森歩き 事務局日誌2

森に山に、森林ボランティアに面白いものがあればなんでも見に行きます

猪ノ瀬戸湿原に 作業日が来た

2022-05-23 22:50:44 | 自然保護活動

毎月第4日曜日は 猪ノ瀬戸湿原を守る会の定例作業日

先月4月は結構雨が降っていたので行かなかったら 何人かで作業をしたらしい 恐ろしいとこじゃ  雨は休みのはずなのに

で、今回はいい天気で また柵を立ててます

この方が咲いているのでね シカ食うなよ フナバラソウ

これは 遊歩道の板に釘が浮いてきているので 打ち込んでいるところ

石でやると以外と力がいる  5寸釘ガンガン打ち込んで作った手作りの遊歩道です  板は城島のジェットコースターの廃材

あと エビネも囲って ヒゴタイの周りの草を刈って 作業は終わり

ネットを境にして シバ刈りをしたみたいに草丈が違います しっかりシカが食べているのです

スギの皮も剥いで食べている  やっぱ囲いは必要だなあ  景観は悪いけど あとシカにも悪いけど

で、おべんと食べて午後からは観察会 O先生もうれしそう

アザミがたくさん咲いて チョウもたくさん キタキチョウ

羽化したばかりか じっとしているオオミズアオ  お顔 デーモン閣下に似てない?

湿原なので トンボもたくさん たぶん ニホンカワトンボ?

湿原の向こうに 由布岳が顔だして いい感じです  足元はあちこちシカの糞だらけで匂うけどね

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

上野の池で フォローアップ観察会

2022-05-22 23:06:14 | 自然観察会

我々 自然観察指導員は いつだってスキルアップに努めているのだよ

上野の森で フォローアップ研修会その1 

アメリカザリガニの駆除も行うということで呼びかけましたら みんな網やらバケツやら もちろん長靴

池には カルガモが寝ておりましたが 薄目を開けて みんなが池に来たら 飛んで行ってしまいました

昨日から沈めていた捕獲籠を上げると

でっかい アメリカザリガニ こいつに 2名ほどハサミで挟まれて うっすら血も出まして

油断は禁物です  

後は小さなザリガニが12匹  思ったよりずっと少ないのですが これは喜ぶべきことです

かわりに オオイタサンショウウオが 上陸間近のも まだ外鰓のあるのも たくさんおります

ヤゴも何種類か アカハライモリも数匹  モノアラガイとカワニナ

それから シュレーゲルアオガエルが鳴いていましたが

Sさんが 石の奥から捕まえてくれました

もちろん産卵の時期ですので 卵もありました 

フォローアップ研修のはずだったんだけど なんだかお楽しみ観察会のような、、 研修だよねっ!

でっかい ヤゴの抜け殻  水中生活から 空中生活へ すごいなあ 

ヒトも生まれるまでは 水(羊水)の中にいるので一緒なのかなあ  なんも覚えとらん

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

播磨谷から 鳴子谷まで

2022-05-16 23:31:25 | 植物研究会

植物研究会で 佐伯の播磨谷で植物調査  

いきなり バリバリ言わせて  バリバリノキ  火で焼くとバリバリいうからだそうだとか

葉っぱ2枚ほどもらってきました  今度焼いてみよう

谷なので シダがたくさん キヨスミコケシノブ   苔というけどシダなのよ

ヒメクラマゴケ というけど シダ類なのよ  ずっと苔だと思ってコケ図鑑で探していて見つからなかったはずだわ

小さなかわいい チャセンシダ  シダです

ちょっと 休憩 ってイラガのコップでは 飲む気はしませんね  ○○〇〇〇タゴという別名もありますからね

お口直しに ホウロクイチゴ  なんかこうやってみると 一重のバラみたいじゃ

これは ナンバンキブシ  ただのキブシではいかんのだ キブシよりすこし大きい?

それから 階段のやたらおっない 堅田神社に行って

上から見たところ 怖いので迂回して 坂道を上りました

ミサオノキ 初めてみて 花が咲いているのも珍しいのだそうですが  よ~わからん

それから 別の場所で

ニラバランというのを 見て 小さくてやっと撮った写真 なんか愉快な仲間たちみたいな

雨も上がって 帰りました

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

下判田の里山で観察会 ウキウキ

2022-05-10 22:41:07 | 自然観察会

5月の気持ちのいい日曜日 ウキウキの観察会 というのもこの下判田の向こう側の

テニスコートや野球場を作る工事が1年伸びたので ここの排水工事も1年伸びたということなんです

このままずっと工事が延期になるといいのになあ

天気がいいので川べりには アゲハチョウが水飲みに何頭も来ています

早速降りて行って 帽子でゲット  モンキアゲハ すげえ

トノサマバッタも捕まえた トンボもなんでも捕まえる  ここに来る小学生男子は特別なのよ

川には カメがスイスイ さすがにこれは無理のようで 網を持ってきたらよかったと悔しがっていました

池では ヤマアカガエルのオタマジャクシとオオイタサンショウウオの幼生とアカハライモリがおりました

オオイタサンショウウオは 後ろ足も生えて 上陸も間近かです(写真ではわかりにくいですが

オオイタサンショウウオは 前足から先に生えます)

ツチガエルも池にいて これから産卵ですかねえ 雨を待っているのかな

クサイチゴがたくさん赤い実をつけていて しばらくおやつタイム 子どもたちはたくさん摘んで大人たちに配ります

配れるほど 余裕でなっていたんですよ

ノイバラの花は 白く輝いて とてもいい香りがします  いいなあ お庭に薔薇のアーチができるならノイバラです

ギンランも観察路のはしに何本も生えていて 1本踏まれてしまいました

コンニャクの花も咲いていて みんなで鼻を近づけて みんなで くせ~~

まあ ハエがあまり来ていなかったので これからもっと臭くなるのかも

次から次にいろいろなものが 顔を出す里山の観察会は とても楽しいです

チガヤが 風に揺れて  もうこんなになったら食べられないねとちょっと残念

これらは 子どもたちのこちょこちょの道具となって お土産になりました

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モニ1000 沢水調査

2022-05-08 22:59:04 | モニタリングサイト1000

良いお天気 お弁当持って 植生調査 沢水キャンプ場は12時までは静かです

入り口のイヌガヤの木に カヤランの花 ほんと葉っぱカヤに似てますねえ 花が咲いていたから見つかったようなもの

ヒメレンゲも満開になって 素敵に明るくなっています

コケイランの花もたくさん咲いていました

ここで ヒキガエル登場 小さめだけどかわいいね

ウマノアシガタの上には ハナグモさんが お腹すいた?

なぜか アゲハモドキが 地面を歩いていて 羽化がうまくいかなかったのかな 羽が乾いたら飛べるよね

草原に出ると 一面に ハルリンドウ  この株はモニ1000調査のために

蕾と花と種を用意してくれていました 植物は つぼみ・花・種のどれかがついていないと記載できません

時々 全部そろっていることがあり そういう時は 3点セットと呼んでいます

日当たりがいいので 林縁ではシマヘビが日向ぼっこ するすると逃げ出したところの

顔を撮りました ちょっとぼんやり顔?

クサボケも 緑の草原にたくさん咲いていて やたらと草刈りされる場所で頑張ってます

ヤマトキソウもマイサギソウも 草刈りで姿を消してしまいました

調査は 13時を過ぎてしまい(いつものことですが)草原にはテントが立ち始めました

テントの周りの草丈が せめて10cmあれば お花畑になるのになあと思いました

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする