絶対合格

熱血塾教師35年+教育コメンテーターのオールマイティー井澤が 「受験」、「子育て」の成功法を公開!

人生における「真の成功」のためには「人としての素晴らしさ=人間力」が必要なのです。(No.804)

2019年02月15日 11時29分44秒 | 受験・学校
開成、桜蔭に合格するには幼少期からどういう子育てをしたらいいですか?」(No.785)の続編です

 4、規範意識のある人にしましょう。(誠実・正直)
について

  お子さまが生まれて、最初に教えるのが「善悪の区別」です。
善悪の区別を教えないと動物と同じになってしまいます。
極端な話、人間の子どもでも、生まれてすぐにジャングルに放置され、動物たちに育てられ、人類とまったく接触せずに成長すると動物(例えば、オオカミ少女)のように育つとのこと。
 人が人間としての尊厳を持って育つのは、周囲の大人達がさまざま教え育むからです。だから、乳幼児からの教育がとても大切なのです。  
たしかに、生まつきの気質(性格)もあります。しかし、育て方によって人は大きく変わります。周囲の大人達がいろいろ教え、本人も努力するから立派な大人(社会人)になるのです。

 善悪の区別を教えず、善の側に立つことが正しいということを教えずに育ててしまうと大変なことになります。
「悪いことをしてもバレなければイイ。」「親の前ではとってもイイ子、しかし、裏にまわると・・・」「違法なことをやっても捕まらなければイイ」「目撃者がいなければ何をやってもイイ」そういう価値尺度を持ってしまいます。悪くすると将来犯罪者になりかねません。

 また、善悪の区別を教えずに、頭さえ良ければ、学歴が良ければ、・・・・と学力を伸ばすことばかりを優先して育ててしまうと、自らの欲のために人として恥ずべきことや、違法行為を平気の平左でやるようになるかもしれません。

「高学歴=人として上」ではありません。高学歴を得るために若い頃に努力したことは素晴らしいし、称賛に値します。しかし、そのことと人としての素晴らしさは必ずしも一致しません。
 実社会では学歴が高いことはプラスにはなりますが、それだけでは人生で真の成功を収められません。やはり、「人としての素晴らしさ=人間力」が必要なのです。その人間力の一つに「誠実さ」「正直であること」があります。
長い人生、ときには要領よく立ち回ることも必要かもしれません。しかし、誠実な人、誠実な仕事ぶり、誠実な商品(サービス)は派手さはないけれど、周囲の人々から長期にわたる「信頼」を勝ち取るには必須です。

 この意味で誠実で正直な規範意識のある人のほうが長い人生で真の成功を収めやすいです。そして、開成、桜蔭に行く人こそ規範意識(人間力)ある人物となり、将来は各分野のリーダーとして活躍してもらいたいものです。
 

どうすれば勉強大好き少年、少女になるのでしょうか?(No.803)

2019年02月12日 11時27分56秒 | 受験・学校
開成、桜蔭に合格するには幼少期からどういう子育てをしたらいいですか?」(No.785)の続編です

3、新しいことを教わったら、自分から復習して、すぐに完全に身につけてしまう「勉強大好き少年、少女」にしましょう。
について

どうすれば勉強大好き少年、少女になるのでしょうか?
どうもっていけば自分から勉強するようになるのでしょうか?

実は、1歳未満の乳児期からずっと始まっているのです。(誤解を恐れずに言えば、母親の胎内に宿った胎児期から始まっています。)

「乳幼児期は何を説明してもどうせ何もわからないし、いろいろ教えても大人になった頃には忘れているので教えてもムダ。物心がつき、成長してからいろいろ話したり、教えるつもり。」―こんなふうな考え方をしている御父母様が世間にはまだたくさんいらっしゃると思います。

そして、こういう考え方に立って「普通の育て方」をするのでお子さまが普通に育つのです。
「普通のお子さま」は自分から勉強しないし、勉強よりも遊ぶほうが好きです。

つまり、「普通の子」に育ててはいけないのです。

そこで提案ですが、
提案1=乳児期、幼児期にかかわらず、お子さまと目を合わせてできるだけ話をしてあげて下さい。(胎児期は母親のお腹にむかって、話しかけて下さい。)「親が子に話しかける回数、時間数、内容に応じてお子さまは賢くなる。」と信じて、お子さまに積極的に話しかけましょう。

提案2=幼児が何か新しい知識を憶えてきたら「すごいねぇ~、よく知っているね。○○○は頭いいね。」と大げさに感心して、褒めましょう。知識や経験を増やす方向で努力したら、まだ結果に出ていなくてもニコニコして褒めましょう。
子どもは親から褒められたいし、努力したら、それを大好きなお父さん、お母さんに認められたいものですから。

提案3=お子さまの知識、経験、見識を広めるために、いろいろなところに連れていきましょう。直接受験や学校の成績に結びつかないことでもかまいません。お子さまが新しい経験をして楽しく過ごすことでも良いのです。

提案4=普通に育てずに1歳年上のお子さまと対等に過ごせるくらい知的好奇心を満たすことをいろいろとやりましょう。

提案5=自分から進んで「良いこと」をする人が素晴らしい人という価値観を持たせましょう。この「良いこと」の中に「勉強すること」、「人に親切にすること」、「お手伝いをすること」「歳下の子の世話をすること」、「知っている人には自分から先に挨拶をすること」「親や先生の話を素直に聞くこと」等がすべて入っています。


以上のように育てると、たとえDNA(遺伝的資質)は普通であったとしても、賢く、勉強大好きな子に育っていきます。

 まとめ、
 開成、桜蔭に合格させたいなら、普通に育てて「普通の子」にしてはいけません。普通は決して悪いことではありませんが、学力、努力、人間力が普通のお子さまが開成・桜蔭に合格できるでしょうか?
 お子さまを開成・桜蔭の仲間にしたかったら、そこの在学生達がわが子と同じ年齢のときのレベルまで引き上げなければなりません。この意味で「普通の子」に育ててはいけないのです。
 したがって、ご両親様が普通以上に子育てに注力し努力されるからこそ開成、桜蔭に合格できる子に育つのだと思います。子育てを楽しみながら是非実行して見て下さい。ご両親様が努力されれば、お子さまもその分だけは進化し、賢くなりますよ。(*^_^*)

新年中(現年少)水曜コースも満席(定員一杯)となりました。(No.802)

2019年02月08日 13時24分48秒 | 受験・学校

たくさんの方から日々お問い合わせをいただき有り難うございます。
新年中(現年少)水曜コースは満席(定員一杯)となりましたので、大変申し訳ありませんが、ご入塾をうけたまわることが出来ません。
 増設した新年中(現年少)木曜コースは水曜コースと教材も授業内容も同一ですので。
入塾希望の方は「木曜コース」でお申し込み願います。
勝手を言って申し訳ありませんが何卒よろしくお願い申し上げます。

ウエルストリームの受付状況を本日(2/8)現在でまとめますと

新年少(現最年少)火曜コース 好評受付中
新年少(現最年少)水曜コース 満席

新年中(現年少)水曜コース 満席
新年中(現年少)木曜コース 好評受付中

新年長(現年中)志望校別全コース 満席


「私立小学校受験対策はウエルストリームで!」とお決めの方はお早めに入塾手続きをお願い致します。

今年度のさとえの入学試験は10/1の1回だけとなりました。(No.801)

2019年02月04日 14時22分55秒 | 受験・学校



2/2(土)第1回さとえ学園小学校説明会が開催されました。



今年は吹奏楽の演奏に加えてギターの弾き語り(ひまわりの約束)などもあって、さとえ学園小学校が勉強だけでなく多方面の才能を開花させていることがよくわかりました。
 


下平校長先生から大切なお知らせがありました。

1点目は、今年度の入学試験は10/1の1回だけとなったとのことです。

2点目は、以前からそうですが、兄弟生を特別扱いせず、他の方と同じ基準で合否が決まるとのこと。「兄弟生だからこそしっかり勉強して来て下さい。」

3点目は、これも以前からそうですが、「さとえ学園小学校から系列校以外を受験(外部受験)すると、内部進学の推薦は貰えない。しかし、系列校を外部生として受験し、合格点をとれば合格できる。外部を受験したからといって不合格にはしない。」

 

今回の学校説明会も大盛況でしたので、さとえ学園小学校の受験者数は今年も増えそうですね。(*^_^*)

下平校長先生をお招きし、2時間あまりたっぷり御講演頂きました。(No.800)

2019年02月01日 11時30分43秒 | 受験・学校
1/26さとえ学園小学校説明座談会を開催しました。大盛況でした。
今年は会場が満席のためモニタールーム(会場の様子を撮影し、別室の100インチ画面に放映)まで設置しました。
   
下平校長先生をお招きし、2時間あまりたっぷり御講演頂きました。

これからの時代社会人として活躍するのに本当に必要な力とは?から始まり、そういう人に育て上げるにはどうしたら良いのか?さとえ学園小学校ではどう対応しているのか?を大変わかりやすくご説明頂きました。さらに、平成31年度(平成30年秋)入試内容と結果、そして、今後の展開までお話頂きました。
     
さとえ学園小学校の人気がいっそう沸騰し、受験者数が激増しているのも下平校長先生のお働きによるところが大きいと感じました。
         
 ところで、明日2/2(土)今度はさとえ学園小学校で第1回学校説明会がございます。

 皆様、実際の学校の様子もご覧頂けるので、是非こちらも御参加下さい。


     詳細はこちらです。

 
下平先生へ
先日はお疲れ様でした。長時間にわたる御講演、素晴らしかったです。出席者の皆様も先生の熱意溢れるお話に感動していました。また、お疲れのところ個別質問会にもご対応いただき有り難うございました。心より感謝しております。
 今年の新年長さんも下平校長先生のお眼鏡に適う生徒に成長させ、合格を頂けるよう全身全霊をあげて指導する所存であります。今後ともご教示のほどよろしくお願い申し上げます。

山口先生へ
 設営、準備、お疲れ様でした。次の機会にはさとえ学園小学校の算数科指導について御講演をお願い出来れば幸いでございます。

ウエルストリームの春期講習会、好評受付中です!(No.799)

2019年01月31日 18時57分47秒 | 受験・学校

「本物の実力のつく春期講習会」好評受付中!
新年小コースと新年中コースのみ受付中です。
詳細はこちらです

カリキュラムはこちらです

平成31年度私立小学校入試合格実績のまとめ(No.798)

2019年01月29日 09時17分20秒 | 受験・学校
平成31年1月現在最新合格実績

さとえ学園小学校 22名合格(受験者数28名)
星野学園小学校  19名合格(受験者数21名)
開智小学校(総合部)5名全員合格(受験者数5名)
西武学園文理小学校 3名全員合格(受験者数3名)
淑徳小学校     2名全員合格(受験者数2名)


受験生のみなさん、よくがんばりました!
4月の入学式が楽しみですね。
それぞれの小学校で楽しい小学校生活をエンジョイしてくださいね。
そして、言うまでもありませんが、もちろん、勉強もコツコツやりましょう!

さとえ学園小学校から栄東中学校に内部進学が正式に決まりました。(No.797)

2019年01月28日 19時42分37秒 | 受験・学校
今年も塾生のMさんがさとえ学園小学校から栄東中学に内部進学が正式に決まりました。

 さとえ学園小学校から栄東中学に内部進学するためには、まず内申点(小5の2学期~小6の10月)で推薦基準を満たし、11月に校長推薦をもらう必要があります。

 校長推薦をもらって、それでおしまいではありません。その後、栄東中学のB日程入試問題(今年度は1/16に実施)を外部生と一緒に受験し、内部進学基準点以上をとって初めて栄東中学への内部進学が決定となります。MさんはこのB日程入試問題も高得点で合格したとのことでした。素晴らしいです。

 Mさん、Mさんのご両親様
 栄東中学合格おめでとうございます。あのとき頑張って本当に良かったですね。栄東中学に入学した後も持ち前の真面目さを活かしてコツコツ努力を重ねましょう。そして、将来の夢を本当に実現しましょう!期待しています。

明確な目標を持って子育て計画(短期、中期、長期)を作成し、PDCAサイクルで実行しましょう!(No.796)

2019年01月21日 11時54分19秒 | 受験・学校
開成、桜蔭に合格するには幼少期からどういう子育てをしたらいいですか?」(No.785)の続編です。
「2、良き習慣で集中力を育成し、強い心(信念)を育てましょう。」の後半部分「強い心(信念)を育てましょう。」について

「お子さまの心を強くし、信念にまで高める。」-さすがにこれはなかなか出来ることではありません。
だから何も努力しないのですか?放ってもおいても身体は年々成長しますが、お子さまの心は強くなりませんし、信念も持てません。
一朝一夕に実現することは難しいですが、幼児の今からご両親様ができることは多々あります。

一例を紹介すると
まず、「安全、危険の区別」「善悪の区別」「自分でされて嫌なことは相手にしない。」「挨拶や感謝の言葉は相手より先に言うのが素晴らしい。」「立派な大人は心が強い。」「目標を持ってコツコツ努力する人は素晴らしい。」「人がやりたがらないことを進んでやる人が素晴らしい人」「人を元気にさせる人が素晴らしい人」「何となく生きるのではなく、目的を持って生きる。」「人は何のために生まれてきたのか。」等の「価値観の尺度」をお子さまの心の発達に合わせて少しずつ教え、植え付けるのです。

次に、お子さまがその価値観の尺度を正しいと信じ、実行するように教え導きます。そういう自らを律する日々の生活の中で人の心は徐々に強くなるものです。
そして、それがいつしか「信念」にまで高められていくのです。

親のほうも何となく子育てをするのではなく、明確な目標を持って子育て計画(短期、中期、長期)を作成し、PDCAサイクルで実行しましょう!


「習慣の効用(魔法)」を上手くつかってみて下さい。(No.795)

2019年01月20日 20時01分49秒 | 受験・学校
「開成、桜蔭に合格するには幼少期からどういう子育てをしたらいいですか?」(No.785)の続編です。
2、良き習慣で集中力を育成し、強い心(信念)を育てましょう。

これについて詳しく説明しますね。
皆さん、お子さまの集中力はどうしたら育成できると思いますか?
集中力って生まれつき備わっているものですか?生まれつきのDNAの影響ももちろんあると思いますが、ほとんどがその後の人生で身につけたものであると思います。
お子さまの集中力をつけさせるためには「集中しなさい!」と叱っても全然効果がありません。集中力がないので集中できないのですから。

では、どうすれば良いのでしょうか?
集中力は一日で身につくものではありません。毎日の習慣の中で身につけるものです。
例えば、算数の問題ですぐに集中力が途切れてしまうお子さまの場合ですが、
まず15分間は集中して取り組むことを習慣にします。習慣まで高めるには2~3週間必要です。それが2~3週間で達成出来たなら、次の2~3週間では25分間は集中して取り組むことを習慣とします。さらに次の2~3週間では35分間として10分間ずつ何週間もかけて伸ばしていくのです。習慣づくとお子さまは1時間程度はへっちゃらになります。小学1~3年生なら45分~1時間集中できればOKです。小学4~6年生なら1時間~2時間は集中できるように習慣づけましょう。入試では制限時間が最大で2時間くらいになりますから。
このように一見大変そうなことこそ「習慣の効用(魔法)」をつかうのです。人は誰でもそれが相当大変なことであっても習慣にすると実行できるようになるものです。

集中力を身につける第2の方法は勉強での集中力であるならば、その勉強を好きにさせれば良いのです。人は誰でも自分の好きなことには集中できるものだからです。休日に好きな本を読んでいて、ふと気付いたら日が暮れていて周囲が真っ暗になっていた、ということもありますから。
 しかし、この方法にはお気づきのように欠点があります。例えば、算数を勉強するときに集中できないとします。そのお子さまは算数が嫌いなので集中できないのです。そういう状態で「算数を好きになれば集中できる。」と言われても・・・・・。堂々巡りです。

ですので、「習慣の効用(魔法)」を上手くつかってみて下さいね。(*^_^*)
 

新年長クラス(現年中)は全コース定員一杯となりました。(No.794)

2019年01月14日 14時12分32秒 | 受験・学校
皆様、ウエルストリームへたくさんお問い合わせ頂き有り難うございます。 
2019年、1月14日、
この日、ウエルストリームの新年長クラス(現年中)は全コース定員一杯となりました。
大変申し訳ありませんが、新年長クラスでは新規入塾をお受け出来ません。






 尚、新年中クラス(現年少)と新年少クラス(現最年少)は残席に余裕がありますので、好評受付中です。
「私立小学校受験対策はウエルストリームで!」とお決めの方は最年少、遅くても年小から入塾手続きをお願い致します。
 新年中クラス(現年少)、新年少クラス(現最年少で、4/1スタート)も例年より早い時期に定員一杯となりそうですから。

 ちなみに、新年小クラス(4/1スタート)の水曜コースは定員一杯となったため、火曜コースを増設しました。
したがって、今後新年少クラスに入塾手続きされる方は原則として火曜コースで承ります。
以上よろしくお願い申し上げます。

ホームページもhttpをhttpsとしました。(No.793)

2019年01月13日 14時07分21秒 | 受験・学校
皆様、いつもブログ「絶対合格」をご覧いただき、有り難うございます。

世の中のホームページがhttpからセキュリティの効いたhttpsへ一斉に変更されています。

このブログも既にhttps://blog.goo.ne.jp/zettaigokakuとhttpsに変更されています。

 そこで、遅ればせながらウエルストリームのホームページもhttpからhttpsへと先日(1/8)より変更しました。

現在はhttps://www.wellstream.co.jpとなっています。

従来のhttp://www.wellstream.co.jpでもホームページをご覧になれるように設定してありますが、

セキュリティが効いたほうが安心ですのでブックマークをhttpsのURLへ変更願います。

 ところで、卒塾してから何年も経っているのに、年賀状をいただいたり、お電話を頂いたり、進路について相談を受けたりしております。

本当に「有り難き幸せ」であります。ウエルストリームに在塾していた頃、「行ってて、良かった。」と思っていただき、「良き思い出」となっているからこそご連絡を頂けるし、

頼りにされて、今でもご相談を頂けるのだと思います。まさに教師冥利に尽きます。

 今後も皆様から「行っててよかったウエルストリーム!」とおっしゃっていただけるよう、「目の前の生徒」のために誠意を持って全身全霊をあげて運営する所存であります。

皆様、今後ともご教示のほどよろしくお願い申し上げます。

「日本国紀」が一押しです。(No.792)

2019年01月07日 14時12分20秒 | 社会
前回に引き続き、お薦め本の紹介で~す。
以前「カエルの楽園」をお薦めしましたが、同じ百田氏の作品で新刊本「日本国紀」が一押しです。ちなみに、安倍首相も年末年始の休暇でこの本を読むとのことでした。
「小説家が日本の歴史本を書くなんて・・・」というような先入観念を捨てて、まずは読んでみてください。歴史学者の本よりはるかにわかりやすく書いてありますから。
今話題の新刊本に目を通しておくことも親学のいっかんとして良いと思います。

   
日本国紀
百田 尚樹
幻冬舎

明けましておめでとうございます。(No.791)

2019年01月04日 08時30分02秒 | 社会
皆様、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

新年早々お薦め本です。

「ゴー・ホーム・クイックリー」 中路啓太著

    
ゴー・ホーム・クイックリー
中路 啓太
文藝春秋


  
「日本国憲法はどのように作られたか?」その制定(正しくは大日本帝国憲法の改正)過程についてのノンフィクションノベルです。主人公はその当時内閣法制局員であった佐藤達夫氏。大作ですがお薦めします。本書を読むと、現在の状態があるべき状態ではないことがハッキリわかります。親学として是非目を通しておいて下さい。

皆様からの日々の応援、心より感謝しております。(No.790)

2018年12月31日 18時04分02秒 | 受験・学校
この1年間私のブログを読んで頂き有り難うございました。皆様からの「絶対合格ブログ、頑張れ!」との声が本当に有り難く、原則週2回更新の励みとしてきました。皆様からの日々の応援、心より感謝しております。

2019年亥はいっそう素晴らしい塾教育の実現と新しいことにも挑戦していきたいと思います。
 2019年も引き続きイノベーショントライアングルでいきます。

  皆様今後ともご教示のほどよろしくお願い申し上げます。

このブログについての皆様からのご意見・ご感想は以下のアドレスまでメール願います。
  izawa@wellstream.co.jp

*イノベーショントライアングルとは
以下の3つのイノベーションが顧客満足を創出し、結果事業を伸ばす秘訣であるとの経営理論。
プロダクト・イノベーション=製品、提供しているサービスの改革
マインド・イノベーション=働いている人の心と行動の改革
プロセス・イノベーション=仕事のやり方の改革