映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

最高の花婿

2016年05月17日 | 洋画(16年)
 『最高の花婿』を恵比寿ガーデンシネマで見てきました。

(1)フランスで大ヒットした作品というので映画館に行ってきました。

 本作(注1)の舞台は、フランス西部のロワール地方で暮らすヴェルヌイユ家。
 父クロードクリスチャン・クラヴィエ)と母マリーシャンタル・ロビー)の3人の娘の結婚式がシノン市役所で次々と執り行われます。
 それも、長女イザベルフレデリック・ベル)はアラブ人のラシッドメディ・サドゥアン)と、次女オディルジュリア・ピアトン)はユダヤ人のダヴィッドアリ・アビタン)と、三女セゴレーヌエミリー・カーン)は、中国人のシャオフレデリック・チョウ)と、という具合に、いずれも異民族の男と結婚したのです。
 ヴェルヌイユ夫妻は敬虔なカトリックで、娘達には、市役所ではなく親しいカトリック教会で結婚式を上げて欲しいと願っていました。
 それで、結婚式の際に撮影される集合写真では、皆が笑顔を作っているにもかかわらず、どれも渋い顔の夫妻が写っています。



 実は、ヴェルヌイユ夫妻には、もう一人、四女のロールエロディー・フォンタン)がいるのです。ただロールは、カトリックの白人と教会で結婚式を挙げて欲しいと両親が強く願っていることを知っているので、プロポーズしてくれたシャルルヌーム・ディアワラ)が、カトリックではあるもののコートジボアール出身の黒人であることから、言い出せずに困っています。

 さあ、物語はどのように展開するのでしょうか、………?

 本作は、4人の娘が皆異民族の男と結婚してしまうという家族のテンヤワンヤを描いたフランス・コメディです。人種や宗教とか生活習慣の違いをあてこすったりして騒動が持ち上がるものの、コメディですから最後はみんな仲良くなってメデタシメデタシという具合。まさに、異民族が入り乱れるフランスならではの作品でしょうが、全体として随分と図式的であり、また、そんな厳しい状況に置かれていない日本から言うのも気が引けるとはいえ、現実はそんなに甘くはないのでは、とも思えるところです。

(2)確かに、面白い場面はふんだんにあります。
 例えば、次女のオディルの息子の割礼式があるというので、皆がパリの家に集まりますが(注2)、「ユダヤ教の場合生まれてすぐに割礼を行うのに対し、イスラム教では6歳の時に行うが、どちらがいいのか」などといったことについて議論が沸騰します(注3)。
 そして、庭に埋めて欲しいとダヴィッドから手渡された孫の包皮を、父クロードがシノンの家の庭に埋めようとしたところ、包皮の入った箱を落として包皮が飛び出してしまいます。なんと、飼い犬がそれを食べてしまうのですが、クロードは、代わりに傍にあったハムを庭に埋めて、「約束は果たした」と呟きます。

 また、クリスマスにヴェルヌイユ夫妻は、3組の夫婦とロールをシノンの家に招待します。
 その際には、一方で、キリストは神の子ではなく預言者にすぎないなどといった議論がかしましく飛び交いますが、他方で、母マリーは、3人の婿のために、コーシャの認定を受けた七面鳥と、ハラルに処理された七面鳥、それに北京ダックを用意したりします。

 でも、あまりにも物語が作り物過ぎていて、もっぱらクマネズミのコメディ精神の欠如に拠るとはいえ、どうにも白けてしまうのです。
 なるほど、アラブ人、ユダヤ人、中国人、アフリカ人、それにフランス人が、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教などを引っさげて集まることになれば、地球上のかなりの部分を代表することとなり、それで彼らの間にユーモアを通じて友好の輪が築かれるのであれば、もしかしたら地球上に平和がもたらされるのかもしれません。
 しかしながら、こうしたコメディ映画を見ると、かえってこれは映画の上の話だけであって、現実はもっとずっと厳しいのではないかと、逆にクマネズミには思えてしまうのです。

 なお、本作は、ヴェルヌイユ家の4人の娘の主体的な判断が生かされていて(結婚相手はそれぞれ自分で決めています)、一見したところ、女性上位の映画のような感じを受けます。とはいえ、実のところは、「ヴェルヌイユ夫妻+4人の娘」対「4人の異人種の婿たち」という構図のようにも見えます。そして、4人の娘にはあまり個性があるようには見えず(注4)、反対に、食事会などでの4人の婿たちの威勢の良さを見ると、結局、フランスの白人たちは、外からやってきた異人種らの勢いの前にたじたじの有様だ、というようにも本作を受け取れるところです。



(3)渡まち子氏は、「コメディならではのエキセントリックな会話が飛び交い、あえて腫れ物に思い切り触れるのは、シリアスな社会問題だからこそ、ユーモアのセンスが必要ということなのだろう。ここに日本人の婿がいたら、はたして…?!とつい考えてしまうのは私だけではないはずだ」として60点をつけています。
 林瑞江氏は、「世界は人種や宗教の違いの前で硬直し、悲劇を生み続ける。だが大事なのは人種差別をも笑える精神の自由ではないか。どうか「フランス映画は退屈」という「先入観」は捨てて、映画館で大笑いしてほしい」と述べています。
 遠山清一氏は、「移民の多いフランス。多様な言語、宗教、文化、政治思考がぶつかり合いながらも“笑い”飛ばして、いつのまにか和していく展開はフランスらしいエスプリを愉しめる」と述べています。



(注1)監督・脚本は、フィリップ・ドゥ・ショーヴロン
 原題は、『Qu’est-ce qu’on a fait au Bon Dieu ?』(直訳すると、「私たちがいったい神様に何をしたというの?(何も悪いことなんてしてないのに)」:英題は「SERIAL (BAD) WEDDINGS」)。邦題は、ヒットした『最強のふたり』にあやかったものでしょう。
 なお、フランス映画祭2015では「ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲」という邦題で上映されています(6月26日)。

(注2)食事会はシャオの家で行われ、母マリーが「この肉美味しいけど、固くて噛み切れない。何の肉なの?」と訊くと、シャオが「ダチョウ」と答えるので、目を白黒させます。

(注3)生後スグと6歳とではどちらが痛いのか、そもそも野蛮なことではないのか、などなどについて喧々諤々の議論となります。

(注4)ただし、三女のセゴレーヌは、大層変わった絵を描く画家として描かれていますが。と言っても、ストーリーの展開にそのことが生かされていないように思います。



★★☆☆☆☆



象のロケット:最高の花婿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太陽 | トップ | 64 ロクヨン 前編 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2016-09-11 22:17:27
お互いの差について、絶縁しなければならないほどの絶望みたいなケースが出てこないので、みんながジャレてるように見えてしまう、というのはあるのですが、まあ、可愛らしいコメディーだなと思って見ればいいや、という事でそういう見方しかしませんでした。
Unknown (クマネズミ)
2016-09-12 20:46:57
「ふじき78」さん、コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、あまり目くじらを立てずに、「可愛らしいコメディーだなと思って見ればいい」わけながら、本文の(3)で触れましたように、映画評論家諸氏が、「大事なのは人種差別をも笑える精神の自由ではないか」などと大仰に言い立てているのを見て、ちょっと反発してみたくなった次第です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
最高の花婿 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
QU'EST-CE QU'ON A FAIT AU BON DIEU [DVD]フランス・ロワーヌ地方に暮らす敬虔なカトリック教徒のクロードとロビーのヴェルヌイユ夫妻には4人の娘がいた。3人の娘は、それぞれユダヤ人、アラ ...
『最高の花婿』『さざなみ』をギンレイホールで観て、おフランスとエゲレスだふじき★...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
おフランスとエゲレス映画二本立て。 ◆『最高の花婿』 五つ星評価で【★★★単純に凄く小さい話を欲張らずサラっと出してるのが気持ちいい】 四人姉妹を持つフランス人夫婦。 ......
最高の花婿 ★★★ (パピとママ映画のblog)
ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲(フランス映画祭2015)2016年3月19日公開 4人の娘たちの結婚相手は、みんな外国人!?こんなありえない家族に、果たして平和は訪れるの? 2014年のフランス......
最高の花婿 / Qu'est-ce qu'on a fait au Bon Dieu? (勝手に映画評)
フランス国民の5人に1人は見たと言われる2013年の作品。 基本的にコメディタッチなので深刻な雰囲気はしませんが、2015年11月13日のパリ同時多発テロや2016年3月22日のブリュッセル同時......