絶対合格

熱血塾教師35年+教育コメンテーターのオールマイティー井澤が 「受験」、「子育て」の成功法を公開!

「やっとさとえに僕のことを知ってもらえる日が来た!」(No.987)

2020年11月23日 09時06分12秒 | 私立小学校受験(兄弟)

令和3年度合格体験記(3)
令和2年10月 さとえ学園小学校合格
            F君のお母様

 長男の受験時にお世話になり、合格への一番の近道はウエルストリームということは実証済みでしたので、時期が来たら次男もウエルストリームで、というのは必然的でした。また、次男もその時から井澤先生の塾生になるのを、今か今かと待っており、入塾後も「やっとウエルストリームで勉強が出来る!」「お兄ちゃんと同じ塾に行ける!」とノリノリで始めたのが年少の10月でした。

 長男の時は入塾した時期が試験まで残りわずか数ヶ月という、既に後半戦に差し掛かっている時で、井澤先生のお力添えの元、親子で必死に急な坂道を駆け登ったという経験から、次男は無理のないペースで確実に進みたい、兄弟生だからこそ失敗は出来ない、という気持ちもあり、長男の時よりは余裕を持って早めに入塾しました。

 入塾後、次男はすぐに井澤先生の虜になりました。塾へ到着する前は、今日は何を勉強するのかが楽しみで、塾帰りは先生に教わったこと、先生がお話された内容、お友達の事等、事細かに教えてくれて「井澤先生ってすっごい賢いんだよ〜」が口癖になる程でした。さらに、お迎え待ちの時間に先生が絵本を読んでくれるのが楽しみで、お話が聞きたいから早くお迎えにこないでほしいとまで言い出すようにもなりました。

 途中、新型コロナウィルスの影響で模試は中止、塾は自宅学習となりましたが、教材を郵送して頂いたり、オンライン授業のおかげでいつものペースで学習を進められました。

 ただ、勉強時間の確保には苦労しました。長男も学校が休みで兄弟で自宅学習の中、なかなか専念して次男の勉強を見てあげられない日々が続きました。こうして長男の時とは比べ物にならない程ゆったりとした気持ちで過ごしていたら、あっという間に夏期講習になってしまいました。夏期講習の前半が終わった頃、ぐっと増えた勉強量と周りのお友達の頑張り、先生方の熱意に影響されて次男の勉強スイッチが本気モードに入りました。そこからは勉強内容が今までよりも格段に頭に入り、それに伴い苦手分野もなくなり、ぐんぐんと伸び始めたような気がしました。その頃から口癖も「僕は絶対にさとえに合格する!」に変わっていきました。

 試験日が近くなると親の方がどうしようもない不安に襲われていたのですが、わずか6歳の我が子が黙々と努力をする姿に何度も救われました。そして、面接日には「やっとさとえに僕のことを知ってもらえる日が来た!」とまでなり、試験日には「やっとさとえに合格をもらえるぞ!」と最高のモチベーションで迎えることができ、終了後も「僕が合格しなきゃ誰が合格するの!」という最高の笑顔で終えることができました。

 『最後まで絶対に諦めない!』井澤先生のこの言葉。長男の時から引き続き、次男も何度もどんな時も親子で言い合いました。こんなにも自信たっぷりで合格出来たのも井澤先生を始めとするウエルストリームの先生方のお陰です。圧倒的な授業内容と選りすぐりのウエルプリント、志が高いお友達や御父母様、先生方の熱意と愛情、全てにおいて恵まれたのはウエルストリームだったからです。

 長男と同様、次男も第一志望校に合格ができた事、本当に本当にありがとうございました。まだスタート地点ですが、次男の最大のライバルである兄の背中を追いかけ、これからも何事においても最後まで諦めず、自分の道を切り開き、挑戦していって欲しいと思います。 

===============================

  

 

F君、F君の御父母様、合格おめでとうございます。

「兄弟だからこそ絶対に合格させてやりたい。失敗するわけにはいかない。だから、他のご家庭よりたくさん努力する。」そういう御父母様の覚悟(取り組む姿勢)が素晴らしいです。F君も御父母様の素晴らしい指導にしたがって努力され、無事余裕で合格!当日試験内容を事細かに詳細まで覚えてしまうほど集中していたことに感心しました。

 さとえ学園小学校入学後も、高い資質と懸命な努力でF君はお兄さんとともに大活躍されると思います。今から楽しみです。


この記事についてブログを書く
« 「本当に実力のつく冬期講習... | トップ | 学習習慣は幼いうちに身につ... »
最新の画像もっと見る

私立小学校受験(兄弟)」カテゴリの最新記事