映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

のぼうの城

2012年12月02日 | 邦画(12年)
 『のぼうの城』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。

(1)本作は、1年前に劇場公開される予定だったものが、3.11によって今頃公開の運びとなったものです。

 物語の舞台は、およそ400年前、戦国時代末期の忍城(現在は、埼玉県行田市)。

 時の関白の豊臣秀吉市村正親)は、全国統一を成し遂げるべく、自分に従わない北条氏を攻め滅ぼそうと、北条家の当主・氏政が居住する小田原城を攻めるとともに、その周辺に置かれている22の支城にも攻撃を仕掛けます。
 支城の一つ忍城に対しては、石田三成上地雄輔)に2万の兵を与えて攻めさせます〔副将として大谷吉継山田孝之)らが付き従います〕。



 他方、忍城の城主・成田氏長西村雅彦)は、北条氏政の命によって小田原城に入ったため、代わりに氏長の従兄弟の成田長親野村萬斎)が、城代として石田三成軍を迎え撃ちます。
 といっても、氏長は、豊臣方に内通するつもりでおり、籠城は見かけだけとしすぐに開城せよと、小田原に向う前、忍城に残留する者たちに命じていました。
 ところが、皆から「のぼう様」と言われていた長親は、石田軍からの使者・長塚正家平岳大)に対して「戦いまする、いくさ場で出会おう」と言ってのけてしまいます。
 長親の元には、家老の正木丹波守佐藤浩市)、自称“軍略の天才”の酒巻靱負成宮寛貴)、豪傑の柴崎和泉守山口智充)といった強者らが控えているものの、いったい500の軍勢(注1)が2万の大軍にどう立ち向かうのでしょうか、……?



 本作は、常識では絶対にあり得ない戦いを挑んだ武士たちを描いた娯楽大作で、そのアクションシーンは「動」を描くものとしてなかなかの面白さが見られますし、他方大軍を前にして長親が踊る「田楽踊り」のシーンは「静」の部分として味わいがあります。

 出演する俳優陣は、皆それぞれところを得てなかなかの演技を見せています。
 中でも、主役の成田長親を演じる野村萬斎は、クライマックスの「田楽踊り」のシーンを見ると、まさにこの人以外には考えられないという気がしました。



 ただ、『東京公園』や『アントキノイノチ』で見た榮倉奈々の甲斐姫は、その男勝りの腕前を発揮する場面が少なく、やや期待外れでした。

(2)本作は、黒澤明監督の『七人の侍』と比して語られることが多いようです(注2)。
 確かに、野武士集団に取り囲まれた村を、農民たちが、雇った七人の侍と一緒になって守り、勝利を収めるという『七人の侍』の物語は、石田三成を総大将とする大軍に囲まれた忍城を少数の武士と農民で守るという本作のストーリーと類似しているといえるでしょう。
 さらに例えば、湖の中に城(浮城!)があるという利点を生かして(注3)、相手を少人数に分断して撃破するという本作で見られる戦法は、『七人の侍』でも採られています。
 でも、そんな戦法が通じるのは敵の第一波の攻撃であり、第二波の攻撃ともなれば、平城の忍城は到底耐えきれなかったのではと思われます(注4)。

 しかしながら、ここで敵将・石田三成が採った戦法は水攻めでした。
 ここがクマネズミにはよくわからないところです。
 なぜ、そんな時間のかかる迂遠な方法をわざわざ採る必要があったのでしょうか?
 なるほど、忍城の周囲は湖で、城の門に向って取り付けられている細い道以外のところを進もうとすれば、泥濘に馬や足軽たちの足が取られてしまい身動きできなくなるのかもしれません(注5)。
 ですが、水攻めの堤が決壊した後、水浸しの城に向かって、石田軍は大量の土嚢を敷いて兵を進めているのです(注6)。その方法を当初から採れば、そんなに長い時間をかけずとも(注7)、簡単に城を陥落させることができたのではないかと思われます。
 特に、城門と城門との間は非常に脆弱でしょうから(注8)、石田軍は一気にそこを突き破れたのではないでしょうか?
 といっても、歴史の事実としては、水攻めが行われたようです。
 そこら辺りが、本作ではあまりうまく描かれてはいないのではないか、ほとんど軍議などせずに、単に石田三成の鶴の一声で決まってしまったように描かれているのでは、という気がしました。

 あるいは、そこら辺りは観客側で考えればいいのかもしれません。
 たとえば、「定石」どおりの戦法で忍城を揉み潰しても何の面白いことはないと考えていた三成に(注9)、なんとも風変わりな男・長親が戦いを挑んで来たため、世の中が驚くような戦法を採ってみたくなってしまった、とでもいうように。
 ただその場合には、映画における三成のポジションを長親と並ぶくらいに引き上げたら、「長親vs三成」としてもっと面白さが増すのではないでしょうか?

(3)渡まち子氏は、「肉食系アクションに草食系キャラのこの映画、人間ドラマよりアクションが勝った印象が残る。湖上での田楽踊りが最大の見せ場というのがその証拠だ。ともあれ、敵の鼻を明かして一矢報いる。これもまた日本人好みのエモーションかもしれない」として60点をつけています。



(注1)劇場用パンフレット掲載の河合敦氏によるエッセイ「史実の忍城戦と、成田長親という男の矜持」によれば、「侍はわずかに六十九人、足軽(下級武士)は四百二十人しかいなかった」とのこと。
 ただ、領民も城に入ったので、「忍城に籠もる人数は三千七百四十人に膨れあがった」(ただし十五歳以下が三分の一)ようです。

(注2)たとえば、ブログ「お楽しみはココからだ〜映画をもっと楽しむ方法」の11月9日のエントリ

(注3)「忍城は、洪水が多いこの一帯にできた湖と、その中にできた島々を要塞化した城郭であった」(原作文庫版上 P.30)。

(注4)このブログによれば、小田原城の支城であった八王子城は、山に設けられた堅固な守りの城で、それを1,000名の武士と農民らが守っていたにもかかわらず、前田利家、上杉景勝、真田昌幸らの北国軍15,000の前にはひとたまりもなく、一日にして落城してしまいました。

(注5)「問題はあの異様に深い田じゃ。あれでは大軍を擁したところで使うことができぬ」と長束正家が述べます(原作文庫版下 P.61)。

(注6)「深田が城を囲んでいるのは、忍城だけではない。そうした場合、田圃に埋草を突っ込みながら進軍するのが常套手段であった。三成は、これを土俵(つちだわら)で実施するよう全軍に指示した」。このやり方について、柴崎和泉守は、「定石」と言っています(原作文庫版下 P.156)。

(注7)石田三成は、「足掛け五日で」7里(28km)に及ぶ人口堤を完成させましたが (原作文庫版下 P.84)。

(注8)石田三成からすると、忍城は、「土塁を掻き揚げただけで石垣はなく、天守閣もなく、櫓といえば材木を組み上げた積み木のようなものがあるだけの城など、城郭というより湖を結衣つの要害と恃んで人が集まった単なる島のようにしかみえなかった。城の堀端に柵を結い回し、棘のような逆茂木も差し並べているようではあるが、これも取り立てていうほどのものではなく、ごく普通の城の守りであると三成は知っている」(原作文庫版上 P.166)。

(注9)三成に命じられていた攻略目標の内の館林城は、石田軍が取り囲んだだけで自ら開城してしまいました。



★★★☆☆



象のロケット:のぼうの城

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チキンとプラム | トップ | 川村清雄展 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
でくのぼうは誰? (milou)
2012-12-02 22:05:59
何となくドタバタ中心の面白くもない喜劇という先入観があり、しかも長いので見る気はなかったがハシゴの都合で見たら
“のぼう”(と甲斐姫)以外に喜劇的要素は少なく山口始め周りの役者もよく、いい意味で期待を裏切られ十分楽しみました。
ちなみに僕の希望はどんな映画でも100分以内。ヨーロッパ映画が好きな理由の1つもそれだったが最近は長いものも多くなった。

ただチラシを見ると「強くないが“人気”だけはある男」とある。成田長親という男は例えばゾロ型で実は剣の達人だが、
恐らくは戦うことが嫌いで“でくのぼう”を演じているだけなのか、
あるいは単に天の邪鬼で常識(定石)を嫌って行った奇策が成功しただけなのか、が問題なのだが判然としない。

野村萬斎の名前は知っているが映画を見たことはなかったので確かに適役だとは思うが、田楽踊りを狂言師ならばこそ、
と評価するのはおかしい。
というのは先の問題に絡むが田楽踊りを始める前は例によってのコメディでのお約束でヨロヨロ、フラフラとしてみせる。
あるいは田植えのときも足を取られ転んで泥だらけになり農民に笑われる“でくのぼう”ぶりを見せる。
成田長親が本当に平衡感覚がない男なら不安定な船上での田楽踊りなどできるはずがなく田植えで転ぶ、つまり
“でくのぼう”は演技になる。であれば見抜けない周りのものが“でくのぼうで”唯一それを疑うのが三成になる。

現実に不安定な船上で踊ることが素養のない俳優には無理だとしても映画だから誰でもそれなりにできるし、
できるように見せなければ映画として成り立たない。スタントなしのアクション物じゃあるまいし俳優の曲芸を見せるのが
映画の売りではないはず。であれば萬斎の田楽踊りを評価すべきではないと思うのだが。

そもそも長親が何の意図で田楽踊りをやったのか、どんな効果があったのか、納得できる説明がされたかどうか覚えていない。
例えば敵の兵隊も一緒になって盛り上がりハメルンの笛吹きじゃないが武器を捨てて長親に従う、というなら分かるが
盛り上がったところで矢で討たれて終わってしまう。

あるいは水攻めの人口堤を作ったのが農民だと聞き、ならば大丈夫と策士のようにニヤリとし(再び演技の証明?)何の対策も取らない。
確かこの件に関しては敗戦交渉(?)のときに口にしたが“戦い”には影響しなかったように思うのだが。
田楽踊り (クマネズミ)
2012-12-03 05:57:14
Milouさん、早速コメントをいただきありがとうございます。
田楽踊りの件ですが、「俳優の曲芸を見せるのが映画の売りではないはず」としても、そして「映画だから誰でもそれなりにできる」としても、友軍のみならず敵の大軍の目を自分一人に引きつける魅力溢れる踊りを演じるというのは(そして、観客をも納得させるのは)、なまじの付け焼き刃の俳優ではとてもできないのではないかと思いました。
そして、そんなことを行った「意図」は、味方の士気の鼓舞と敵の注意を逸らすことにあったのではないでしょうか?なにしろ、城に入らなかった百姓たちが立ち上がって、堤を壊し出したのですから。
総じて、この映画は説明を省略していて、その分観客に考えさせるように作られているのかもしれないと思いました(一体、誰が「でくのぼう」なのか、などについても)。

戦法 (iina)
2012-12-04 08:46:28
水攻めは、石田三成の対象である秀吉が、高松城で成功しています。しかも、信長が本能寺で死んだことを隠して
天下取りに打って出る転換期にあたります。

そんな奇跡的な勝利を、三成が秀吉をまねたのでしょうね。
ただ (sakurai)
2012-12-04 10:31:25
単にやりたかった!水攻めを。
やれる機会を待ってて、到来したんで、やったぞお!って感じだったと思います。
あまり歴史的には、人気低めの三成ですが、生真面目な人間性がうまく表されてたように感じました。
上地君が意外な拾い物。
Unknown (dekochin)
2012-12-04 12:15:57
TBありがとうございます。
ビジュアル的にもなかなか楽しめました♪
原作だと三成が秀吉を真似た件など
もう少しきめ細やかだったのですが...。
あの小舟での踊りは流石でしたね。
水商売攻めがいいなあ (ふじき78)
2012-12-04 17:22:10
水攻めは割と映画内で理由が書かれてたように思えます。「これが天下人の戦じゃよ」キラキラした目で秀吉を見つめる三成みたいに。

多分、理屈には全く合わない戦法だけど、上が決めたら通ってしまう時代なので、三成はやりたかったんでしょうなあ。
水攻め (クマネズミ)
2012-12-05 04:48:58
「iina」さん、TB&コメントをありがとうござます。
ただ、秀吉の「高松城水攻め」については、映画の冒頭でも描かれましたから
よく知っているところ、クマネズミが疑問に思ったのは、どうしてここでわざわざ
「三成が秀吉をまね」ようとしたのだろうか、という点です。
そんな迂遠なことをせずとも、「定石」通りの戦法を使えば簡単に押しつぶせ
たのではないかと思えるものですから。
より面白く (クマネズミ)
2012-12-05 04:49:38
「sakurai」さん、TB&コメントをありがとうございます。
確かに、映画の感じからすれば、「単にやりたかった!水攻めを」ということなの
でしょう。
でも、それではつまらないので、そこに何かドラマめいたことを考えてみたらもっ
と映画が面白くなるのではないのかな、とクマネズミは思ったところです。
原作でも (クマネズミ)
2012-12-05 04:50:22
「dekochin」さん、TB&コメントをありがとうございます。
ただ、原作でも、いきなり三成が「三成は、水攻めに決しましたぞ」、「水攻め
で勝つ。わしは誰が何を申そうともやるぞ」と言うだけのように思われます(文庫
版P.65及びP.67)。
三成が「やりおるわ、あやつら」(P.64)とか、「あの城の者ども、敵ながらあっぱ
れな奴らじゃ」とした上で、「死力を尽くして戦う敵に圧倒的な武力と銭で挑む。
それが殿下の戦よ」(P.80)という決断に至るところを拡大してドラマ化してみた
ら、映画がもっと面白くなるのではないのかな、と思った次第です。
伊勢谷友介では? (クマネズミ)
2012-12-05 04:51:08
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
ただ、敵に対峙して、「「これが天下人の戦じゃよ」キラキラした目で秀吉を見つ
める三成」にどのようにしてなったのかをドラマ化してみたら面白くなるのでは、
とクマネズミは思ったところです。例えば、三成役に伊勢谷友介を配し、野村
萬斎と湖を隔てて対決させるような感じはどうでしょうか?
堤防は何のためにある? (コウノトリ)
2013-01-03 10:19:46
  かつて住んでいたところの近くに『やわらかとんかつ とん兵衛』という店があって、美味しくてその味を楽しんだものですが、いまは撤退してしまいました。その本店が埼玉県鴻巣市雷電にあります。本作の舞台の行田市のすぐ南側の市です。
  舞台の「忍城」の近くに鉄剣銘文で有名なサキタマ古墳群があり、銘文が脚光を浴びた少し後に稲荷山古墳を見に行って、日本最大の円墳ともいわれる埼玉丸墓山古墳にも昇ったかもしれません。これは、上杉謙信殿や三成級の行動ですね。

  さて、映画は、それなりに楽しく作ってありました。「でくのぼう」というあだ名に示されるように小説では大男でボーっとしたイメージでしたが、小舟の上で猥褻じみた田楽踊りを雰囲気を備えて踊れるような現代の俳優は配役の野村萬斎さんしかいないようにも感じ、あとはそれなりに適役で皆さんよく演じていたように思われます。石田三成がそれなりの度量の人物として好意的に描かれていたのも、良いかも知れませんし、演じた上地雄輔さんもなかなか好演していました。
  できればということで私が注文をつけると、ヒロイン的な甲斐姫にはもう少し美女役の人が望ましく、その騎馬合戦という戦さの場もあればという感じでしたし(伝承のなかには、寄せ手の真田方の若武者を姫が討ち取ったというものもある)、忍城開城後の籠城組のその後についても、もうすこし的確な説明があればという気持ちがありますが、総じて良く出来上がっていると思われます。細かく言うと、突っ込みどころはさらにいくつかありますが、その辺は目を瞑ってということでもありますが。
甲斐姫は当時の東国一の美女という伝説もあり、失領した父のために秀吉に願って父は小さいながら二万石の大名に復帰したという史実もありますから、秀吉にはなかなか寵愛された模様です。大坂落城後には、一族の娘が生んだ秀頼の娘・天秀尼が入った鎌倉の東慶寺に居たともいわれますから、あるいは「駆け込み寺」の運営に関与したのかも知れません。戦国の世を生き抜いた、精神のなかなか逞しい女性であったのでしょう。

  ちなみに、秀吉の水攻めは、備中高松城、紀伊太田城に続いて武蔵忍城が三度目であり、この三度目で大失敗をしますから、「三度目の不正直」ということでしょうか。堤防を戦さに悪用した報いが出たのかも知れません。水攻めの失敗は三成の判断ミスではないようです。また、父・成田氏長の家は、氏長の弟の系統が継いで幕藩大名でありましたが、数代で取り潰しにあいました。一方、後に氏長と不和になり出奔した「のぼう様」長親については、その子孫は尾張徳川家の家臣として長く続き、旗本にも長親後裔と称する家がありました。このへんにも、のぼう様の生命力の強さが出ているのかも知れません。
 本作が正月中も上映されているので、まだ見ていない方にはお薦めの映画です。
榮倉奈々賛 (クマネズミ)
2013-01-07 21:22:50
「コウノトリ」さん、コメントをありがとうございます。
クマネズミも、もっと後のことになりますが、「埼玉丸墓山古墳」に登ったことがあります(ただ、その時は「忍城」ことは全く知りませんでしたが!)。
そんなこともあって、本作については大いなる期待を持って臨みました。
結果的には、おっしゃるように「それなりに楽しく作ってあり」、「お薦めの映画」であることは間違いないものの、もうひと工夫あればな、と思ったところです。
なお、「ヒロイン的な甲斐姫にはもう少し美女役の人が望ましく、その騎馬合戦という戦さの場もあればという感じ」とあるところ、後半の「騎馬合戦という戦さの場もあれば」という点は大賛成ながら(「伝承のなかには、寄せ手の真田方の若武者を姫が討ち取ったというものもある」というのであれば、なおさら)、前半の「ヒロイン的な甲斐姫にはもう少し美女役の人が望まし」いとの見解については、『東京公園』以来ファンとなったクマネズミとしては異議を申し述べたいと思います。
ユッピー(←上地雄介)のビチョビチョ大作戦(→水攻め) (zebra)
2014-12-04 22:24:38
DVDで見ましたが面白かったですね。

時は1982年 イっちゃん(←市村正親)演じた秀吉の備中高松の水攻めを現場で見させてもらったユッピー(→上地雄介)

 ユッピー カンゲキ〜(ヒデキ!カンゲキ〜の口調で)

よぉ〜し オレも こんな 戦してみたぁ〜い,と喜びに浸る。

月日が流れ イっちゃんから 2万の兵の総大将を任せられるユッピー。
ほかの仲間からはギクシャクモードを打ち破るチャァ〜ンスッ!

 三つの茶出ししか能がないといわせるなと激飛ばす イっちゃん。

 ところがぁ どっこい 忍城を守ってたのは お萬サマ(←野村萬斎)ですよ オ・マ・ン・サ・マ!

 堤防工事も急ピッチで造らせたユッピー。胸が高鳴るとひとりハリキリモード。 さぁ 完成した堤防を けっかいせよぉぉ〜っと 雄叫びあげるユッピー

そんな頃 お萬サマ、城中の兵と農民たちに 「戦になっちゃった〜!ゴメンチャイ 」っと 謝罪
あんたね〜 謝って済むなら 警察はいらないっつーの!

こ〜んな バカ殿に 守れるんかぁ〜 と 思いきや ビチョビチョ水浸しの中を ひとり 田楽踊りを披露して オバカぶりな振る舞いで 敵味方とりこむ 魅力的なお萬サマ!

 バカ殿だからできる パフォーマンスなんだよね!

おいらは水攻めは平気だよと 田楽踊りをなおも続けるお萬サマ。

それをみた 大谷吉継を演じた孝ボン(→山田孝之)は コイツはヤバイと警戒し ユッピーに忠告する。(気を付けろ!)

 でもユッピー まるで ウサギ狩りのごとく 鉄砲兵にお萬サマを撃てと 命じて パァァァ〜ン

 そしたら 逆に城の農民たちが闘争心高まっちゃったじゃぁ〜ん

 お萬サマに惚れてた気があったナナたん(←榮倉奈々)は ケガしたお萬サマに 掴み掛る。 取り押さえようとする側近たちだが なぜか ナナたんに 投げ飛ばされとる・・・・(なんじゃ この強さ!)

 こりゃ 合気道の段持ちの腕前だねナナたん(笑)
これなら 痴漢や通り魔は撃退できるわ(ホメてます)

 それに 堤防づくりに 参加してたアッキー(←中尾明慶)がお萬サマが撃たれてたのを見て激怒!堤防を決壊させちゃって・・・豊臣方の兵に突き出されて ボコボコ(涙) でも 堤防を壊したのはナイス!

ユッピーも戦の中で心境の変化が・・・・
開城の際 自ら出向いて 敵である兵たちをたたえてとは・・・ 変わったね ユッピー。

まっ、肝心の ビチョビチョ大作戦自体は 失敗に終わったケドね〜〜〜

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「のぼうの城」 (日々“是”精進! ver.F)
でくのぼうの、大勝負… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211020003/ のぼうの城 上 (小学館文庫)和田 竜 小学館 2010-10-06売り上げランキング : 19Ama...
のぼうの城 (勝手に映画評)
石田三成による忍城水攻めの史実を元にした映画。 2011年9月17日公開予定であったのですが、同年3月11日の東日本大震災をうけ、その水攻めのシーンが津波を思い起こさせるということから一転公開延期となった後、満を持しての公開です。いや、確かに水のシーンは、津波を...
映画『のぼうの城』観てきたよ〜〜\(^^@)/ (よくばりアンテナ)
面白かった〜〜〜!! もう一回観たいと思います! この作品で野村萬斎さん大好きになっちゃったわ〜〜〜(*^。^*) 小説版を読んだのは2年前記事はコチラ その時は知らなかったんだけど、この作...
のぼうの城 (Akira's VOICE)
カタルシスは無いが達成感はある。  
のぼうの城 (佐藤秀の徒然幻視録)
のぼうの田楽、石田三成の猿楽 公式サイト。犬童一心、樋口真嗣監督、野村萬斎(振付も)、上地雄輔、榮倉奈々、佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充、山田孝之、平岳大、前田吟、鈴木保奈 ...
【のぼうの城】人心は水より強し (映画@見取り八段)
のぼうの城        監督: 犬童一心、樋口真嗣    出演: 野村萬斎、榮倉奈々、佐藤浩市、市村正親、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳大、西村雅彦、平泉成、夏八木勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田吟、中尾明慶、尾野真千子、芦田愛菜 公開: 20...
『のぼうの城』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は、残る北条氏討伐のため大軍を持って本拠地小田原城を包囲し、その支城にも軍勢を差し向けた。忍城攻略に向かったのは石田三成を総大将とする二万の兵、対する忍城に立て篭もるのは僅か五百・・・。 和田竜のベストセラー小説『のぼうの...
『のぼうの城』 2012年11月14日 TOHOシネマズスカラ座 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『のぼうの城』 を鑑賞しました。 今日の2本目の映画です。 かなり疲れたよ〜 【ストーリー】  天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。その城には領民からで...
『のぼうの城』 (みゆみゆの徒然日記)
 萬斎さん主演で映画化されるということで、文庫化されると同時に購入して原作小説は既に読んだのが一昨年の今頃のこと。その翌年(昨年)の公開を楽しみにしていましたが、忍城の水攻めが東日本大震災による津波を連想されるという理由で、公開延期。やっと今月初めに公...
のぼうの城 (うろうろ日記)
試写会で見ました。舞台挨拶に野村さんと榮倉さんと上地さんがきていました。豪華です
[映画『のぼうの城』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆秀吉の小田原征伐の時代、北条方についていた支城が一つ、成田家の忍城は、石田三成率いる二万の軍勢を前にして、降伏か戦うかの決断を迫られる。  領民から「でくのぼう」の「のぼう様」と慕われていた成田長親は、暫定的に当主となり、500人の兵での、勝ち目のな...
のぼうの城  監督/犬童一心&樋口真嗣  (西京極 紫の館)
【出演】  野村 萬斎  榮倉 奈々  上地 雄輔  佐藤 浩市 【ストーリー】 天下統一目前の豊臣秀吉が、北条勢を攻めようとしている頃。周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々が平穏に暮らす武州・忍城には、領民から“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人...
のぼうの城 (花ごよみ)
和田竜作「のぼうの城」を、 犬童一心監督と樋口真嗣監督で映画化。 実在した武将・成田長親を描く。 主演の成田長親(のぼう様)には野村萬斎。 のぼう様とはでくのぼうの意味で 領民から親しみをもって受けいられている。 和平交渉に向かった長束正家(平岳大)の....
『のぼうの城』('12初鑑賞89・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 11月3日(土・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 11:15の回を鑑賞。
のぼうの城/野村萬斎、榮倉奈々 (カノンな日々)
犬童一心監督の作品としてかなり珍しい感じの大掛かりでスペクタクルな時代劇だなぁと思っていたら樋口真嗣監督との共作だったんですね。戦のシーンなど大スペクタクルなところは ...
「のぼうの城」 (大吉!)
<水曜日> (11月12日・ユナイテッドシネマ・ポイント鑑賞・邦画・13時15分〜) 天下統一目前の秀吉は唯一残された敵、北条勢を攻めようとしていた。周囲を湖で囲まれた「浮き城」の異名をもつ「忍城...
のぼうの城 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 野村萬斎なくして本作はあり得ない!それくらい嵌まってた
のぼうの城 (とりあえず、コメントです)
和田竜の原作を犬童一心&樋口真嗣の二人の監督と、野村萬斎主演で映像化した作品です。 文庫本になった原作を公開まで待ちきれなくて読んでから、観るのをずっと楽しみにして来ました。 迫力の映像と共に、約400年前の世界に引き込まれるような物語が綴られていました。 ...
<のぼうの城> (夢色)
原作読んでから、ずっと楽しみにしていた 「のぼうの城」観てきました!一言で言うと、面白い!原作よりも大分端折っているから、原作読んでなかったらちょっとついて行けなかったり、人の名前が あだ名だったり本名だったり役職名だったり 一人の人を色んな名前で呼ぶ...
のぼうの城 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
『のぼうの城』オフィシャルブッククチコミを見る強大すぎる敵に立ち向かった実在の武将・成田長親の姿を描くユニークな時代劇「のぼうの城」。水攻めのシーンは今見ても胸が痛む ...
「のぼうの城」三成の理不尽な要求に戦を選んだでくのぼうの人々を惹き付けて勝利した人心掌握術 (オールマイティにコメンテート)
「のぼうの城」は1590年に豊臣秀吉が北条小田原攻めの時に石田三成が攻めた成田長親守る忍城の攻防戦を描いた実話のストーリーである。天下統一目前の秀吉相手にわずか正規の ...
のぼうの城 (CINEMA見聞録 )
 時は戦国時代、天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の北条家に大軍勢を差し向ける。2万
のぼうの城 (いい加減社長の映画日記)
時代劇は、そんなに好きじゃないんだけど、予告編を観ると、なかなか面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 天下統一目前の豊臣秀吉は、関東の雄・北条勢を圧倒的軍勢で攻めようとしている頃、周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々....
『のぼうの城』 (beatitude)
戦国末期。天下統一を目前に控えた豊臣秀吉(市村正親)は、最後の敵、北条家に大群を投じていた。周囲を湖で囲まれ“浮き城”の異名を持ち、人々が平穏に暮らす“忍城”に対し、秀吉は2万の軍勢で落とすよう、寵愛の家臣・石田三成(上...
「のぼうの城」 (ゆっくり歩こ。)
この映画は予告編を観るたび興味アリ!でした 原作は本屋大賞で話題になってた時、読んでみたいと思いつつ・・・ 歴史モノが苦手なので やめたのを覚えています 石田三成とか・・ 名前はかろうじて知ってる程度 歴史はよくわかんないけれど・・・ 野村萬斎の演...
のぼうの城 (だらだら無気力ブログ!)
期待どおり楽しめた作品で、キャスティングがイイ!
映画「のぼうの城」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/11/3 109シネマズ木場。 昨年の公開予定が大震災の影響もあって、延期になっていたもの。 「水」のシーンなどで一部見直しをした部分があったらしい。 * 野村萬斎、佐藤浩市、永倉奈々、成宮寛貴、上地雄輔、山田孝之、山口智充。 ** 1582年....
「のぼうの城」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/CIエンタテインメント=アスミック・エース配給:東宝、アスミック・エース 監督:犬童一心、樋口真嗣特撮監督:尾上克郎原作:和田 竜脚本:和田 竜撮影:清久泰延、江原祥二音楽:上野耕路
のぼうの城 (おやぢタイプ)
史実に基づいた戦国エンタテインメント映画『のぼうの城』を観てきた! 原作は和田竜によってもともと脚本用として作られたものだが、その後自身により小説化されている。 この小説は175万部の大ベストセラーとなり、本屋大賞の第2位にもなった。 小説は自分も読んだが、....
のぼうの城 (映画情報良いとこ撮り!)
のぼうの城 浮城と呼ばれる城に、のぼう様と呼ばれる成田長親が居た。 のぼうとは、どうやらでくのぼうと言う意味らしい。 彼は、人気だけは、抜群だった。 そんな城に2万の軍勢を従えた石田三成がやって来た。 成田長親は、わずか500名の兵で、応戦するこ...
のぼうの城 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画 JUGEMテーマ:映画館で観た映画     2万人の大軍に500人の兵がどうやって立ち向かったのかが   知りたくて、「のぼうの城」を見ました。   様々な戦略により石田三成率いる豊臣...
『のぼうの城』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「のぼうの城」□監督 犬童一心□脚本・原作 和田竜□キャスト 野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳 大、       西村雅彦、平泉 成、夏八木 勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田 吟、中尾明慶、  ...
のぼうの城 (迷宮映画館)
わかりやすい作りと、半端ない存在感の萬斎さん。
レディースディに「のぼうの城」 (居心地)
待望の「のぼうの城」を観て来た。   史実に基づいた作品であるが故に 水責めのシーンが震災を思い起こさせると 公開が大幅に延期されたものである。 和田竜の小説を読んだのが4年前。 のぼう様とはでくのぼうに様を付け領民が親しみをこめて 城主の従弟 成...
『のぼうの城』 郷土愛も感じたエンターテインメント時代劇を堪能 (コナのシネマ・ホリデー)
もともと脚本だった物語を、映像化不可能だからノベライズしたところ、ベストセラーに!!そのヒットを受け、結果的に映画になったというなんとも珍しい作品。
『のぼうの城』を109シネマズ木場3で観て良し悪し半々ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★ああ榮倉奈々が可愛いなあ。それが大事だよお】    まず、榮倉奈々が可愛い。 多分、この映画だから可愛いというのではなく、 榮倉奈々という生き物自 ...
「のぼうの城」 人の力と銭の力 (はらやんの映画徒然草)
和田竜さんの小説「のぼうの城」の映画化作品です。 こちらについては珍しく原作を先
のぼうの城 (映画と本の『たんぽぽ館』)
戦いまする                       * * * * * * * * *  本を先に読んでいて、大好きだったのと、野村萬斎ファンでもありますので、 すぐに見に行きました。 今作はもともと脚本として書かれたもので、 それを小説に書き直し....
映画・のぼうの城 (読書と映画とガーデニング)
2011年 日本 和田竜さんによる原作は読んでおらず、映画も鑑賞予定に入れていなかったのですが 口コミ情報での評判は上々、さらに佐藤浩一ファンの主人がどうしても行きたい、と言うので夫婦50割で観てきました 天下統一目前の関白、豊臣秀吉の命により小田原...
のぼうの城 (真・天文台)
監督:犬童一心、樋口真嗣 脚本:和田竜 本記事は2012年度邦画ブログトーナメン
のぼうの城 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  和田竜のデビュー作であり、第29回城戸賞(2003年)を受賞した脚本『忍ぶの城』が映画化されたわけだが、『のぼうの城』というタイトルで書いた小説が大ベストセラーとなり、直木賞候補にまでなってしまったため、映画のタイトルも『のぼうの城』に変更した
独断的映画感想文:のぼうの城 (なんか飲みたい)
日記:2012年11月某日 映画「のぼうの城」を見る. 2011年.監督:犬童一心,樋口真嗣. 出演:野村萬斎(成田長親),榮倉奈々(甲斐姫),成宮寛貴(酒巻靭負),山口智充(柴崎和泉守),上地雄輔(
■のぼうの城 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第286回「時間が経過したとはいえ、あのシーンには・・・」 今日の作品もどうしても見たいと思った作品ではありませんでした。その理由としては邦画であることに加え時代劇だということ。何千、何百もある作品の中から研鑽され配給される洋画と違い、邦画には駄作が多...
映画を観た〜のぼうの城〜 (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
のぼうの城(2012-144) (単館系)
のぼうの城 MOVIX川口 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には 最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。 その城には領民からでくのぼう...
のぼうの城 (いやいやえん)
これ劇場で見たかった作品でした。だって戦国時代でしょ、しかも忍城攻め。原作は弟がもっていたのですが、わざと未読。それでもキャスティングはどうかと思いましたよ、案の定でしたが。 忍(おし)城の攻防戦を描