千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

最高裁三たび

2008年05月05日 | 
最 高 裁 三 た び

 最高裁判所、またの名を奇巌城。初めて訪れたのは忘れもしない1987年の春だった。いまや『悪魔の弁護人』と呼ばれる安田好弘さんが弁護人の死刑事件。大事件だったので大勢の機動隊がジェラルミンの盾を持って待ち構え、ものものしい警備。あのときは抽選に漏れて外の歩道にいたことを微かに覚えている。

 二回目は、1990年代かな、表現の自由をめぐる裁判だったと記憶している。大法廷に入れたはずだが、映像でよく見かける風景以外の印象は残っていない。無機的な建物だからか。

 そして三回目が立川反戦チラシ配布裁判だ。一審無罪、二審で逆転有罪。「さっちゃんが前科者にされてしまうのか!」。最後の判決をこの目で見ようと、一日休暇をとって永田町駅の階段を駆け上った。

 この日、開廷は3時だから余裕があると思っていたら、友人からその前に抽選があると教わり焦る。さらに、何十回も来ているはずの永田町の街が分からない。方向音痴なのだぁ。

 ようやく抽選の時間に間に合わせ、通路に80人程が並んでいる列の後ろにつく。抽選締め切りの時には、傍聴希望者が百人以上にふくれあがり、傍聴席は45。掲示は住居侵入被告事件とある。日本で初めての「良心の囚人」とアムネスティが認めた政治犯三人が被告だ。結局、外れて傍聴はできなかった。

  * * *

 わたしは1991年9月に、英国のグリーナムコモン米軍巡航ミサイル基地に侵入した。基地前にテントを張って女だけで住み続け、鉄条網を切るのは暴力か非暴力かと議論を重ね、それじゃあと実際に切ってみたり、何百億円もの殺人機械にじゃがいもを入れて使えなくしたりした監視と抗議アクション十周年のお祭りに招待されたときのことだ。

 基地内にしっかり入った住居侵入だったので、東洋から参加した女三人を、みんなは心配してくれたが、しばらくして捕まえにきた英国警官は、日本では信じられないほど紳士的だったので驚く。全員をバスで警察署に連れて行き、写真・指紋も調書も取らず、30分位で釈放されて拍子抜け。平和キャンプが生んだ有名人のレベッカ・ジョンソンが国会議員になれた国だからな。20年の抗議行動のおかげで、いまやその基地はなくなり、誰もが入れる公園になっている。

 日本の最高裁は防衛庁への管理権侵害を認定して有罪判決。令状逮捕と75日の勾留を追認したうえ、罰金刑で三人を前科者に仕立てた。いったい何なんだこの国は。


◆◆関連ページ(グリーナムコモン)
Greenham Common Women's Peace Camp
Newbury Today: Celebration marks 25-year anti-nuclear struggle / Video: Celebration marks 25-year (02:03)
Nonviolence News: Greenham Common Womens' Peace Camp by Sarah Hipperson
BBC - Berkshire: Peace protest memories shared / Video: Greenham Common peace camp 25th anniversary (01:23)
BBC - UK: Greenham Common Women's Peace Camp, 1981-2000
IWM (Imperial War Museum) Online Exhibition - Greenham Common - The Women's Peace Camp
Guardian: Your Greenham, The Guardian: YourGreenham / Video: YourGreenham
GreenhamCommonWomyn @ MySpace.com
Greenham-Common.org.uk
Greenham Common Women's Peace Camp - Wikipedia, the free encyclopedia
 RAF Greenham Common - Wikipedia, the free encyclopedia
◆レベッカ・ジョンソン
Trident Ploughshares - Evidence from Rebecca Johnson
もの書きを目指す人びとへ「第114回 ノーモア・ユーロシマ――西欧の"熱い秋"」: 「キャンプに参加しているイギリス人のレベッカ・ジョンソンさん(二十九歳)は意気盛んだった・・・その後も彼女の反核運動は続き、後年、英国労働党の国会議員になった。そして、核問題の専門家としてたびたび来日している。グリーナムコモンの平和キャンプが生んだスターと言っていいだろう」
レベッカ・ジョンソンさんの手紙(2006年1月18日「ファスレーン365」トライデント更新阻止闘争)
◆基地跡地の新グリーナム公園
New Greenham Park, Newbury, Berkshire: The Sustainable Business Park
GREENHAM COMMON TRUST(公園管理団体)
◆YouTube 動画
Christmas 1982 Greenham Common Women (02:33)
Going back to Greenham (06:01)
GAMA At Greenham Common April 2007 (03:52)
Greenham Common Visit by Mark Thomas 2002 (01:53)
Vehicle Parade at Greenham Common circa 1990 (01:49)
Britains Cold War Greenham Common Promo (05:19)
Britains Cold War - Promo (03:54)
◆◆関連記事:さっちゃんと奇巌城
ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   Trackbacks (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明治大学>女と労働にかんす... | TOP | わたしの好きな有名人50+α »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBスパシーヴァ (TOCKA)
2008-05-09 11:49:50
TBありがとうございました。「捕まえにきた英国警官は、日本では信じられないほど紳士的だった」ということですが、米国ロス市警もそのようです。ロス黒人暴動の当時は、凶暴で有名だったのですが、その後の各種抗議運動の結果、随分と紳士的になりました。英国の場合も、背景にこの種の運動の積み重ねがあるような気がします。
ロス市警 (千恵子)
2008-05-15 13:50:29
コメント、ありがとうございます。

ロス市警も、そうなのですか。つい、三浦和義さんを思い出してしまいます。彼は、6月にサイパンで釈放される公算が強いようですねぇ。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Similar Entries

9 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
さっちゃんと奇巌城 (千恵子@行政書士)
さっちゃんは、花&フェノミナンのヴォーカル&ジャンベ叩き。 「しゃがみこんだジャニス、動くニーナ・シモン!」とも言われている。さっちゃんは、2006年にテレビで全国放送された。@@以下、放送内容の紹介文より。二人のさっちゃんがいる。共通点は「国家が決め...
立川反戦ビラ事件で不当判決 (世界の片隅でニュースを読む)
 2004年に立川市の自衛隊官舎へ自衛隊のイラク派遣に反対するビラを配布した市民団体「立川自衛隊監視テント村」のメンバーが住居侵入罪に問われていた刑事訴訟で、最高裁は被告の上告を棄却した。これにより一審無罪判決を破棄して被告を有罪とした控訴審判決が確定...
ビラ配りが刑罰を科すほどのことだという判断を、社会が受け入れるのかどうか (日暮れて途遠し)
●スタジオパーク 「ビラ配りで刑事罰は妥当か」 NHK解説委員室 2008年04月14日 (月) 大変分かりやすくまとめられています。 ●ビラ配布有罪 国家が「平穏」守る危うさ 奥平康弘・東京大学名誉教授 2008.4.15朝日新聞 私の視点 このところ、日教組の集会会場の予約が...
悲しい判決と嬉しい判決 (駄文徒然日記)
先日、2つの事件の判決が出ましたが、その判決が私にとっては「天国と地獄」でした。 地獄の判決は「立川反戦ビラまき控訴」の最高裁有罪判決です。 立川自衛隊官舎のポストに反戦のビラを投函した行為が「住居侵入罪」として最高裁は「無罪」とした一審判決を覆す有罪...
立川反戦ビラ配布 最高裁で有罪確定へ (こころの一人旅)
2004年 2月  東京都立川市の 自衛隊官舎で 自衛隊のイラク派兵に 反対するビラを  各戸に ポスティングしたという 3人が 逮捕された その後 一審は 東京地裁八王子支部で 無罪判決 二審は 東京高裁で 逆転有罪判決 先週 4月11日  最高裁...
【速報】国連人権理事会で日本の人権状況が明朝審査!~海渡雄一弁護士の現地レポート (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊))
 日本が国連人権理事会の新人権審査制度「UPR(普遍的定期的審査)」による審査(※1)を受けていることは先日のエントリーで触れたばかりだが、審査で政府報告に対するカウンターレポートを発表する予定の海渡雄一弁護士からとれたての現地レポートが届いたので、紹...
田中耕太郎氏の足跡と日米安保(雑感) (老人党リアルグループ「護憲+」ブログ)
先日、「砂川裁判:(ダグラス・マッカーサー2世)米大使、最高裁長官(田中耕太郎氏)と密談 破棄判決前に」とのニュースに衝撃を受けてより、個別裁判官の従う“良心”の役割について、一層気に懸かるようになりました。他方に、(明文の)日本国憲法がありながら、という意...
立川反戦ビラ不当判決に抗議する ( 業務日誌 しいの木法律事務所 八坂玄功)
最高裁による不当判決に抗議します。 下記は、自由法曹団による抗議声明です。 http://www.jlaf.jp/html/menu1/2008/20080411185419.html
反戦ビラ配りと住居侵入罪の成否:最高裁平成20年4月11日判決は、立川反戦ビラ配布事件において住居侵入罪を肯定 (Because It's There)
2004年1・2月に「自衛隊のイラク派兵反対!」「ブッシュも小泉も戦争には行かない」と書いたビラを各室玄関ドアの新聞受けに入れる目...