
 登ってみると、とても良い眺めで平城京が一望できます

 称徳天皇の高野陵であっても不思議ではありません(むしろ納得させられる場所です)
 西大寺資材流記帳の寺域には西の端の山陵八丁を除くと有り、後世の絵図には「本願天皇御廟」と有る事などから、この場所が称徳天皇の本当の陵が有った場所ではないかと推理されたそうです

鷹塚山地蔵石仏 鷹塚山大権現

 山頂には「高塚権現」の祠と、簡素な覆屋に大型の地蔵石仏が有ります
 地蔵石仏は、像高145cm
 形の良い舟形光背を負い、二重蓮台の上に立つ像高105cmの定形地蔵立像です
 顔は、風化してのっぺらぼうになってます

鷹塚山からの眺望 鷹塚山登り口

★所在地;奈良市西大寺高塚町1丁目
★交通;近鉄西大寺駅下車 徒歩20分
★駐車場;有りません
★見学;自由
★問合せ;


この記事をはてなブックマークに追加

鶴姫公園

2015年09月01日 | 名所
鶴姫公園展望パノラマ
 展望棟からは東西南北360度見渡せます 撮影日;2015.08.23

 公園入り口に野迫川村総合案内所が有り、展望棟がある山頂まで約1km
 山の斜面には桜の木やアジサイが植えられています
 風力発電機が三機有りますが、動いていないようです

 標高は1180mで、天体観測地としても有名だそうです

鶴姫公園ゲート 鶴姫公園

 展望棟の1階は鶴姫館
 鶴姫伝説がパネル表示されています
 展望棟からは東西南北360度見渡せます 

展望紀伊水道 展望熊野灘
展望高野山 展望大阪

 展望棟背後の檜股山山頂(二等三角点が有ります)には、鶴姫の墓と観音像が有ります

 鶴姫の悲歌
 哀愁をそそるひえつき節に「庭のさんしゅの木に、鳴る鈴かけて鈴の鳴るときゃでておじゃれ、鈴の鳴るときゃなんというてでよか、駒に水呉よと、ゆうて出ましょ、那須の大八鶴姫捨てて椎葉立ときゃ目に涙」とあります
 壇ノ浦の戦いに敗れ椎葉村に落ち延びた平家一門を滅ぼそうと、那須与一の弟大八朗が椎葉村につく。
 ところが、そこには木の実、草の根を食べひっそりと暮らす一門の姿があり、幕府の命に従わずついには、平家の出である鶴姫(富姫)と恋仲におちいる
 時を経て、為頼に助けられた二人は鎌倉に戻るが、大八朗は熊野に左遷される
 鶴姫はやるかたなき慕情を胸に秘め、鎌倉より熊野へ何度も「水が峯」の尾根を越え大八朗に会いに行く
 「たずねきし身に浮き雲のめぐりきて、月のさわりになるぞ悲しき」鶴姫は裳裾絞り歌を読む
 しかしそれもむなしくこの地に露と消える


鶴姫の墓

★所在地;吉野郡野迫川村檜股64-22 野迫川村総合案内所(兼鶴姫レストラン)
★交通;奥高野の高野龍神スカイライン沿いに有ります
★駐車場;有ります
★見学 入場料;無料
★問合せ;0747-37-2100


鶴姫公園鐘 鶴姫公園展望所

この記事をはてなブックマークに追加

ナメゴ谷

2015年06月05日 | 名所
ナメゴ谷
 尾根筋の広葉樹がうごめく絶景 撮影日;2015.05.17

 山肌の多くは針葉樹ですが、尾根筋には広葉樹が自生しています
 まるで生き物が動いているように見える珍奇な風景をつくり出しています

 常緑の針葉樹とのコントラストが強まる春の桜、秋の紅葉の時期が特に見ごろとなります
 春の桜は遅咲きのヤマザクラのため、例年4月下旬からGW手前頃まで見ることができます

 

 国道309号、通称・行者還林道と呼ばれる道沿いの64番カーブ付近が撮影スポット 

★所在地;吉野郡上北山村西原
★交通;地図参照(かなり曲がりくねった山道)
★駐車場;スペース有り(2~3台)
★見学;自由
★問合せ;


この記事をはてなブックマークに追加

郡山金魚卸売センター

2015年05月15日 | 名所
郡山金魚卸売センター
 金魚のせり市も行われます 撮影日;2015.05.02

 金魚のせり市用のコンクリートのタタキ池が有り、中央にせり用の小屋があります
 池の大きさもそこそこあり、結構本格的な釣りを楽しめます

 普段は鯉や金魚の釣堀
 水曜日は鯉や金魚のせり市場となります 

郡山金魚卸売センターせり市場 郡山金魚卸売センター入口

 水曜日の午後1時からは金魚の競売会が見学できます
 参加費を払う事で、せりに参加することもできるようです
 4月〜8月(お盆除く)は毎水曜日の開催、3月、9月〜11月は隔週 

★所在地;大和郡山市本庄町250
★交通;JR・近鉄郡山駅より バスで「本庄町」下車 徒歩2分
★駐車場;有ります(20台)
★入場料;無料
★休館日;水曜日(せり市が開かれる為)
★営業時間;(3月末頃~11月末頃)9:00~16:00
 釣り堀;長竿:700円/時、短竿:400円/時
★問合せ;0743-56-230*


この記事をはてなブックマークに追加