笑顔の江川

薬害エイズを考える山の手の会のご案内
病気でお悩みの方の保険相談
尊敬する勝海舟や田中正造のコメント

来年は明治維新から150年ー勝海舟は今の政治に何を思うか

2017-04-25 20:43:33 | 日記
最近の大臣の発言や国会議員の不祥事を見ていると政治の劣化を痛切に感じます。この状況に勝海舟はどう見るでしょうか。自らが政治は正心誠意しかないと言っています。今の状況はこの勝海舟の言葉と正に正反対の状況です。来年は明治維新から150年の節目。しかし明治維新以来、権力を誇示した政治ばかりが目立ち本来の庶民のための政治とはかけ離れています。勝海舟といえば江戸城無血開城を思い起こす人も多いと思いますが、これを成し遂げた幕末三舟である勝海舟・山岡鉄舟・高橋泥舟は幕府と薩長の争いが外国の餌食となり庶民が苦しんでしまうため全力で阻止しました。歴史にたらればはありませんが、幕府と薩長が戦争をしていれば、西日本と東日本で国が分かれ現在の朝鮮半島のようになっていたかもしれません。勝海舟は政治政府が行った日清戦争も反対していました。明治政府は西欧列強に追いつこうとするのではなくアジアと連携を深めていくべきと言っていました。この150年、日本が歩んできた道を振り返りながら、庶民からかけ離れた現在の政治を考え直すべき時だと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次は北千住でがん哲学外来(... | トップ | 誠があれば鬼神も感動ー勝海舟 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。