HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

SEIBU廃部決定

2009年03月31日 23時22分08秒 | アイスホッケー
イタリアでのU18アイスホッケー代表は、オーストリア・ラトビア相手に2連敗と苦戦のスタートとなりましたが

国内では、ついにSEIBUの廃部が決定してしましました
ギリギリまでチーム毎受入れてくれる企業を探していたそうですが、このご時世、やはり無理な注文だったですね。

25人の部員中、契約選手 (プロ) は13人ですが、社員選手・契約選手に限らずこれからの行き先が気になります。

ただ受け入れ先も、アジアリーグに参加してるチームで経営がきちんとしてる (であろう) のは、
王子製紙イーグルスと日本製紙クレインズの2つのみ。クラブチームの日光アイスバックスはSEIBUの選手を雇う余裕は無いでしょうし、発足したばかりの東北フリーブレイズ (ゼビオ) も正式にアジアリーグ加盟を承認されて居りません。
ただでさえ日本では認知度が低いアイスホッケー。国内のトップチームが僅か4チームしかないこの“マイナースポーツ”
の将来を思うとき、暗澹たる思いは隠せませんが、関係者は選手の将来に向かって、
可能な限りの支援を惜しまないようお願いしたいです。

甘いと言われそうですが、SEIBUの選手が、日光アイスバックスとゼビオに均等に分かれて、クレインズ・イーグルスと共に、
戦力に差の無い4チームが戦えば、もっと盛り上がると思いますが・・・夢ですかね?

メディアもSEIBUが廃部と言う時だけ、取り上げないで、普段から中継して下さいよ!こんな面白いスポーツは無いよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民主党のウルトラC

2009年03月30日 21時15分42秒 | 政治・時事問題
千葉県知事選では、あの森田健作が勝っちゃいましたね。ああいう乱立選挙になると、知名度が物を言います。
まあ大阪の橋下知事のように、政治的態度がしっかりしていない森田ですから、どこまで千葉県民の支持が集まるかは疑問です。

彼は最初の国政選挙では、連合や民社党・社会党(いずれも当時)や社民党の推薦で参議院に初当選したように、
政治姿勢が一貫してないですね。

白石真澄さん(前関西大学教授)も全く伸びませんでした。関西大の前には、東洋大学の経済学部で教鞭を取り、
年金問題などに詳しい事から、メディアへの露出も多くもう少し善戦するかな?と予想してましたが、千葉ではよそ者扱いでしたかね?

森田健作も確か埼玉出身ですが、白石さんは根っからの関西人ですから・・・。

民主党推薦の候補も完敗でしたね。いくら知事選とは言え、小沢問題が影響しなかったとは言えないでしょう。
相変わらず小沢は辞任の意思はないようですし、鳩山幹事長も小沢が辞める時は、執行部の連帯責任だなんて言ってますが、
小沢の個人的な問題で一蓮托生は勘弁して下さい。

麻生内閣は、この小沢問題をきっかけに、一挙に反転攻勢をかけて、小沢民主党の支持率が落ちたのを見計らって解散に打って出るかも知れませんね。

麻生の手で解散すれば、自民は選挙の顔は麻生に成らざるを得ませんから、
民主党はそれと同時に小沢が辞任表明し、岡田を新代表に立てて戦う!

こんなウルトラCを考えて見ましたが、いかがでしょうか?


これでも民主党だけで単独過半数はかなり厳しいでしょうね。社民党や国民新党と連立しても、基本政策が違いすぎるので、長続きはしないのは明らかなので、どうしたら良い物でしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バーレーン戦 勝つには勝ったけど・・・。

2009年03月29日 20時02分22秒 | その他のスポーツ
Wカップ アジア最終予選 対バーレーン戦 1-0で日本が勝ち、南アフリカへの切符を80%位手中にしましたが、中身は厳しいな。

相手に決定的なシュートチャンスを与えない守備と、パス廻し・戦術は日本がかなり上でしたが、
課題の得点力(特にFW)はまだまだ満足出来るものではありません。
日本人は、相手が東アジアの国以外なら、平均身長では間違いなく劣ります。それでも日本人としても小柄な大久保や田中達を、FWの位置で使わねばならない所が、今のJAPANの現状ですね。

Jリーグでの順位を気にする余り、チームの中心FWを外国人に頼って居る限り、この問題は解決しませんね。
ペナルティエリアの中に入って、ゴールが見えているのにシュートを打とうとしないFWは不要ですよ。
言い尽くされた言葉ですが、打たないと点は入りません!

中村俊輔のフリーキックだって、ゴールに向かって打ったから、あのような点が入ったのです。

目標はWカップに出場する事では無く、Wカップで勝つ事ですから、選手も監督もそこんとこ宜しくね!

筆者は野球も嫌いではありませんが、やはりサッカー党です。このままでは、WBC優勝で復権を果したBASEBALLを抜く事は出来ません。
アウェイのオーストラリア戦が見ものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定額給付金の申請書届く

2009年03月27日 20時38分11秒 | その他
一昨日、我が町の役所から定額給付金の申請書が届きました。経済的に逼迫してる我が家は、
直ぐに必要事項を書きこみ、返信用封筒を投函しましたよ。

捺印して、振込先の口座番号を記入すれば、それで済むと思ったら、フリガナを振ってある通帳かキャッシュカードの写しも貼り付けなければならないとの事。
近隣町村もだいたい同様の方式らしいです。

記入間違いや成りすましを防ぐ為だと思いますが、高齢者だけの世帯などには解り難い様式だと感じました。

使い道は先日ブログでも書きましたが、まだ思案中です。書籍に4000円、大学の校友会神奈川支部が、箱根駅伝初優勝を記念して、帽子とTシャツを作成するとの事なので、それは是非購入したいです。

本来なら大学当局か校友会本部の仕事だと思いますが、 そこら辺がまだまだですね・・・

また先日のブログで、アイスホッケーの大会も殆ど終了と書きましたが、U18代表が
3月29日からイタリアで、フル代表の世界選手権がリトアニアでありますね。
フル代表のクレインズとSEIBUの選手は、ついこの間までアジアリーグのファイナルを戦ったばかりですが、シーズン最後を上手く〆て欲しいものです。

でもって、4月の上旬になると、もう関東大学選手権が始まっちゃいます。

噂では実力毎のグループ分けが今年から変更になると言われて居ますが、
主催者の東京都アイスホッケー連盟は詳細を発表してるのかな?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニュースあれこれ

2009年03月25日 22時37分19秒 | 政治・時事問題
TVのニュースは、どこのチャンネルを回しても一にWBCの日本チーム帰国、二に民主党の小沢代表の続投表明
ですね。
他にニュースは無いのかい?と言いたくなります。

WBCは日本と韓国との決勝で、アジアの野球のレベルの高さを見せ付けました。
アメリカや中米の国に比べて、パワーでは劣るものの、投手力・集中力・緻密さでは、日韓両国の方が上でしたね。
MVPは投手なら岩隈、野手なら青木ですよ。松坂の受賞は相手がアメリカだったから?
それにしても、私の記憶では、この大会は読売新聞社が絡んでいたはずですが、TV局の放送は、アジアラウンドがTV朝日、アメリカに行ってからはTBSでした。 読売ー日テレはこの大会がここまで盛り上がる事を予想出来なかったでしょうかね
それ程野球が大好きと言えない私は勿論、普段は野球などには興味を示さない妻も、結果は気になるようでした。
さすがに実質的な日本の国技は、野球と認めざるを得ません。

さて民主党の小沢代表ですが、秘書が起訴されても辞める素振りを見せませんね。
レンホーさんや元HNKの小宮山さんが、辞任を促してますが、続投の意思は固いようです。
昨日の記者会見では、目頭を押えるなどして、しおらしい?一面を見せましたが、辞めるにしろ辞めないにしろ、
イメージダウンは避けられませんね

千載一遇の政権交代のチャンスだったのですが、検察のファインプレー???にしてやられました。今からでも遅くないから岡田辺りに代表の座を譲って、総選挙に臨んだ方が良いと思うよ。

“定額給付金”を配り終われば自分の支持率は、飛躍的に跳ね上がると信じてる、能天気な首相が交代しない内にね。

私の中では、アジアリーグで優勝を果たした、日本製紙クレインズのエースの伊藤雅俊選手の引退表明が一番ショックでしたわ・・・。まだ30歳ですよ!。

SEIBUの受け入れ先も、中々決まらないし、アイスホッケーファンのヤキモキはまだまだ続きます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アイスホッケーアジアリーグ 日本製紙クレインズが2季振り3度目の優勝。

2009年03月24日 00時30分29秒 | アイスホッケー
WBC準決勝で日本がアメリカに勝ち、国内では春の選抜甲子園が真っ盛りではありますが、

七戦目までもつれ込んだアイスホッケーアジアリーグファイナルは、
日本製紙が3-2で粘るSEIBUを振り切り2季振り3度目の優勝を飾ったようです。

どこのスポーツニュースも扱いが無いか、小さいかで、いつもながら腹立ちますわ!!
先ほどのNHKの「ニュース&スポーツ」なんて、結果だけだもんねぇ・・・・・

アジアリーグのHPの試合結果を見ると、双方の18番 (SEIBU鈴木貴人、クレインズ、伊藤雅俊) が大活躍だったようです。
2人は3つ違いの東洋大学の先輩・後輩で、鈴木が卒業し、彼が付けていた背番号11を永久欠番にしようかと言う話が出た時、
絶対に11番を汚さないから、僕に11番を下さいと敢然と手を挙げたのが伊藤雅俊だったとか  (アイスホッケーマガジンにそんな記事がありました。)

鈴木はコクド(当時)に入ったら背番号は高校時代の18番に戻しましたが、伊藤もクレインズに入ると、
憧れの鈴木と同様18番を付け、現在に至っています。

一部の例外はあるものの、背番号11は東洋大学のエースFWの代名詞になった感じがしますね。

今日の試合で、もう一つ特筆すべきはMVPを受賞したクレインズのGK石川央(ひさし)選手。
56本のシュートを浴びましたが、2点に押えたとの事です
彼も日光高校→東洋大へ進みました。最早日本代表の常連ではありますが、国際試合では、王子の春名、SEIBUの菊池に次ぐ3番手の扱いでした。今日ようやく花開いたと言う感じです。おめでとう

今後余談を許さない 日本のアイスホッケー界ではありますが、
取り合えず今シーズンは終了かな?来季は明るい話題が聞けますように!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

U18の精鋭たち

2009年03月21日 10時55分26秒 | アイスホッケー
昨日19時から、苫小牧市でアイスホッケーU18日本代表の練習試合(壮行試合)を観て参りました。
相手は地元の社会人チーム(おそらく、苫小牧市役所とトヨタ自動車北海道の連合チームだと思われます。)

結果は5-1で快勝でしたが、まだまだ詰めが甘いですね。相手の中には元王子製紙のメンバーや、大学の強豪チームで鳴らした選手も居ましたが、いかんせん勤務を終えてから、深夜に練習している純粋アマチュアですから、スピードとスタミナはU18の方が上です。

おまけに相手のGKは3ピリ後半まで、元王子製紙の正GKの岩田選手、簡単には点は入りませんでした。

アイスホッケーを語るときに、何回も述べていますが、敬服するのは親御さん(祖父母も含む)の熱心さです。

昨日もたかだか練習試合 (失礼!) なのに、帯広からビデオを片手に息子の姿を一生懸命撮っている方がたくさん居ました。
釧路の選手の親は顔を知らないので、解りませんが、多分来ていたかも・・・・。

選手の中でも、目に付いたのは中学生でただ一人代表に選ばれた 大澤勇人選手。
苫小牧凌雲中の全国優勝の立役者ですが、180cmを越える堂々の体格で、他にもCFが出来る高校生が居るにも関わらず、
センターを任せられていました。2点目もゲットしましたよ。

今日も午前と夜に2回練習し、23日に合宿地のドイツへ渡り、29日からイタリアで大会に臨みます。
是非優勝して、悲願のトップディビジョン入りを果たして欲しいですね
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

じわじわガソリンが値上がり

2009年03月19日 23時26分16秒 | 政治・時事問題
目立たないように、少しづつガソリンの価格が値上がりして来ましたね
当地では、あと少し経てば、灯油生活とはお別れ出来ますが、ガソリンは年中使用するので、何とかしないと・・・。

本州で働いてる長男が残していった 自転車をフル活用するしかないかな?

WBCはキューバを連続完封と、力のあるところを見せましたが、今度の相手は
又韓国ですって!

ネットではイチローの限界などと言われてますが、彼はいつも春先は調子が悪いですもんね。

しばらく生スポーツ観戦から遠ざかっていましたが、明日はアイスホッケーU18代表が、地元の社会人チームと練習試合をやるので、
観戦して参ります。

王子製紙がアジアリーグのファイナルに進出出来なかったので、地元のホッケーファンは生ホッケーに飢えて居ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月が待ち遠しいです。

2009年03月18日 23時06分56秒 | その他のスポーツ
巷ではWBCやら、大相撲春場所が真っ盛りですが、2つとも私の中では盛り上がっては居ないです。

大相撲の魁皇・千代大海・琴光喜のような横綱を狙う気もなく、勝ち越すのがやっとの大関は
さっさと引退して欲しいです。


WBCのあの解りづらい変則トーナメントはどうにか成らんの?何か韓国とキューバとしか戦ってない印象があるんですが・・。
前回も6勝1敗の韓国を差し置いて、5勝3敗の日本が優勝しましたが、そんなんじゃ世界が認知するメジャーなスポーツには成れませんね

日本の成績や優勝の行方には余り興味はないですが、敢えて言うなら各チームの主力打者を集めましたが、打てな過ぎ!しかも送りバントを出来る選手が居ませんわ。

やはり学生スポーツが始まる4月にならないと、私のスポーツモードは全開になりません。

リーグ五連覇を目指す東都大学野球や4大会連続優勝が掛かるアイスホッケーの開幕が待ち遠しいですね。


          GO! FIGHT! WIN! TOYO UNIV.
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

むのたけじさんの言葉

2009年03月17日 22時41分22秒 | 読書・文学
忘れない内に、むのたけじ氏の著書 『戦争絶滅へ 人間復活へ 』 から心に残った文章を
ブログにも留めておきたいと思います。

近代日本の間違いは、たまたまロシアの都合で、“講和”に持ち込まれた日露戦争の“勝利”をきちんと総括しなかった事にある。

戦争はある日突然に突発的に起こるものではない。必ず事前にその計画がある。
その計画を抉り出す、計画の進行を暴く事が報道機関の役目。


東京裁判では終戦間際時の内閣・軍の責任者は罰せられたが、戦争のきっかけになった満州事変を引き起こした当時の軍の責任者は罰せられていない。

一旦戦場に行けば人間は狂う。そこから反戦運動は生まれない。

同様に一旦戦争が始まれば、反戦運動は戦争の持つ大きな論理とエネルギーに引きづられてしまう。
憲法第九条は“軍国日本に対する“死刑判決”であり、国家としては屈辱的なもの”ではあるが
一方では人類が生き続けて行くためには、戦争を放棄する以外にないと言う(真理の ※筆者注)両面性を持っている。

現在の日本の新聞の(三大紙など)発行部数は何百万部と言う単位で、世界でも稀だが、たくさん売ろうとすると、個性を薄めなければならない。これは自己主張出来ないと言う事だ。

敗戦時に天皇制を曖昧にした(占領統治に天皇制を利用した)が今の若者は天皇制そのものに興味がない。今の皇太子(秋篠宮かも知れないね。※筆者注)が天皇になる時期に天皇制に付いての論議が起こるのではないか?


まだまだ書き足りない重要な事をたくさんむのさんは書いています。彼は終戦時30歳で、現在93歳の現役のジャーナリストです。あの戦争を経験した人間はまだこの世にたくさん生きて居られますが、戦争中に新聞記者として、当時の政権の中枢に居た人物にインタビューの経験が有り、自らも従軍記者として戦地に赴いた人間は今になっては殆ど皆無でしょう。
一度読んで損はしないと思いますよ。
(“相棒の水谷豊”風)




少し硬い話が続きました。明日からは苫小牧市でアイスホッケーU18の合宿が始まります。金曜か土曜日には見学予定です。社会人チームとの練習試合もあるらしいので楽しみです。(何人東洋に来てくれるのかなぁ・・・)
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加