信州生坂村「山紫水明 食と文化癒しの郷!」

山清路、大城・京ヶ倉等の自然。赤地蔵、百体観音等の伝統。おやき、おにかけ等の食文化を持つ生坂村!

高津屋森林公園周辺からの風景

2021年04月16日 | 私の挨拶
 15日(木)は放射冷却で朝からスッキリ晴れて、清々しい空が広がり穏やかな一日でした。

 午後3時30分からは「道の駅 いくさかの郷」定例会を行いました。
 最初に私から、3月から4月も前年度より売上が伸びており、今年度も山村活性化対策事業でもいくさかの郷をPRして誘客につなげたいことと、26日には全村民に1万円分の生活応援商品券を郵送する予定であり、7月にはプレミアム率50%のいくさかマル得商品券を発行する予定ですので、引き続き多くの村民の皆さんに、いくさかの郷をご利用いただくように盛り上げてまいりましょうなどの挨拶をさせていただきました。


 最初に人事異動により、担当の振興課 平林産業係長と新規採用職員の塚田君に自己紹介をしてもらいました。




 農産物直売所の3月の総売上及び現金、商品券、クレジットの売上集計表、曜日を合わせた前年対比表、今月の昨日までの総売上などの売上集計表、前年対比表、5月の営業カレンダー、かあさん家の食堂の売上と来店者数、直売所とおやき販売の売上などについて説明を受けました。


 いくさかの郷の農林水産物直売所の3月売上は155%程であり、200%以上が3日で、1日10万円以上の日が殆どであったこと、令和2年度は前年度より毎月売上増になりましたが、3月末からの国道19号信州新町での通行止めでは、かあさん家食堂も影響があった関係で直売所もお客さんが減っていること、今月下旬から山菜の出荷も増えてきますし、これまで4月も昨年以上の売上であり、さらに集客が望めるとのことでした。


 かあさん家の食堂と直売所の売上は、新型コロナウイルス感染症の影響があったものの、灰焼きおやきなど加工品販売が好調で、前年度より売上増になったこと、特売価格の変更等を自ら行いたいので、かあさん家の従業員にもレジの指導を受けたいこと、賞味期限切れのチェックをし、期限が短い商品は声かけをして購入してもらうなど徹底することも話されました。



 その他として、食品衛生法改正に伴う説明会の開催により、表示方法やHACCPの対応を説明すること、17日(土)より(株)ブルーウェイの委託販売の特売をすること、やまなみ荘のおやき販売(やまなみおやき)や惣菜の販売をすること、いくさかの郷で購入した山菜を500円でやまなみ荘にて天ぷらにしてご飯が食べられること、元気づくり支援金を活用してのテレビCMの春バージョンは、山菜の写真や収穫の写真を使用すること、1万円分の商品券は26日(月)から郵送して、使用期限は10月末であること、5月の保健所での講習会開催は、4月の説明会の状況を加味して判断すること、食品衛生法改正による申請書の作成は、説明会だけでは難しく、職員がフォローするように進めること、山菜まつりは開催せず、高津屋森林公園管理組合の皆さんは、多く出荷してもらえること、ゴールデンウィークの応援スタッフについては、農林水産物生産者組合の皆さん、いくさか大好き隊員各位、職員各位を午前中お願いすること、直売所の売上が1億円突破や来店者数が2万人突破などとPRして誘客につなげたら如何か、令和2年度の収入・支出の途中経過は、棚卸し分とかあさん家の協力金を加えるとトントンであることなど協議をしました。


▽ 毎朝出勤前恒例の撮影は、空が澄み切っていましたので、高津屋森林公園まで上り、公園周辺や上空からの風景を撮影しました。


高津屋森林公園周辺からの風景





 その他生坂村では、保育園で身体測定(未満児)・園庭開放、小学校1・2年生身体測定・視力検査・児童会、なのはなで乳幼児春夏物おさがり会、少年少女サッカー教室などが行われました。

議会全員協議会&昭津橋からの風景

2021年04月15日 | 生坂村の会議
 14日(水)は朝少し雨が残り、雲が多い空でしたが、昼間は過ごしやすい陽気でした。

 午後1時30分からの議会全員協議会は、令和3年度村づくり計画ダイジェスト版(村政懇談会説明用)について、村政懇談会について、令和3年度村民運動会の中止について、令和3年成人式の再延期について、生活応援商品券について、新型コロナワクチン接種について、担当部署から説明をさせていただきご意見等を頂戴しました。



 ワクチン接種の優先順位と高齢者の接種が終了する予定については、優先順位は高齢者、基礎疾患のある方、高齢者施設にお勤めの方、一般の方の順番で考えていて、高齢者の接種は、5月に1回目、6月の2回目は3週間後の同じ曜日に接種し、6月中に終了する予定であること、かかりつけ医の個別接種については、アンケートの結果は1割程の希望で、個別接種は遅れる可能性があるので、早い集団接種に変わる方もいると想定していること、予約した方のキャンセルなどワクチンが余らないための対応については、臨時的な対応は翌日予約の方への声かけなどを考えていること、接種の順番については、受付順で早い順から埋めていくこと、ファイザー製ワクチンの取り扱いについては、冷凍庫から冷蔵庫に移して5日以内、解凍して2時間以内とされていることなどをお答えさせていただきました。



 生活応援商品券の取扱店については、4月に公募をして、昨年度のいくさかマル得商品券取扱店に2社増えた村内業者であること、選挙活動等の新型コロナウイルス感染防止対策について、選挙管理委員会が啓発するのか、個人個人が対策をするが原則であるのかについては、国・県からの通知の中には、投票所や開票所についての注意喚起は来ているが、選挙事務所については確認して周知すること、3密を避ける、マイクの消毒、選挙カーに隔壁を設けることなど防止策の徹底については、新型コロナウイルス感染症対策本部として感染防止対策の啓発を検討したいことなども協議をしました。


▽ 毎朝出勤前恒例の撮影は、雨が降っていたので昭津橋に行き、橋周辺や昭津方面の風景を撮影しました。



 その他生坂村では、保育園で身体測定(以上児)、小学校3・4年生身体測定・視力検査・全校集会、中学校で学年会・PTA理事会①・専門部会、児童館でえいごであそぼ、健康応援体操撮影などが行われました。




令和3年度第1回区長会議

2021年04月14日 | 生坂村の会議
 13日(火)午後3時より、今年度最初の区長会議を開催させていただきました。区長さん方は今年度改選の年度であり、7区の区長さんが新任、3区の区長さんが再任で全10区の区長さん方といくさか大好き隊員に出席してもらいました。


 私からは、区長さん方の切り替えの年度でお決めいただくことや、年度当初で各部署からお願いする事項が沢山ありますし、区長さん方は各区をまとめるために色々と大変ですが、各区の活性化から村の活性化につなげていただきますようにお願いするとともに、地区担当職員と大好き隊の皆さんが、地域支援などにそれぞれの活動をして、環境保全、農地保全などにも取り組んでいきますので、みんなで力を合わせて各課題に対応して、村民の皆さんのための村政運営を進めてまいりたいと思いますので、2年間健康に留意され、様々なご活動をお願いしますなどとお願いしました。


 区長さん方は多岐にわたり仕事量が多く、各区の課題や集落支援員としての活動等に対して、各部署、地区担当職員、いくさか大好き隊員に何なりとご相談、ご要望をいただき、一緒に対応しながら解決していきたいと考えております。


 区長さん方、行政の管理職、いくさか大好き隊員の地域支援、児童館支援、県から研修派遣職員の移住・定住、空き家対策などの役割をお知らせしながら、それぞれ自己紹介をしていただきました。






 選任された山﨑区長会長さんが、区長会の運営をみんなで力を合わせながらやっていきたいとともに、微力ではありますが、副区長会長や区長さん方のお力添えをお願いし、行政との橋渡しや高齢化の中での苦労話をしながら、行政に投げかけ、無理な面は跳ね返しながら、生坂村のために力を尽くして頑張っていきたいなどと挨拶をされました。


 南部・中部・北部から1名ずつ選考委員をお願いして話し合いをされた結果、区長会長に宇留賀区長の山﨑さん、副区長会長に下生坂区長の藤澤さんと下生野区長の高野さんに決まり、各種委員会・協議会の委員さんは、充て職以外は、それぞれの区長さんに分担してお願いすることになりました。


 今年度もいくさか大好き隊員で、農地保全・環境保全等の作業、地区の会合や行事への参加、情報発信、高齢者見守りなどをさせていただき、各区3~4名の地区担当職員と連携して各区、各常会を支援してまいります。




 その後、今年度の主な事業、要請としまして、地区担当職員の職務、区長兼任集落支援金、区交付金、令和3年度生坂村行政組織職員、自治会活動保険、自主防災会の活動、ゴールデンウィーク中の村の業務、村政懇談会、視察研修等についての質問、意見、要望の概要は、 活動保険については、村が一括で掛けているので怪我などがあればご報告をお願いしたいこと、村政懇談会のICNの説明に対し、加入していない方が多い地区のことやネットの説明については、4箇所で村長が一括説明か、村長の挨拶を簡潔にし、各部署が詳細な説明をするか、資料の報告会でなく懇談会にして欲しいこと、役員が常会の中で聞くことは密になるから開催は見送る方が良いなどの発言がありました。


 村民運動会の中止、令和3年成人式の開催検討、B&G海洋センタープールの改修、文化財保護委員の推薦の説明については、B&G2階のトレーニング器具を整備していただき感謝され、高齢者生活福祉センターにあるトレーニングマシーンを配備することについては、社協に確認して対処すること、運動会の中止の決定については、前区長さん方などの意見を集約して、最終的に4月1日の課長会議で決定したことなどをお答えしました。 



 いくさか大好き隊員の活動紹介、「地域発 元気づくり支援金事業」の事業計画、「生坂村絆づくり支援金事業」の概要、空き家等情報登録制度「空き家バンク」の説明については、いくさか大好き隊員が金熊川で生物採取しているときに、車を農道に止めて何をやって分からないので、旗などの目印を掲示することについては、今後取材の方法を改善すること、村内一斉「ゴミゼロ運動の日」の実施、廃棄物(ごみ処理)対策、住民課助成事業、やまなみ荘のチラシの説明については、不法投棄について、現在人目のつかない山間部で多く、可能なものは回収していること、飼い主のいない猫の去勢等については、捕獲できた場合に対象にすること、生ゴミ処理器の稼働していないことについては、確認して検討することなどをお答えしました。



 新型コロナウイルス感染予防対策、新型コロナウイルスワクチン接種の予定、戦没者追悼式、健康応援隊の日程、地域ぐるみでむらじゅう花ざかり事業、中止イベント、アレチウリ対策、鳥獣追い払い用花火・鳥獣被害防護柵補修、緑化木の配布、国・県関係工事実施箇所、松くい虫防除事業、赤とんぼフェスティバル、令和3年度地区要望箇所の回答と令和4年度地区要望の提出、生活応援商品券など、多くの要請事項、事業、会議等のご協力・ご支援と情報提供などをお願いいたしました。


 西手の犀川対岸の地すべりについては、調査は入っているので確認すること、花の苗の希望の取りまとめは、常会長から区長に連絡するようにお願いすること、国道19号池沢~小舟間は支障木が綺麗になったが、対岸の日岐の川鵜の巣が白くなっていることについては、色々と対処してきたが、なかなか解決策がない状況であること、県道55号の山清路大橋の駐車スペースをトイレとしていることについては、松本建設事務所と協議して早急に地元に返答すること、トレーラーが入ってきて通行に支障があるための規制については、松本建設事務所に相談すること、下生野築堤工事に対して、区が窓口となり村と国交省と連携して、スムーズに事業が運ばせたいことについては、区の皆さんにご協力いただき千曲川河川事務所とも打合せして、地元説明会を開催予定であること、生坂村防犯協会の協会長は区長会長にお願いしていて、安曇野防犯協会連合会の理事もお願いしていること、旧南小学校のグラウンドの現状復帰は砕石ではできず、サクラの植樹や遊具の設置要望については、長野国道事務所と原形復帰ということで約束しているので、グラウンドとしては使っていなかったので復旧できず、ゲートボール場、トイレ、水道、外灯はお願いしていて、遊具は初めて聞いたので、子どもの数などを考慮して検討することなど、多くの質問、意見、要望等に対し回答させていただきました。


 区長さん方には長時間にわたり、慎重にご審議いただきありがとうございました。任期の2年間、健康にご留意なさり、各区、生坂村のためにご尽力とご支援の程よろしくお願い申し上げます。

おじさま倶楽部総会&日岐上空からの風景

2021年04月14日 | 生坂村の風景
 13日(火)は雲が優勢の空で夕方からやっと雨が降り出し良いお湿りでした。

 午前10時からは、おじさま倶楽部の総会が開催され、私と中山振興課長が招待されました。
 吉澤会長さんから、昨年度はコロナ禍で計画通りに活動ができませんでしたが、行政からの助成により、1泊2日の視察研修等ができましたし、当会の資金源である野沢菜栽培も順調でしたし、ひすいそばの栽培とそば打ち体験の対応もしましたし、いくさかの郷の特産市には毎月出店してもらうなど、会員の皆さんのご協力により多くの活動ができましたことに謝辞を述べられ、今年度も一致団結して多くの活動をして村の活性化につなげていきましょうなどと開会の挨拶をされました。




 私からは、昨年度はコロナ禍でありましたが、視察研修に同行させていただき、野沢菜栽培はかなり多くの収穫であり、ひすいそばの栽培や毎回いくさかの郷の特産市に出店いただくなど、多岐にわたりご活動いただき、引き続き村の活性化に寄与していただいていますことに感謝を申し上げ、まだコロナ禍の収束が見通せない状況ですので、自ら感染しない感染させないように心がけていただき、今年度も健康に留意されて様々な活動により、生坂村の活性化等に結び付けていただきたいなどと挨拶をさせていただきました。




 おじさま倶楽部の総会は、令和2年度の会議・研修会・親睦会、元気塾での手打ちそばの提供、野沢菜・そば・どぶろく関係などの事業報告、ひすいそばの栽培及びいくさかの郷等での販売、野沢菜栽培と販売、やまなみ莊等のそば打ち体験、どぶろく醸造の実績等の収支決算報告、令和3年度の事業計画は、新たに山ごぼうを栽培する他、そば打ち・講習会の実施、どぶろく醸造、野沢菜栽培、いくさかの郷特産市の出店などを行っていくとのことでした。




▽ 毎朝出勤前恒例の撮影は、ノーマイカーデーでしたので早めに池沢口に行き、国道沿いの支障木を伐採していただき綺麗になった風景などを撮影しました。





日岐上空からの風景




 その他生坂村では、小学校5・6年生身体測定・視力検査・ALT、中学校3年生内科検診・部活動見学開始、村議選立候補届出書類事前審査、山菜定食等CM撮影、歩こう部、4班の皆さんの元気塾などが行われました。


草尾ぶどう集荷所譲渡契約締結式&松本合同庁舎の年度初め挨拶回り&上生坂犀川の上空からの風景

2021年04月13日 | 生坂村の報告
 12日(月)は晴れて穏やかな空で、昼間は日差しが暖かく、午後は薄雲が増えました。
 午前11時からは、松本ハイランド農業協同組合の小笠原常務さん、中村営農部長さん、生坂村担当理事の丸山さん、小原課長さんにお越しいただき、草尾ぶどう集荷所の譲渡契約の締結式が開催されました。

 私からは、草尾ぶどう集荷所を譲渡していただいたことに感謝を申し上げ、山清路ぶどう、山清路巨峰としてブランド化し集出荷をしていただいてきましたが、インターネット、観光農園、道の駅いくさかの郷などの販売ルートが増え、集出荷のニーズが減少してきましたので、今後も色々なルートで販売できることと、農協さんには基幹産業である農業の振興、金融の取引などにもお世話になりますことなどをお願いさせていただきました。



 小笠原常務さんからは、山清路ぶどう・山清路巨峰として集荷した共選作業等が減ってしまいましたが、農協としては品質向上のための指導や共選は実施していきますし、村と連携して農業振興等を進めていくことや、ここ数日の冷え込みによる凍霜害で梨が大変な被害を受けていて、まだ遅霜の被害が心配されますが、どうにかぶどうは天候に恵まれ今年も豊作になることを願うなどの挨拶をされました。


 次ぎに用意された契約書に、お互いに職印をついて記念写真を撮影して終了しました。
今後とも農協さんには農業施策、栽培指導、ふるさと納税の返礼品、農業新興等のご指導、ご支援をよろしくお願いいたします。






 午後1時20分からは、松本合同庁舎に行き、松本地域振興局 草間局長さん、松本建設事務所 藤本所長さん、中信教育事務所 青木所長さん、松本保健福祉事務所 小松所長さんをはじめ各課長さんに、藤澤総務課長、中山振興課長と一緒に年度初めの挨拶と要望に伺いました。

 予定の時間より早く着きましたので、1階の松本保健福祉事務所 小松所長さんにお会いしてご挨拶を申し上げ、新型コロナウイルス感染症の状況や松本市の保健所開設のお話などをさせていただきました。


▽ 松本地域振興局 草間局長さんには、太田副知事さん達と話し合った内容について報告をさせていただき、今年度は人事交流で派遣している中村主事のご指導をお願いし、地域発 元気づくり支援金に申請している事業の採択を要望し、例年度の現地視察をお願いし、新型コロナウイルス感染症とワクチン接種など、多岐にわたりお話をさせていただきました。


▽ 松本建設事務所 藤本所長さんには、県道上生坂信濃松川停車場線のトンネル化と町村境の工事の推進と、県道大町麻績インター千曲線の整備促進と旧道の整備等をお願いしました。
犀川の堤防強化と堆積した土砂の撤去の箇所と実施内容等の協議と、例年行っている県道上生坂信濃松川停車場線の清掃については、今年度も実施の方向でお願いし、社会資本整備総合交付金による村道の舗装改良については、内示率がとても低いため、違う起債で対応することなどを話し合いました。

 多くの課長さん方にも年度初めの挨拶をさせていただき、県営中山間総合整備事業のお願い、農業振興のご指導とご支援、簡易水道運営の現状と老朽化対策の難題などを話させていただきご指導とご支援をお願いしました。


 本日は、松本合同庁舎の草間松本地域振興局長さん、藤本松本建設事務所長さん、小松松本保健福祉事務所長さんはじめ多くの皆さんにご対応いただきありがとうございました。
 今年度も生坂村ために、ご支援、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願いいたします。


▽ 毎朝出勤前恒例の撮影は、上生坂西手集落の犀川堤防に行き、上空から犀川の流れや周辺の風景を撮影しました。


上生坂犀川の上空からの風景



 その他生坂村では、小学校で図書館開館、やまなみ荘で村内無料入浴日、少年少女サッカー教室などが行われました。



小立野ハナモモの風景

2021年04月12日 | 生坂村の風景
 11日(日)も朝は冷え込みましたので、快晴の澄み切った空になり、昼間は日差しの下では春の暖かさを感じました。



▽ 毎朝恒例の撮影は、小立野の犀川沿いに行き、例年より一週間ほど早く、今が見頃のハナモモの風景を撮影しました。
小立野ハナモモの風景



 ここのハナモモは、小立野区の有志で組織します営農組織の「まめってえ会」の皆さんが植樹されました。
 当会は毎年、県道沿いや法面の支障木の伐採や草刈りなどの環境整備をされていて、今年はハナモモの近くの法面に繁茂している雑木などを伐採され綺麗にしてありました。



 2日前に市民タイムスにこのハナモモの記事が掲載されましたので、私以外にも村内外から数人の方が、ピンク色や赤色の鮮やかな花々を観賞に来られていました。

 この様な活動で、各地区の環境を整備し花木を植樹して名所になれば、村内外の方々が見に来られて良いことだと思います。



鷺の平集落の八重桜と山清路大橋周辺の風景

2021年04月11日 | 生坂村の風景
 10日(土)朝が冷え込んだので放射冷却により、気持ち良く晴れて穏やかな空が広がりました。


▽ 毎朝恒例の撮影は、鷺の平集落に行き、八重桜や山清路大橋周辺の風景を撮影しました。



山清路大橋周辺の風景



 私が村内の風景を撮り始めて10年近くになりますが、ほぼ毎年満開になる頃撮影に来ています鷺の平集落の八重桜を撮影しました。




 鷺の平の皆さんが植えられた八重桜が、今年も見事に咲き誇っていました。今年は山清路大橋が完成してから初めてのコラボレーションですので、良い天気の朝に撮影できて良かったです。



 今日生坂村では、少年少女サッカー教室、体育協会バドミントン部練習などが行われました。



村づくり研究会&松本広域森林組合総代会&知事と市長会・町村会とのTV意見交換会

2021年04月10日 | 生坂村の会議
 9日(金)は晴れて穏やかな空でしたが、昼間は日差しが暖かくても、風はヒンヤリ体感でした。

 午前10時からの村づくり研究会は、最初に毎年度ローリングしています「令和3年度 いくさか村づくり計画」の最終確認をしました。議員各位に先月19日にお渡ししてご意見等を求めましたが、ご指摘がなかったことから、副村長の仕事内容が人事異動で変わったところだけ変更しただけで完了しました。


 令和3年度村政懇談会資料(ダイジェスト版)については、主に字句の校正でしたが、3箇所ほど内容の見直しがあり、担当部署と村づくり推進室で調整して完成させ、14日の議会全員協議会にお示しすることになりました。


 最後に、今年度の村政懇談会の開催方法等について協議をし、新型コロナウイルス感染防止対策を講ずるために、ICNで村政懇談会の説明を30分ほど放映し、地区担当職員といくさか大好き隊員の紹介はICNの別番組でお知らせし、zoomでのテレビ会議システムを導入して、懇談会を1時間程度にし、会場を3密にしないようにし、広く村民の皆さんに参加できるように進めることにしました。




 午後2時から安曇野市三郷「もくりゅう館」会議室において、松本広域森林組合総代会が総代現在数200名の内、本人出席と書面出席で成立し総代会が開催されました。


 令和2年度事業報告書・貸借対照表・損益計算書等の承認、令和3年度の事業計画等について、原案通りにご承認いただき、定款の一部変更についてもお認めいただき閉会しました。

 総代会終了後に理事会、監事会を開催し、令和3年度役員報酬について原案通り承認し、新年度の森林組合のスタッフを紹介して理事会が閉会しました。

 午後5時からは、知事と市長会・町村会役員との新型コロナウイルス感染症に関する意見交換会がテレビ会議で行われました。
 最初に阿部知事さんから、今は感染対策強化期間であるが、3月中旬以降感染者が急増しており、変異株も確認され、受入可能病床数の割合は25%を超えたため、8日に県内全域を感染警戒レベル3に引き上げ「新型コロナウイルス警報」を発出し、これ以上医療提供体制に負荷をかけないためにも、市町村の皆さんと問題意識を共有して感染を食い止めていきたいなどの挨拶で始まりました。

 阿部知事さんが一括して「医療警報の発出について」「検査体制・医療提供体制の整備について」説明をされ意見交換を行いました。



 当村も早速、全県に「医療警報」を発出されたことと、全圏域の感染警戒レベルを3に引き上げられ、「新型コロナウイルス警報」を発出されたことにより、
 『高齢者、基礎疾患がある方は、感染リスクが高い行動をできるだけ避け、慎重に行動するようお願いします。』
 『会食については、「信州版“新たな会食”のすゝめ」を遵守し、密な室内での大人数、長時間とならないように留意してください。特に同居のご家族以外で行う飲酒を伴う5人以上の会食については、感染リスクが高まる可能性に十分留意し、事業者、利用者双方で徹底した対策を講じていただき、それが困難な場合には実施を控えていただくようお願いします。』
 『感染拡大地域への訪問、同地域からの帰省はできるだけ控えるようお願いします。訪問や帰省が必要な場合は、人との接触機会を最大限減らし、滞在時間もできるだけ少なくするなど、最大限の感染防止策を講じるようお願いします。』など、当村に合った感染防止対策を防災行政無線やICNにより注意喚起を進めています。


▽ 毎朝出勤前恒例の撮影は、高津屋森林公園まで上り、桜が満開の周辺などの風景を撮影しました。

高津屋森林公園上空からの風景



 その他生坂村では、小学校避難訓練・貯金日・1年生給食開始、中学校で避難訓練・発育測定・交通安全教室・2,3年部活動発足式、離乳食教室、パイプハウス栽培土壌診断結果報告会、3班の皆さんの元気塾などが行われました。



県庁への新年度挨拶回り&日岐の桜などの風景

2021年04月10日 | 生坂村の風景
 8日(木)は朝から少し雲が広がった空でしたが、昼間は過ごしやすい陽気でした。
 午前10時から中山振興課長と一緒に長野県庁において、阿部知事さん、両副知事さんをはじめ、各部長さん、各課長さんに、年度初めの挨拶をさせていただきました。


 新型コロナウイルス感染防止対策の期間ですので、当村の課題について話をさせていただいた方々と、挨拶だけの方々、お会いできなかった方もお出でになりました。
 最初に太田副知事さんの所に行き、猿田環境部長さん達に同席していただき、当村の簡易水道運営の現状、当施設の老朽化や耐震化対策、県の広域連携の推進等と、コロナ禍の村政運営など多岐にわたり話し合いをさせていただきました。


 小林農政部長さんには、県営中山間総合整備事業の進捗の御礼と基幹産業であります農業のぶどう栽培や新規就農研修制度等の話し合いをさせていただき、引き続きのご支援をお願いしました。
 伊藤企画振興部長さんには、長野県で一番目になります「特定地域づくり事業協同組合」の発足に向けてのご支援と、地方創生推進交付金を活用した移住・定住対策のご指導などをお願いしました。


 田下建設部長さんには、生坂村民にとってあづみ病院への通院や生鮮食品等の買物などのために、重要な生活道路であります「県道上生坂信濃松川停車場線(県道275号線)」のトンネル化を、多くの村民が望んでいますので、早期の事業着手と池田町と生坂村の町村境の工事の推進を要望させていただきました。


 その他にも、お会いできた部長さん方とも新型コロナウイルス感染症の影響等のお話をさせていただき、建設部砂防課、河川課にも寄り、私は全国治水砂防協会と全国防災協会の監事であるので、5月に開催予定の監査会や理事会、全国総会の対応などについて話し合いをしてきました。


 本日は太田副知事さんはじめ、各部長さん、各課長さんにご対応いただきありがとうございました。今年度も生坂村ためにご指導・ご支援を何卒よろしくお願いいたします。


▽ 毎朝出勤前恒例の撮影は、生坂ダム湖に映える日岐の桜を対岸からと近くからの風景を撮影しました。
日岐の桜などの風景


 その他生坂村では、保育園で家庭訪問(12日迄)、中学校で進級テスト、やまなみ荘で山菜定食等試食、狂犬病予防注射、少年少女サッカー教室などが行われました。

春の全国交通安全運動出陣式・街頭指導&長野県町村会4月役員会

2021年04月09日 | 生坂村の取組
 7日(水)は日差しが届き、昼間は春本番の暖かさでした。

 6時50分から、若コミ前で春の全国交通安全運動の出陣式を行い、その後一斉街頭指導を実施しました。安曇野警察署の市川副署長さんと署員の方、古幡駐在さん、安曇野交通安全協会宮坂会長さん、協会の皆さん、生坂支部の宮川支部長さんをはじめ多くの役員の皆さん、平田議長さんをはじめ議員有志各位にご参加をいただきました。
 そして、皆さんにそれぞれの立場から、交通事故の抑止や交通死亡事故ゼロの継続等の安全運転の実施、新入生や高齢者等への交通安全の啓発、交通ルールの遵守など、全国交通安全運動の実施に当たり挨拶をされました。




 全員で決意表明として「私たちは、交通事故を起こさない、交通事故に遭わない為に、交通ルールを守ります」として、5項目を唱和しました。


▽ 「春の交通安全運動実施中」のプラカードと「交通安全運動実施中」等の桃太郎旗を持って、交通ルールを守り安全運転をするように啓発していただきました。




 今年の春の交通安全運動は、例年通り6日(火)から15日(木)迄です。長野県の交通安全スローガンは、「信濃路は みんなの笑顔 つなぐ道」、全国の重点は「子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保」「自転車の安全利用の推進」「歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上」、長野県の重点は「高齢運転者の安全運転の励行」です。


▽ 今回も新型コロナウイルス感染防止のために「交通安全運動実施中」の桃太郎旗を持ち、チラシ等は配らずに交通安全を啓発していただきました。


▽ 通勤する自動車、お仕事の自動車も朝早くから走っていまして、安全運転でお仕事をされますように啓発をしていただきました。


 昨年から安曇野警察署管内では交通事故が例年より少ない状況ですし、当村でも交通事故も少なく、交通死亡事故ゼロの日が続いていますから、引き続き生坂支部の役員の皆さんが率先して交通安全に取り組んでいただき、村民の皆さんが正しい交通マナーを実践し、思いやりを持って交通事故防止に努めていただくようお願いいたします。


 今後も、交通事故が抑制できますように、安曇野警察署のご指導と交通安全協会生坂支部の役員各位にも交通安全運動、啓発活動等にお力添えをお願いいたします。
 今回も早朝よりご参加いただきありがとうございました。また、村内各所で街頭指導の役割分担をさせていただきました皆さんには期間中よろしくお願いいたします。

 午前10時30分からの長野県町村会4月役員会は、最初に今月1日付けで新体制になりました職員各位を紹介していただきました。
 協議事項として、長野県町村会臨時総会日程(案)、会長・副会長及び監事の推薦、長野県市町村職員互助会役員の推薦(案)、令和3年度国・県に対する要望取りまとめ方針、5月役員会の日程について説明を受け協議をしました。
 報告事項としては、令和3年度県市町村課・地域振興課重点施策概要、流域治水推進キャンペーン、新型コロナウイルスワクチン接種について、県から担当課長さん達が来て説明していただき協議をしました。、
 次ぎに、新型コロナウイルス感染症に対する本会の対応等、令和3年度第1回政務調査部会合同部会の開催、「県と市町村との協議の場」の協議事項、個人向け共済・保険の新規加入キャンペーンの実施などについて説明を受け協議をしました。


▽ 毎朝出勤前恒例の撮影は、朝早く家を出る前に小舟や日岐の上空からの風景を撮影しました。

小舟上空からの風景





 その他生坂村では、保育園で親子交通安全教室、保育園献立会、小学校1年生下校11:30、中学校で生徒会入会式・オリエンテーション・自宅確認などが行われました。