老ホーク雑感

ホークスを中心に、野球の他、スポーツ全般の話を、何の脈絡もなく、思いつくままに書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エースの貫禄。

2008-05-31 23:08:02 | Weblog
 巨人戦初戦に完勝、杉内は完投で5勝目、5月は4勝無敗、月間MVPが見えてきた。

 5回、下位打線に連打を許し、1点を失った以外危ない場面は全く無い。上位打線は完璧に押さえ、9回ラミレスに連続試合ヒットとなる中前打を打たれるが、阿部は遊ゴロ併殺に打ち取りゲームセット。

 ホークスも打線が繋がったのは4回のみ、無死1・2塁で小久保見逃しの三振、この時2塁ランナーが走り3塁でタッチアウト・・・どうしたの?不可解な走塁、これで2死2塁と変わる。

 今までのホークスだったらこれでチャンスを失い、相手に流れを渡す羽目になるのだが、・・・今夜は違った。

 柴原敬遠気味の四球で繋いで次は松田、今日は松田、いいバッティングを見せた。追い込まれてからセンター返しのヒット、外角低めに外れるボールも良く見えていた様だし、この打法が定着すれば打率は上がること必至。

 2死満塁で長谷川登場、前打席で初球見逃した外角のぎりぎりのストライク。この回は見逃さなかった、初球センター前にヒット、2者生還!
 的山も三遊間を抜いてこの回3点、杉内には安全圏といえるプレゼントとなった。

 杉内は完投で安打5、三振8、四球1で自責点は1(通算防御率2.66)、3回と5回以外は3人で片付ける快投、正にエースの貫禄といえよう。

 明日の先発は新垣(らしい)、期待と不安が交錯するが、何故か明日はやってくれそうな予感がする。

 ここで新垣で連勝すれば波に乗れる。頑張ろう渚!・・・

    FIGHT!   HAWKS!!

PS.
 きょうの収穫は城所、実力からすれば一軍に一番近い男だが、チキンハートから中々チャンスを掴めない。今日7回にレフトにいい当たりの2塁打、今年の初安打を放った。
 これで気が楽になったようだ。長谷川や小斎に遅れを取る訳にはいかない。城所、6月反攻の起爆剤となれ、頑張れ!  城所龍磨!!
コメント (2)   トラックバック (3)

北九州は五月晴れ。

2008-05-29 23:23:40 | Weblog
 昨夜に続くサプライズ、先発投手、大隣憲司が2ランホームラン、自ら5勝目をアシストした。しかも遊撃内野安打を追加してマルチ安打、ガトーと二人で左右の代打の切り札が誕生した。(・・・そんなことないか・・・)

 1回、さすが北九州出身、先制のヒットは柴原洋。2回大隣の2ラン、3回は松田の5号中越え2ラン、と着々と得点を重ねるいい流れ、5回には小久保が左翼場外に消える大ホームラン11号。

 6回まで11安打を放って6得点、大隣は初回の失点癖を何とか切り抜けたあとはすいすい、3安打無失点、この段階では6-0の楽勝ムードが漂っていた。


 7回からの終盤戦、ゲームの様相ががらりと変わる。
 さすがは「追っ駆けベイスターズ」、村田から始まる3連打で2点、8回には内川から又3安打を集め1点、久米のボークで1点と2点差に迫る猛攻、9回には二死後、粘る野中の1号が飛び出て1点差、大西も中前ヒットでムードは最高潮となる。
 結局、仁志一邪飛で事なきを得たが、正直、又か・・と悪夢が蘇えった。

 打線の方は6点がセーフティーリードと思ったのか、7,8,9回は淡白に三者凡退、

 1~6回と7~9回、違う試合を見て居るような気がした。
 横浜上位打線の迫力は凄い。

 何度目かの5割復帰、今日で交流戦は1/3を消化、週末はヤフードームに巨人を迎える。
  
 今日は福岡へ帰ってゆっくりロードの疲れを癒そう、そして又元気な若鷹軍団でドームを沸かしてほしい。

 頑張れ  ホークス!!


 PS 
 待望の中西健太が打席に・・・結果は三振だったが、力強さは充分窺えた。
   期待は大きく膨らむ。
コメント (2)   トラックバック (4)

雨の大分、ガトーが行く。

2008-05-28 23:54:20 | Weblog
 雨男ガトームソンが梅雨を呼び込んだ。試合開始2時間前は本格的な雨だったらしい、小雨になり、グランドを整備して定刻6時に試合開始。

 村田のエラーで1点を貰い、松中10号ソロで2点目、雨は段々と強くなる。

 早く5回を終えて試合を成立させたいホークス、4回に思いがけない点が入った。

 先頭柴原が右中間2塁打、ここは絶対に送りたいところ、が松田バント失敗から死球、長谷川バント失敗から三振、何かサインの不徹底もあり、梅雨空のごとく重苦しい攻撃、的山初球は全く合っていない空振り、この回は2者残塁か・・・と半ばあきらめた。

 ここで奇跡(?)が起こる。的山、得意のライト打ち、追い風に乗ってライト席へ・・・何と、1号スリーラン~~。

 続くガトームソンは2-3後会心のスイング、ボールはレフト場外に消えていった、これも今季1号、日本では3本目。

 物凄い当り、レストビッチに代わりDH起用を考えては・・・(苦笑)

 雨が激しくなり、結局7回終了6-2でコールドゲーム、ガトームソンは7回完投で、何度か掴み損ねた2勝目を手にした。前半かなり飛ばしていたのと、投げ急ぎで6,7回打ち込まれたが、雨男、雨に救われた様だ。後半に強い「追っ駆けベイスターズ」、お馴染みの中継ぎ陣を休ませることが出来たのはラッキーだった。

 明日は北九州市に場所を移すが、予報では午前中は雨、午後から天気は回復するそうなので試合は出来る様だ。ご当地男柴原洋にお任せしよう。

 中西健太が一軍登録、これは朗報、大いに楽しめる。

  Fight!  HAWKS!!
コメント   トラックバック (7)

負けはしたが・・・・・・

2008-05-26 22:06:21 | Weblog
 昨夜に続き、1点差で敗退、交流戦3連勝3連敗でもとの借金2に逆戻り。

 残念ながら力不足は認めざるを得ない。

 負けはしたが・・・見応えのある素晴らしい投手戦だった。和田/久米、それからドラゴンズの小笠原/岩瀬に心から拍手を送りたい。

 和田は今シーズン最高の出来だった。課題のコントロールも申し分なし、大胆且つ細心、惚れ惚れするようなピッチング。

 相手の4番ホームランアーティストのタイロン・ウッズの1発に涙を呑む結果となったが、賞賛こそすれ誰も責める人は居ない。胸を張れ、和田毅!!

 両チームの投手成績は、ともに安打4、三振7、四球2の全く互角、1本のホームランが勝敗を分けた形となった。


 8回、それまで好投の和田に代打、1点ビハインドの終盤、当然の策だが、出て来たのがレストビッチ、期待も盛り上がりもないまま、あっさりとセカンドフライ、反撃の気運もなにもあったものじゃない。

 右の代打が極端な品薄、仲澤、江川、中西らにチャンスを与えてはどうか?
 厳しい結果になってもフアンは納得すると思うが・・・士気阻喪するだけのレストビッチはもう要らない。

 
 対中日2連戦、ホークスに馬原無く、ドラゴンズに岩瀬在り、が如実に表れた。

 明後日からは横浜戦、ビジターではあるが準本拠ともいえる大分と北九州、ご当地男、柴原洋のバットに期待。

  頑張れ!ホークス!!

PS. 今日のCS放送の解説には思わず苦笑させられた。
  レストビッチが代打で出て、あえなくニ飛に討ち取られたシーン。
  「情報を集めているんでしょうね、始めの空振りで弱点を探り出し、弱点の内角をきっちり攻めて討ち取りました・・・・」
  (あのね、レストビッチ君は真ん中以外は全部弱点なんです・・・・)
コメント   トラックバック (7)

懲りない男達。

2008-05-25 21:52:50 | Weblog
 名誉挽回の機会を与えようとの親心かも知れないが、・・・・懲りない男達には呆れるばかり・・・・

 8回に小久保の10号でやっと追いついた。柴原執念の内野安打で勝ち越しのチャンス到来・・・だが、松田は送れず挙句の果てはシュート攻めでお誂え向きの併殺打、今日は松田がブレーキ役を努めた。

 8回ホールトンがマウンドへ・・・昨日と同じ顔つき、これはヤバイ・・・と直感する。代打立浪がレフトへ痛打、松中後逸して2塁打にしてしまう。松中の守備のマイナス面は織り込み済みなので、しょうがないことだが、肝心なところでやられると、う~んといわざるを得ない。荒木の進塁打で走者3塁、井端がセンターにフライを上げる。長谷川絶好のバックホームでタイミングはアウト、やった~と思った瞬間、ボールがミットからポロリ、痛恨の決勝点となった。


 新垣、久々の先発登板・・・・・一体ファームで何をやっていたの? (怒)
 ファームへ行く前と全く同じ、4回1/3でKO、安打10、四球2で4失点、三振5。

 5回先頭川崎が2塁打、松中の痛烈な右前打でホームをつくがタッチアウト、勿体ない走塁死。
 これは明らかに森脇サードコーチャーの判断ミス、結果論で言うのではない。
   ①場面は同点、
   ②アウトカウントは無死、
   ③当たりは痛烈、球足は早い、
   ④右翼手は強肩井上、
   ⑤打順は好調4,5番に続く、
これだけ条件が揃えば、どうすべきか考えるまでも無い。(怒)

 8回の長谷川のバックホーム、山崎しっかり捕ってやれよ(怒)
 確かに難しいバウンドになったが、大事なプレー、こういう場面で球際の強い弱いが出てくるもの、球際に強くならないと一流捕手にはなれない。

 レストビッチ、君は打つための助っ人だ、分かっているのか?(怒)
 使い続けるベンチの辛抱強いのにも感心する。いつか当たるんだろうけれど・・・若手に枠を空けてやってくれ。

 又、借金生活に舞い戻った悔しさから、つい(怒)(怒)(怒)(怒)・・・と怒りまくったが、これもホークスを思う余り、明日は(喜)・・・・・と書かせてもらいたい。

 くじけるな  あきらめるな  頑張れ ホークス!!
コメント   トラックバック (5)

流星光底に長蛇を逸す。

2008-05-24 23:08:56 | Weblog
 血圧はあがる、心悸高進はする、死ぬような思いでテレビを見ていたが、9回二死から赤星、新井に痛打され、藤川の三振ショーでジ・エンド、疲れがどっとでた。

 予想通り、8回までは1点を争う投手戦、稀に見る好ゲームとなった。

 3回オモテまで両チームともパーフェクト。どこでゲームが動くのかと見守っていたが、3回ウラ長谷川が突破口を開く、一死ながら的山が送った策が奏功し、本多のタイムリーで先制。川崎もヒットで続くが松中が凡退して1点どまり。

 4回オモテ、直ぐに新井の2塁打で同点に追いつかれる。

 杉内は7回まで1失点で持ち応えた。圧巻は6回オモテ、先頭関本に2塁打、無死2塁でクリンナップを迎えるという大ピンチを招いてしまった。だが、ここからがエースの働き、新井三振、金本三邪、桜井三振で切り抜ける。

 そのウラ、力投の杉内に大きなプレゼント、若鷹松田の4号ホームランが阪神応援団の真ん中に突き刺さる。待望の追加点で2-1。

 虎の先発岩田は、ホークスにとっては苦手の初顔、特にこのタイプには分が悪い、ミニ下柳というところか・・・・

 8回、ホークスは若きセットアッパー久米を投入、久米は一死後関本にヒットを打たれた(いつもの通り・・・苦笑)が、怖い怖い新井を投ゴロ、やれやれ併殺・・・とお思いきや送球が乱れて2塁封殺だけ、左の金本に対して小椋を出す羽目となった。

 小椋は金本にはヒットを許したが、平野を簡単に討ち取りチェンジ。

 そのウラ、タイガースは1点ビハインドでウイリアムスを投入、勝利に対する並々ならぬ執念を感じる。クリンナップが簡単に凡退、最終回を迎えた。

 前回の登板では5点のリードでももたついたホールトン、1点差では・・?と危惧したが、案の定先頭鳥谷に内野安打、杉内には完全に抑えられていたフォードが呪縛から解き放たれたようにライト線へ2塁打、今日最大のピンチを招いてしまった。
 それでも葛城、野口を三振、藤本もカウントを追い込んだ時は、勝った!と思ったが、力が入ってストライクが入らず、四球を出してしまう。逆に敗北の予感が襲ってきた。

 懸念どおり、赤星、新井が連続タイムリー・・・、3点のビハインドを背負い最後の攻撃に移る。

 タイガースは予定通り藤川球児がマウンドへ・・・・気落ちした鷹打線に球児を打ち崩す力は残っていない。3人のバットにボールはかすりもしなかった。

 タイガース5-2ホークス

 交流戦4連勝、杉内5勝目、そして4号ホームラン松田のお立ち台が夢と消える。


 う~ん残念、・・・悔しいが、傷心を癒している暇は無い、直ぐ名古屋に飛んで後門の狼、ならぬ龍と対決しなければならない。


 月並みだが、気持を切り替えて対ドラゴンズ連勝をかち取ろう。

 頑張れ!  ホークス!!


 PS: 「数々」2題
 
 FDHの復刻ユニホーム、「数々」の思い出が蘇える。日本シリーズ優勝,松中の三冠王、etc....懐かしい・・・あの頃は強かった。

 今日の主審、橘高淳の判定には「数々」の?が・・・
 4回、金本2-2からのボール
 6回、新井2-2からのボール
 7回、野口2-2からのボール
 9回、野口2-2からのボール
 これらのボールの判定は全てストライクに見えたが・・・・・
 金本には結局四球となり、連続無四球イニングが途絶えた。

 因みに橘高氏は阪神OB。




 
 
コメント (4)   トラックバック (5)

交流戦、三連勝!!

2008-05-23 23:14:28 | Weblog
 好調タイガースを迎えて一段と気が引き締まる。

 立ち上がり、赤星、金本につかまって早々に先制2点を失う。

 しかし、これは謂わば大隣憲司の必要経費のようなもの、2点じゃ安くついた位に思えばいい。2回以降は立ち直り、2安打散発で追加点を許さない。

 2点ビハインドの2回,今売り出し中の若鷹,長谷川のホームランで1点差とする。これは二死後だったし、反撃のきっかけを掴めず、もやもやしているところだったのでこのホームランは実に効果的だった。

 1点差のまま味方の反撃を信じて粘り強く投げる大隣を鷹打線は見捨てなかった。

 6回に一挙5点のビッグイニング。

 川崎、松中と安打が続き、小久保の2塁打で忽ち同点、柴原四球のあと松田の2塁打で2点リード、長谷川きっちり犠飛を上げてこの回4点目、代打辻四球、山崎右飛で二死となったが、1番に戻って本多綺麗なタイムリーで5点目、打線が見事に繋がって逆に4点のリードとなる。

 仮にこの回追いついていなかったら、7回からは自慢の戸締り屋JFKが出てくること必至なので勝機は遠のいていたかもしれない。

 7回には松中、小久保の安打を基に、ダメ押しとなる1点を追加。

 8回オモテ、先頭赤星にヒットされたが、平野遊ゴロで併殺、この時点で勝ち星が濃厚となる。力投でやや疲れが出たのか大隣、二死後2走者を出したところでお役御免、後を小椋に託した。

 小椋は1回1/3を完璧に抑えてゲームセット。私的にはセ-ブポイントを上げたいくらい・・・・

 大隣投手4勝目、7回2/3、137球を投げ、6安打3四球で失点2、三振9が素晴らしい、三振が無かったのは鳥谷、関本だけ、6回新井、金本連続三振のシーンは圧巻だった。

 川崎宗リンが、交流戦に入って3試合連続の猛打賞、打率も311、3割台に定着したようだ。本多も好調、核弾頭が元気でクリンナップがいい働きをすれば負けるわけは無い。下位の松田や長谷川も活躍しているが、もう少し安定感が出れば鬼に金棒、交流戦全勝の目も出てきた(ちょっとオーバーかな?・・・・)

 明日は恐らく杉内が登板するだろう。虎キラーの杉内だが相手の新戦力、新井が絶好調、好勝負が期待される。

 頑張れ ホークス 全勝目指して!!
コメント   トラックバック (10)

コリンズ監督辞任で思うこと。

2008-05-22 23:36:29 | Weblog
 オリックスのテリー・コリンズ監督が突然の辞任を発表した。時期が時期だけに何故?・・・と言わざるを得ない。

 「野球への情熱を失った者が、監督をしてはいけない・・・」要するに情熱がなくなったので辞める、ということらしい。確かに情熱を失った者がだらだらと指揮官で居られたら、これはたまらない。そういう意味では当然の決断だと言える。

 しかし、問題のポイントは何故情熱が無くなったのか、ということではないだろうか?

 低迷するチームの建て直しを命題として、メジャー444勝の実績を買われて就任したが、昨年は最下位、3年契約の1年目ではそれもしょうがない。2年目の今年、フロントはカブレラ、浜中を補強、ラロッカ、ローズ、北川、(清原)と並べた超強力打線をチーム浮上の目玉とした。

 コリンズ監督はラロッカ、カブレラ、ローズをクリンナップに据え、『ビッグ・ボーイズ打線』打線と名づけて売りだしを図る。

 だが、コリンズ監督の本心はちょっと違っていたのではないか?コリンズはドジャース型の機動力野球を目指していた筈だ。大型補強の影響で平野、大西が放出される。フロントの動きと監督の目指すチーム作りがマッチしていなかったのではと思う。

 ビッグボーイズ打線は全く機能せず、一方放出された選手はレギュラーとして大活躍するという皮肉な現象が起きている。

 又、コリンズはメジャー方式をすべての面で取り入れ、チームを改革しようとした。メジャー方式の良し悪しを論ずるつもりは無い。日本の野球で育ち、戦ってきた選手やコーチたちには中々馴染まず、違和感を持っている者も少なからず居た様だ。

 フロントと現場の指揮官との間に意思の疎通が不足していたこと、コリンズ監督、ブラウン、ディーバス両コーチと選手たちの間にも隙間があった、ということが、結果として情熱を失わせることになったのだろうと思う。

 それにしてもペナントレースはまだ2/3が残っている。「辞任」と言う以上自ら辞めると言ったことだろうが、これは敵前逃亡、勝手極まる無責任な行動だ。引き受けた以上与えられた戦力でベストを追求するのがプロの監督、低迷の責任をとって云々は美学でも何でも無い。

 オリックスは今年、先発投手3人や北川等の主力が故障して開幕に間に合わなかった不運があった。確かに痛手だったろう、しかし、他チームも多かれ少なかれ故障者や不調の選手を抱えている、やりくりしながらレギュラーの復帰を待っているチームも多い。その間に素晴らしい若手がブレークするケースも珍しく無い。

 現にオリックスは金子、小松、山本、近藤らがローテーションに入り、勝ち星を重ねている。日高ががっちりと本塁に座り、野手でも前述の猛(?)打者達の他、村松、坂口、下山、後藤、大引etc...うるさ型も多い、戦力的には充実している感じがある。

 シーズン前の予想ではパリーグは団子状態の混戦、どこが優勝してもおかしくないし、どこでも最下位になる可能性がある、と言われてきたし、我々フアンもそう思っていた(いや1/3が終わった今でもそう思っている)、オリンピックも控えて今年のペナントレースは不確定要素が多い。

 最下位を脱出してさあ~これからという矢先の投げ出し事件は、コリンズ監督の無責任は勿論、こんな事態を生み出したフロントの失態も大いに責められるべきである。



 
コメント   トラックバック (4)

連勝!主砲の満塁弾。

2008-05-21 23:17:31 | Weblog
 待ってました!松中9号グランドスラム!! 連勝で幸先良い交流戦スタート。

 先発パウエルは最悪の出来、5回までに9安打を打たれ、赤色が塁上を賑わせる。それでいて失点は初回の2点のみ、カープの「タイムリー不足症」に救われた。

 パウエル、打者を2ナッシングまで追い詰めながら、ストライクで勝負する。山崎の超強気のリードか、コントロールミスなのか、どうも良く分からない。

 いつもパウエルは的山とバッテリーを組むが、今日はどういうわけか山崎がマスクを被る。気のせいか初回からどうも息が合わない感じ、

 しかし、その山崎が4回に勝越し点を叩き出した。先制された2点は1回ウラ直ぐ追いついたが、パウエルの不調で押され気味の前半だっただけに貴重な1点だった。

 
 パウエルを5回で見限り、1点を守る継投体制に入る。
 6回、担当ニコースキー、下位打線だったので三者凡退。
 7回、担当小椋、1,2番をあっさり片付けるがアレックスに四球、1点差だっただけに長打警戒の結果かも・・しかし、流れは恐ろしい、栗原、前田に連打されあっと言う間に同点、この段階でパウエルの2勝目は消え去った。

 しかし、本多復帰後の新打線が機能する。本多足で稼いだ内野安打、川崎左飛で一死のあと盗塁をきめる。1塁が空いたので松中敬遠、目の前で敬遠された4番バッターが発奮しない訳が無い、小久保が左前勝ち越し打で意地を見せた。二死後辻が中前の痛打、駄目押しとも思える2点差となった。

 8回、担当久米、今日もまた、当然のように「四者凡退」。
 そして、歓喜の瞬間がやってくる。
 一死後、山崎の安打に始まり、本多四球、川崎内野安打で塁を埋め、主砲松中が打席に・・・
 犠飛でも得点の場面、2点リードで気楽な気分で軽く振ったバット、ボールはぐんぐん伸びて125メートル、歓喜に沸くライトスタンドに飛び込んだ。

  第9号満塁ホームラン

 9回、担当ホールトン、6点差となったが、予定どおりホールトンがマウンドに上がる。楽に片付けて呉れる筈が、今日もまた先頭打者に2塁打、おいおい6点差だよ・・と思わず声がでる。いや点差が油断となったのかも・・・まあ~気を取り直してやってくれるだろうと気楽に見ていたが、なんと2安打を続けられ1点を失う。
 前田にもいい当たりの左ライナー、幸運にも辻の正面でこれでやっと一死、やれやれと思った途端、安全牌シーボル四球で満塁にしてしまう。
 ホームゲームで5点差というのに追いつかれそうな雰囲気、季節外れの寒気がする。
 赤松、三振でやっと二死、最後の代打は今日も嶋、・・・ニ飛でゲームセット、
5点差で勝ったと思えないほど後味の悪い幕切れだった。

 お立ち台は当然松中、だが陰の殊勲者は山崎、辻の打点も価値あるものだった。今日も冴えなかったのはベテラン大村、しかし、「ベテラン」は忘れた頃にやってくる・・あっ違った「災害」だった・・失礼・・誰も打てないときに打つのです、眠狂四郎は・・・・

 さて、連勝で幸先良い交流戦スタートとなったが、野球は何が起こるかわからない・開幕5連勝(貯金5)が2ヶ月経った現在借金2となってしまった経験がある。問題はこの後だ、地道に積立預金を続けよう。8月にはオリンピックもある。全く読めない部分、それこそ何が起こるか、・・・

 最後に笑う日のために・・・・

 頑張れ  ホークス!!
コメント   トラックバック (4)

交流戦初戦を勝利、監督にバースデープレゼント。

2008-05-20 22:24:58 | Weblog
 王監督、68回目の誕生日、全員がバースデー勝利を監督に・・・と一丸となった。

 先発和田、1回は素晴らしい立ち上がり、今日はやってくれそう・・・と思った。・・・ところが2回、先頭打者をヒットで出して又、・・・・・?。なんと押し出しで先制される。

 スコアブックは1回は(三)が並んでいたのに、2回は(四)の行列、山村球審のジャッジも厳しかったが、打つ気のない梵にストレートの四球とは・・(嘆)

 4回、小久保が逆転の3ラン   ・・・(らしい)ホームラン。さあ~勝ちモードに切り替わった、・・と思ったら直後の5回、アレックスの2ランで振り出しに戻ってしまう。・・・何やってんだかな~・・・(呆)

 それでもくじけない若鷹が貴重な勝ち越し点をもぎ取った。長谷川、本多、のヒットでチャンスを作り、川崎がショート横を抜く。ここで一気に引き離したいところだったが、松中が併殺打。・・この辺りも今年苦戦をしている一因であるようだ。

 7回119球で和田は降板、3点は与えたが、和田らしい『粘投』と言えよう。

 8回は久米、いつものよ~うに・・・四者凡退。最後のホールトンも先頭打者に打たれ、二死3塁の場面に迎える代打は嶋、しっかり空振りの三振に討ち取ってクローザーとしての風格を示す。

 苦戦はしたが、初戦を勝って交流戦に良いスタートを切れた。和田は5連勝で連続二桁勝利へひた走る。小久保と川崎が猛打賞。

 展開からするともっと楽に勝っても良かった。今日のブレーカーは大村だったが、冷徹な必殺仕事人、明日はきっちりと存在感を見せてくれる筈だ。


 ファイト! ホークス!  交流戦でいい流れを・・・・
コメント (2)   トラックバック (11)