千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

映画「台湾人生」 4首

2009年07月20日 | 詠む
こんなにも日本語はなす人々が... 五人五様の「台湾人生

暗号のニイタカヤマは此処なのか 開戦時期の「臣民」の今

愛国者邦男でさえも兜ぬぐ 「大和魂」彼岸にありや

監督は「かもめ食堂」製作の かつては新聞...女性記者さん
ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノウイング | TOP | 映画「扉をたたく人」 2首 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
多くの人に見てもらいたい映画 (S)
2009-08-08 21:38:41
こんにちは。
トラックバックをさせて頂きました。多くの方に観て頂きたい映画だと思います。映画の感想は人によって違いますが、それ以前に台湾について知らない人が多すぎると思います。多くの方々に台湾に興味を持って頂ければ嬉しく思います。
深い映画 (千恵子@台湾)
2009-08-10 06:41:57
この映画、監督あいさつの日に駆けつけました。

以前に「父さん」という映画を見ていらい、台湾のことが気がかりでした。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL
台湾人生 (映画) (台灣旅遊手冊)
台湾人生 (映画) 日本人として生まれ育った世代の想いを綴ったドキュメンタリー映画である。日本語世代の台湾人は、日本人として生まれ、日本人として生きてきた。その彼らを、戦後の日本政府は「捨ててしまった」。そして最初から何も無かったかのように、日本政府は...