映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

トリック劇場版 ラストステージ

2014年01月31日 | 邦画(14年)
 『トリック劇場版 ラストステージ』を吉祥寺オデヲンで見ました。

(1)TV版や映画版で見たことがある「トリック」シリーズの最後の作品ということで、映画館に行ってみました(注1)。

 本作の冒頭では、“サイキック・ハンター”でもある奇術師フーディーニが、死の訪れを前にして、「死後の世界があるなら、1年後に連絡をとる」と妻に言い残したものの、1年後に彼からの連絡はなかった、というエピソードが紹介されます(注2)。

 ついで本編です。
 日本科学技術大学の物理学教授・上田次郎阿部寛)は、講義の中でツングースカ大爆発のことを熱心に語ります(注3)。講義の後、ジムでトレーニングしている上田のところに、貿易商社の社員・加賀美慎一東山紀之)が訪ねてきて、仕事を依頼します。
 さらに上田は貿易商社に出かけて、その詳細を加賀美の上司の有田部長(石丸謙二郎)から聞くのですが、その話とは、自分たちの会社は「赤道スンガイ共和国」でレアアースを採掘しようとしているものの、採掘場周辺にいる原住民らが立ち退かず、おまけにジャングルに住む呪術師から呪いをかけられたというもの。
 上田は、2000万円の研究資金の見返りとして呪術師のインチキを見破ってほしい旨を依頼されるものの、今日が期限の呪いをかけられたという有田部長が、上田の目の前で死んでしまうのです。

 他方、“天才美人マジシャン”の山田奈緒子仲間由紀恵)のもとにも、50万円の仕事の依頼が。実に危険な脱出ショーと言われたところ、実際にはTVの「ドッキリ」番組でした。
 ギャラをもらえないは、周りから笑いものにされるはで、とても下宿(家賃滞納中)に居られたものではありません。
 そこへ上田から「近々海外へ行く用事があるが、君もどうか?」との電話。渡りに船とばかりに、彼女も赤道スンガイ共和国行きに同行することに。



 山田は、パスポートを取るために実家に戻り、書道教室を開いている母親の里見(野際陽子)と会ってから(注4)、上田と連れ立って、スンガイ=キン菅井きん)が「国民の母」として慕われている赤道スンガイ共和国に行き、呪術師ボノイズンミ水原希子)に出会ったりするのですが、はたして二人はそのインチキを見破ることができるのでしょうか、………?



 完結編ということで、マレーシアでロケを敢行したり、また映画のラストで、これまでの作品が早送りで回顧されたりしますが、作品自体のトーン(ゆるーい展開ぶり)はこれまでのものと何ら変わることなく、それでも、大好きな洞穴のシーンがふんだんに出てくるので、クマネズミにとり面白いことは面白かったものの、ラストの作品だからといって取り立てて言うべき点もありません。これで終わりといえば終わりでしょうし、また続編が作られても別にかまわないのではないでしょうか(注5)?

(2)本作については、「トリック」ドラマ第1シリーズ第1話(2000年7月7日放映)を見ないことには話しにならないと書いているレビュー記事を随分と見受けます。
 そこで、本作を見た後ながら、第1話を見てみることにしました(注6)。



 確かに、第1話の冒頭には、本作と同様に、奇術師フーディーニのエピソードが置かれており(「注2」参照)、また本作の「赤道スンガイ共和国」の「国民の母」であるスンガイ=キンは、第1話に登場する新興宗教「母之泉」の教祖ゴッドマザー・霧島澄子と同じ菅井きんなのです。さらにまた、本作の最後に奈緒子(らしき人物)が見せるマジック(糊付けされた封筒の中から100円玉を取り出す)は(注7)、第1話で、見破れないトリックを見せた者には30万円の賞金を出すという上田教授の前で山田が披露したものと同一のものです。
 でも、そんなことを予め知って映画を見るのと、知らないで本作を見るのとで、受ける印象にそれほど違いがあるようには見受けませんでした(まあ、本作のラストが、第1話の冒頭に繋がるというのであれば、円環はそれで閉じることとなり、本作の続編はモウ作られないだろうと思えてきて、感慨深いものを感じるのかもしれませんが)。

 さらに、何か関連があるかもしれないと思い、テレビ朝日の「トリック 新作スペシャル3」(1月12日放映)も、録画したものを本作の後に見てみました。



 同作は、これまで『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』などで見慣れている世界であり、舞台は「尾古溝村」の「水神家」(注8)。幸代(国生さゆり)、月子(藤田朋子)、華絵(飯島直子)の三姉妹が、先祖が遺した莫大な財宝を探しだそうとやっきになる過程で、次々と変死してしまいます。それを上田と山田のコンビが解明していくわけで、犯人は水神家に恨みを持つお手伝い(朝倉あき)だとわかります。
 ドラマの最後で、山田が上田に「次は南の島だな」などと言うところが本作との関連性をうかがわせるとはいえ、その他に繋がりめいた点はあまり感じられませんでした。

 それより何より、様々な「小ネタ」はアチコチにふんだんにばらまかれているとはいえ、同作のドラマとしての緊密な作り方に感心してしまいました。著名な推理小説を下敷きにしているからとも思われますが、やはり「トリック」シリーズは国内の村を舞台にした方が見る方も簡単にドラマの中に入って行きやすいのではないかとも思ったところです。

(3)渡まち子氏は、「人気シリーズの14年間の集大成「TRICK トリック 劇場版 ラストステージ」。初の海外ロケでもユルユルの空気はそのまま」として55点をつけています。



(注1)『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』については、このエントリを御覧ください。

(注2)劇場用パンフレット掲載の「トリックを読み解く4つのキーワード」の「1.フーディーニ」によれば、彼に関するエピソードは、「トリック」ドラマ第1シリーズ第1話と『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』においても紹介されているとのこと。

(注3)大学の講義の中で、自分のサンダルを掲げて「サンダルは正義だ」と上田が語りますが、「サンデルの白熱教室」を掛けていて吹き出してしまいます。

(注4)その際に、母親・里見と父親・剛三岡田真澄)との駆け落ちの経緯が語られますが、それがいわれている「山田奈緒子の出生の秘密」に関わることなのでしょうか?
 そういえば、本作で、これまでの「トリック」シリーズで仕掛けられていた様々な謎が全て解明された訳のものでもないような気がします(例えば、「奈子は霊能者に殺されるという予言」)。ということは「ラストステージ」の続編もありうるということでしょうか?

(注5)最近では、本作に出演する阿部寛については『カラスの親指』で、また仲間由紀恵については『武士の家計簿』で、それぞれ見ています。

(注6)このサイトで見ました。

(注7)劇場用パンフレット掲載に監督インタビューにおいて、堤幸彦監督は、この場合の「奈緒子はこの14年間くらいの近過去を失ってしまい、上田のことは覚えていませんが、手品など、もっと昔からやっていたことは記憶しているんです」と述べています。

(注8)2つとも横溝正史の『犬神家の一族』のパロディでしょう。



★★★☆☆☆



象のロケット:トリック劇場版 ラストステージ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒執事 | トップ | 小さいおうち »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑い (iina)
2014-02-03 08:22:02
人を笑わせるのは、難しいものです。無理矢理に笑わそうとすると、その態度は観客に媚びているので、受け手は
引きつった笑いになるだけです。
笑いは、時代背景とともに変化しそうだし、出演者の面々によっても違っていきそうです。

この映画が喜劇風ということさえ知らずに観たので、観る立場としてはいい環境でこの作品に接したことになります
が、あとは好き嫌いの世界になってしまいました。m(_ _)m

Unknown (クマネズミ)
2014-02-03 20:00:28
「iina」さん、TB&コメントをありがとうございます。
これまでのトリックシリーズを全然見ずに本作に臨めば、あるいは厳しいかもしれません。なにしろ、マンネリなことを売りにしているくらいのシリーズなのですから。
ただ、そうだとしたら、ラストステージということで殊更海外ロケなどせずに、これまでのように国内の「○○村」を舞台にして、最後のマンネリを追求してみたらよかったのにと思ってしまうのですが。
Unknown (ふじき78)
2014-04-18 22:13:47
> 「奈子は霊能者に殺されるという予言」

細かい事にこだわらないなら、奈緒子は今回、死んでいる扱いを受けた事で殺されたをパスしたとするのかもしれない。伝説として残る曖昧な話でよいなら、霊能者に死ぬ立場に追いやられ、彼女は霊能力を持つ巫女として死に、普通の人として生まれ変わった(霊能力に関しては噴火予知一回しか使っていませんが)。
Unknown (クマネズミ)
2014-04-19 09:04:55
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
なるほど、おっしゃるように解釈するなら「予言」が実現されたことになりますね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トリック劇場版 ラストステージ (Akira's VOICE)
ビッグバンから何かが始まる!  
「トリック劇場版 ラストステージ」:遂にフィナーレ (大江戸時夫の東京温度)
14年にわたった『トリック』もいよいよラストですか。『トリック劇場版 ラストステ
トリック劇場版 ラストステージ (佐藤秀の徒然幻視録)
山田は原点の貞子に帰る 公式サイト。堤幸彦監督、仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子、東山紀之、北村一輝、水原希子、中村育二、石丸謙二郎、池田鉄洋、吉田鋼太郎。「TRICK ...
『TRICK トリック -劇場版-ラストステージ』('14初鑑賞6・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:25の回を鑑賞。
トリック劇場版ラストステージ (西湘ケチおばRIN)
トリック劇場版ラストステージ 映画館で見たぞ!テレビ放送の第一話から14年!?その日、たまたま昼間、番宣番組を見て、カンが働き、以来、見続けてきたドラマ。長いこと、楽しませてもらって…。個人的にも、感慨深い。 トリック(1) [DVD] 仲間....
「トリック劇場版 ラストステージ」 (或る日の出来事)
「上田、これが最後って、どういうことだ」
映画 トリック劇場版ラストステージ (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ◆トリック シリーズ    ギャグ満載の『トリック劇場版ラストステージ』。    ボノイズンミが、最後に仕掛けたトリックを見事に    こなした山田奈緒子...
TRICK トリック 劇場版 ラストステージ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
TRICK劇場版 ラストステージ (単行本) [単行本]人気シリーズの14年間の集大成「TRICK トリック 劇場版 ラストステージ」。初の海外ロケでもユルユルの空気はそのまま。自称・天才物理学者 ...
トリック劇場版 ラストステージ  監督/堤 幸彦 (西京極 紫の館)
【出演】  仲間 由紀恵  阿部 寛  水原 希子  東山 紀之 【ストーリー】 海外の秘境でレアアースを採掘するため、協力を依頼された天才物理学者・上田次郎。しかし、採掘権は獲得してあるものの、そこに住む部族が立ち退きを拒否。上田は自称天才マジシャン・山田奈....
トリック劇場版 ラストステージ (そーれりぽーと)
これで最後?!ほんまに終わり??『トリック劇場版 ラストステージ』を観てきました。 ★★★★★ これまで終わり終わりと言いながら、良い意味でダラダラとマンネリを重ねて続いてきた大好きな『トリック』シリーズですが、遂にこれで終わってしまいました。 見事なフ...
トリック劇場版 ラストステージ (映画好きパパの鑑賞日記)
 深夜時代からずっと楽しみにしていたトリックがいよいよおしまいに。1作目はDVDを購入するほど好きでしたが、最近のはギャグに走りすぎのような気がしていました。しかし、本作では笑いと切なさが絶妙のタイミング。劇場版のほうがドラマよりもできがよい、数少ない...
トリック劇場版 ラストステージ (心のままに映画の風景)
天才物理学者・上田次郎(阿部寛)は、村上商事の加賀美慎一(東山紀之)からある依頼を受ける。 村上商事は海外の秘境にあるレアアースの採掘権を獲得したが、呪術師を信奉する地元部族が立ち退きを拒否しているという。 呪術師のトリックを見破る必要があると考え...
『トリック劇場版 ラストステージ』 (時間の無駄と言わないで)
超泣いた。 もう洟垂れちゃうくらい泣いた。 あのラストはズルいよ。 全シリーズリアルタイムで観てきたんだもん。 14年の色んな思いが溢れて涙が止まらなかった。 ただ、映画 ...
『トリック劇場版 ラストステージ』 霊能力者の正体とは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  「われわれも、そしてきっと皆さんもモヤモヤしていたドラマのテーマ性の部分に、そろそろ決着をつけてもいいのではないかと思ったのです。」  山内章弘プロデューサーはこう語った。  「霊能力なんか信じないという人も、お正月には初詣でに...
劇場鑑賞「トリック 劇場版 ラストステージ」 (日々“是”精進! ver.F)
一年後に、連絡します… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401110000/ 【送料無料選択可!】TRICK-劇場版-ラストステージ[本/雑誌] (単行本・ムック) / 堤幸彦/監修 ...価格:1,260円(税込、送料別) 【送料無料...
映画『トリック劇場版 ラストステージ』観たよ~ (よくばりアンテナ)
とうとうホントに最後っていうことらしいですね(; ^ω^) なんだか寂しい。 ストーリーは相変わらずのトリックらしい雰囲気でした。 ついでに、昨日のドラマ版の新作スペシャルもチープなトリックらしさが良かったw 詳しくは公式HP 最初で最後の海外ロケはマレー...
映画「トリック劇場版 ラストステージ」 (FREE TIME)
映画「トリック劇場版 ラストステージ」を鑑賞しました。
トリック劇場版 ラストステージ (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.yamada-ueda.com/movie/ 劇場版第4作にしてシリーズ完結編。 劇場版は、すべて鑑賞済み。 テレビシリーズは、どうだったかな・・・? 海外の秘境でレアアースを採掘するため、協力を依頼された天才物理学者・上田次郎(阿部寛)。 しかし....
もうひと捻り!が欲しかったかも。『トリック劇場版 ラストステージ』 (水曜日のシネマ日記)
奇術師と物理学教授のコンビが怪しげな超常現象を解き明かす物語。 テレビシリーズで大人気を博した「トリック」の劇場公開作第3弾です。
もうひと捻り!が欲しかったかも。『トリック劇場版 ラストステージ』 (水曜日のシネマ日記)
奇術師と物理学教授のコンビが怪しげな超常現象を解き明かす物語。 テレビシリーズで大人気を博した「トリック」の劇場公開作第3弾です。
「トリック劇場版 ラストステージ」 いい意味で変わってなーい! パート2 (はらやんの映画徒然草)
14年前に放映されたテレビドラマ「TRICK」、今回の劇場版で完結ということです
トリック劇場版 ラストステージ (映画情報良いとこ撮り!)
トリック劇場版 ラストステージ つ・ついにラスト? あのトリックが、映画に。 今回は、レアアース採掘で、海外で仕事をしていた上田。 しかし、実際には、そこの部族が、立ち退きを拒否していた。 その原因は、ある呪術師が原因のようだ。 彼女のことを信奉...
『トリック劇場版 ラストステージ』 (こねたみっくす)
自称美人巨乳天才マジシャンの山田奈緒子、正真正銘天才物理学者の上田次郎の2人が迎えるラスト。しょうゆことなのね。 13年半に及ぶ長いシリーズもついに完結となったこの劇場版 ...
「トリック劇場版 ラストステージ」みた。 (たいむのひとりごと)
劇場版第4作であり、シリーズ完結編。私がシリーズを見始めたのは確かTVシリーズの「2」の頃だからすっかり出遅れスタートではあったけれど、再放送は繰り返し見て、スペシャルは必ず視聴、劇場版にも毎度通った
トリック劇場版 ラストステージ (勝手に映画評)
13年半にもわたったTRICKの最終作品。最終作品ということもあり、テーマ曲が初心に帰って、鬼束ちひろの『月光』が使われている。 ・・・、こんな事は言いたくないんですが、ぶっちゃけ、イマイチ。トリックの良いところは、オチャラケた中にも、きちんと“トリック”...
「TRICKトリック ―劇場版― ラストステージ」呪術師のトリックはズバッとお見通しだ!山田は呪術師を継承し皆を救って上田の前に○子... (オールマイティにコメンテート)
「TRICKトリック ―劇場版― ラストステージ」は2000年に連続ドラマでスタートし劇場版4作目となるTRICKシリーズの最後の作品で赤道直下の国で謎の死を巡る事件に山田と上田が関 ...
トリック劇場版 ラストステージ (だらだら無気力ブログ!)
これで終わりかぁ。
[映画『トリック ラストステージ」を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これもまた、面白かった!  先日の『ジャッジ!』と全く形質を違えたコメディというか、ギャグ側面があるが、それぞれ面白い。  全く笑えなかった『地獄でなぜ悪い』のスタッフは、これらを見て、もっと勉強してほしいと思った。  ただ、今作は、最初から、画面上...
小さいおうち ★★★★ (パピとママ映画のblog)
第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。とある屋敷でお手伝いさんだった親類が残した大学ノートを手にした青年が、そこにつづられていた恋愛模様とその裏に秘められた意外な真実を知る姿をハートウオーミングかつノスタル....
さよなら、TRICK!(注:ネタバレ含みます。) (月の瓶詰~ブログ版~)
1/11、「TRICK -劇場版- ラストステージ」を見てきました。 まだパンフレットや『公式パーフェクトBOOK』を読んでいないため、 見落としや勘違いもあると思いますが…、初見の感想を。 終わっちゃいました。 何だかんだ言って、TRICKは終わんないでしょ!と思ってたん...
トリック劇場版 ラストステージ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/01/11公開 日本 112分監督:堤幸彦出演:仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子、東山紀之、北村一輝、水原希子、中村育二、石丸謙二郎、池田鉄洋、吉田鋼太郎 トリックシリーズ14年間の集大成!本当に最後です! [Story]海外の秘境でレアアースを採掘するため、...
トリック 劇場版ラストステージ (Break Time)
今日は、この冬一番の冷え込みで・・・
トリック -劇場版- ラストステージ (真・天文台)
監督:堤幸彦 脚本:蒔田光治
『トリック劇場版 ラストステージ』をトーホーシネマズ渋谷3で観て、有終の美だなあふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★こんなんで泣くのかと言われたら、そら泣くよと答える】    堤幸彦が監督だから、ダメだろうと言う憶測は当たっている。 今回だって、ダメに片足を突っ ...
【 トリック劇場版 ラストステージ 】でも もしかして?… (映画@見取り八段)
トリック劇場版 ラストステージ     監督: 堤幸彦    出演: 仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子、東山紀之、北村一輝、水原希子、中村育二、石丸謙二郎、池田鉄洋、吉田鋼太郎、岡田眞澄、大島蓉子、アベディン・モハメッド、瀬戸陽一朗、なすび、前原一輝...
トリック劇場版 ラストステージ (いやいやえん)
ついに見納め。まったりからマンネリへと移行しての最後の作品。 ネタが古くてよくわかんないというのもあるのですが、ゆる寒ギャグと内輪受け、ショボいピンチなどの相変わらずの感じ。個人的には無駄な「3D~!」が笑った。 事件自体はたいしたことがないです。...
トリック劇場版 ラストステージ (銀幕大帝α)
2013年 日本 112分 コメディ/ミステリー 劇場公開(2014/01/11) 監督: 堤幸彦 『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇』 主題歌: 鬼束ちひろ『月光』 出演: 仲間由紀恵:山田奈緒子 阿部寛:上田次郎 生瀬勝久:矢部謙三 東山紀之:加賀美慎...