映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

2015年08月28日 | 邦画(15年)
 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)原作漫画が大人気と聞いて映画館に行ってきました。

 本作(注1)の冒頭では、「100年以上前に、巨人たちが現れ、人間を食べ、文明は崩壊した。その侵攻を防ぐために、人は巨大な壁(注2)を3重に築いた。しかし、100年間壊されなかったといえども、今壊されないとは言い切れない」とのナレーションが入ります。

 そして、画面は、3つ構築されている壁のうち一番外側の壁の近くに設けられている市場。
 貧しい店が連なる商店街にある燃料屋の店番をしていたアルミン本郷奏多)は、親友のエレンが仕事を辞めたと聞くと、店の外に飛び出し、染物屋の娘のミカサ水原希子)を連れて草地を走ります。
 不発弾が埋まっている丘に行くと、エレン三浦春馬)が不発弾の上に立っています。

 エレンは「(不発弾が)爆発すればいい」などとつぶやきます。



 それを無視して、アルミンが「またクビだって?」と尋ね、ミカサが「どうして長続きできないの?」と聞くと、エレンは、「壁の外に行ってみたくはないか?壁の中で生まれて死んで、それでいいのか?俺は嫌だ」と答えます。
 そして、不発弾に付着している土を剥がしてみると、ビキニ姿の女と海の絵が現れます。
 アルミンが「この青いのは海だよ。実際に在ったのかな?」と言い、ミカサも「本当に壁の向こうにあるの?あの空の鳥、海を見たことがあるのかな?」と言います。



 その後、3人は巨大な壁の近くまで行きます。
 ミカサは、「こんなに間近に壁を見るのは初めて」と言い。アルミンも、「壁に登ったりしたら死刑だよ」と言いますが、エレンは、「巨人なんて本当に信じているの?この百年、巨人を見た者はいないのに」と応じます。
3人は警備兵に捕まりますが、3人をよく知るソウダピエール瀧)にとりなしてもらいます。
 ソウダは、「近々、壁外調査のために調査隊が結成される。エレン、お前どうだ。新しい土地が見つかれば、どこに住もうが自由だ」とエレンに言いますが、その時、近くの壁が崩れ、大きな音とともに超大型巨人が壁の向こう側に出現します。

 さあ、この先一体どうなるのでしょうか、………?

 本作は、2部作の前篇であり、いろいろな謎は後編で解明されるのでしょうから、短兵急に感想を述べるべきではないでしょうが、映画化のために改変されている点を含めて、全体的な評価は、後編の出来栄え如何にかかっているでしょう(注3)。

(2)本作について言えば、映画の最初の方で壁の向こう側に出現する超大型巨人は、それこそものすごく巨大であり、かつまた筋肉組織がむき出しに描かれていて、確かにずいぶん迫力があります。
 また、原作漫画には存在しないシキシマ長谷川博己)が、立体機動装置(注4)を使って縦横に空中を飛び回って巨人をなぎ倒すシーンはなかなか面白いと思いました。



 また、兵器班長のハンジ石原ひとみ)も、特異な性格付けがなされていて興味深いものがあります(注5)。また、エレンに対する対抗心をむき出しにするジャン三浦貴大)の存在も、注目されます。

 とはいえ、登場人物が「人類が滅びる」などといって事態の重大さを訴えますが、登場する巨人やそれに抵抗する部隊の規模がひどく小さなもので(注6)、全体としてチャチな感じがつきまといます(注7)。

 それと、巨人たちの侵入を防ぐための壁を破壊する超大型巨人と、壁に開けられた穴から現れる巨人たち(単に生殖器のない裸の大きな人間に過ぎません)との外見のあまりの違いには戸惑ってしまいます。
 そこには、ラストに描かれる不可思議なシーン(注8)とも相まって、きっとなにか大きな秘密が隠されているのでしょう!

 なお、原作の本のはじめの方しか読んだことがないクマネズミにしても、本作は、原作にずいぶんと改変が加えられている感じがします。
 例えば、原作漫画の第1巻第1話で早速巨人が登場し、第2話ではエレンの母親カルラが巨人に食べられてしまいます。そして、それがきっかけとなって、エレンは巨人をなんとしても駆逐しようとするのです。
 これに対して、本作では、上記(1)に書いたように、主人公のエレンは、両親はいないものの、巨人を目の当たりにしたことはなく、その存在を信じていなかったのです。壁の外に行きたいというのも、巨人を倒すというより、むしろ、見知らぬ世界を見てみたいという欲求が強かったからだと思われます。
 他にも、様々な改変点があるものと思います。
 ですが、そうだからといって本作の出来栄えが低下するものでもないでしょう。漫画は漫画の世界であり、映画は映画の世界であって、それぞれはあくまでも別のものとして受け止める必要があるように思います。

(3)このところ、2部作物をいろいろ見てきました。
 その中で、特に『ソロモンの偽証』の前編後編への期待を盛り上がらせました。でも、後編では新しい事柄が殆ど付加されず、なんだかはぐらかされた感じを持ってしまいました。
 他方、『るろうに剣心』(注9)は、前編に登場するトップ同士(佐藤健演じる緋村剣心と藤原竜也演じる志々雄)の頂上決戦を後編に持ってきたこともあって、前編での盛り上がりを後編まで維持し続け、見終わった後も満足感の残る仕上がりとなっているように思いました〔これは『寄生獣』の前編後編との関係についても言えるでしょう(10注)〕。

 本作の場合、面白いことは面白いにしても、『るろうに剣心』や『寄生獣』、『ソロモンの偽証』ほど前編が盛り上がりを見せているわけでもなく、ただ疑問に思える点がいろいろ投げ出されているようにみえることから、後編でよほど頑張ってもらわないと高い評価は得られないと思えるのですが、はたしてどんなことになるのでしょう?

 なお、人間が人間以外のものによって捕食(注11)されるという点で、本作は『寄生獣』に類似しているように見えます。ただ、『寄生獣』の場合は、人間に寄生する生物が外形だけは人間の姿になって人間を捕食するという点で不気味であったのに対して、本作の巨人は、人間の外形をしているために、裸の姿で人間を丸ごと貪り食う様は一層グロテスクな感じがしてしまいます(注12)。

 また、「進撃の巨人」というタイトルの意味合いが、前編だけではイマイチよくわかりません。
 前編からすれば、人類を襲う巨人に対する人類側の攻撃ということで、副題の「ATTACK ON TITAN」は理解できますが、それなら「巨人への進撃」あたりでかまわない気がします(実際のタイトルとしてはおかしなものながら)。
 でも、「進撃の巨人」とすると、“進撃する”巨人という感じになってしまい、主たる視点が人類から巨人側に移ってしまうのではないでしょうか?
 尤も、このサイトの記事が言うように、原作漫画の展開に連れてその意味合い・解釈が変化してきているとする見解もあるようですが(注13)。

(4)渡まち子氏は、「前篇では、巨人との戦いの行く末やエレンの過酷な運命の全貌は見えてこなかった。巨人が人間を喰うという圧倒的な理不尽と絶望に、後篇でどう落とし前を付けるのかを、見守りたい。後篇に期待大!である」として60点をつけています。
 前田有一氏は、「なにしろ巨人の登場シーンは大迫力だし、スパイダーマンを彷彿とさせる立体機動の表現も頑張っている。人間を食らうシーンはあえて嘘っぽい絵づくりにして残酷度を抑えた配慮も好感が持てる。ただ、そうしたルックスの良さが、演出、演技、シナリオに足を引っ張られてしまい、恐怖や驚きも半減してしまったというだけだ。だから、本作にはまだまだ挽回の目はあると見る。頑張ってほしい」として40点をつけています。



(注1)監督は、『のぼうの城』の樋口真嗣
 脚本は、渡辺雄介町山智浩
 原作は、諫山創著『進撃の巨人』。

(注2)「巨大な壁」で思い出されるのは、例えば、『パシフィック・リム』で描かれる「命の壁」と称される防護壁とか、『ワールド・ウォーZ』で映しだされる巨大な壁です(ここらあたりについては、この拙エントリの「ロ」や関連の注記をご覧ください)。

(注3)出演者のうち、最近では、三浦春馬は『永遠の0』、長谷川博己は『この国の空』、水原希子は『トリック劇場版 ラストステージ』、三浦貴大は『リトル・フォレスト』、桜庭ななみは『謎解きはディナーのあとで』を、國村隼は『寄生獣』、石原さとみは『幕末高校生』、ピエール瀧は『寄生獣』で、それぞれ見ました。

(注4)このサイトの記事が参考になります。

(注5)ハンジは、巨人の急所(後頭部の下部)を調査団にレクチャーする一方で、「巨人に性器はない」とか「巨人が欲しい、やりたい!」などと言ったりするのです!

(注6)なんだか、人類側を統率している者が、クバル國村隼)一人しかいないような印象を受けてしまいます(クバルは、憲兵団の主管にすぎないのでしょうが、他の政府要人が登場しないので)。

(注7)この点は、観客の方で想像力を働かせて、これはあちこちで出現しているはずの事態のほんの一部を描いているのだとみなすこととすれば、補えるものと思いますが。
 また、出演者が日本人俳優だけながら、エレンとかアルミンなどという名前が付けられていますから、描かれているのは、特殊日本の出来事ではないと想像する必要もあるでしょう。

(注8)エレンと思しき人物がジロッと目を開けます。

(注9)実際には、『京都大火編』と『伝説の最期編』の2部作の前に、『るろうに剣心』が作られていますが。

(注10)染谷将太扮する新一と、浅野忠信扮する後藤との対決。

(注11)人間が食べられるという点については、『鈴木先生』についての拙エントリの「注7」で触れた武田泰淳の『ひかりごけ』や、最近の『野火』でも取り上げられていますが、それらは戦争中の極限状態で起きたこととして描かれていて、本作や『寄生獣』のようなSFファンタジーの世界とはずいぶんと異なっています。

(注12)その他にもいろいろ相違点があるでしょうが、例えば、『寄生獣』に登場する寄生獣は、人間を凌駕する知性の持ち主ですが、本作の巨人はただ人間を捕食することしか興味がない酷く愚鈍な生き物のように描かれています。

(注13)その記事によれば、大体のところ、「進撃の巨人=超大型巨人」(第1巻)→「進撃の巨人=エレン」(第2巻)→「エレンが巨人達を進撃させる=進撃の巨人」(50話以降)という具合に解釈が変化してきているとのことです。



★★★☆☆☆



象のロケット:進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野火 | トップ | あの日のように抱きしめて »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
思い入れ (まっつぁんこ)
2015-08-28 07:31:15
「漫画は漫画の世界であり、映画は映画の世界であって、それぞれはあくまでも別のものとして受け止める必要がある」同意。
原作漫画に思い入れのある人ほど低評価してますね。
わたしは、原作漫画の10巻から17巻読みました。
わけのわからない未完の漫画です。
こんなの映画化するには大幅な改変は必須。それが気に入らないなら観に行かなければいいと思います。(笑)
Unknown (クマネズミ)
2015-08-28 20:30:04
「まっつぁんこ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
クマネズミは、最初の2巻を読んだだけで、その後の展開を知らずに映画を見た次第です。ですから、原作漫画に対する思い入れがないために、こういう作品でも十分にありではないかと考えます。『寄生獣』の時も感じたのですが、原作漫画が素晴らしいのであれば、その世界に浸っていればいいのであり、おっしゃるように、なにも実写版を見るまでもないと思うのですが。
Unknown (ふじき78)
2015-09-18 08:04:21
> とはいえ、登場人物が「人類が滅びる」などといって事態の重大さを訴えますが、

あれは大袈裟なセリフだった。壁は壮大だけど、中にいる人間の数が多く見えない。壁の中が(人がたくさんいる事を示すほど)広く見えない事が問題だと思う。
Unknown (クマネズミ)
2015-09-18 21:30:42
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
まずは、『ワールド・ウォーZ』の壁に群がるゾンビの有様を参照すべきだったのかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (映画好きパパの鑑賞日記)
 ネット上で酷評の嵐ですが、素直に面白かったです。日本の伝統ある特撮映画の系譜をついでいるという感じで。突っ込みどころが多数あるのを突っ込む姿勢でみればいいのではないでしょうか。  作品情報 2015年日本映画 監督:樋口真嗣 出演:三浦春馬、水原希子、長...
[映画] 進撃の巨人 前編 (12時間Blog)
「進撃の巨人 前編」を川崎109シネマズにて観て来ました うーむ、何て言ったらいいのか… タイトルに ”前編” とあるようにこの映画は後編へと続くんですが、前編を見終えた今、物語が半ば辺りまで進んだという実感が全くと言っていい程ありません(^_^;) 原作マンガの...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (あーうぃ だにぇっと)
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN @東京国際フォーラム
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前篇』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前篇」□監督 樋口真嗣□脚本 渡辺雄介、町山智浩□原作 諫山 創 □キャスト 三浦春馬、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、長谷川博己■鑑賞日 8月14日(金)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満...
「進撃の巨人 前篇」、諫山創の大ヒットコミックを実写映画化 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆ ただし、まだ後編があります。後編がよければレベルアップ。 夏休みに入って、子供向け映画が、劇場を占拠。 この「進撃の巨人」に期待したのだが。 この「進撃の巨人」すでに、劇場版(アニメ)が昨年11月公開されており、そこそこの評価を得ている...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(前篇) (佐藤秀の徒然幻視録)
「世界の終わり」は二通りの意味がある? 公式サイト。諫山創原作、樋口真嗣監督。三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、渡部秀、水崎綾女、 ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN/三浦春馬 (カノンな日々)
原作コミックが何やら凄いらしいということで放送の始まったTVアニメを観てみたら、これがメチャメチャ面白くて瞬殺でハマってしまいました。とにかくこの世界観は凄いですよね。 ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (Akira's VOICE)
巨人の描写が素晴らしくて、それだけで満足。  
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
『進撃の巨人』オリジナル・サウンドトラック【前後編分=約80分収録/透明フィルム特殊ジャケット+20Pブックレット】 [CD]人間を喰らう巨人と闘う人類の死闘を2部作で描くアクショ ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】巨人に襲われた人たちが自分たちの土地を取
劇場鑑賞「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 (日々“是”精進! ver.F)
残酷な世界に生きる者たち… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201508010000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】進撃の巨人 オリジナル・サウンドトラック [ 鷺巣詩郎 ]価格:2,571円(税込、送料込) 【楽天ブ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (真・天文台)
監督:樋口真嗣 脚本:渡辺雄介、町山智浩
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 巨人は何のメタファー? (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 原作は発行部数累計4000万部を超えるという諫山創による人気漫画。  監督は『ガメラ 大怪獣空中決戦』『ガメラ2 レギオン襲来』などの特撮監督であった樋口真嗣。樋口監督は来年公開予定の『ゴジラ』の新作でも監督をすることが決まっているとのこと。  舞台...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
人間を捕食する巨人と人類との壮絶な戦いを描いた諫山創の人気コミックを基に、『巨神兵東京に現わる 劇場版』などの樋口真嗣が実写映画化したアクション大作。100年以上前に出現した巨人が巨大な壁をぶち破り、再び侵攻してきたことから、巨人対人類のバトルが繰り広げ....
進撃の巨人 ~ATTACK ON TITAN~ (ひつじ庵)
夏休み中の娘も観たいとのことで 平日(私の休日)に一緒に観てきました 相変わらず平日のシネマ館はガラガラ 期待度は だったのですが。。。(過去記事1、過去記事2) 原作をベースにしつつ 実写版オリジナルの解釈とストーリー。 正直に言うと・・・ んん....
映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』★巨人の知性の無さがこわい(汗) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158352/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     原作はチラッとしか知りませんが、 「こんなの初めてェーッ!」と、叫する 石原さとみ さんに惹...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) 最初からハードル下げておけば、そこそこ面白いかも(笑)
史上最大の壁ドン 諌山創・樋口真嗣 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 (SGA屋物語紹介所)
洋画のシリーズ大作が押し寄せる2015年夏。対する日本が送り出すのはこれ… で大
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 (ゆっくり歩こ。)
私は原作を知らないので面白かったです 原作を知る人にしたら酷評なのかな? VFXとか酷いって書いてるレビューも見ましたが、私はぜんぜん!でした 石原さとみ演じるハンジのセリフ “こーんなの初めてぇ~” ってやつ、 どこのシーンで? と思ってましたが...
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 (こねたみっくす)
この世界は残酷か。いや、この映画の出来が残酷です。 さすが樋口真嗣監督です。もう映像以外は本当に酷い!そもそも脚本家も含めて原作を流し読みしかしていないだろう、TVアニメ ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN  監督/樋口 真嗣 (西京極 紫の館)
【出演】  三浦 春馬  水原 希子  本郷 奏多  長谷川 博己  石原 さとみ 【ストーリー】 100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが食べられてしまった。生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止すべく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていた....
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (2015) 98分 (極私的映画論+α)
 うん。なかなか良かったです。
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (Break Time)
8月に入っても 暑い日が・・・
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (花ごよみ)
人間を捕食する巨人対人類とのバトル。 原作は諫山創のコミックを実写映画化。 監督は樋口真嗣。 100年以上前に現れた巨人が 巨大な壁を破壊し、再び侵攻。 主役のエレンを三浦春馬。ミカサには水原希子。 長谷川博己、、石原さとみ、國村隼等が共演。 巨人がと...
映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(2015年) (みかりんの 気ままに感想記)
2015年8月17日(月)午前11時15分~の上映を観ました。8月1日(土)公開
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(D-BOXシート) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:樋口真嗣 出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、渡部秀、水崎綾女、武田梨奈、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼、神尾佑、KREVA、高橋みなみ、諏訪太朗、橋本じゅん、原知佐子、仁科貴、村木よし子 【解説】 人間を捕食...
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」巨人に追い込まれた人類は存亡をかけた巨人との戦いに挑んでいく (オールマイティにコメンテート)
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」は諫山創原作の漫画進撃の巨人を実写化した作品で突如現れた巨人によって人類の多くを失った中で壁を築き100年以上経た時代に再び巨人が現れて人類は ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (だらだら無気力ブログ!)
ハンジの「こんなの初めて~」の絶叫、観ていた世の男性方の多くは、俺も石原さとみに「こんなの初めて~」ってよがらせたいって下ネタ的な事を考えたはず。少なくても自分はそう思いながら、あのシーンを観てた。
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 進撃できたか? (はらやんの映画徒然草)
当初は中島哲也監督で作るということを聞きで、かなり期待しておりました。 原作の物
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』('15初鑑賞58・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 8月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:40の回を鑑賞。
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 (時間の無駄と言わないで)
邦画にハリウッド並の特撮とかCGとかは期待してないし、そこまでお金がかけられるワケじゃないのも知ってる。 だからこそ脚本が酷いってのが許しがたいワケで。 そしてそいう場合( ...
「進撃の巨人 ATTACK ON TAITAN」☆巨人的迫力!inジャパンプレミア (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
迫力凄い!映像すごい!VFX凄すぎる!巨人キモイ!役者の演技うまい!アクションかっこいい!血肉汁ぶっしゃー! とにかくとにかく超面白い!!!
進撃の巨人~ATTACK ON TITAN (シネマ日記)
漫画を読んでいるので見に行くことにしました。登場人物も違う人がいるし、漫画とは別物と考えて行かないといけないなと思いつつ、やっぱりどうしても比べてしまいました。まず、ワタクシの目当てとしては漫画の中で一番好きなキャラクターであるハンジを石原さとみが演じ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ATTACK ON TITAN】 2015/08/01公開 日本 PG12 98分監督:樋口真嗣出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、渡部秀、水崎綾女、武田梨奈、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼 運命に挑め――。戦わなければ、勝てない。 Story:10...
予備知識なくて正解だったのかな?(;´∀`)~「進撃の巨人」~ (ペパーミントの魔術師)
いや~、かっこよかったですね、シキシマ。 でもこれオリジナルキャラなんですね。ヾ(・∀・;)オイオイ キザでわかったような顔して見てるもんには何言ってんだかわかんね~よ~って思いつつも まともに戦闘してんのはこのひととミカサくらいですからね~。 リヴァイ...
映画感想『進撃の巨人ATTACKONTITAN』2015年日本 (見取り八段・実0段)
一か月以上も前に見たのですが、記事を書けない内にもう明日から後編が公開されるらしい…ので慌てて書いた(笑)ネットで言われているほど酷くはないです。むしろグロいことの方にキ...
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』をトーホーシネマズ渋谷3で観て、巨人OKふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
未レビュー撲滅運動対象記事。 時間のかかるTBとかもできるだけ避けてガンガン飛ばしたい。 五つ星評価で【★★★★巨人が怖けりゃそれでいいや】 ツイッターで「話がクズ」 ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (いやいやえん)
【概略】 100年以上前、突如現れた巨人たちに人類の大半は食われ、文明は崩壊した。生き残った人類は巨大な壁を三重に築き、その内側で暮らしていたが…。 アクション 劇場上映当初から観客はおろか批評家・関係者からも非難轟々だった本作…。 これは…初めて...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (銀幕大帝α)
ATTACK ON TITAN 2015年 日本 98分 アクション/アドベンチャー/ホラー PG12 劇場公開(2015/08/01) 監督: 樋口真嗣 原作: 諫山創 主題歌: SEKAI NO OWARI『ANTI-HERO -movie edit-』 特殊造型プロデューサー: 西村喜廣 出演: 三浦春馬:エレン 長谷川博....
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (のほほん便り)
アニメの総集編「劇場版「進撃の巨人」前編 紅蓮の弓矢 」「劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~」から先に見たので、あの素朴絵の原始エネルギー及び、ストーリーが、ちょっ......