笑顔の江川

薬害エイズを考える山の手の会のご案内
病気でお悩みの方の保険相談
尊敬する勝海舟や田中正造のコメント

行のうに損なく努めて無なし

2010-09-28 22:42:15 | 日記
「行のうに損なく努めて無なし」
これは生前親父が私にくれた言葉です。親父は大変なスパルタ教育で私はようりょうが悪く、まあデキソコナイデよく怒られました。そんな私が悔しさのあまり「人間はどんなことでも損することはないし、努力すれば誰でも出来る」と紙に書いたら、親父がすぐに筆をとりサラサラとすぐさま書いて私にくれました。以来私の座右の銘にしています。
人はすぐに優劣をつけたがります。切磋琢磨して競い合うことは人間皆向上して良い事ですが、優劣をつけ差別しやがで排除しようとします。分かち合いという言葉がありますが、話し合うことではなく、全ての存在を認め受け入れることではないでしょうか?人間だれでも良いところは持っているし、どんなことでも自分から動けば、その体験に損はなくて、努力して誰でも出来ることがあるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週もいろいろ

2010-09-26 17:46:14 | 日記
今週も様々な催し物や行動・会議があります。社会は色々なところで様々な人々が動いていますね。今週も頑張りましょう!
9月27日(月)午後6時30分~8時30分:薬害肝炎の支援活動記録集編集会議
9月28日(火)午後7時:B型肝炎訴訟を支援する学生たちの山手線ラリー街頭宣伝行動
              (駒込駅→巣鴨駅→大塚駅)
9月30日(木)午後6時30分~8時30分:薬害根絶デー実行委員会
10月1日(金)午後1時30分~B型肝炎訴訟裁判期日(東京地方裁判所)
10月1日(金)午後7時:B型肝炎訴訟を支援する学生たちの山手線ラリー街頭宣伝行動
              (池袋駅東口→目白駅→高田馬場駅)
10月2日(土)午後3時:B型肝炎訴訟を支援する学生たちの山手線ラリー街頭宣伝行動
              (新大久保駅→新宿駅→代々木駅→原宿駅→渋谷駅)
*9月29日~10月1日の間、横浜みなとみらいのパシフィコ横浜でバイオジャパンというバイオベンチャーの催し物があります。
*10月1日には王子の北とぴあで乳がん検診の講演会があります。
*10月2日~3日の間、日比谷公園でグローバルフェスタという世界で活躍するNGOが集まるイベントがあります。
まだまだたくさんありますが、世の中は動いていると言うことでしょう。私の出来る限り参加して世の中の動きを感じて生きたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真展「HIV/エイズと共に生きる子供たち」

2010-09-25 22:00:07 | 日記
新宿エルタワー28階で行われている山本敏晴さんの写真展「HIV/エイズと共に生きる子供たち」を見てきました。
可愛い子供の顔写真。しかし写真の下に語られているエイズの現状は「貧困」「差別・偏見」「長く続けなければならない治療」など、若く小さい命がこの世界に生きていくための厳しい状況が語られています。
エイズ治療薬は近年、画期的な進歩をとげてエイズも死ぬ病気では亡くなりましたが、まだ治る病気ではなく進行を止めるだけで薬を飲み続けなければなりません。また、治療薬は高額で貧しさのゆえに手にはいらない人々もいます。
この写真展は人間が生きるうえでの大切なものをいろいろ考えさせられました。難しい病でも医療技術の進歩により生きられる時代になっていますが、生きられる技術を生んだ人間が貧富の差を生み、差別・偏見を生んで生きづらい時代にしてしまっているようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬害イレッサ総決起集会

2010-09-25 07:37:06 | 日記
2002年7月に世界の先駆けて日本で承認された肺がん治療薬の抗がん剤イレッサで副作用のない夢の新薬と謳われ薬が8年間で810名もの死者を出しています。イレッサで亡くされた遺族の方が国と製薬会社を相手に裁判をしています。裁判は今年の夏に結審して後は判決を待つのみです。イレッサ被害者の会、薬害イレッサ訴訟の原告団・弁護団・支援者が薬害イレッサ総決起集会を行います。
日時:11月26日(金)午後6時30分~8時30分
場所:文京区民センター3A会議室
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬害肝炎の支援活動の記録集つくり

2010-09-23 20:36:29 | 日記
薬害肝炎問題は出産時や大きな手術で大量出血したとき止血剤として使われた血液製剤がC型肝炎ウイルスに汚染されていてC型肝炎に感染してしまった問題で被害者が国・製薬企業を相手に裁判して2008年に国と基本合意を結び和解しました。この裁判を支援するため薬害肝炎訴訟を支援する会をこの裁判が提訴された2002年10月から準備をはじめ翌年に支援する会を立ち上げ今年の3月まで支援活動を続けてきました。今年の総会で裁判の和解と国会での肝炎対策基本法成立を見届けて解散しました。この活動を記録に残して次の活動に活かしていこうと準備を始めています。この記録を薬害防止と全ての肝炎患者の救済のために役立てればと思います。
記録集の編集準備会は9月27日(月)午後6時30分から行います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加