たかとくめせん

たかとくの育てている植物や、日々の行動について。なるべく毎日更新しようと思ってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こんな時なのに(怒)

2011年03月19日 | 平和への願い
今日は我が車の燃料メーターが朝から0目盛だったので、
ガソリンスタンドへ開店の2時間前に行きました。
すでに長蛇の列で、スタンドに辿り着けるのか?
今日入れられるのか?ダメだったら帰れないぞ
と、とっても不安だったのですが4時間半後に入れられました。
もーヘトヘトです。帰る時には、まだ長蛇の列がありました。

ホント群馬は車多すぎです。

話は変わりますが、しばらく前からたかとくの携帯にはスパムメールが届きます。
それは先週の金曜日以降も減っていません。
安否確認するにも回線が繋がりにくい状況だというのに、くっだらないインチキメールを送りつけてくる人間がどこかに居るという事には腹がたってしかたありません
さらに、義援金を装ったサギまで現れているらしいです。

一方で、被災地への支援も広がっています。
たかとくの行っている会社でも、近々義援金を送るようです。

日本はお金が無いと生きて行けない国ですから、こういった両面が生まれるのでしょうね。

コメント

ハルカカナタノ2人をおもふ

2009年11月15日 | 平和への願い
退院してからは毎晩一緒だった息子が、今日はいません
昨日今日とたかとくは遠く離れた愛知県に来ているのです。

生後40日が過ぎ、風呂好きの遺伝子が目覚めつつある息子。
毎日変化していく時期で、大変ですがいつ言葉を発するか?いつ歩き出すか?とても楽しみです。

少々疲れていますが、帰ったらダッコしてあげたいと思います。
また重くなってるんだろうな~



もちろん母もいたわりますよ
コメント

イヤな目覚めでした。

2009年07月13日 | 平和への願い

 今朝は激痛で目が覚めました。
こむらがえり」です。
慣れてくると直前に察知できるようになります。
右足に「キター」と思ったの時、左足で伸ばそうとしたのですが左足までつってしまいました。ミイラ取りがミイラです。
これはヤバイと思い、慌てて起きて手で伸ばしました。でも、痛みが消えたのは左足だけでした。
あまりの痛さに、ただ足を押さえて耐えるだけでした。
 その場で立ち上がるか壁を足で強く押すとかすれば、理論的には痛みが消えるらしいのですが、痛くてそれどころではありません。
頭では分かっていても、体が言うことをきかない時だってあるのです。

 もう一度寝て、起きてから近所のホームセンターに行ってきました。
2Fにあるカフェでティラミスエスプレッソを頂きました。
美味しかったですよ。
コメント (1)

ホームページが消えた?

2009年06月25日 | 平和への願い

 今日、自分のホームページにアクセスしたら「サーバーに接続できませんでした」と表示されました。
他のサイトは見られるのに、自分のページが見えない。
なぜ?と思い、レンタルサーバーのホームページを見たら、ここも繋がらない。
どうやら、使っているレンタルサーバーがダウンしていたようです。
メールも見られず、困ります。

少しの間復活した時があったので、その間にメールを受信しましたが、全部のメールが受け取れているのか不安です。
商用に使っている人は怒っているでしょうね。
気をつけて欲しいものです


話は変わりますが、今日は近所のラーメン屋に行ってホッピーを飲んでみました。
初めて飲みましたが、意外とイケる

もうちょっとホップの香りが強くて、もっと炭酸が効いてれば、さらに美味しいんじゃないかと思いました。

‥それは、ビールだな


爽快さではビールに負けますが、ホッピーはプリン体がなく、カロリーも低いらしいので結構良い飲み物だと思いました。
下手なビールや発泡酒よりは好きですよ。安いし。レトロな感じも良いし。

コメント (1)

シンポジウムin神奈川

2009年02月23日 | 平和への願い

 今週末は、神奈川県に行ってきました。
教育を取り囲む現状を学びました。
色々な問題(貧困、教員免許更新制度、教科書問題etc..)に直面していること、その中で子どもと向き合う事の大切さ、子どもから学ぶ事、助けられる事の多さなどを教育現場の当事者から聴く事ができ、考えの幅をまた少し広げられたと思います。

 これらの問題は、今すぐ解決できるものでは無いけれど、現状を知り考えることは少なくとも必要でしょう。その中で自分にできる事をやっていく、それが大事ですよね。

コメント (2)

いい気分と悪い気分

2009年02月16日 | 平和への願い
週末は、とある音楽会に行ってきました。
色々な趣向を凝らした、とても面白いものでしたよ。
あれだけの演奏や演技をするには、きっとたくさん練習したのでしょう。
土曜日は良い気分で帰れました。

日常にもどり、今日はTVを観ました。
TVタッ●ルという番組です。
一応、政治の討論番組なんですが、
「とりあえず話を聞けよ」と言いたくなりますね。
いい大人なのに、他人の意見を聴く態度がなってません。
とくに三宅っていう評論家?が悪いですね。
みんなで問題を解決しようっていう風にならないものですかね?

その後のニュースでは、大臣の醜態が映っていました。
日本の恥です。風邪薬が言い訳になるとでも思ったのでしょうか?
たとえ本当でも、ありゃダメでしょ。

ていうか、古館さんは体調悪いのかな?
なんか心配な感じです。


コメント

今夜も冷えます

2008年09月12日 | 平和への願い
実は昨日から、会津若松に来ています。
昨日ホテルに着いた時にはもう暗くなっていたので、風呂に入ってラーメンを食べたくらいでしたが、今日は仕事が明るいうちに終わったので、鶴ヶ城に行ってきました。

大きな堀のある、立派な城です。
堀には、鴨や鯉が泳いでいます。
堀を渡ると、中には広々とした鶴ヶ城公園があります。
夕日を受けて、天守閣が良い感じです。
今は5層だけど、昔は7層あったとタクシーの運転手さんが言っていました。
大地震で傾いてしまったのを、5層に作り直したらしいです。

夜は駅内のお店で食事しました。
天ざるそばです。
それと一緒に、地酒のお試しセットがあったので呑んでみました。全部純米酒で、呑みやすかったです。
個人的には、やや辛口の会津娘が一番良かったです。なかなかレベルが高いなと思いました。

ここは標高約218mという事で、夜はけっこう冷えますね。
ちょっと厚着しないと寒いです。そろそろ寝ようかな‥
コメント (1)

平和のためにできること

2008年06月23日 | 平和への願い
 昨日今日と、名古屋に行ってきました。
新幹線で約3時間半の旅です。
移動時間を使って、「チャーリーです地球人です」という本を読みました。
一部の人からは「今頃かよ!」なんて言われそうですが、今頃です。

 彼は、一部で自分とかなり近い考えを持っている人だなと感じました。
エコロジー的な考えや、平和に関する想い・現状の日本に対するもどかしさといった部分にとても共感できます。
 たかとくも、世界で一番無駄なものは軍隊だと思っています。
そこで働く人、それに依存して生きている人は多いです。
それでも、軍隊はムダだと言いたい。
大量の資源を使い、多額の税金(日本は約5兆円!!)を投入しています。
そして一生懸命人を殺す練習をしている‥
「国を護っていると言っているけれど、本当に護っているのは一部の人間の贅沢な暮らしだけじゃないのか?」なんていつも思っています。
護るべきものは、もっとたくさんあるだろうに。

 もし、全ての国が軍隊を無くし、武器を無くし、軍事費を福祉や生活支援に注ぐ事ができたら、どんなに豊かな世界になるだろう‥

そんな事をいつも考えています。
もちろん、これは理想論であり、実現は難しいでしょう(人の幸せを奪ってまで贅沢な暮らしをしたいという人がいる限り)。
でも、そんな世界を夢見てやみません。
自分の日々続けている活動は、遠くそれを見据えているのですから。

コメント (2)

忘れちゃいけないことがあります

2008年03月21日 | 平和への願い
 昨日は3月20日でした。
ちょうど5年前、アメリカがイラクへ攻撃を開始した日です。

 フォトジャーナリスト森住氏の講演会に行ってきました。
以前にも森住氏の講演を聴いたことがあり、その時はイラク国内で行なった取材の話でした。
イラクの人々を収めた写真を見ながら話をされていたのですが、その時の人々の表情(とっても良い顔)と爆撃による被害の様子がとても印象に残っています。
テレビの報道では、遠くの方で何か光ってる様子しか分かりませんでしたが、氏の話を聴くと地上から見た爆撃の様子が目に浮かぶようで、アメリカ政府と日本政府に対して強い怒りを憶えました。
さらに、その攻撃に使われた兵器が人道に反した物(爆撃そのものが人道に反したことだと思いますが‥)であったという事で、なおさら許せないと感じました。

 その森住氏が現在は沖縄へ行って取材を続けているとの事で、今回はそのお話を聴かせてくれました。
氏は、教科書から「沖縄の集団自決は政府の命令だった」という内容を削除しようとした事についての取材をしていて、体験者から聴いた事を伝えてくれました。
そのお話を聴くと、「集団自決」という名称さえも歴史の事実を曲げて伝えるものだという事が良く分かります。
当時子どもだった方の話を聴くと、その様子が目に浮かぶようでした。それは自決なんかじゃなく、日本軍が強制的に死なせたんだと。
その方はどんな思いで語ったのだろう、今までどんな思いで生きてきたのだろうと思うと、戦争という物、それを起こす者に対して怒りは強まるばかりです。

 この事はニュースで聞いて知っているつもりでいましたが、何にも分かっていなかったんだと思いました。教科書に「沖縄で集団自決が行なわれた」と書いてあっても、目の前で殺しあう親子の様子や、親戚に木の板で殴られる痛みは決して伝わらないでしょう。
しかし、日本の歴史から消してはいけない。無かったことにしてはいけないと強く思います。

 テレビでは、国土交通省が税金で紙のおもちゃを作っていたなんて事を一生懸命報道していましたが、そんな事よりも目を向けるべき場所があるでしょう。
大量破壊兵器を持っているなんて言って、大量の破壊兵器で人殺しをしたアメリカと、それを支持した日本。
5年の月日が流れたからといって、その事実を忘れてはいけません。
コメント (1)

やまないカーテンコール

2007年09月15日 | 平和への願い
今日は、舞台を観てきました。
あかひげ」という無料養生所の話です。
 政治や人間の生き方へのメッセージが込められた良い作品でした。

 また、舞台って映画とは違った魅力を持っているんだなと改めて感じました。
場面を切り替える為のアイデア、演出方法、各人の動き等、本当に良く練られています。
特に幕の上げ下げと、照明の使い方が素晴らしいと思いました。
 そして、役者さんたちがとっても楽しそうに見えました。
観客の反応が直に見える中で演じるのは、緊張感があり、多少の怖さもあるでしょうが、この上ない喜びがある事でしょう。
カーテンコールの時に浴びる拍手は、最高なんだろうな~
と、うらやましく思いました。
舞台から離れられなくなる役者さんの気持ちが少し分かった気がします。
コメント (1)