HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

東洋大学、法政大学との首位対決を制す。

2012年09月30日 19時18分22秒 | アイスホッケー
関東大学アイスホッケーリーグ戦(Div.ⅠA)は今日は首位対決がありました。結果は東洋大学がで法政大学に快勝し、単独首位に立ちました
東洋大学はDFの要の#22秋本デニスが足を骨折、元気者のルーキーFW#48今野友尋が手首骨折で戦線離脱の上、4年生FWの#11池田昇平が前の試合で退場処分を受け、出場停止と言う苦しい布陣でしたが、最近相性の良い、法政大学に、しっかり勝ちました。3年生FW#16中澤がハットトリックの大暴れでした。

法政大学は今季、早稲田に勝ち、明治とも引き分けていますが、私は法政は組みやすしと見ていました。
理由は、明治や中央に比べてややGKが弱い事と、DFに反則が多い事と攻めるのが好きな選手が多過ぎる事、
FWは、岩槻・村上・山田・小原などテクニシャンが多いが、東洋のDFには波長が合うような気がず~~っとしてました。


又、主力を3人欠きましたが、逆に危機感を強く持ち、気持ちが高揚していたのかも知れませんね。3Pに1点返されて完封を逃したのが残念でした。

まだ「東ア連」のゲームシートがUPされてませんので、後からじっくり見ますが、SOG数はそれ程差が無かったようなので、DF陣やGKが頑張ったのでしょうね。(GKは小林でしょうか?)

試合はTwitterで速報してくれた、スポーツ東洋のアイスホッケー担当の某男性記者のツイートを参考にしました。ありがとうございました。


千葉県で行われた、『関東大学女子駅伝』は、全員1年生の東洋大学が10位に食い込みました。今年からチームが発足したばかりなので、まずまずの出来だと思います。
来年は、全国大会に出られるよう、現選手の更なる精進と、良いスカウティングが出来るよう祈っております
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日のラグビーと陸上記録会の結果

2012年09月30日 09時57分47秒 | 駅伝/陸上
関東大学ラグビーリーグ戦グループ(2部)

東洋大学6-29専修大学

6点と言う事はノートライですね。さすが専修大学簡単には勝たせてはくれません。そもそも専修大学は2部に居るようなチームではありませんから・・・。
昨年はもっと大差で負けたような記憶があります。次は山梨学院戦ですね。入れ替え戦出場の為には、もう負けられないよ。


埼玉県実業団長距離記録会
最終組

市川 1356
富岡 1356
服部 1359
延藤 1400
設楽啓 1400
設楽悠 1401
高久 1403
大津顕 1407
渡邊 1408
定方 1409
今井 1414
木田 1415
日下 1418
小池 1418
上村 1418
田口 1420

4年生の富岡司がようやく実力の片鱗を見せました。双子ランナーで入学当初から期待されていましたが、故障に泣かされて来ました。1年生の服部も設楽兄弟に先着したし、延藤も立ち直ったようですね。

これから駅伝シーズンに突入しますが、実力者たちが順当に好タイムを出して来ています。


現在、千葉県では関東大学女子駅伝が行われています。関東大学サッカーリーグや、関東大学アイスホッケーリーグ戦では、法政大学との首位攻防戦もありますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東洋大学、今週末のスポーツイベント

2012年09月28日 20時17分04秒 | 東洋大学一般
スポーツの秋ですね。今週末は東洋大学関連のスポーツイベントが目白押しです。

9月29日(土)

関東大学ラグビーリーグ戦(2部)
東洋大学専修大学

先週は、昨年大敗した埼玉工大に完封勝ちして、乗っている東洋大学であります。
悲願の1部復帰を勝ち取るのに、負けられない相手ですね。



埼玉実業団長距離記録会(於:東洋大学グラウンド)

実業団記録会と言う名前の大会ですが、学生も多数出場します。地元東洋大学のグラウンドで行われるため、
東洋大学の選手も大量にエントリーしています。駅伝シーズンに向けて、レギュラー以外の選手の大幅な底上げが期待されます。



9月30日(日)

関東大学サッカーリーグ(2部)
東洋大学平成国際大学

現在2部で首位を走る東洋大学、部創立以来の1部昇格を目指し、しっかり勝ち点を挙げたいところです。
ラグビー部とのW昇格もあるかも・・・。



関東大学女子駅伝(千葉県)
今年から発足した、女子駅伝チーム初の駅伝大会。シーズン前半のトラックレースでは思うように記録が伸びませんでしたが、
果たして結果はどうか?参加25チーム中、仙台市で行われる全国大学女子駅伝に出場出来るのは、わずか5チームです。

関東大学アイスホッケーリーグ(Div.ⅠA)
東洋大学法政大学

レギュラー選手に故障者・怪我人続出で満身創痍の東洋大学アイスホッケーチームが、同率首位に並ぶ、
法政大学と対戦します。ここ数年低迷していた法政大学が、今年は絶好調!
秋の大会三連覇が掛かる東洋大学は、何としても負けられないところ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再び山口観弘

2012年09月27日 20時30分19秒 | 水泳
来春、東洋大学に入学する競泳平泳ぎの、山口観弘選手の鹿児島での練習風景を観ました。

25Mプールで、市民プールですから山口選手の専用コースは無し、練習時間は一回に当たり一時間半。更に水深が1.1Mなので、飛び込みは出来ないそうです

彼はスタートが苦手だと言われて居ましたが、それも無理からぬ事ですね。
東洋大学に入学したら、50M専用プールはありますし、コーチは名伯楽の平井伯昌氏ですから、飛躍的に練習環境は好転します。更に全国からライバルもやって来ますから、どれだけタイムが伸びるのか、本当に楽しみであります。


東洋大学野球部に最下位の危機が迫っています。二部降格だけは勘弁して下さい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ソチ五輪 男子アイスホッケー 第一次予選

2012年09月26日 22時11分49秒 | アイスホッケー
念願の日本開催(日光市)です。五輪出場はまだまだハードルを超えなければなりませんが、まずはこの第一次予選を突破しないと話になりません。


男子1次予選(グループJ)日程

参加国:イギリス(世界ランキング21位)、日本(22位)、ルーマニア(27位)、韓国(28位)
会場:日光霧降アイスアリーナ
11月9日(金)
 14:00 イギリス×韓国
 18:00 日本×ルーマニア
11月10日(土)
 14:00 ルーマニア×イギリス
 18:00 日本×韓国

11月11日(日)
 14:00 韓国×ルーマニア
 18:00 イギリス×日本



北海道で開催だったら、何処であろうと観戦に行くのですがね・・・。
日光で開催するのは、首都圏のファンを意識したのでしょうか?
とにかく日本のアイスホッケー界の未来が掛かっていますので、選手・日ア連はこれ以上出来ないくらいの努力をしてもらいたい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民党総裁選

2012年09月26日 21時41分28秒 | 政治・時事問題
自民党総裁選で、安倍晋三が他候補を振り切って、総裁に就任しました。過去に総裁を経験した人物が返り咲くのは、同党初の事だそうです。
今回の5人の候補に、際立った政策の相違点は私には見いだせなかったのですが、誰が総裁になっても、谷垣氏よりは解り易い対決姿勢を前面に出して来るでしょうね。

民主党の不人気により、自民党の総裁が次の首相に一番近いと言われておりますが、野田首相は解散を出来るだけ先送りするでしょうし、「日本維新の会」や「国民の生活が第一」の出方に拠っては、どうなるか分かりませんよ。
先程帰宅したばかりで、総裁選の票の流れなどはまだ良く把握していませんが、自民党の党是である「改憲」に向けて、加速度が増すのは間違いないでしょう。
一部報道に依れば、『徴兵制』も検討課題であると言われています。まあ民主党の主力勢力の野田や前原も、基本的には改憲派ですから、民主党の数少ない護憲派や共産党・社民党の出方も気になります。

政党や内閣支持率と、改憲(特に第9条)の是非は必ずしも比例しませんから、どうなりますかね?


さて話はガラッと変わりますが、東都大学野球、東洋大学vs中央大学は0-3で東洋大学が負けました。相変わらず打てません。どうもこのままでは最下位が濃厚になって来ました。負ければ選手や指揮官に批判が集中するのはしょうがありませんが、最悪の2部降格だけは勘弁して欲しいと、心から思っています
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

南北海道 NHK杯 準決勝

2012年09月25日 22時15分32秒 | アイスホッケー
昨日・今日と苫小牧市で高校アイスホッケー、NHK杯南北海道大会を観戦して来ました。

北海高校2-0苫小牧東   駒大苫小牧6-0苫小牧工業

最近高校のアイスホッケーを観るにつけ、選手層の薄さをヒシヒシと感じます。
4チームとも仕上がり具合はまだまだですね。今日は駒澤の小柄なFWの坂本颯(はやて)選手が大活躍でした。先輩の越後選手(現中央大学)を彷彿させますね。

私は小柄な快速ウィングが好みなので、彼には注目してました。ライトハンドっちゅうのも良い!。

決勝戦は少し間隔が空いて、11月11日です。(私の誕生日でもあります。)


取り敢えずアイスホッケー界は、中学・高校・大学・アジアリーグとこれからが佳境に入ります。

怪我をしている選手の、一日も早い回復を祈っております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東洋大学、2点差を追いつき、早稲田と引き分ける。(東洋と法政が首位)

2012年09月23日 21時36分59秒 | アイスホッケー
本日の関東大学アイスホッケーの結果

日本大学5-4日本体育大学

東洋大学3-3早稲田大学

明治大学2-0中央大学

法政大学4-2慶應大学


まだこのブログを書いている時点で、「東ア連」のゲームシートがUPされていませんので、試合の詳細は解りませんが、東洋vs早稲田はかなり荒れた試合になったようですね。東洋は今村・今野弟が昨日に引き続きスタメンに名前がありませんでした。
怪我人が多数出ているとの報道がありますので、大変心配です。今日も立ち上がりから反則が多く、早稲田に先行される苦しい試合展開だったようです。DFの中心の秋本が相手のチェックで負傷退場、それに怒ったかどうかは知りませんが、主力FWの池田がラッフィングでゲームミスコン。
敗色濃厚かと思いましたが、何とか2点差を追い付き、引き分けに持ち込みました。
生観戦もしていないし、映像も観てませんから軽々には言えませんが、あの頑丈な秋本を退場に追い込む程のチェックってどんなモノですかね?だからと言ってゲームミスコンを取られる程の反則を犯して良いと言う事にはなりませんが・・・。


秋本の負傷の程度は解りませんが、もし長期離脱を余儀なくされるくらいの重症なら、厄介な事になりますね
池田は次の試合は出場出来るのでしょうか? まだリーグ戦は14試合中4試合しか消化してません。8チームが2回総当たりの長期戦ですから、故障者をいかにして少なくするかも大切です。

法政が今日も勝って、現在東洋大学と並んで、3勝1分けで首位です。

取り敢えず来週の東洋のスタメンに注目しましょう!
アイスホッケーマガジンに、東洋大学のFWは4年生と1年生が中心みたいな書き方がありましたが、何の何の2年生の川口や澤井、3年生の澤崎なども頑張って居りますよ。勿論3年生エース高見も控えております。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

東洋大学暫定首位 (関東大学アイスホッケーリーグ戦)

2012年09月22日 22時30分43秒 | アイスホッケー
本日の関東大学アイスホッケーリーグ戦

早稲田大学4-2日本大学

東洋大学6-1日本体育大学

明治大学3-3法政大学

中央大学5-1慶應大学


Twitterで、色んな方の速報を見ながら、ネット観戦してました。東洋大学は主力の今野弟や今村は出場してませんでした。4つ目に、澤井ー武尾ー田中ー生田ー町田を出しました。澤井が監督の期待に応えて得点しましたね。又DFの佐藤が2得点、堀内も1得点でした。GKも1Pは山口、2Pからはルーキーの脇本を起用しましたが、被シュートが3P合計で16本だそうですから、余りGKの見せ場は無かったのでしょう。1失点は、日体大のTwitterに拠ると、東洋のミスからの点だそうです。詳細は不明ですが、こう言う試合はキッチリ完封しないと駄目ですね。

明治と法政が引き分けました。長い事関東大学リーグは、東洋・明治・中央・早稲田・法政の『五強時代』
と言われていましたが、法政は不振が続いていて、一時はDiv.ⅠB(2部) に降格の憂き目も見ましたが、今大会は序盤戦とは言え、早稲田に勝ち、明治ともドローですので、再び『五強時代』復活と言っても良いでしょう。


明日も8チームは休みが無い連戦です。体力・精神力・層の厚さ・ベンチワークなどチームの総合力が試されますね。

東洋大学の公式HPに拠ると怪我人続出らしいですが、今日欠場の今村や今野弟も故障しているのか、気になるところです。
明日は早稲田戦です。


関東大学ラグビーリーグ戦グループ2部も今日開幕しました。1部昇格を目指す東洋大学は、埼玉工業大学に完封勝ちしました。
昨年は大差で負けた相手ですから、かなり強くなっているようです。
サッカー部・ラグビー部の同時昇格も夢ではありませんね。そうなれば井上円了先生も、喜んでくれるでしょう。(心配は、現在単独最下位の野球部だけ・・・)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関東大学アイスホッケーリーグ 序盤の山場の2連戦

2012年09月21日 20時50分20秒 | アイスホッケー
北海道はようやく涼しくなりました。皆さんの地方では如何ですか?
さて関東大学アイスホッケーは、明日・明後日の連休に2連戦が組まれています。まだ各チーム三戦目・四戦目ですが、早くも序盤の天王山がやって来たと言うところでしょうか?
ここで連敗すると、今後が苦しくなりますね


東洋大学は明日は日体大、明後日は早稲田大との対戦です。
昨年6チームで行われたDiv.ⅠAで全敗だった日体大ですが、8チームで行われている今季は、既に慶応大学に勝っています。慶応大には東洋大学は3-1で辛勝 (しかも3点目はエンプティーですから・・・)です。その慶応大に勝っている日体大ですから、油断は禁物です。公式ブログでは怪我人も多いとか…。そろそろ期待のルーキーGKの脇本選手の先発も観たいところですね。

早稲田大は、部員は少ないですが、初戦で優勝候補の明治を破り、侮りがたい実力を見せました。苫小牧大学交流戦に続き、2戦目は法政に敗れましたが、これは法政が強かったと見るべきでしょう。
早稲田は羽(うしゅう)・山田の大学アイスホッケー界を代表する大型DF (人は早稲田のツインタワーと呼ぶ) が健在で、今季はそれに埼玉栄から安定感抜群の石川が加入しましたので、点差の少ない試合になると早稲田のペースになるかも知れません。
東洋大は、相変わらず春田キャプテンの存在感が飛びぬけていますが、池田・今野兄の4年生以外に、澤崎・川口などが調子が良さそうです。GKは小林・山口・脇本の誰が出ても遜色はなく、大学NO.1の質・量を誇ります。又東洋大学DF陣が、早稲田の得点源の高橋・松浦を自由にさせない事が肝要ですね。


個人的には、今村・今野弟・梅野の1年生FWと、DFにコンバートされた(らしい)今橋に期待したいです
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加