笑顔の江川

薬害エイズを考える山の手の会のご案内
病気でお悩みの方の保険相談
尊敬する勝海舟や田中正造のコメント

浅草に勝海舟は生きているー下町浅草がん哲学外来メディカルカフェ

2013-07-31 22:39:37 | 日記

今日は夕方に浅草の和風の粋な喫茶店で勝海舟記念下町浅草がん哲学外来メディカルカフェがあり参加してきました。このカフェでは浅草の地元の薬剤師、訪問看護師、ケアマネージャーなどの有志ががん患者さんと共にざっくばらんな、しかも人生哲学の深い話をしています。それはけっして難しい話ではなく参加者一人ひとり立場を理解しながら、今をどう有意義に生きるか情報交換しながら分かち合っています。正に人との出会いの中でお互いが生かされています。若き頃の勝海舟が生きた浅草の地で、正に現代もその勝海舟の精神は生かされ、浅草という地域の中からがん哲学外来という取り組みが変化をもたらそうとしています。

ということで私は12月21日に浅草三業会館で行われる第4回勝海舟記念下町浅草がん哲学外来シンポジウムで私も勝海舟のお話をすることになりました。「お前さんなんかで大丈夫なのか」とさぞかし勝海舟も「喝!」を入れることでしょう。

第4回勝海舟記念下町浅草がん哲学外来シンポジウム:http://www.asakusakanwa.net/as-cans/20131221_asakusasimpo.pdf

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一人でも多くの人に、しかも一歩一歩地道にー薬害根絶デーに向けて

2013-07-30 20:59:08 | 日記

薬害根絶デーへの参加要請を医療機関や労働組合、諸団体んどに都内を回って行なっています。今日も蒸し暑い日で飲み物を飲みながらいろいろな所へ行きました。暑いのでもうやめてしまおうかと気もなえいできますが、もうひと団体回ってみようかと行ってみると新たな情報を得ることが出来ました。そのもう一歩の努力が次につながってくるものだなあと感じた一日でした。明日も焦らずじっくりと活動を続けます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑い中でも熱く活動を続けますー8月の活動予定

2013-07-29 19:57:22 | 日記

蒸し暑い日が続いております。ブログを見ていただいている皆様、暑中お見舞い申し上げます。8月も暑い中ではなりますが、志は熱く活動を続けます。

8月3日(土)16時~18時:AIDS文化フォーラム・薬害エイズを考える山の手の会「薬害の今」(かながわ県民センター304)*AIDS文化フォーラム自体は8月2日~4日

  AIDS文化フォーラム:http://homepage2.nifty.com/iwamuro/abf2013.htm

8月5日(月)18時30分~20時30分:薬害根絶デー実行委員会(新宿御苑前・スモンセンター)

8月6日(火)18時30分~20時30分:エイズ・ボランティア講習会(神田・東京エイズ相談連絡会)

8月17日(土):薬害根絶デー実行委員会準備作業

8月18日(日)19時~:薬害根絶デー実行委員会レクチャー「子宮頸がんワクチン問題について」

8月23日(金)11時45分~18時30分:薬害根絶デー(霞ヶ関周辺・有楽町ー厚生労働省前・弁護士会館・日比谷図書文化館・有楽町マリオン前)

  薬害根絶デー:http://www.gaiki.net/yakugai/ykd/lib/ykd2013r2.pdf

8月25日(日)9時30分~17時:田中正造没後100周年記念行事・渡良瀬川鉱害シンポジウム(栃木県佐野市・佐野市中央公民館3階ホール)

8月28日(水)19時30分~21時20分:PLAS Meetup「知ることから始めませんか?日本とアフリカのHIVエイズ問題~いま、あなたにできること~」(市ヶ谷・JICA地球ひろばセミナールーム600)

  エイズ孤児ぷらす:http://www.plas-aids.org/blog/2013/05/30/13704

8月29日(木)18時30分~20時30分:下町浅草がん哲学外来メディカルカフェ(浅草・お休み処 茶房「花の辻」)

  下町浅草がん哲学外来:http://www.asakusakanwa.net/as-cans/201307310829_medicalcafe.pdf

8月30日(金)18時30分~20時30分:薬害オンブズパースン・タイアップ東京学習会(千駄ヶ谷・たくみ外苑薬局会議室)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2回世界・日本肝炎デーフォーラムに参加してーまだまだ課題は山積

2013-07-28 19:14:58 | 日記

今年で2回目になる世界・日本肝炎デー。世界の肝炎患者と連携してすべての肝炎患者の社会的支援を進めていこうと昨年から始まった取り組みで、今日は日本肝臓病患者団体協議会の主催で信濃町の東健保会館ホールで行われました。B型C型肝炎に対する理解不足からまだまだ差別・偏見も存在して医療技術は進んできて経済的に医療を受けられることができなかったり、まだまだ課題は山積しています。肝硬変・肝癌の医療費助成などまだまだ進んでおらず肝癌でなくなっていく患者さんも多くいます。肝炎問題が社会的に関心が薄くなると行政や国会の動きも鈍くなります。肝炎患者さんと共に多くの国民が肝炎問題に関心を持ち行政や国会に声をあげていかなければなりません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西郷隆盛と聖書ー敬天愛人

2013-07-27 20:57:23 | 日記

内村鑑三が代表的日本人の中の一人に上げている西郷隆盛はその人格に重きを置かれています。西郷隆盛の幕末から明治にかけての行動は「天の法に基づき、運動の方向を定める精神を知っていた」と内村鑑三は言います。敬天愛人こそが正に西郷隆盛の原動力ということです。その根本たる教えは聖書にあったのだと言うのです。キリスト教禁教のの幕末の頃から西郷隆盛は聖書を読んでいたようです。勝海舟にしろ西郷隆盛にしろどんな境遇にあってもその尊い教えを大切にして行動してきたことがうかがえます。正に混沌とした現代に最も必要なことだと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加