JA1KIH's Radio Memo

1965年3エリアで開局、長いQRTの後8年前に今のコールで再開、主にCWでDXを楽しんでいる。

C21 ナウル ベーシックインカム国(国民皆年金国)の富とその後の奈落

2017年03月25日 | 日記
ベーシックインカムとは国民全員に年金(月額数十万円)を支給することを意味しますが、昨年スイスでこの制度を導入するか国民投票し半数以上がNOにいれ結局成立しませんでした。 日本ではこんな制度は話題にもなっていませんが、一方でヘリコプターマネーと言う言葉が昨年から出ています。 ヘリコプターマネーは政府が万札を空から国民にまくということから生まれた言葉です。 ベーシックインカムと同じ様な意味です。 国民が働き収入を得てその中から税金を払いそれで社会インフラや行政サービスを維持するのは手間隙かかるので国民に政府がお札を刷って配り、国民はそれで自活してくださいというシステムです(多分)。

こんな制度が世の中に存在すること事態不思議な感じがして、調べていたらリン鉱石で有名なナウル共和国でベーシックインカムが行われていたのを知りました。 詳しくはナウルで検索すると出てきますが、大雑把に言うとリン鉱石が人口一万人の国で1960年代に主要産業となり莫大な収入だったので国民全員は政府から生活に困らないお金を支給され、その結果仕事などするものは居なく、ネットでは300人くらいが仕事をしていたとか、ほとんど全員が公務員となった。その結果輸入依存の社会が出来、人々は毎日食っては寝の繰り返しで糖尿病は国民の90%にもなった。 これが永久に続けば天国でしょうが、世の中働かない人には天罰が下るようになっていて、それはリン鉱石の枯渇から始まりました。 今では島の資源はほとんどなく、日本やオーストラリアに援助を求めてリン鉱石以前に戻っているようです。 しかし、一旦覚えた楽な生活からは仕事をするなど誰も思いつかないので国自体が消滅の危機に陥っています。 オーストラリアはリン鉱石でご利益を得たのでナウルの一万人を別なところに移住させようとかの話もあるようです。

結局、数十年間の楽園は終わり何もない昔の生活に戻ることにならざるを得ません。これなどは特殊な例かもしれませんが、日本では国家予算に占める国債は巨額であり、一種のベーシックインカムと見えます。 たまたま日本は科学技術があり、ノーベル賞受賞者も多く居てナウルとは違いすぐナウルの様にはなりませんが、ネイチャー(科学雑誌)が言っている様に日本からの技術論文が大幅に減って日本の科学技術の衰退が顕在化して来ると日本発の製品やサービスはお隣の中華に負け気がつけば石油輸入さえままならぬ状況に陥っているかもしれません。そうなると産業は無くなり、江戸時代の農業国に戻ることになります。 ナウルは小さな国ですが不労所得国の顛末を良く見て考える必要がありそうですね。 と、ここで言っても何の意味もありませんが、ヘリコプターマネーからナウルを連想し、政治家が大学までの教育費を教育国債で無償でやろうという最近の自民党からでている美味しそうな話に対し考えるきっかけになればと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリンタ選定の失敗

2017年03月19日 | 無線室
長らく使用していたキャノンのプリンタが不調になり色々試した結果廃棄することに、新しいプリンタを選ぶにあたり、インクの互換品があり価格が安いことを基準に選定した結果、エプソンのPX-045Aに決定(安売りしていたのが一番の理由ですが)。
A4用紙では綺麗に印刷するしインクの使用量もキャノンに比べると少ない感じなのでしばらく使用していました。所が、QSLカードの印刷で問題が発生。 カードは国際サイズ(90x140ミリで作りまいしたが、キャノンでは用紙を葉書にしてして全く問題なく印刷できていました。 エプソンも当然同じと思い葉書を選んで印刷スタート、所が全くダメです。用紙が違う・・・わけの分からないアラームがでて印刷できません。試しに100x150ミリの用紙を入れるとなんと問題なく印刷できます。 結論はQSLサイズが10ミリ小さいことが原因でした。確かにエプソンのマニュアルには葉書とかいてあるので間違いではありませんが、一回り小さいカード印刷はできません。まだ小さめのカードが残っているので手書きでやるしかなさそうです。誰か良い方法しりませんか? 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

他人の気持ちをおしはかること・・・忖度

2017年03月17日 | 社会・経済
いい日本語ですね。 この言葉の通り直接指示しなくても何でもできる、権力を持った人は。 権力を持たない人は忖度を理解しないといけない。 

斟酌(しんしゃく)や、空気を読む・・・なども似たような意味でしょうか? メディアへの圧力も”忖度”で”かけていない”。

忖度をWelioで調べたら沢山でてきますが、どうも違うような、speculate あたりか?
hypothesise
theorise
hypothecate
suppose
theorize
speculate
conjecture

例文がなかなか的を得ている様なので見てください。

 これ己をもって人の心事を忖度するものである= That is judging of others by yourself.

やはり誰かが誰かのことを思って決めることなんですね。 その思いはその誰かが言った一言かも知れない。
あれ頼むよ の一言で十分。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

このノイズ源は?

2017年03月06日 | 無線室
最近時々現れるノイズ、数十秒間隔で現れSは3-4程度で時間により強さは変わります。 いつも出ているのではなく時間によります。 弱いDXを聞くときは邪魔になります。



バンドスコープ画面の様に10KHz間隔で出ているので、太陽光発電のパワーコンディショナーではなさそうです(今日は雨なのでそもそも発電していない・・でしょう)。 田舎でもこんなノイズが最近は特に感じられます。 晴天時約20KHz間隔でノイズが出るようになってきました。これは近所のソーラー発電でしょう。今のところ大きな影響はありませんが、パワーコンデショナー劣化により無線ができなくなる可能性は十分あります。 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘッドセット製作 その2

2017年03月06日 | 無線室
Audio Technica の Art Monitor ATH-A1000 と言う結構有名なヘッドフォンを入手し、聞いてみたら結構いいのでワッチに使っていました。 以前紹介したソニーのヘッドフォンをヘッドセットに改造(と、言ってもマイクをつけただけ)と同じ様にヘッドセット化してみました。 

今回入手したマイクはUnidenのヘッドセットからとりはずした物で、コンデンサマイクです。 製作上のポイントは可動部分がそのまま取り外せかつヘッドフォンに両面テープで貼り付けられるよう接触面が広くなるよう少し工夫してあります。





今回はたまたまUnidenのヘッドセット(片耳タイプ)が手に入り、写真の様にうまく取り付け出来ました。 使用感はなかなかFBです。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これって殿様商売でしょうか・・・・・光回線導入で感じたこと

2017年03月05日 | うんちく・小ネタ
ある集合住宅へ光回線を引くため、光コラボレーション(NTTからネットプロバイダなどが光回線を卸してもらいプロバイダと一緒に高速光回線を売るもの---NTTにとっては黙っていても加入者が増える)をやっているプロバイダにその集合住宅でNTTの光回線が使えるか確認依頼のため申し込みを行いました。

するとすぐプロバイダから電話があり、指定の集合住宅はNTTサイトで調べると”要調査”となっているので、まずは加入申し込みしてもらえますか?と。 光回線を引くためその集合住宅の設備が対応しているか調べてもらうのに加入申し込みがどうも必要な様です。 普通なら調査して”大丈夫です、今なら一週間で開通出来ますよ”と営業を掛けると思っていたら、逆でした。

確かにネットで集合住宅に光が来ているか住所と集合住宅名で検索できますが、光が一般化する以前の住宅は光ファイバが導入されていないためVDSL(メタル銅線を使った高速デジタル伝送方式で100Mbps程度まで可能)と言う方式が使われておりその場合既存設備でサービス可能か、又は増設が必要か調べる必要はあるかも知れませんが少なくとも回線提供するNTTは設備がどうなっているか把握しているはずで、加入申し込みを受けてから調査するのはちょっと変です。

別に個人情報保護法に触れるわけでもないし、加入検討するにはタイプによって月額も変るので申し込みの前にどれくらいのスピードで月幾らかかるか知りたいだけなのにそれをさせず、申し込みの後知らせるという内容でした。 もっとも申し込んだ後回線の実態が分かり気に入らなければキャンセルできるとの話なので被害はなさそうですが、まず申し込みありきと言う態度が気に入りません。

結局分かったことは光ファイバはNTTが独占的に行っているので光コラボ業者が幾らサービスを良くしようとしても限度があると言うことです。

その後色々チェックした結果最近テレビで宣伝している auひかり がよりよい条件でかつ四の五の言わずサービス提供しているのが分かったのでそちらで進めることにしました。 と、言っても実際はN社の回線を使うことになりますが。 サービスを提供してやる、知りたければ申し込めと言う態度に少しがっかりしましたHI。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ARRL CW 2017

2017年02月20日 | 無線室
今年の掲題コンテストはハイバンドがNGなので数年前のバンドスコープに沢山の局がひしめくのが見られず一寸寂しいコンテストだったと思います。今年は80mでWASを狙ってやろうと逆Vを上げましたが、西海岸は聞こえるものの中部~東海岸は全く駄目で気分転換のため7と14に少しでてみました。 局数稼ぎは苦手なので呼ぶほうに徹しましたが、新しい州が中々聞こえないので途中であきらめ早々にログ(100局以下ですHI)をARRLウエブから送っておきました。CONTEST WINで指定されたフォーマットを作り、ARRLに入ってボタンを押すだけなので楽チンですね。 結果はどうであれARRLはログの照合をするのでQSO数が少なくても送っておかないと迷惑がかかります。 ARRLサイトを見たらコンテストにエントリーしなくてもチェックログとして出しエントリーした局とのログチェックをすることも出来ます。

Check here to submit your log as a CHECKLOG (do not score my log). Use it only to check other entrants' logs.

もっともやりっぱなしでログを、それも電子式の、取っていなければ出せませんが、総QSO数が少なくて、スコアが人様に見てもらえるようなものでない(→当局ですね)局も是非だしてねと言っているのはいいですね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

80m 逆Vアンテナ 地上高による比較

2017年02月14日 | アンテナ
3.5メガ逆Vアンテナの給電点高さによる比較を行うチャンスがあったので参考まで掲載します。

アンテナ1 逆V フルサイズ 地上高18m ほぼ北に向いている 両端は地上高数m 
アンテナ2 逆V フルサイズ 地上高 8m ほぼ北に向いている 両端は地上高数m

アンテナ間隔は20mくらい。 相互干渉は不明。 単位はdB



送信結果は上記の通り、DXにはやはり地上高があるほうが良いですが、8m高でも十分飛んでいる感じです。国内のスキマーではその差はそんなに大きくありません。朝のEUはイタリアあたりの距離では8m高は厳しい感じでした。W7SW ScottyがフルサイズGP(ラジアルは50本!で砂漠に立てたもの)でアクティブに出ていますが、受信ではSの差は、若干高いほうが良いようです。 TL8TTは18m高の逆Vで出来ましたが、聞こえ方はほぼ同じでした。場所の問題かもしれませんが、ノイズは8m高の方が少なく返って弱い信号は聞きやすい感じでした。どちらのアンテナもCWバンドにあわせています。
8m高のアンテナは竹ざおを利用して近所の笹林の中に一時的に作ったものでしばらく比較実験して撤去します(利用許可は得ています)。18m高の方はタワーにくくりつけていますが、実戦に投入してしばらくこのバンドでDXをやっていなかったのでどれくらい出来るか試す予定です。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

メディアが伝えないこと

2017年02月12日 | 社会・経済
冬のアンテナ作業は疲れるので合間にネットを見ていたら、2月10日CNNは次の様にT大統領が言ったことを伝えています。 

The President made no mention of his demands for Japan to pay the United States more for its security guarantees and the presence of Japanese soil of thousands of US troops. And his prior criticism of Japanese trade practices was also absent.
But he did hint at some evolution in the relationship, noting that the US and Japan were committed to invest "very heavily" in defense and defensive military capabilities and added that the trading relationship needed to be "free, fair and reciprocal."

前半の米軍駐留経費や貿易取引慣行批判の後に続くBut以下がとても気になります。 直訳すると(Weblioで)次の様になります。

しかし、彼は関係で若干の進化にほのめかしました。そして、米国と日本が「非常に重く」防御と防御の軍事能力に投資することを約束して、取引関係が「無料で、公平で、相互の」必要があると付け加えた点に注意しました。 

10日以降の国内ニュースでこのことについて報道されているかどうか分かりませんが、聞いている限りなにも言及していないようです。オスプレイやF35など言い値で一杯購入するのかなど、今後どう展開されるのか注意しておく必要があると思います。  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7メガ 短縮ヤギ VS 逆V アンテナの比較 

2017年02月11日 | アンテナ
2エレ短縮ヤギ(ナガラ240S2)地上高20m
逆V 地上高8m 両端は地面すれすれ
同じパワー
周波数は7メガCWバンドで2エレヤギアンテナは30度(北米)向け、逆Vは北向き。



単位はdB。地上高差、相手との距離もありますが10dB程度ヤギの方が良いようです。 100Wにヤギ と KWに逆V が同じ程度になる感じですが、逆Vを20mに上げるとその差は余りなくなるはずです。 

W7SWとこの実験の後QSOしましたが、彼はフルサイズのRDPから何時も9オーバーの信号を送り込んできますが何時も強いScottyの信号が弱い(S=7)ので聞いたところ、20mタワーのメンテナンスのためクランクダウンし10m高でした。

放射角や電離層など幾つもパラメータが絡むので上記実験結果は参考まで。  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加