老ホーク雑感

ホークスを中心に、野球の他、スポーツ全般の話を、何の脈絡もなく、思いつくままに書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

球界雑感(1)

2006-10-30 22:04:37 | Weblog
 日本のプロ野球の公式試合が全部終り、後はアジア選手権と日米野球を残すのみとなった。話題は、FAや大学・社会人ドラフト、秋季キャンプ、首脳陣の編成etc...来季を目指して12球団は?・・・というところになる。

 44年ぶりに日本チャンピオンになった日本ハムファイターズはパリーグ終盤戦から勢いに乗って、あれよあれよという間に気が付いたら頂点にいた、と言う感じである。勿論勢いづく前に地力がついていた。特に八木、ダルを中心に若い投手力の充実が結局勢いを呼び込んだと言うべきだろう。

 ホークスは今年もプレーオフに敗れた。1年目、2年目と2位を4.5ゲーム離して1位通過しながら、プレーオフで苦杯を喫した。それでPO制度の改善(1位通過チームに1勝のアドバンテージ)を提案、今季から実施となったが、皮肉にもこの1勝のため、福岡に帰ることも出来ず、敗退する羽目になってしまった。

 ホークスは来季リベンジのため、秋季キャンプの真っ最中、昨年城島、バティスタが抜けてやむを得ず「スモールベースボール」を標榜したが、若手が思ったように伸びず失敗となった。元々王監督はスモールは性に合わない、早速スモールの旗を降ろして再び打力で圧倒するチーム作りを宣言した。1年でころころチーム方針が変わるのはどうかと思うが、間違いを認め、方針変えをするというのだからそれもいいだろう。

 ただ、掛け声だけではチームは変わらない、若手に急に長打力を期待しても無理まこと、それでは今年と変わらない。今年悩んだ3番と6番に長打力のある強打者を揃えること、次第によってはズレータの打順変更があっても構わない。これが、絶対の条件といえる。

 幸い、巨人 小久保のホークス復帰は堅いようだ。怪我が多いことが気がかりだが今のホークスにとっては打って付けの人材だ。これで前述の補強のうち一人は埋まる。後は外国人の助っ人になると思うが、パワフルな外野手を獲得しよう。

 秋山の総合コーチ、新井の打撃コーチには期待出来る。
 これで又、来季が楽しめる。
コメント

ドラゴンズ先勝

2006-10-21 23:12:47 | Weblog
 日本シリーズが始まった、中日ドラゴンズが4-2で先勝。
 ミスをした方が負け、・・・  先頭打者フォアボールは禁物、・・・
 よく言われる野球の鉄則を、地でいったような試合。
 一応、川上、岩瀬が2点に抑えたというところだが、決して快調といえる出来ではなかった。ダルビッシュも然り、武田久に至っては、レギュラーシーズンでホークスと対戦した時の覇気のある投球は全然見られなかった。

 日本シリーズ初戦、久し振りの実戦ということで、いつもの力を出せなかった、と言えばそれまでだが、プロ野球の最高の舞台、夫々リーグの覇者として、エキサイティングなゲームを見せて欲しい。
コメント

ディープインパクトに薬物陽性反応

2006-10-20 23:36:12 | Weblog
 驚いた。凱旋門賞3位で残念と思っていたら、今年一杯で引退表明、これにも驚いたが、今度はフランスで薬物検出、本当に驚いた。

 勿論、意図的に薬物を使用したとはだれも思っていない。調査でも、厩舎側の投薬ミスの可能性が高いということである。とすれば、完全に人為的なミスにより、ディープインパクトは凱旋門3位の栄誉は剥奪され、賞金は没収されることになる。そしてドーピングの汚名を被ることになる。

 馬には何の責任も無い。不世出の名馬がこんなことで・・・と思うとやり切れない気持ちで一杯だ。

 願わくば、秋の天皇賞や有馬記念にも堂々と出走して勝っぷりを見せて欲しい。
コメント   トラックバック (1)

大道、巨人へ

2006-10-19 00:35:47 | Weblog
 大道選手の巨人へのトレードが決まった。良かった、と思う。王監督が一肌脱いだのだろう。本当に良かった。正直、ホークス一筋に19年、南海時代からの最後の生き残りだけに、もう1年ホークスで活躍し、来秋ホークスで引退試合を、と思っていたが、・・・残念だけれど仕様が無い。

 王監督も苦渋の決断だったと思う。それだけにチームの徹底的な改造にかける意気込みが窺い知れる。

 大道選手、新天地で又、勝負強さを存分に見せてやって欲しい。巨人の前に立ちふさがるうるさい左投手達を震い上がらせて欲しい、流石ホークスOBだというところを見せて欲しい。そして出来れば日本シリーズで和田、杉内に代打大道というようなシーンがあれば最高なんだが・・・・・・

 来シーズン、餌食としたいセのサウスポーたちを列記しておこう。

 中日ドラゴンズ 山本昌、岩瀬
 阪神タイガース 井川
 東京ヤクルトスワローズ 石井、石川、藤井
 横浜ベイスターズ 土肥(最大の天敵)、吉見
 広島カープ ベイル

 頑張れ!!  大道典嘉!! ホークスフアンみんなで応援している。
コメント

汚されたフィギュアースケート

2006-10-18 15:25:02 | Weblog
 ウインタースポーツの華、フィギュアースケートのシーズン開幕戦、日米対抗で女子チーム、浅田舞、真央の姉妹、安藤美姫の3人が見事なスケーティングで米チームを破り,優勝した。

 ジャンプの美姫復活を期す安藤美姫、少し大人っぽくなった浅田真央、安定の浅田舞と、それぞれの特徴を表面に出した滑りで開幕戦を飾り、今シーズンの活躍を期待させるのに充分なものであった。

 折りも折り、スケート会の総本山、日本スケート連盟が大激震で揺れている。元会長久永勝一郎が背任容疑で逮捕されたあと、元理事たちにも事情聴取が進められていたが、不正金の認識があっということで各自宅等関連先の一斉捜索が行なわれた。元理事の中には、城田憲子、元連盟フィギュアー強化部長(トリノ五輪フィギュアーチーム監督)も含まれる。

 久永、城田は帝王、女帝と呼ばれてフィギュアー界を文字通り我が物にしていた。

 トリノで荒川静香をゴールドメダリストとした他、数々の名選手を育て上げ、日本のフィギュアースケートの現在を作り上げた功績は功績として認めよう。それなりの苦労は当然あった筈だ。しかし,その陰にこんな汚れた世界があったとは・・

 推測だが、強化を図る段階では、私財をつぎ込んだことが合ったかもしれない、連盟の運営やイベント企画で自費で要人を接待したこともあるかもしれない。恐らく公私のけじめが付かなくなってしまったのだろう。

 活躍したスポーツ選手が、競技団体の幹部となるケースが多い。それ自体悪いことではないが、団体経営となると又、違った能力が必要になってくる。競技団体のいざこざや不正事件は、こんなところにも一因があるような気がする。

 しかし、このような事柄が、荒川選手の栄誉をマイナスするもので無ければ、真央や美姫の活躍に水を差すものでもない。今シーズンも素晴らしいスケートを魅せて貰いたいし、きっと期待に応えてくれるものと確信している。
コメント

去り行く鷹戦士たち

2006-10-15 20:45:53 | Weblog
三年連続のプレーオフ敗退の涙が乾かないまに来季に向かってのチーム作りが始動している。プロ野球の秋は、若い戦力を迎えるドラフトが行なわれる一方、力衰えて現役から引退する人や、球団からから戦力外の宣告を受けて心ならずチームを去る人が何人か出てくる。勝負の世界、力の世界である以上、当然の事柄でどうしようもないことではある。・・が、一抹の寂しさがあるのは、季節の所為だけではあるまい。

 我がホークスでも、今日5人の鷹戦士たちが戦力外通告を受けた。大道外野手、宮地外野手、岡本投手、吉田投手、定岡内野手の5人である。

 大道典嘉 南海時代からの生き残り、ホークス一筋に19年、ここ一番での勝負強さには定評がある。入団当初は長打力が売り物だったが、伸び悩みの末一念発起、バットを短く持ってミート中心のアヴェレージヒッターに転じた。貴重な右の代打としてまだまだ活躍して欲しいし、又、出来ると思う。

 宮地克彦 西武を自由契約になり、トライアウトを経てホークスへ・・・昨年は311を打ち、ベストナインのも選ばれた。正にリストラの星である。今年も大いに期待されたが、スタートの不運でつまずき、立ち直れないままシーズンを終えた。

 吉田修司 巨人からトレードでホークスへ・・・全盛時は勝利の方程式の構成要員として勝利に貢献した。怪我の影響でここ2.3年は二軍生活、昨年戦力外となったが、一転残留となった経緯がある。

 岡本カツ能 96年ドラフト5位で入団、97年のシーズンでは21セーブをマークした。昨年後半からは2軍暮らし。

 定岡卓摩 ホークスの元コーチ定岡氏の息子、高校通算40本の本塁打もプロでは通用しなかった。素質はあると思うので練習次第で化ける可能性もある。


 いずれも惜しい人材、特に大道、宮地は三年越しの優勝を目指す来季のホークスにとっては惜しい戦力、残念だが、より強いホークスを作るにはやむを得ない。

 5人とも現役続行を希望していると聞く。きっと是非にという球団が現れるだろう。新天地での活躍を期待している。
コメント

ホークス 終戦

2006-10-12 22:46:00 | Weblog
 ホークスのシーズンは終わった。三年続けて悔しい悔しい終わり方、フアンが、そして王監督が待つ福岡へ帰ってくることは出来なかった。

 勝負の世界、結果が全ての世界、今更個々のプレーを顧みても仕様が無い。潔く負けた現実を受け止めよう。

 選手諸君は良く頑張った。チームの主力が抜け、戦力ダウンを言われながら、最後まで優勝戦線に踏みとどまってホークスの野球を見せてくれた。心から礼を言いたい。勝利の旗を掴み取ることは出来なかったとはいえ、その戦いぶりを責めるフアンはいない。
 斉藤和巳投手の正に鬼気迫る熱投には、感動で涙が出た。西武戦、日ハム戦と力の限り投げたが、1点の援護もなく、矢尽き刀折れた感じでマウンドに蹲った姿にはいうべき言葉もなく、ただ涙の目で見つめていた。

 歓喜に舞う日ハムナインを写すテレビ画面の一こまに、暫く立てず自分で歩くことも出来なかった和巳を、ズレータとカブレラが肩を貸してダッグアウトへ引き上げる姿を見出し、勝負の厳しさを思い知らされると同時に、和巳の心情を察し又、涙がこみ上げてきた。

 三年、覇権から見放された悔しさは、フアンは勿論のこと、監督はじめ選手諸君が一番身に沁みている。この悔しさをバネに、強いホークス、逞しいホークスに向かって切磋琢磨してほしい。

 2006年ホークスのシーズンは終わった、ホークスの諸君、一年間有難う。
コメント (1)   トラックバック (2)

ホークス初戦敗退、又、崖っぷち。

2006-10-11 23:07:20 | Weblog
 PO第2ステージ、所沢の勢いを持ち込んだ筈のホークスだったが、ダルビッシュに完投を許し、大事な初戦を落としてしまった。完全に抑えられた訳ではない、1回の攻撃で叩き潰したかった。二死満塁カブレラの強烈なセカンドライナーは不運にも野手の正面、好捕されて、勢いが止まってしまった。その後はシーズン最後に逆戻り、ホームが遠くなった。
 杉内がコントロールに苦しみ2失点、ラッキー男柳瀬も飯山に与えた不用意な四球ガ原因で1失点、しかし、投手陣の3失点は責められない。

 これで又、崖っぷちに立った。しかし、崖っぷちは経験済みで這い上がるのは得意、困ったことだが、切羽詰らないと力が出ないのがホークス打線。明日は八木を滅多打ちにして大勝、斉藤和巳にポストシーズン初の一勝をプレゼントしよう。

 そして、福岡へ・・・・花の舞台が用意されている。
コメント

ホークス 復活!!

2006-10-09 21:58:44 | Weblog
 昨日、流れを変えたホークスは、今日もホームランで先制されたが、好投の寺原から、昨日の勝利投手、柳瀬に繋ぐ。柳瀬はこのシリーズのつき男、しっかりと西武打線を抑えながら味方の反撃を待つ。効果てき面、7回代打稲嶺の右前タイムリーでまず同点、この時一塁ベース上に立つ稲嶺の顔が素晴らしかった。代打で初球から、思い切ったスイング、ベンチに居る時から、しっかりと心身の準備をし、凄い集中力でバッターボックスに立ったのだろう。今日の殊勲者の一人に上げたい。

 8回、四球のランナーを二人おいて、ズレータが豪快に左越スリーラン。大歓声の中、躍り上がってホームインした、3点のリード。この後畳掛けるようにヒットのカブレラを2塁において、なんと的場が左翼線2塁打で打点を挙げた。この追加点は相手の反撃意欲をそぐ重要なポイントとなる。的場も殊勲者の一人。

 9回はヒットの大村を1塁におき、4番松中が会心のライト線2塁打、スタートを切っていた大村は難なくホームイン、ダメ押しの6点目となった。

 勝利のパターン藤岡、馬原のリレーも大した波乱はなく、お代わり中村のセンターフライでゲームセット、ホークスの1stステージ突破が決定した。

 今日も柳瀬が勝利投手、変なルーキーだ。公式戦では無勝利なのに、プレーオフで既に2勝した。因みに投手四冠、日本一のエース斉藤和己はプレーオフでの勝ち星は未だ無い。

 王監督が常々口にしていた「野球は7.8.9回」を地でいくようなゲームだった。

 いよいよ札幌へ・・・日本ハムに優勝の難しさを教えてやろう。 
コメント   トラックバック (1)

勝った!! 乱舞する黄色い風船。

2006-10-08 21:03:31 | Weblog
 予言した通り、ルーキー松永の起用はシリーズの流れを変えそうだ。

 パ・リーグPO 1stステージ第2戦、昨日エース斉藤の力投も空しく、初戦を失って剣が峰に立たされたホークスに「喝」!をいれようと、インボイスSEIBUドームへ出かける。

 雲ひとつ無い青空、日頃閑古鳥の鳴くSEIBUドームもこの日ばかりは超満員、心強かったのは圧倒的なブルーに染まるのかと思われたスタンドも、我がホークスのフアンが半分近く占め、後の無いホークスの応援に声をからし、旗を打ち振っている。

 先発和田、立ち上がりに中島にソロを浴び、先取点を与えた。その後はランナーをだしながら要所を占め、試合を作って行くいつものパターン。
 しかし、打線のほうが一向に目覚めず、3回までは3人づつ討ち取られていく。初安打の井手も盗塁失敗でアウト、何か重苦しい空気が立ち込めていた。

 4回打順2周り目、ホークスの攻撃が目を醒ました。川崎中前クリーンヒット,大村絶妙の投一間バントヒット,大道は右中間にライナー、これは赤田に好捕されたが、犠打隣、川崎は三塁へ、一死1.3塁絶好のチャンス到来。

 しかし、期待された松中はあえなく二飛、又逸機?といやな感じしたが、ズレータが四球で満塁。カブレラも四球を選んで押し出し同点。実に28イニングぶりの得点であった。再び満塁、左腕松永に対してセカンド6番に起用された仲沢がやってくれた。右中間をライナーで抜けていく二塁打で走者一掃、胸がすか~っとした。

 4回裏を軽く三者凡退に抑えた和田が5回にちょっと怪しくなってきた。コントロールが乱れ、連打を浴びて1点を返され、走者二人を残して柳瀬と交代した。あと少しで勝利投手、というところだっただけに残念だったろう。

 柳瀬は犠飛で1点を取られて1点差、試合は俄然緊張した。しかし、柳瀬はそのあと6.7回をぴたりと抑え、藤岡、馬原の必勝リレーにうまく繋いだ。

 1点差に迫られたが,6回、8回と松中のタイムリーで点差を広げ、圧巻だったのは9回、代打田上のタイムリーの後、松中がライトオーバーのスリーラン、ズレータ右中間へソロと連続ホームラン、ライオンズの息の根を止めた。

 久し振りのMZ砲、目をさましたか、ホークス打線。

 明日もまた、所沢へ駆けつけなければなるまい。
コメント   トラックバック (1)