映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

寄生獣

2014年12月15日 | 邦画(14年)
 『寄生獣』を吉祥寺オデヲンで見ました。

(1)2部作の前半に過ぎないということで躊躇しましたが、まずは見てみようと思って映画館に行ってきました。

 本作(注1)の主人公・新一染谷将太)は、母親(余貴美子)の女手一つで育てられてきた高校生。
 ある日、彼の右手に寄生獣が入り込んでしまい、以来、新一とその寄生獣・ミギー(声:阿部サダヲ)とは共存関係に。



 新一に親しみを感じている同学年の村野里美橋本愛)は、そうした状況は知らないながらも、最近の彼がどこかオカシイと感じるようになります。



 そんなところに、新しく村野のクラスの担任として赴任してきた田宮良子深津絵里)に寄生獣が取り付いていることがわかり、新一は田宮と対決します。



 田宮は、新一とミギーとの関係に興味を示すも、田宮が連れてきた警官Aと男(池内万作東出昌大)は、いずれも寄生獣が取り付いていて、新一たちに敵意をいだき、現に攻撃してきます。
 ここを起点に、新一(そしてミギー)は寄生獣たちとの戦いに入っていくのですが、さてどんな展開になるのでしょうか………?

 本作は、主人公・新一と、その右手に棲みついた寄生獣・ミギーを巡るお話の前半部分。新一を演じる染谷将太がその持ち味を十分に発揮しており、またヒロインの橋本愛や深津絵里、それに今売り出し中の東出昌大なども活躍し、なかなか面白い仕上がりを見せています。次作の後半部分では、どんなに話が拡大してクライマックスになるのか、十分期待させます(注2)。

(2)とはいえ、映画の冒頭では、虫状の寄生獣が深海で育ち(注3)、ガントリークレーンが設置されている港湾の岸壁から這い上がってコンテナの中に入り込み、トラックに乗って街に行き、寝ている人間の耳の中に侵入するという経過をたどりますが、実際にはその寄生獣は大変な能力を持った知性体であり(注4)、また仲間同士緊密な連携をとっているようなのです。
 イルカが優れた知性を持っていると言われていますから、知性のことはさておくとしても、寄生獣は深海生物ということからエラ呼吸をしているに違いありません。そうなると、寄生獣は地上でどうやって呼吸をするのでしょうか?
 また、深海ではプランクトンを食べていたと思われますが、それが地上に出るとどうして人間を捕食するようになるのでしょうか(注5)?
 そもそも、なぜこの時期に来襲することになるのでしょうか?
 ここは、原作のように、宇宙から異星人が地球に突如侵入するとする方が受け入れやすいのでは、と思いました(注6)。

 上記とも関連するかもしれませんが、本作は、特殊日本での出来事になっています。
 『インターステラー』でも感じたことながら、映画製作国限定の話とするのであれば、それなりの説明があってもいいのかなと思いました(注7)。

 なお、原作との違いで言えば、本作の新一はシングルマザーに育てられていますが、原作では父親も存在するのです(注8)。
 といっても、原作を刈りこんで映画化するにあたって、これは適切なやり方ではないかと思います。

(3)本作については、下記の(4)で触れる前田有一氏が、「失敗作に終わった」として25点と極めて低い評点を付けています。
 その理由として挙げるのは、次の点。
a.「キャスティングの違和感」。
b.「この物語をお気楽なバディムービーにしてしまったこと」。
c.「読者として、(監督が)作品の胆を理解されていない悲しさを感じる」こと。

 ですが、本作の面白さに堪能したクマネズミとしては、とても前田氏の見解を受け入れるわけには行きません。

 最初のaについて、前田氏は、「具体的には染谷将太、橋本愛、阿部サダヲの3主要人物ともにまずい」と述べています。
 特に橋本愛につき、「気弱な同級生の主人公に恋をする母性豊かなヒロインにはまったく見えないところが痛い。むしろスマホでぎゃるるでもやっていそうな正反対のルックスであり、いかに人気者とはいえ村野里美役には適さないというのは万人の認めるところであろう」と誠に手厳しい書きぶりです。
 しかしながら、「「人間らしさ」と母性の関係性というものが、重要な物語の要素となっている」と前田氏が麗々しく記している点は、本作を見れば誰でもがすぐに分かる事柄に過ぎないにせよ、だからといって、どの登場人物もその「要素」を持っていなければならないということにはなりません。
 本作では、上で記したように、原作にある父親を描き出さないようにしてまで母親の存在を強調しているのですから、その上さらに村野を「母性豊かなヒロイン」などとしてしまったら、観客の方で食傷してしまうことでしょう!
 ここは「スマホでぎゃるるでもやっていそうな正反対のルックス」の橋本愛で結構であり、クマネズミは、前田氏のように、次作の完結編における彼女が「少年漫画きってのエロさ」をどう演じるか「大きな期待を持って見守っていく」ようなことはしないつもりです(注9)。

 次のbについて、前田氏は、「ひらたくいうと、新一にとってのミギーが、ちょっぴり変わったお友達、になってしまっている」と述べています。
 この点は、原作をどう読むかという点に関わることであって、前田氏のように、「ごく平凡な新一は人間らしさの象徴で、一方寄生生物であるミギーは冷酷な自然界の摂理そのもの」であり、「互いの価値観はなかなか相容れない、理解しあえない関係であるがゆえに、サバイバルの場ではきわめて強力な補完関係となっている」と読み取ることも可能でしょうが、また山崎貴監督のように、「僕は原作を読んだ時から可愛いイメージでした」と言うことも十分に可能でしょう(注10)。
 この点についてもクマネズミは、他の人間の脳に入り込んだ沢山の寄生獣が「冷酷な自然界の摂理そのもの」を体現し、人間とは「理解しあえない関係」となっているのですから、ミギーにまで同じような行動をさせたら、作品がひどく単調なものになってしまうと思って、本作における新一とミギーの関係を肯定するものです。

 それに、一方のミギーは新一の脳内に入り込むのに失敗したという中途半端な状況にあり、他方の新一も、ミギーの体の一部が体内に残ってしまったために(注11)、身体も精神も変質しているわけで、両者が「理解しあえ」るのもそんなにおかしくないと思います。

 この点に関連して、前田氏は、「新一ばかりがどんどん強く成長していき、あっというまに新一>ミギーになってしまう」と述べています。
 ですが、劇場用パンフレット掲載の「コメント」で、脚本の古沢良太氏は、「前編は、いわば新一の物語。普通の少年がパラサイト(寄生獣)と出会って変貌してゆく話です。個人的には、パラサイトと混じったこと以上に、極限の経験と悲しみを経た「狂気」と「覚悟」が彼を変えていったのだと考えています」と述べていて、そのようにストーリーが展開することによって、この前半部分はそれ自体がまとまりのある一つの作品として受け止めることができるように思われます(注12)。

 最後のcは、上記のaとbとを含んだ全体評というべき点でしょうが、ここには、映画はその原作と原則的に同一でなければならない、という前田氏の基本姿勢が伺えます。
 ですが、クマネズミは、これまでも繰り返し申し上げていますように、映画作品とその原作とは別物ではないかと考えており、こうした前田氏の姿勢には基本的に疑問を感じます。

(4)渡まち子氏は、「人間とは何者か、人類と他者との共存は可能か、などの哲学的テーマは完結編に持ち越されたが、そこに母性をからめてどのように描いていくのかが非常に気になる。完結編に大いに期待したいところだ」として70点を付けています。
 これに反して前田有一氏は、「岩明均の原作コミックを実写映画化した「寄生獣」はこの秋一番の大作として期待される話題作。だからこそ大ヒット請負人の山崎貴監督で挑んだわけだが、残念ながら失敗作に終わった」として25点しか付けていません。
 相木悟氏は、「賛否両論うず巻く人気漫画の映画化市場に、屈指のクオリティを誇る一本の登場である」と述べています。



(注1)本作の原作は、岩明均氏の漫画『寄生獣』(講談社文庫:1と2以外は未読)。
 監督は、『永遠の0』の山崎貴。

(注2)俳優陣について、最近では、染谷将太は『TOKYO TRIBE』、深津絵里は『踊る大捜査線 The Final―新たなる希望』、阿部サダヲは『謝罪の王様』、橋本愛は『渇き。』、東出昌大は『0.5ミリ』、余貴美子は『武士の献立』で、それぞれ見ました。

(注3)劇場用パンフレット掲載の監督インタビューにおいて、山崎監督は、「空からのシーンをそのまま映画で描写すると異星人と誤解されそうだと思ったんです。でも、地球から送り込まれたのかも?というコンセプトが面白かったので、それをより確実に表現するために深海生物をイメージのベースにしました」と述べています(どうして「異星人」と誤解されてはいけないのか、クマネズミにはよくわかりませんが)。

(注4)寄生獣は、様々なものに変身できる能力とか、ものすごい攻撃能力などを持っていますが、それらの能力は、深海においてどのように活用されているのでしょうか?
 そもそも、深海においてはどんなものに寄生しているのでしょうか?
 深海にいた時は使わなかったというのであれば、そうした能力は退化してしまうのではないでしょうか?

(注5)ミギーは、新一が食べるもので満足していますから、寄生獣にとって人間の捕食は必ずしも必要ではなさそうです(田宮良子の寄生獣も、人間と同じ食べ物を食べていると言っています)。
 そもそも、人間を食べてばかりいたら栄養に偏りが生じてしまい、寄生獣も宿主の人間もすぐに病気になってしまうのではないでしょうか?

(注6)原作漫画の冒頭(文庫版1のP.11)では、空から「テニスボールくらい」のものがいくつも降ってきて、それが「パクン」と割れて、中から寄生獣が這い出てきます。
 また、新一はミギーに対し「宇宙人め」と言ったりします(文庫版1のP.59)。

(注7)原作漫画では、例えば「ひき肉(ミンチ)殺人―そう呼ばせるほどずたずたに引き裂かれた肢体が“世界各地”でいくつも発見されていた」(文庫版1のP.90)というように、一応、地球規模の出来事の一つとして物語が描かれています。

(注8)劇場用パンフレット掲載の監督インタビューにおいて、山崎監督は、「裏テーマに“母親とは何か”というものもあったので、その部分を強調するためにもそういう設定(新一の父親は出さない)に変えることにしました」と述べています。

(注9)むろん、前田氏の述べているようなことが次作において見ることができるのであれば、それはそれで嬉しい限りとはいえ、そうでなくとも何の問題もないと思っています。

(注10)劇場用パンフレット掲載の監督インタビューから。
 なお、同パンフレット掲載の「コメント」で、脚本の古沢良太氏は、「ミギーはコメディキャラでもあ」り、「恐ろしいのにカワイイ、冷酷なのに可笑しい、というのがミギーの魅力ではないでしょうか」と述べています。
 それに、原作においても、例えば、喫茶店で新一が村野とデートした時、彼女が「生き物は好きだよ、ヘビはダメだけど」と言うと、右手のミギーはペニスに変身して、新一が驚き慌てることになる場面(文庫版1のP.62)が描かれたりしており、決して「理解しあえない関係」というような杓子定規なものとなっていないように思います。

(注11)寄生獣に殺された新一を蘇生させようとミギーが新一の体内に入り込んだために。

(注12)また、前田氏は、「彼が初めて戦闘参加することになる展開も早すぎていけない。そんなに簡単に、平和国家日本のヘタレ少年が、人間を殺せるわけがない。殺そうと決意できるはずがない」と述べていますが、それは今の青少年をあまりにも見くびった一方的な見解ではないか、と思います。
 前田氏によれば、「その時点での二人の関係性は圧倒的にミギー>新一」であるべきなのでしょうが、別に「新一=ミギーの関係性」だからといって、新一が人間を殺せないわけではないいのではないでしょうか?
 それに、新一が、警官のAと対峙するに際しては、その前に中華料理店の「万福」において、ミギーが寄生獣と戦うのを経験しているのですから、前田氏が「彼が初めて戦闘参加することになる展開も早すぎていけない」と言うのも当たっていないように思います。
 また、原作漫画においても、ごく最初のほうで、ミギーは「これからはお互い協力しあい生きることだ/それ以外に道はない」と(文庫版1のP.51)、本作同様に「新一=ミギーの関係性」がほのめかされているのです〔文庫版の2になると、新一は「おれはもう……ミギーのこと、敵だなんて思ってないよ」と言い出します(P.144)〕。



★★★★☆☆



象のロケット:寄生獣

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニューヨークの巴里夫(パリジャ... | トップ | フューリー »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-12-27 23:12:48
私は割と前田氏寄りですね。

橋本愛はどうでもいい。染谷将太は上手さを認めながらも原作のイメージと違う部分で戸惑ってしまった。ミギーはお茶目感が出すぎてると思う。ミギーは新一と戦友になりながらも、一部受け入れがたい別種としての倫理を常に冷酷に突きつけてくる点が魅力なのだと思う。獅子身中の虫みたいな微妙なバランス関係は是非、書いてほしかった。

作品の肝は次回まで待ってもいいかな。
Unknown (クマネズミ)
2014-12-29 06:35:12
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おそらく、原作を読んで原作に対する思い入れが沢山ある人と、そうではない人とがこの映画を見ると、それぞれ抱く見解が違ってくるのかもしれませんね。
あとから原作を読むと、監督と脚本家はなかなかうまく原作を脚色しているな、と思いました。
寄生虫 (iina)
2015-05-04 08:40:57
テレビに放送された「寄生獣」を見ましたが、奇抜な着想をSFXを使って映像化してました。
完結編も面白そうですね。

「今、寄生虫」 は、ホントは「今、帰省中」とした積りが誤変換でしたが、他にも次のような誤変換もあります。(^^ゞ
「取引先に行ってきます」 と 送ったつもりが 【鳥引き裂きに行ってきます】 と誤変換 。

Unknown (クマネズミ)
2015-05-04 20:37:44
「iina」さん、コメントをありがとうございます。
クマネズミは、誤変換をしながら気が付かないでそのままにしておくことがしょっちゅうです。今も、「ご返還」をそのままにしようとしてしまいました!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
寄生獣/文句なし!見事な実写映画化 (MOVIE BOYS)
映像化不可能と言われていた岩明均の同名人気漫画を、『永遠の0』などのVFXの名人・山崎貴監督が実写映画化。人間の脳をのっとり寄生し、人間を食べて生きる寄生獣と、その寄生獣が右手に寄生してしまった高校生の戦いを描いたSFドラマだ。主演は『ヒミズ』の染谷将太、共...
映画「寄生獣」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『寄生獣』 (公式)を先日、試写会にて鑑賞。なお、原作も関連書籍は未読、テレビアニメも未見。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー ある晩、海辺に“パラサイト”と言う小さな...
寄生獣 (Akira's VOICE)
面白いが、性急で勿体ない。  
寄生獣~ミギーってスマホ? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。岩明均原作、山崎貴監督。染谷将太、深津絵里、橋本愛、東出昌大、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信、大森南朋、池内万作、豊原功補、オクイ シュージ、山中崇、 ...
寄生獣/染谷将太、深津絵里 (カノンな日々)
岩明均さんによる同名人気コミックを『永遠の0』の山崎貴監督が実写映画化した2部作構成のSFアクション・ムービーです。作品の存在というかこのタイトルだけは知ってましたがどんな ...
『寄生獣』 (2014) (相木悟の映画評)
ついに登場、日本産ホラー・エンターテインメント、前編! 賛否両論うず巻く人気漫画の映画化市場に、屈指のクオリティを誇る一本の登場である。 本作は、『月刊アフターヌーン』他で88~95年にかけて連載された伝説の同名漫画の映画化企画、2部作の第1部だ。原....
「寄生獣」:完結篇を早く観たい (大江戸時夫の東京温度)
映画『寄生獣』を試写会で観ました。これ、なんと前後編のうちの前編なんですよね。そ
寄生獣 (あーうぃ だにぇっと)
寄生獣@有楽町朝日ホール
『寄生獣』 2014年11月19日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『寄生獣』 を試写会で鑑賞しました。 完結編は来年の4月公開 今から待ちどうしい 【ストーリー】  海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新...
No.461 寄生獣 (気ままな映画生活)
謎の寄生生物と共生することになった高校生・泉新一の数奇な運命を描いた岩明均の伝説的人気コミック「寄生獣」実写映画化した2部作の前編。ある日、人間の脳を乗っ取って肉体を操 ...
映画『寄生獣』★〇〇的に何かと暗示的な流血パニック(>_<) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164017/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   あらすじ→ ウィキ (映画は少し異なる)     今回は“前篇“で、完結編に続きます。     ...
寄生獣 (花ごよみ)
岩明均のコミックを 山崎貴監督が実写映画化。 2部作の前編です。 試写会で見ました。 主演は染谷将太。 深津絵里、橋本愛、東出昌大らが共演。 人間の脳を乗っ取り寄生し、 宿主に擬態。 そして他の人間を食う生物パラサイト。 脳を奪うことに失敗したその中の1匹の...
『寄生獣』の感想です (ぶるこのひとこと映画感想記)
予告編や出演者情報を見て、もしかしてスクールパニック映画で終わり?と思ったのです
寄生獣 (2014) 109分 (極私的映画論+α)
 まさかまさかの十三大橋&阪急電車(笑)
『寄生獣』 (こねたみっくす)
一心同体なのに二人三脚。 あの伝説のコミック「寄生獣」がついに映画化された!ニューライン・シネマでも映画化出来なかった作品を山崎貴監督がついに実写化した!もうこの興奮 ...
寄生獣 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(F) 染谷くんは映画の中で毎回逞しく成長していく。
[映画] 寄生獣 (12時間Blog)
実写版「寄生獣」を川崎109シネマズにて観て来ました 今回は山崎貴監督作品恒例の、英文字タイトルにはなっていないんですな……以前にどこかで、「寄生獣-parasite-」的なタイトル表記を見た気がしたんですが、気のせいだったかな(^0^;) 東京国際映画祭で先行公開され...
寄生獣 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
パラサイトと共生する高校生の戦いの日々を描く「寄生獣」。哲学的テーマの掘り下げは完結編を待とう。謎の寄生生物・パラサイト。彼らは人間の脳を乗っ取って肉体を操っていた。 ...
寄生獣  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  染谷 将太  深津 絵里  阿部サダヲ(ミギー:声)  橋本 愛 【ストーリー】 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一に寄生す....
あの傑作漫画の映画化 『寄生獣』 母なる大地と母性と (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 あの傑作漫画『寄生獣』の映画化作品。  監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズや『永遠の0』などで、そのVFXには定評のある山崎貴。  公開は11月29日から。今回は試写会にて鑑賞。  作品名だけで観に行ったもので、詳細は知らなかったのだが、主催者からの...
寄生獣 前編 (単館系)
寄生獣 ユナイテッド・シネマ浦和 11/29公開 海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に 擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。 そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一(染谷将太)に寄生するが、脳を乗っ取ることが ...
「寄生獣」☆漫画実写化の成功例 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
漫画原作を実写化すると、「まあまあ」とかは存在せず、「超いい♪!」か「駄作」のどちらかになってしまうのが常。 この映画は、その中でも歴史に残るよい出来栄えなんじゃないかな。
「寄生獣」人間と融合した先で知った人間感情と誰かを守るための防衛本能と共存できると知ったパラサイト同士の弱肉強食の戦い (オールマイティにコメンテート)
「寄生獣」は岩明均原作の寄生獣を映画化した作品でパラサイトが人間の脳を乗っ取り人を食う事件が頻発し、その中で脳を乗っ取られず右手にパラサイトが寄生した青年がパラサイト ...
寄生獣 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 人が未開の生物に乗っ取られ人を食べる凶
『 寄生獣 』 PART1 悪魔は誰だ (映画@見取り八段)
寄生獣     監督: 山崎貴    キャスト: 染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、岩井秀人、山中崇、オクイシュージ、池内万作、豊原功補、大森南朋、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信 公開: 2014年11月29日 2014年12月3日。劇場観賞 あれ...
劇場鑑賞「寄生獣」 (日々“是”精進! ver.F)
この種を、食い殺せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411290001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】キネマ旬報 2014年 12/1号 [雑誌]価格:918円(税込、送料込) 【寄生獣 ミギーのぬいぐるみマスコット ...
寄生獣 (Break Time)
今朝は、朝から雨模様で・・・
寄生獣 (映画好きパパの鑑賞日記)
 岩明均の90年代の人気漫画を実写映画化。山崎貴監督らしく手堅く仕上げており、ホラー系が好きな人だったら見て損はしないかと思います。ただ、人を食べる生物の話なので、グロが苦手な人はご注意を。  作品情報 2014年日本映画 監督:山崎貴 出演:染谷将太、深津...
『寄生獣』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「寄生獣」□監督 山崎 貴□脚本 古沢良太、山崎 貴□原作 岩明 均□キャスト 染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本 愛、東出昌大 ■鑑賞日 11月29日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆...
「寄生獣」、右手を寄生獣に占拠された高校生の大奮闘 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ SF青春映画&漫画好き ☆☆☆☆ 謎の寄生生物と共生することになった高校生・泉新一の数奇な運命を描いた岩明均の伝説的人気コミック「寄生獣」の映画化。(連載終結から20年が経つ、一時はアメリカに映画化権があった) 寄生生物(パラサイト...
寄生獣 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。人体に寄生しながらほかの人間を食らう生物パラサイトたちを相手に、そのうちの1匹を右手に宿した高校生が壮絶な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは、『永遠の0』などの山崎貴。主演...
「寄生獣」 (ゆっくり歩こ。)
待ってました! 山崎監督、VFXたくさん! 染谷将太主演 予告でいろんなシーンを観てしまったせいで新鮮味には欠ける部分もありましたが ミギーが笑えて面白かった  ペットみたいな動きで可愛い気もしてくる 寄生された田宮良子  ものすごーーく冷静で恐ろ...
寄生獣、ネタバレなし (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人間の数が100分の1になっても、戦争や犯罪はなくならないと思う。なぜかというと、歴史がその証拠なのだ。2000千年前から人類は全然変わっていない。人間の脳に寄生して人間だけを食べるパラサイトに、対抗する高校生が戦いを挑む。ユーモアもありアクションもあり、スリ...
寄生獣 (そーれりぽーと)
劇場予告編が、あまりに原作漫画と完全に同じカットの連続で、期待が膨らんでいた『寄生獣』を公開日の朝イチで観てきました。 ★★★★ 何度も原作を読んでいる程大好きな漫画の映画化だけど、上映時間の問題を考慮した上で、ファン目線で真正面から受け止めて観ても、...
映画『寄生獣』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
特に映画館で鑑賞するほどでも ないかなとも、思っていましたが 染谷くん出演作を見続けてる事と 『ゴーン・ガール』とハシゴ
寄生獣 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】山崎貴 【出演】染谷将太/深津絵里/阿部サダヲ/橋本愛/東出昌大/北村一輝/國村隼/余貴美子/浅野忠信 【公開日】2014年11月29日 【製作】日本 【ストーリー】 普通の高校生・泉新一は、未知の生物に右手を食われた。地球の生態系に突然現れたこの生物は...
寄生獣 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:山崎貴 出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、池内万作、オクイシュージ、山中崇、大森南朋、余貴美子、豊原功補、北村一輝、國村隼、浅野忠信 【解説】 1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。....
No.461 寄生獣 (気ままな映画生活)
謎の寄生生物と共生することになった高校生・泉新一の数奇な運命を描いた岩明均の伝説的人気コミック「寄生獣」実写映画化した2部作の前編。ある日、人間の脳を乗っ取って肉体を操 ...
寄生獣 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/11/29公開 日本 PG12 109分監督:山崎貴出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、 豊原功補、大森南朋、北村一輝、余貴美子、國村隼、浅野忠信 日常は、ある日とつぜん、食べられた。 岩明均原作の人気コミックを映画化したSFサスペンス。人間....
ミギーに会いに行ったのさ。ヽ(*´∀`)ノ~「寄生獣」~ (ペパーミントの魔術師)
ぶっちゃけキモい、エグい、はさっぱりわやなんですけども バイハとドラキュラだけは見るというひとが どーにかこーにかこれ見れたのは多分 ミギーのおかげ。(爆) ほとんどモンスターズインク。(;´∀`) 予告でも相当笑わせてくれたけど、主人公と会話してるシー...
寄生獣 (だらだら無気力ブログ!)
これ、二部作だったのか!?
寄生獣 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。謎の生物「パラサイト」が突如出現。人間に寄生し脳を乗っ取り社会に溶け込みます。その内の1匹が高校生の新一に寄生しようとするが失敗し、仕方なく右手に寄生。ミギーとして新一と共存することになり・・・。原作は読んだことないんですが面白かった...
「寄生獣」 対照的な二人 (はらやんの映画徒然草)
前日に「神さまの言うとおり」を観てしまったため、ちょっと既視感があったなあ。 最
■寄生獣 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第365回「ある一定のクオリティを維持することには成功したが・・・」 12月に入ってすぐに体調を崩してしまい、ブログを更新することができない状態でした。風邪をひくと治りが遅いのは、それだけ年を取ったということでしょうか?そんな状況に陥る前に鑑賞済みだっ....
ショートレビュー「寄生獣・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
慎ましく、喰い尽せ。 人間の脳を乗っ取り、捕食する謎の寄生生物が出現した世界で、ひょんな事から右腕だけを乗っ取られてしまった高校生を描くSFサスペンス。 90年代のアフタヌーン系を代表する、岩明均の傑作漫画、初の実写映画化である。 元々人気も高く、映像化...
寄生獣 (とりあえず、コメントです)
岩明均著の人気コミックを山崎貴監督が映画化したSFです。 原作は未読のままチャレンジしてみました。 突然に人間が寄生されていく展開にビックリしながらも、人間の存在って怖いなと感じるような物語でした。
『寄生獣』を109シネマズ木場3で観て、咀嚼しきれない感ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★殊更に悪い訳ではないのだが、何か一つマンガのように親身になれない】    なんでっすかねー、と答が出てないのだが、 普通に考えて上出来に近い筈なんだ ...
『寄生獣』('14初鑑賞81・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 11月29日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 14:00の回を鑑賞。
寄生獣 (銀幕大帝α)
2014年 日本 109分 ホラー/SF/ドラマ PG12 劇場公開(2014/11/29) 監督: 山崎貴 『STAND BY ME ドラえもん』 原作: 岩明均 脚本: 山崎貴 主題歌: BUMP OF CHICKEN『パレード』 VFX: 山崎貴 出演: 染谷将太:泉新一 深津絵里:田宮良子 阿部サダヲ...
寄生獣 (本と映画、ときどき日常)
監督 山崎貴 出演 染谷将太     橋本愛     深津絵里 寄生獣(パラサイド)が人の脳に入り込み侵略。 そんな中、右腕だけに寄生した寄生獣。 人間との共存…。 半寄生獣と寄生獣の戦い。 半人間と寄生獣の戦い。 人気コミックの実写版映画化。 ストー...
映画「寄生獣」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/12/31、109シネマズ木場。 年末の休暇を利用して怒涛の4連発でやっと最低ノルマの年間50本に到達しました。 またもスクリーン5。F列を選択。 観客のほぼ全員が成人男性でした。 **    染谷将太、橋本愛、余貴美子、国村隼、東出昌大、深津絵里...
今、寄生虫なんだ  (もののはじめblog)
           【今、帰省中なんだ】 と 送ったつもりが誤変換 。  只今、「寄生獣」公開中
寄生獣 (いやいやえん)
【概略】 普通の高校生・泉新一は人間を捕食する新種の寄生生物(パラサイト)に突如襲われた。新一の脳を奪うことに失敗したパラサイトは、右手に寄生してしまい…。 SF 原作は言わずと知れた漫画界の傑作。私も持ってて集めてましたもん。深いメッセージ性と心理...