老ホーク雑感

ホークスを中心に、野球の他、スポーツ全般の話を、何の脈絡もなく、思いつくままに書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不思議な投手、大隣憲司。

2008-04-30 23:17:24 | Weblog
 勢いに乗って連勝を・・・期待はあっさり外れた。2-6で完敗。

 今日の試合は大隣憲司に尽きる。大隣は凄い投球をしながら、前半で突然乱れて2,3点を失う回を作る。今日は駄目かと思っていると立ち直って又素晴らしい投球をする。そんな習癖があるらしい。

 小久保の350号メモリアルHRで1点先取、大隣は3回までパーフェクト、余り完璧過ぎてかえって不安になる程の投球、だが、打順が一回りした4回、その荒れる回がやってきた。

 いきなり片岡にレフトにHR,一死後こんどは当たっている中島に右中間に打ち込まれる。あっさり逆転.動揺したのか力が入り過ぎたのか、続くブラゼル、GG佐藤に連続デッドボール。ディーブコーチが激怒して詰め寄る一幕もあっらが試合は再開、大隣は落ち着いて後続を断つ。

 5,6回は又素晴らしい投球に戻ったが又、7回に悪癖が・・・4回の2死球のあと討ち取った中村、江藤に連続被弾、遂に降板となる。

 6回0/3を投げて安打4、これが全てソロHRで失点は4、与えた死球は3、そして残塁も3、珍しい記録はそれだけではない。

 6回で取ったアウトは18(当たり前だが・・)、
  その内訳は    三振 6、 フライアウト 11、  内野ゴロ 1、
 凡飛で討ち取った・・・というところだが、見方を変えればフライになり易い(フライを打ちやすい)と言うことになる。被HRが多いのもこの辺りがヒントになりはしないか?

 大隣憲司は本当に不思議な投手。しかし、自分的にはこの投球スタイルは好きだ。臆することは無い、直球、スライダー、チェンジアップ、夫々の球は一級品、あとは配球と打者との駆け引き(捕手にも責任があるが・・・]、経験を積めば大投手になるのは間違いない。

 
 打線、昨日17安打の爆発が今日は散発4安打、これでは勝てるわけが無い。小久保の350号に花を添えることはできなかったが、重石がとれたので明日からはバンバン打ってくれるだろう。

 明日はJ・パウエル涌井秀章、面白い対決になりそう。
 前回に引き続きカード勝ち越しを決めようではないか。

 頑張れ J・パウエル! 頑張れ  ホークス!!
コメント   トラックバック (4)

大ブレーク!小斉裕輔、長谷川有也。

2008-04-29 18:46:30 | Weblog
 [野球は8-7のゲームが一番面白い]とよく言われている・・・・・

 延長11回表、松田の三塁打で勝越し点が入ったあと、二死になった時点でブログの書き出しをこう決めた。
 だが、直ぐ訂正しなくちゃいけないことになる。小斉が今日4本目のヒットがタイムリー、川崎内野安打の後、走塁、守備要員の森本までがタイムリー、10-7となってしまった。
 ホークスもこんな繋ぎが出来るんだ。

 ホールトンという投手、何とも不思議な雰囲気を持っている。クローザーらしくないスタイルでしっかり抑えとして働いている。馬原不在の現在、なくてはならない存在になってきた。

 結局試合は延長12回、10-7で勝利、久し振りのカード初戦、しかもビジターでの勝利、9連戦の初戦で幸先がいい。

 今日のゲーム、1-6回と7-12回とはまるで違うゲームの様だ。
 1-6回は互いに2桁安打の打撃戦、とは言っても5回までは7-2と5点をリード、長谷川のプロ第1号も出て、いい勝ちムードで進行していた。

 ガトームソン、打たれながらも要所を締め、2失点で5回を投げきり、勝利投手の権利を得て後を藤岡に託す。


 6回、先頭の細川をニゴロエラーで生かしたのが悪夢の始まり、連安打であっという間に無死満塁のピンチ、赤田を討ち取って一死になったところで小椋の登板となる。次打者は中島・・・

 ガ~ン 中島初球を満塁ホームラン,続くブラゼルも初球をホームラン、たった2球で5点を失い、一瞬のうちに同点、試合は6回で白紙に戻った。(ごめんネ ガトちゃん)

 7回以降は打って変わったような投手戦、今年の小椋は一味違う、崩れ去ることなく、立ち直って久米、ホールトンに繋ぎ、無失点で勝利の時を待った。

 12回、見事な連打で決定的な3点を挙げ、5時間余りの熱戦に終止符を打つ。


 明るい話題の多い試合だったが、疑問符がつかなかった訳ではない。

 相変わらず継投の拙さが目に付いた。6回裏一死満塁で小椋の投入は疑問、結果論は承知の上でのコメントだが、赤田を一ゴロにとったリズムにかけて藤岡の続投でも良かったのでは・・・・・投入するのならこの回の始めからにすべきかと・・・
 中島との対戦成績等を考えたのかも知れないが、最近の中島は昇り調子、オリックス戦でも決勝の逆転3ランを放つなど乗っている。

 打線では新4番小久保のバットが湿っている。昨日はまだいい当たりがあったが今日はさっぱり、今季最多の17安打を記録した打線では蚊帳の外になっている。
350号の意識過剰になっているのか・・・と言う感じもある。
 松中は4番を外れていいところで打ち出した。いっそのこと「4番小斉」とでもしてみたらどうだろう?・・・

 『明るい話題』

 何と言っても下位打線の爆発、長谷川は初ホームランと2塁打、田上は反撃開始の2塁打と7点目のタイムリー、小斉は2塁打2本を含む4安打、これが本物なら打線は繋がる。
 
 リリーフ陣の粘投、小椋は被弾して苦戦の原因を作ったが、崩れることなくしっかりと立ち直り後続を断った。久米いつものようにランナーは出すが、ホームに還さない。

 レストビッチ左投手相手なら何とか打てそう。

 選手の皆さん、長時間お疲れさまでした。
 見ている方も正直疲れました。


 9連戦初戦を勝ち幸先は良い。一気に連勝して借金を返しましょう。
 頑張れ 大隣憲司!   頑張れ  ホークス!!

 
コメント   トラックバック (8)

シャドウ・ラインナップ。

2008-04-28 23:47:29 | Weblog
 ホークス今年も故障者続出に泣いている。開幕時、間に合わなかった小久保、和田がやっと戦列に戻ってきたと思ったら多村が負傷、開幕に無理にあわせた本多はやっぱり駄目でファームに逆戻り、常にレギュラーが3,4人欠いた状態での戦いを余儀なくされた。

 しかし、プロ野球に故障、負傷はつきもの、どこのチームも多かれ少なかれ故障者を抱えている。  が、その穴を若手の伸びで補っているケースが多いように見受けられる。
 我がホークスはどうか、レギュラーの欠場は定位置確保の絶好のチャンスなのにそれを掴み取る若手が現れない。
 若手、というより既に中堅である井手正太郎が大村の留守にレフトに居つくかと思っていたら負傷で登録抹消。

 長打力不足の打線に、大砲候補として呼んできた助っ人レストビッチが全くの期待外れ、オープン戦から開幕当初こそ何とか働いていたが、いつの間にか2軍落ち、多村負傷で舞い戻ったものの前以上に打てない。外角の変化球を打つ術を持たないんだから日本の右投手は絶対に打てない。8番を打つ助っ人なんて意味が無い。人は好さそうだが、マイナー慣れが抜けきらないのかもしれない。

 よそのチームの新助っ人が羨ましい。日ハムのスレッジ,西武のブラゼルが素晴らしい。ポカチカなんか大したことはないと思っていたが、二軍で調整して上がってきた途端ポカスカ打ちまくる。長距離打者では無いと思うがどうなっているんだろう。

 満身創痍の我がホークス、野球の無い日はつい愚痴っぽい書き込みになるが、気分転換でホークスの影のオーダーを作ってみる。現在休んでいるレギュラーを中心に、空いているところは1,2年の若手を充ててみた。(大ブレークへの願いを込めて・・・・)

     ①ニ  本多雄一

     ②遊  福田秀平(07高D1巡)

     ③中  大村直之

     ④指  多村仁

     ⑤左  井手正太郎

     ⑥一  藤井翼(07高D4巡)

     ⑦右  中村晃(08高D3巡)

     ⑧三  李杜軒(07高D4巡)

     ⑨捕  高谷裕亮(07大社D3巡)

     先発投手 斉藤和巳、新垣渚

     セットアッパー 篠原貴行、岩崎翔(08高D1巡)

     クローザー 馬原孝浩
      

 
コメント

連敗ストッパー、和田 毅。

2008-04-27 23:16:27 | Weblog
 久し振りに見たヤフードームでの勝利インタビュー、そういえば松中、川崎のお立ち台も随分見ていなかった。

 低迷する打線に活(喝?)を入れるためか、ホークスは打線を組み替えた。組み替えても余り差はないが、松中の4番外しはショック療法にはなるかな、と思っていた。

 1回早速新打線が機能、本間、松中、柴原の短、長、短打で2点を先制する。3回にはヒットの川崎を2塁において松中初球をライト席へ!・・4号2ラン。その後も柴原、松田の長短打で1点を追加した。
 新4番小久保は三振、三飛(その後も無安打)350号のメモリアルアーチを本拠地で・・という意識が強すぎるのかも知れない(気持は分かるが・・・)

 和田は好調、1,2回は三者凡退、走者を出した3回も併殺で切り抜けた。

 3回が終わったところで5-0とリード、最近では無かったゲームの流れ、今日のホークスは一味違う・・・と楽な気持でTV.を見ていた。

 ところが、ところがである。一味ちがったのはそこまで・・・4回以降はいつものホークスに逆戻り、ヒットは川崎の2本だけ、淡々とした攻撃で駄目押しが出来ない。

 和田、頑張っていたが4,6,7回に1点づつ、徐々に差を詰められてきた。7回2死後から連打されると慌てて久米を投入、何とか反撃を断ち切った。

 2点リードしながら負けているようなムードが漂う。

 しかし、8回からリリーフしたホールトンが8,9回を無安打に押さえ3度目のセーブ(8回先頭西岡に四球を出したのはいただけないが・・・)

 結局5-3で勝利、和田2勝目で前回に続きチームの連敗を断ち切った。

 勝つには勝ったが下位打線の弱さが益々顕著になってきた。レストビッチはもうお引取り頂いてもいいんじゃないか? そのうち大きなのを打ってくれるだろう、ってことで7,8番に並べているんだろうが、その意味だったら小斎を使った方が良い。小斎も一軍ではまだまだ、と言った感じだが、大化けする可能性はある。

 ゴールデンウイークは29日から西武、オリックス、楽天を相手の9連戦、満身創痍のチーム事情からすれば、かなり厳しい連戦になりそうだが、開き直れば道も拓ける。前向きに前向きに・・・・

 頑張れ ホークス!!
コメント   トラックバック (6)

無惨!28インニング目の得点。

2008-04-26 23:42:20 | Weblog
 危なく3連続完封負けをするところだった。
 最後の最後、川崎の好走塁でやっと作った2死3塁で松中意地のタイムリー、28インニング振りに1点を記した。

 大卒と高卒のルーキー対決、大場は崩れ、唐川に軍配が上がる。

 初物に弱い、の定評どおり18歳の初先発、唐川侑己に手も足も出なかった。まあ~いまのホークス打線では誰が出て来ても打ち込むのは難しいが・・・・

 ルーキーと思えないようなプレート捌き、敵ながらも天晴れだった。元気の良かったころの桑田投手のようなスタイル、ホークス打線は見下されていたようだった。

 7回まで3安打、6回にヒットで出た川崎が2盗したとき以外、2塁も踏めない貧攻。

 決して調子の良くなかった大場、何とか3回までは三振か四球かと言うピッティングで悪いなりにもノーヒットに抑えていた。4,5回ついに防ぎ切れず失点しが、6回投げて2失点は責められない。早く援護点があれば・・・・・

 7回2連打を浴び降板、小椋がリリーフしたが、この流れの中では如何とも出来ない・・・この場面の人選として妥当であったかどうか?結果論になるので愚痴は止めよう。

 多村の負傷抹消の代わりに、長打力を買われて急遽登録出場のレストビッチの無気力(・・に見える)、ファームで4割打っている小斎の三球空振り三振にはがっかりした。

 土壇場の完封阻止を転機としてして、明日からの出直しにチーム一丸となれ!

 明日は本格復活を確実にしたい和田 毅が登板する。ロッテは成瀬善久ではなく小林宏之、何としてもカード三連敗も阻止したい。

 頑張れ 和田毅!  頑張れ ホークス!!


 今日のパ・リーグは話題豊富。

①勿論、わがホークスが高卒ルーキーの初先発に花を添えたこと。相変わらずの若手育成[他チームの・・)上手、他のチームもどんどんルーキーをぶつけてくるかも・・・・・

②楽天ドミンゴが日ハム戦に先発、2安打、2四死球で完封、初勝利を挙げる。1ヶ月前ドミンゴのお蔭で開幕連勝したのが夢の様、去年のことかと思う程・・・
今、楽天が一番投打が噛み合っている。

③埼玉西武ーオリックス戦、終盤に壮烈なスリーランの応酬で逆転,又逆転、結局西武がグラマンで逃げ切った。再逆転の中島のホームラン,押さえの加藤から打ったものだけに価値は高い。
スリーランか・・・久しく見ていないな~
コメント (2)   トラックバック (3)

暗雲垂れ込めるヤフードーム

2008-04-25 22:38:18 | Weblog
 2試合連続の完封負け。走者を2塁に送ったのは2回だけ、1回は4番が、4回は4,5,6番が凡退、清水は30打者、97球の省エネ完投。何しろ4番松中以下が3打席しかない。

 必勝を期して登板した杉内はいきなり野手エラーに足を引っ張られて不運な1失点、3回には外野手が衝突したランニングホームランで2失点、8回の2失点は余分、大勢には影響はない。

 ランニングホームランは大塚の左中間の打球、長谷川追いついたと思ったが多村と交錯して転倒、ボールは転々塀際まで・・・多村は足を打撲して動けず遂に担架で退場。ヤフードームがし~んと静まり返った。

 失点は勿論痛いが、折角復帰した多村の負傷は痛い。近いうちにTMK砲が・・・と期待していたのに・・・・ムードは最悪、ドームに暗雲が垂れ込める。

 多村の負傷の程度は未詳だが、大事ないことを祈る。長谷川も懸命にプレーした結果のアクシデント、気を落とさず一軍定着目指し頑張って欲しい。先発3試合、ヒットを続けている、打撃センスは抜群、楽しみな若者が現れた。

 杉内は流石に立ち直り、冷静なピッチングで7回まで好投して味方の反撃を待ったが、多村の交代荒金の無死2塁打は無駄になり、多村と衝突した長谷川のヒットは的山がシートノックの様な遊ゴロ併殺、二つ目の勝ち星は遠かった。

 しかし、いつまでも暗いムードに浸っていても仕様がない。過ぎた事は過ぎた事、心機一転、反攻に転じよう。

 明日は、大場翔太唐川侑己、注目の対決である。唐川は80年高卒ドラフト1位、大・社1位の大場としては意地でも負けるわけにはいかない。局面打開を図るには結構の舞台になる。打線も新人育成などと言う揶揄を跳ね返して、遠慮なしにプロの洗礼を浴びせて上げようではないか。

  頑張れ 大場翔太!  頑張れ ホークス!! 
コメント   トラックバック (2)

Kスタ宮城、雨天中止。

2008-04-24 21:22:09 | Weblog
 長期ロードの最終戦は雨で中止となった。正直現在の打線では岩隈を打ち崩すのは難しい。三連敗の可能性もあっただけに恵の雨というべきか。しかし、一方では打線が奮起して岩隈をKO,最終戦を白星で飾り、Kスタの「呪」を一掃・・と言う思いもないではない。
 楽天側にしてみれば勢いに乗って三連勝、そして開幕シリーズのリベンジを・・と意気込んでいる矢先の雨天中止は残念に違いない。
 まあ、やっぱり天助と感謝することにしよう。

 お蔭で監督以下主力選手は急遽空路福岡へ・・移動日ゲームは回避された。
 明日は杉内俊哉清水直行、今度こそ・・の杉内に期待しよう。

 ロッテはズレータを登録、26日には唐川侑己の初先発を予定している模様、2008年高校ドラフト、ビッグ3の一人。初顔苦手のホークス打線、他チームの若手育成をしている暇はない。ホーム三連勝で早く借金を返しましょう。

 頑張れ 杉内俊哉!  頑張れ Hawks!!

コメント (1)

完敗・・・・(嘆)

2008-04-23 22:13:09 | Weblog
 今日も又、3点を追う展開、大隣は序盤に乱れる回を作る癖があるらしい。

 永井とは同期対決、今回も勝てなかった。1回にフェル、山崎に痛打され3点を失ったあとは互角以上に渡り合ったと思うが、打線が真ん中で切れてしまってどうしようもない。Tがやっと復帰したと思ったら、昨日のクリンナップMKSが開店休業。  何故、好調と思えない永井を打てないんだろう・・・分からない。

 エキサイトする場面もない、淡々とした攻撃、27アウトのうちフライアウトが13、三振が7、僅かに7回長谷川のヒットから2死満塁のチャンスを作ったが、期待の4番松中があっさりボテボテの遊ゴロ、事実上ここで完封負けが決まってしまった。

 今日も2桁残塁10。

 鬼門も呪も関係ない。文字通り力負け、又もカード負け越しが決まり、借金がどんどん増えていく。
 
 明日は長かったロードの最終戦、終りをしっかりと締めて、ホームのロッテ戦で巻き返しを図ろう。

 苦しい時のガトームソン頼み、・・・だが、相手はスーパーエース岩隈、苦戦は必至、と皆予想するが、その日によって変わるホークスの意外性打線、案外打ちまくるかも・・・

 頑張れ ガトームソン!   頑張れ ホークス!!
 
コメント (3)   トラックバック (5)

痛惜!ミスが・・・

2008-04-22 22:47:27 | Weblog
 野球ではよく言われる言葉である、「ミスが出た方が負け」。

 結果はその通りになった。痛い、本当に痛い、7回の失点。
2死1・2塁で打席に鉄平、小椋の球威からすると抑える公算大であった。
 小椋、力んでワンバウンド、痛恨の暴投となり走者は進塁2・3塁となる。形勢は完全に逆転した。
 鉄平の2ゴロは難しいところへ飛んだ。追いついた仲澤が懸命に1塁へ送球したが間に合わず、痛い失点となる。
 若し1・2塁のままだったら2塁フォースアウトでチェンジになっていただろう。野球に〈たら〉はないのは承知しているが、次の回、松中の豪快なホームランがでているだけに何とも悔やまれるミスだった。

 楽天戦はいつも2・3点のビハインドから追っかけて逆転するパターン、今日も4回、小久保の3号2ランで追っかけたが、結局1点が届かなかった。
 パウエルが無駄な点を与えすぎたことが直接の敗因だが、山下のラッキーボーイぶりは気にかかる、明日、明後日も要注意だろう。

 今シーズン2回目のMKアベック弾も実を結ばなかった。だが、M砲、K砲とも文句なしのホームラン、ともに「らしさ」を充分に見せた芸術的HRだった。特に松中は打った途端、ライト席上段に飛び込んだ凄いホームラン。

 敗戦の中にも明るい話題、MK砲が起動すればT砲も続く、打線も本来の調子を取り戻すに違いない。

 明日は大隣憲司永井 怜、同い年の対戦、07ドラフト大・社希望枠と1位、  負けられない。   

        TMKの揃い踏みを見せてくれるか・・・

 頑張れ 大隣憲司  頑張れホークス
コメント   トラックバック (6)

復帰初勝利! 和田 毅。

2008-04-21 00:06:58 | Weblog
 僅かで勝利に手が届かなかった2試合、やっと3試合目で復帰初勝利を手にした。

 おめでとう!和田 毅投手。

 7回1/3 6安打2四球、7三振、失点は2。 7回まで4安打散発無失点に抑えていたが、8回一死後田中、稲葉に連続ホームランを喫し、マウンドを小椋に譲った。それまで無安打に抑えていた二人だったが、疲れでやや甘くなったのかも知れない。

 小椋がナイスリリーフ、9回表には川崎の四球を足場に柴原安打、松中犠飛で1点追加、反撃の気運を摘み取った。9回はホールトンが三人で片付ける。グッジョブ!

 和田の本格復帰は明るい材料、打線も主砲松中の当たりが鋭くなってきたことをはじめ全体的に調子は上向き、今日川崎がノーヒットだったが、又固め打ちしてくれるだろう。
 下位では荒金、山崎に注目している。荒金は打撃開眼の兆し、山崎もボールをよく見るようになってきた。

 多村は楽天戦には出てくるだろうし、大村、本多、井手が復帰すれば随分層が厚くなってくる。

 それまで余り離されないようについていけばいい。我慢、我慢・・・・

 明後日からは仙台Kスタ宮城で楽天戦、ホームゲームは滅法強い楽天、開幕シリーズのリベンジを狙ってくるだろう。締めてかからねば・・・

 頑張れ  ホークス!!
 
コメント   トラックバック (5)