映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

るろうに剣心 伝説の最期編

2014年09月25日 | 邦画(14年)
 『るろうに剣心 伝説の最後編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)前編の『京都大火編』の出来栄えが素晴らしかったので、後編もと期待して映画館に行ってきました。

 前編の最後で、志々雄藤原竜也)の一味が操る軍艦から突き落とされた武井咲)を追って海に飛び込んだ剣心佐藤健)は、海岸に打ち上げられて比古福山雅治)に助けられます。
 比古は剣心の師匠で、剣心は志々雄を倒すために奥義の伝授を頼み込みます。



 やっとの思いで奥義を会得した剣心は、なおもしつこく剣心に迫る四乃森伊勢谷友介)を蹴散らすと、志々雄らが乗る軍艦が迫る東京に向かいます。



 果たして、剣心は、志々雄を倒すことができるでしょうか、………?

 本作では、主人公の剣心と様々な相手との対決シーンが見せ場になっているところ、いずれも迫力満点で、近来にない切れ味するどいチャンバラの場面の連続となっていて、全体としても期待通りの出来栄えではないかと思いました。ただ、せっかく志々雄の軍艦が浦賀沖まで来ながらも、その出番があまりないままに官側の大砲であっけなく沈められてしまうのは、とても残念な気がしました。

(2)『京都大火編』についてのエントリでも申し上げましたが、自分らを裏切った明治政府を転覆し自分たちが権力の座に着くという志々雄側の狙いは、江戸幕府を倒して権力を奪取した官軍側とそんなに変わりがないように思われます(注1)。
 要は、時代の流れ、時の運(注2)。

 とはいえ、本作は丸ごとフィクションながら、明治初期の歴史的な枠組みに基本的に沿いつつ描き出されているために、いくらなんでも志々雄たちが明治政府の転覆を成し遂げるだろうとは思いませんでした(原作漫画は未読)。
 でも、もう少しくらい彼らの活躍の場が描き出されてもいいのではないでしょうか?

 『京都大火編』では、志々雄は、随分の部下を動員して京都に火を放ちましたし、あの立派な鋼鉄製軍艦「煉獄」を製造するにあたっては、余程の資金と人員を投入したことでしょう。
 ですから、志々雄側は、そうした資金力とか動員力を背景にして集められる精強な陸上部隊と連携し、軍艦から陸に向けて大砲を撃ち放ちながら(本作でも何発か打ち込みますが)、官側を蹴散らしつつ東京に向かって進軍するのではないかな、と密かに期待していました。
 にもかかわらず、実際には軍艦だけ単騎で浦賀に進出するものですから(注3)、陸上の官側としても、大砲を備え付ける時間的余裕さえあれば(注4)、軍艦を沈め、志々雄側を撃破することなどいとも容易な技だったでしょう(注5)。

 あるいは、すべてを軍艦の製造につぎ込んでしまったために、陸上部隊も京都で騒ぎを起こすことくらいがせいぜいであり、志々雄自身は戦の帰趨を度外視していたようにも思われます。
 仮に、志々雄側が明治政府を転覆することに成功したとしても、その後の国づくりになれば明治政府と同じことをせざるを得ないくらいのことは、世界の流れから見て分かっていたのではないでしょうか?
 そんな実利的なことではなく、とにかく、自分らの存在を世に知らしめたい、明治政府の裏側を暴きたいという一点で志々雄は戦いを挑んだのかもしれません(注6)。

 15分という制限時間を抱えながらも4対1の戦いを挑まれ、それを跳ね除けるラストの志々雄の獅子奮迅の戦いぶりは大層感動的です(注7)。



 そして、そんなあれやこれやをすべて一撃で海中に没し去ってしまう官側の大砲は、その後の日本の行く末を暗示すらしているようです(注8)。

 ところで、剣心(注9)は、志々雄のいない世の中、全力で立ち向かわなくてはならない相手のいない世の中で、いったい何を生きがいにしてこれから暮らしていくというのでしょう(注10)?

(3)渡まち子氏は、「大ヒットアクション2部作の完結編「るろうに剣心 伝説の最期編」。邦画のアクションレベルを一気に押し上げる完成度の高さだ」として85点を付けています。
 前田有一氏は、「この完結編はそんな彼ら(スタッフとキャスト)がいよいよ本気を爆裂させたにふさわしい仕上がりで、個々のバトルシーンがきっちりストーリーの起伏に対応し、見た目の完成度も高いからえらい盛り上がりである」として75点を付けています。
 相木悟氏は、「とにもかくにも造り手とキャストのほとばしる熱量に圧倒される力作であった」と述べています。



(注1)伊藤博文・内務卿(小澤征悦)は、「志々雄は力でこの国を奪い取るつもりだ」などと言いますが、それは官軍側が明治維新に際してすでに行ったことではないでしょうか?

(注2)志々雄は、最後に燃え尽きる前に「俺は負けちゃいない、時代がお前を選んだだけだ」と剣心に向かって言います。

(注3)まるで、戦闘機による護衛のない戦艦大和の単騎出撃(「坊ノ岬沖海戦」)のようです。

(注4)映画では、志々雄側が、剣心が捕まるまで何もせずにじっと軍艦を浦賀沖に停泊させていたように描かれています。でもその間に官側が着々と砲台を整えていることを全然把握していなかったのでしょうか(砲台を一から作るのであれば1ヶ月以上は要し、人々の出入りが煩雑にあるでしょうから、そうした陸上の動きはなんらかの形で海上からも察知できるのではないでしょうか)?そうした情報に基づいて軍艦「煉獄」の大砲を砲台建設現場に打ち込んでおきさえすれば、あれほど簡単に沈められなかったのではと思うのですが。

 なお、薩英戦争(1863年)では、「薩摩藩は海岸に射程1300〜1400メートルの80ポンド要塞砲、射程2800メートルの24ポンドカノン砲を装備していたが、英国軍艦はアームストロング砲を装備」しており、「薩摩藩は、このアームストロング砲の洗礼を受けて痛手を被っ」たそうです(この記事によります。なお、Wikipediaによれば、英軍の軍艦の方も「大破1隻・中破2隻」等の被害を被っています)。
 それから15年ほども経過していますから、少なくとも志々雄の軍艦に設置されている大砲は、アームストロング砲ではないかと思われます。

 他方、兵器に疎いクマネズミには、映画の中で官側が設置した大砲が何に該当するのかわかりません(あるいは、「お台場」に設置された80ポンド青銅製カノン砲のようなものかもしれません)。
 ただどんな大砲にせよ、そんな大型の武器を警官隊が所有するはずはなく、ここは、伊藤・内務卿が、陸軍に命じてその所有する大砲を海岸に据え付けさせたものと考えられます。
 そうだとすると、日本を取り巻く情勢から軍隊の出動はありえないとして剣心に志々雄打倒を依頼した大久保・内務卿の意向が無視されたことになるのではないでしょうか?

(注5)劇場用パンフレットに掲載の「Special Talk:02」において、原作者の和月伸宏氏は、「本当はもっと原作でも煉獄の中でアクションを展開させたかったのですが、資料がない中でアシスタントさんに描いてもらうなんて無理なので、ろくな活躍もなしに泣く泣く退場させてしまったんです」と述べています。

(注6)もっと言えば、志々雄は、戦いの結果というよりも、むしろ戦いのプロセス自体に価値を見出しているとはいえないでしょうか?

(注7)ただ、志々雄が剣心と争っている時に、駒形由美高橋メアリージュン)が「もう止めて、これ以上苦しめないで」と二人の間に割って入り、にもかかわらず志々雄が剣を突き出すと、その先が彼女の体を突き抜けて剣心にまで達します。剣心は血の気が失せ、彼女は「嬉しい、戦いのお役に立てて」と絶命します。ところが、その後の剣心の戦いぶりには、この傷は一切反映されないのです。 単に剣心の皮膚をかすっただけだったのでしょうか?

(注8)今の時点から言えることに過ぎませんが、その後の日清・日露戦争から太平洋戦争に至る道程で人々が味わった苦難は、志々雄側の暴虐を受けた村人たちの苦難の拡大版とはみなされないでしょうか?

(注9)映画の最初の方で比古に、「命の重さがわかってはじめて奥義への道が開かれる」と諭され、比古の元を立ち去る際に「死ぬなよ」と言われたのを守って、映画のラストでやっとの思いで薫のところに戻ってきた剣心ですが。

(注10)神谷道場の庭の美しい紅葉を見ながら、剣心は「こうやって生きていくでござるよ」「共に見守ってくださらぬか?」と薫に言うのですが、それでは若隠居の心境ではないでしょうか(後者は、薫へのプロポーズの言葉なのかもしれませんが)?



★★★★☆☆



象のロケット:るろうに剣心 最後の伝説編
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イン・ザ・ヒーロー | トップ | 海を感じる時 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-09-25 23:18:07
> ところが、その後の剣心の戦いぶりには、この傷は一切反映されないのです。 

手術道具がない場所で、傷口を消毒の為、熱したナイフなどで焼くシーンをたまに物語で見かけますが、志々雄の剣は志々雄の熱がムチャクチャ伝導してるので、刃先が凄く熱く、傷つけた後、その熱で患部を焼いて瞬間的に傷口をふさいで消毒までしてしまったのでは?
熱伝導 (クマネズミ)
2014-09-26 05:44:31
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるとおりとすれば、志々雄の刀で刺し貫かれた駒形由美も、刀の「熱で患部を焼いて瞬間的に傷口をふさいで消毒まで」されて、しばらくしたら元のように立ち上がるのかもしれません!
なお、志々雄の刀から出る炎ですが、これまで斬った人間の脂が刀に付着していてそれが燃えるのだそうです。そして、原作では、床とか鞘で刀を擦って炎を出すのだそうですが、本作の志々雄はそんなことはしていません。
とすれば、「ふじき78」さんがおっしゃるように、「志々雄の熱がムチャクチャ伝導して」、その熱で脂が燃えて炎が出るのではないかと考えられます。
TBありがとうございます&相互リンクのお願い (映画好きパパ)
2014-09-26 08:15:28
こんにちは。映画好きパパと申します。

日ごろはトラックバックに協力していただきありがとうございます。もし、よろしかったら相互リンクして頂けないでしょうか? 勝手ながら弊サイトからリンクを張らせていただきました。

サイト名:映画好きパパの鑑賞日記
URL:http://eigazukipapa.seesaa.net/

ご検討のほど、よろしくお願いいたします。
相互リンク (クマネズミ)
2014-09-29 06:24:21
「映画好きパパ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「相互リンク」のお申し越し、誠に光栄です。
実は、「リンク集」の存在は他の方のブログを見て知っておりましたが、なんだか煩瑣な気がして通常の「お気に入り」で済ませてきました。
今回は丁度いい機会ですので少し調べてみましたら、意外と簡単にできそうなことがわかりましたので、「リンク集」のモジュールを追加してみました。
対応が遅れてしまい誠に申し訳ありませんでした。
今後とも宜しくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「るろうに剣心 伝説の最期編」 (日々“是”精進! ver.F)
どう死ぬかではなく、どう生きるか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409130000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】映画るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編 写真集 [ 菊...価格:2,160円(税込、送料込) ...
るろうに剣心 伝説の最期編 (佐藤秀の徒然幻視録)
まさかのオールスター・ゾンビ・バトルロワイアル 公式サイト。和月伸宏原作、大友啓史監督。佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介、土屋太鳳、田中泯、宮 ...
るろうに剣心 伝説の最期編 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(11) ラストの対決で本人から「さあ、最終局面だ」に苦笑い
るろうに剣心 伝説の最期編 (だらだら無気力ブログ!)
相変わらずアクションシーンは圧巻。
『るろうに剣心 伝説の最期編』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「るろうに剣心 伝説の最期編」□監督 大友啓史□脚本 藤井清美、大友啓史□原作 和月伸宏□キャスト 佐藤 健、武井 咲、青木崇高、蒼井 優、大八木凱斗■鑑賞日 9月13日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★...
失敗した“新ルパンスタンダード”(映画るろ剣とか映画ルパン三世とか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【白銀の意思 アルジェヴォルン 第11話】昇進するさんとジェイミーさんと、無礼講するススムくんの巻。ジェイミーさんの魅力? そんなもん言わなくたって分かってるだろうに。( ...
映画『るろうに剣心 伝説の最期編』★壮絶な死闘の果て“最期”の先 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/162934/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     原作未読ですが、“最期“が気になって鑑賞しました。 オリジナルだそうなので、映画ならでは、と言う楽しみもアリでしょう...
るろうに剣心 伝説の最期編/佐藤健 (カノンな日々)
和月伸宏さんの人気コミックスを佐藤健さんの主演で実写映画化し前後編2部作で描く時代劇アクション大作映画の後編でありかつ待望の完結編。最凶の敵である志々雄真実との最終決着 ...
るろうに剣心 伝説の最期編 (映画と本の『たんぽぽ館』)
世界にも自慢できる殺陣アクション * * * * * * * * * * 待望の完結編。 前「京都大火編」で最後に登場した福山雅治さんは、 剣心のかつての師匠・比古清十郎でありました。 少年の日の剣心に剣の道を教えたのがこの人。 剣心はさらなる奥義を師匠...
『るろうに剣心 伝説の最期編』 最期を迎える伝説とは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  アクションシーンになると寝てしまう私にとって、アクション映画は鬼門である。  それでも好きだから観に行くけれど、登場人物がただ銃を撃ってばかりの映画や、殴り合いが単調に続く映画や、カットが短すぎて何をしているかよく判らない映画だ...
『るろうに剣心 伝説の最期編』を、六本木の映画館で鑑賞してきました(^^) あらすじあり (50代ベテランママの節約と稼ぎ方(100万円稼ぎ突破中))
『るろうに剣心 伝説の最期編』  るろうに剣心の二部編の後編です  2014.9.13(土曜)公開で  本日、14日(日曜)に、六本木の映画館で見てきました  最近は、ネットで指定 ...
るろうに剣心 伝説の最期編 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
るろうに剣心 伝説の最期編 オリジナル・サウンドトラック [CD]大ヒットアクション2部作の完結編「るろうに剣心 伝説の最期編」。邦画のアクションレベルを一気に押し上げる完成度 ...
『るろうに剣心 伝説の最期編』 (こねたみっくす)
進化するアクション、劣化する脚本。 まさか前作を超えるチャンバラアクションが見れるとは思いもしませんでした。そしてまさか前作以上に原作へのリスペクトなど微塵もなしにス ...
『るろうに剣心 -伝説の最期編-』 2014年9月13日 ユナイテッドシネマ豊洲 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『るろうに剣心 -伝説の最期編-』 を鑑賞しました。 前作の京都大火編の満足度が高かったため、かなりの期待をもっての鑑賞でした。 正直、前作のが面白い が、最後としては納得。 もうここで終わりにした方が良さそうだ 【ストーリー】  cinamtodayにない。。。諸...
「るろうに剣心 伝説の最期編」:日本アクションの最高峰 (大江戸時夫の東京温度)
映画『るろうに剣心 伝説の最期編』は、恐ろしいまでのスピードとパワーで見せ切る、
『るろうに剣心 伝説の最期編』をトーホーシネマズ渋谷3で観て、それにしても監督ディスられすぎふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★面白いけど話としては予定調和すぎないか?】   前篇で海に投げ出された剣心と薫。 そこで、二人とも死んで話が終わるという事は勿論なく、剣心は師匠と再 ...
るろうに剣心 伝説の最期編  (to Heart)
未来のために。 製作年度 2014 上映時間 135分 原作 和月伸宏 『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(集英社刊) 脚本 藤井清美/大友啓史 監督 大友啓史 アクション監督 谷垣健治 出演 佐藤健/武井咲/伊勢谷友介/青木崇高/蒼井優/神木隆之介/土屋太鳳/田中泯/小澤征悦/滝....
『 るろうに剣心 伝説の最期編 』武士たちに敬礼!! (映画@見取り八段)
るろうに剣心 伝説の最期編      監督: 大友啓史    キャスト: 佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、藤原竜也、江口洋介、神木隆之介、田中泯、蒼井優、土屋太鳳、小澤征悦、滝藤賢一、丸山智己、高橋メアリージュン、眞島秀和、窪田正孝、小市慢太郎、福山...
るろうに剣心 〜伝説の最期編 〜 (Break Time)
3連休の中日です・・・
「るろうに剣心 伝説の最期編」最大の奥義を会得した先に知った殺さずの戦いを貫き通す術と自ら生きる理由の悟り (オールマイティにコメンテート)
「るろうに剣心 伝説の最期編」はるろうに剣心の続編であり最終章となる作品で、志々雄真実の野望を止めるべく緋村剣心が立ち向かっていくストーリーである。今回は京都大火編の ...
るろうに剣心 伝説の最期編 (映画好きパパの鑑賞日記)
 アクションシーンは近年の邦画のなかで群を抜いており、時代劇作品としてはエポックメイキングな殺陣といっても過言ではないでしょう。ただ、長大な漫画を上映時間にまとめるうえ、アクション重視になったため、ストーリーが薄味になったのは否めません。また、アクショ...
無敵の人。『るろうに剣心 伝説の最期編』 (水曜日のシネマ日記)
先月公開された映画の続編。2部作の後編です。
映画「るろうに剣心 伝説の最期編」感想。(※ネタバレ注意!) (月の瓶詰〜ブログ版〜)
公開初日、映画「るろうに剣心 伝説の最期編」を見てきました(^^) アクションたっぷり、でもそれだけではなく…とっても満足! …で。 よかったからこそ、いろいろツッコミしたくなり…(^^;; 箇条書きであれこれ書いてみたいと思います〜。 ・これ以上なくア...
映画:「るろうに剣心 伝説の最期編」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年9月24日(水)。 映画:「るろうに剣心 伝説の最期編」。 原  作:和月伸宏 監  督:大友啓史 主 題 歌:ONE OK ROCK キャスト: 緋村剣心 佐藤健・神谷薫 武井咲・四乃森蒼紫 伊勢谷友介 相楽左之助 青木崇高・高荷恵 蒼井優・瀬田宗次郎 神木隆...
るろうに剣心 伝説の最期編 (Akira's VOICE)
魂の消耗戦。圧巻!  
るろうに剣心 伝説の最期編 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
和月伸宏原作のコミックを基に『プラチナデータ』などの大友啓史監督と佐藤健主演で映画化したアクション大作の完結編。激動の幕末にその名をとどろかす伝説の人斬り・緋村剣心が大切な人と国を守るべく、日本征服をもくろむ志々雄真実一派との壮絶な死闘に挑む。主演の佐...
るろうに剣心 伝説の最期編 (昼寝の時間)
2014年 日本 135分  公式サイト 原作:和月伸宏「るろうに剣心」集英社監
[映画まとめ語り『舞妓』『剣心(最期)』『ガーディアンズ・オブ・・・』(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『舞妓はレディ』        周防正行監督は、見れば面白いが、あんまし好きな監督ではない。  今作も面白く、なんか素材はいいけど垢抜けない女の子が舞妓になる物語を、絶妙の主人公キャスティングで撮ったと思う。  ただ、これは、『Shall we ダンス...
映画『るろうに剣心 伝説の最期編』観てきた〜 (よくばりアンテナ)
えっと、ようやく観てきましたよ(*´∀`*) 公開後すぐにも観たかったんだけど、 結果的に2週間も経ってると平日の昼間はお客さん少なくて、 大きいスクリーンを5人で観ておりましたよ( ´,_ゝ`) ふっ 京都大火編に続くシリーズ最後の作品となりました・・・...
「るろうに剣心 伝説の最期編」  人を活かし、己も生きる (はらやんの映画徒然草)
「るろうに剣心 伝説の最期編」、公開初日に観賞です。 昨日は会社帰りに「京都大火
『るろうに剣心 伝説の最期編』 (2014) (相木悟の映画評)
テンションMAXで駆け抜ける、一大クライマックスに感嘆せよ! とにもかくにも造り手とキャストのほとばしる熱量に圧倒される力作であった。 本作は、『週刊少年ジャンプ』の代表作のひとつである和月伸宏の同名漫画の実写化第3弾。原作の人気シリーズ“京都編”を2部...
No.449 るろうに剣心 伝説の最期編 (気ままな映画生活)
和月伸宏の人気コミックを実写映画化した「るろうに剣心」シリーズの完結編。原作でも人気の高いエピソード「京都編」を映画化し、「京都大火編」「伝説の最期編」として連続公開 ...
「るろうに剣心 伝説の最期編」みた。 (たいむのひとりごと)
8月に公開された「京都大火編」の続編であり、実写版「るろうに剣心」シリーズの完結編。実写版として何もかもが最高の出来映えだったと思うし、圧倒的とか、圧巻だとか、そんな賞賛の言葉しか出てこない。長編漫画
るろうに剣心 伝説の最期編 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/09/13公開 日本 135分監督:大友啓史出演:佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、江口洋介、藤原竜也、神木隆之介、土屋太鳳、田中泯、小澤征悦、滝藤賢一、丸山智己、高橋メアリージュン、福山雅治 未来のために。 日本征服を狙い強大な武装集団を作り....
「るろうに剣心 伝説の最後編」☆迫力の船内バトル (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
「伝説の最後編」が始まる前に、なんとか「京都大火編」を観ておいて良かった!!(現在、両方上映中) 豪華キャストが勢ぞろいで、どの役もとにかくカッコイイ♪(ん?京都大火編と同じ感想だわ〜笑)
るろうに剣心 伝説の最期編 (はるみのひとり言)
待ちに待った完結編。公開直後は混むだろうと思ったので先に猿惑の方を観て、レディースデーの昨日ステーションシネマにて鑑賞。京都大火編のラストでドアップで終わった福山さんに助けられての場面から始まり・・・。あの人師匠だったんですね。ここで志々雄を倒すための...
映画「るろうに剣心 伝説の最期編」、感想  (おぼろ二次元日記2)
9月13日から公開されている映画「るろうに剣心 伝説の最期編」を見てきました。 【楽天ブックスならいつでも送料無料】映画るろうに剣心京都大火編/伝説の最期編写真集 [ 菊池...価格:2,160円(税込、送料込) 映画公式サイトはこちら♪ 前作の感想...
るろうに剣心 伝説の最期編 (とりあえず、コメントです)
8月に公開された「京都大火編」に引き続き描かれた「京都編」の後編です。 前作がとても面白かったので、後編も楽しみにしていました。 剣心の凄みを帯びた強さと志々雄のパワーとの戦いに圧倒されるような作品でした。
るろうに剣心 京都大火編・・・・・評価額1750円/伝説の最期編・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
世界よ、これが日本のアクションだ! 和月伸宏原作のコミックを基に 、2012年に公開された「るろうに剣心」の続編にして、完結編となる二部作。 前作は日本映画にスウォードアクションの新たなる地平を切り開き、伝統的な時代劇の創造的破壊を試みたが、その流れは更...
「るろうに剣心 伝説の最期編」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・日本 配給:ワーナー・ブラザース映画 監督:大友啓史 原作:和月伸宏 脚本:藤井清美、大友啓史 撮影:石坂拓郎アクション監督:谷垣健治 製作総指揮:ウィリアム・アイアトン エグゼクティブプ
「るろうに剣心 伝説の最期編」 (2014 ワーナー) (事務職員へのこの1冊)
「京都大火編」と合わせて100億円(はちょっと無理だと思うけど)を稼ごうかという大ヒット。封切りの間隔が一ヶ月半ほど。シネコンの時代だから両作品とも上映しているのでハシゴしても見ることもできる。製作作品がことごとくこけていた(でもローカルプロダクション....
「るろうに剣心〜伝説の最期篇〜」 (ここなつ映画レビュー)
「カッコいい…」そう思って思わず涙がこぼれてしまった。後にも先にも、役者のカッコ良さに本当に涙がこぼれたのはこの作品だけだ。「心の中で涙がこぼれた」とか「身悶えした」とかは数あれど…。多くは語りません。でも本当にカッコ良かったです。涙がこぼれたのは、京...
るろうに剣心 伝説の最期編 (いやいやえん)
【概略】 志々雄を倒すため、剣心は師匠の比古清十郎に奥義の伝授を懇願する。一方、剣心が生きていることを知った志々雄は政府に圧力を掛け、剣心の処刑を命じる。 アクション 未来のために。 オリジナルの展開できっちり締めているところ、前作と変わらずアク...
るろうに剣心 伝説の最期編 (銀幕大帝α)
2014年 日本 135分 アクション/時代劇 劇場公開(2014/09/13) 監督: 大友啓史 原作: 和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』 脚本: 大友啓史 主題歌: ONE OK ROCK『Heartache』 出演: 佐藤健:緋村剣心 武井咲:神谷薫 伊勢谷友介:四乃森蒼紫 青木....