老ホーク雑感

ホークスを中心に、野球の他、スポーツ全般の話を、何の脈絡もなく、思いつくままに書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タイガース 巨人に一矢

2006-04-24 20:32:51 | Weblog
快走巨人を止めるものは?緒戦をイ・スンヨブの逆転サヨナラHRという劇的な幕切れで負け、流れで第2戦も完敗した阪神タイガース。未だシーズン始めとは言えここで3連敗すれば今シーズンの帰趨が明らかになるような大事な3戦目だった。
赤星のヒットから始まるという阪神の先制パターンから、昨年の打点王、今岡がHRで3点、タイガースの反撃が始まるのろしのように見えた。絶不調だった鉄人金本にもヒットが生まれ、打点も記録した。覇者タイガースの蘇えりは近い。
ゴールデンウイークの巨人・阪神 伝統の対決が面白くなってきた。
コメント   トラックバック (1)

繋がりが出てきたホークス打線

2006-04-24 16:52:08 | Weblog
大砲ズレータの10試合出場停止がカンフル剤になったのか、懸案だった打線の繋がりが漸く見られるようになった。WBCでの負傷で出遅れていた川崎の復帰も好材料となっている。昨年と打って変わった大村の好調と旨くからみ、機動力野球の核となっている。6番以下の打線がちょっと・・・と言う感じだが、本間もいいところで結果を出すようになったし、期待のルーキー松田も待望の1号HRが出た。痛いエラーもするし、まだ時間がかかるが、凄い努力家のようなので辛抱して使えば、必ずホークスを背負う中心選手に成長するだろう。

上向きの打線に引き換え、投手陣がちょっと心配。特に杉内、和田に本来の球威がない、元々球そのものに凄い威力がある投手ではなく、所謂キレで勝負するタイプだが、そのキレが悪くなり、被弾が多い。変化球と経験で何とか誤魔化しているが、永いシーズンこれでは乗り切れない。早く修正して、以前のような胸のすく快投を見せてくれることを切望している。
コメント

新垣、連敗ストップ/新庄、面目躍如 

2006-04-19 17:42:53 | Weblog
新垣、見事な投球でチームの危機を救った。昨夜、ホークスのラインナップは雁ノ巣球場を見ているようだった。先発内野手の年俸合計は5,000万円、バティスタ一人の10分の1という。大変な経費節減だ、。(実際には、今年のバティスタの年俸は払っているので、節減とはいえないが・・・・)
.245、リーグ最低のチーム打率、加えて大砲ズレータの10日間出場停止、相手は打線好調、首位をいくライオンズ。ピッチャーに頼る他無かった。
新垣は期待通り。ライオンズの各打者を抑え込み,打線も意外、と言っては失礼だが、的場等の活躍で先勝した。「よく勝てた」・・これが実感である。


新庄(日本ハム)、お立ち台の上で今季限りの引退を宣言、全ての人をえっ?と言わせた。意外性の男、お騒がせ男の面目躍如たるものがある。まだ4月、シーズンが終わるまで半年余りある。とても常識のある言動とは思えないが、今後チームは、・・・ヒルマン監督は・・・どのように対応していくのだろう?それにしても「つかみ」の腕は見事なものだ。
前代未聞のこの男の行動には、ある意味興味深いものがある。
コメント   トラックバック (1)

情けない、ホークスの敗戦

2006-04-16 19:20:03 | Weblog
ホークスが又、負けた。フアンとしては、本当に情けない敗戦。負けたことは悔しいが、所詮勝負は時の運、一つや二つの負けで情けない思いをしているのではない。負け方が情けないのだ。特にズレータの暴力沙汰、昨日のノーヒットゲームに引き続き今日も打てない、クリンアップには1本のヒットも出ない。久し振りのチャンスに打席に立つが、金村投手とのタイミングが合わず再三打席を外す。主力打者としての責任感と、打てない悩みでイライラする気持ちは良く分かる。このときに金村投手からデッドボール!猛然とダッシュし金村投手に殴りかかった。
最悪である。いかに自分がイライラしていても、死球を受けても、この行為は弁解の余地はない。勿論相手の金村投手の心身に与えた影響も心配されるが、自分にチームに対しても少なからず悪影響を与えてしまった。選手もフアンも非常に後味の悪い結果となった。
ゲームは4-0で2試合連続のシャットアウト負け,2番本間、8番稲嶺が夫々2本のヒットを散発しただけで、それ以外は昨日からヒットなしではとても勝てない。みんなが、好球を見逃し、悪球に手を出す。あせりと気負いから悪循環に陥っている。
それでも3点では未だ挽回に一縷の望みがあるがあると思っていたが、竹岡の登板でそれも吹っ飛んでしまった。結果は見ての通りである。簡単にスクイズされる、おまけにエラー、昨日の馬原と同じようなボークもする、すっかり敗戦ムードを作り上げてしまった。

いつまでも惨敗のムードをひずっていても仕様がない。明後日からはホークスらしい試合をしよう。ズレータは出場停止となるかも分からないが、良く反省して名誉挽回して欲しい。折角、好感度で沢山のフアンに支えられているのに、フアンに情けない思いをさせないで欲しい。
コメント

ホークス、記録的な敗戦

2006-04-16 12:40:21 | Weblog
マリーンズに連勝、意気高らかにヤフージャパンドームに帰ってきたホークス.先に連敗したファイターズに借りを返すチャンス、とエース斉藤和巳を立てて必勝を期した。が、結果は無残、なんとルーキー八木に10回ノーヒット、引き継いだ武田久、マイケルからもヒットを打てずついに12回ノーヒットノーラン、試合は12回表ストッパー馬原が打たれて1点を失い、記録的な敗戦となった。
絶対の馬原が打たれたのは気にかかるが、小笠原はさすがのバッティング、好調稲葉には上手く打たれたと言う感じ。それよりも一死走者一塁の時、全く不注意なボークで走者を得点圏に進めたのが痛い、集中力に欠けるといわれても仕様がない失態である。これが、馬原の心中に微妙に作用し失点に繋がったと思えるが、どうだろうか。
八木もいい投手だと思うが、全く手も足も出ないというタイプではない。1回大村がに四球を選び、森本がきっちり送って形を作った。カブレラ、松中が凡退して得点にはならなかったが、松中の当たりは悪くなかった。コントロールが良くない、というのが立ち上がりの印象で、いつでも打てる、その内点を取れという空気があったのも事実。痛打が野手の正面をついたり、野手の超ファインプレーがあったりしているうちに回は進み、ノーヒットを意識しだしてから、打者の方がおかしくなった。
昔、ジャイアンツが常勝球団だった頃、不思議に初顔のピッチャーによくひねられるという現象があった。これと良く似た事だろうと思う。
しかし、八木投手の懸命な投球は敵ながらも天晴れというべきで、これから、経験を積めばリーグ有数の投手に成長するであろうとの期待は充分である。

野球は難しい、メンタルまものが、大きく作用する。
ホークスも昨日の悪夢は拭い去って、も一度連勝へのスタートを切って欲しいと願っている。
コメント

偉大なアニキ 金本知憲

2006-04-10 22:30:02 | Weblog
904試合連続フルイニング出場!

阪神タイガース金本知憲選手が、途方もないことをやってのけた。メジャーリーグのスーパースター、カル・リプケンの903試合を超える世界記録である。本人の強靭な意思、頑健な体力、不断の努力等は絶対必要な要件であるが、それにも増して重要なのは、野球能力が抜群で、首脳陣の絶対の信頼を得ている事である。チャンスで監督が代打!と叫べば一巻の終わり、エラーを咎められて守備要員と交替させられては連続は途絶える。

アニキ金本、2005年の成績を振り返ってみよう。
   打率.327  HR40  打点125  出塁率.429  長打率.615
   走者有打率.339  得点圏打率.366  満塁打率.529
頼りになる男アニキの面目躍如としている。
もう一つ、アニキの凄い活躍を示すデータがある。トータルアベレージ(TA)だ。
総獲得塁数を総アウト数で割る、即ち1アウトにつき、何個の塁を奪えたかと言う、いわば打者の総合的な能力を映し出すデータである。
アニキ金本は1.218、12球団のトップである。2位は松中の1.206、以下福留、カブレラ(西武)、ズレータ、岩村、和田・・・と続く。因みに、数値1を超えているのはこの7人だけである。

こんな最強バッターに、連続試合フルイニング出場されては、相手投手はたまらない。

記録という以上、「前人未到」である。恐らく、後人も到達することは無いだろう。
しかも、明日から日々記録は更新される。
コメント   トラックバック (1)

どうしたホークス

2006-04-08 16:11:21 | Weblog
城島、バティスタが抜け、負傷の川崎を欠くソフトバンクホークスが思いのほかいいスタートを切った。が、ここにきて2試合連続のシャットアウトを喫し、ゲームは3連敗、順位は2位に後退した。この時期、順位は余り関係はないが、負け方には大いに問題がある。主力の当たりがばったりと止まった上、走塁死が多く、数少ない折角のチャンスを潰している。積極的な好走塁と紙一重の走塁なので、一概に責めることは出来ないが、打撃不振が全体に「あせり」を生んでいるようだ。
調子の悪い時はある。今年は打線で苦しむゲームが多くなるのは予想されるところだ。しかし、あせる必要は全くない。ひとたび打線が噛み合えばリーグ有数の打線であることには間違いない。
和田、高橋等、先発投手がゲームを作っている時はどうにかしてこれに報いることを考えて貰いたい。(それが、先取点を欲しがるあせりに繋がることもあるが・・・)
勝ち負けは結果であるが、今年のホークスは粘りのゲームを身上としなければならない。結果は後からついてくる。

心機一転して、ホークスらしいゲームを見せて欲しい。
頑張れ!! ソフトバンクホークス!! 
コメント