森歩き 事務局日誌2

森に山に、森林ボランティアに面白いものがあればなんでも見に行きます

陣屋の村でコラボ

2021-06-12 22:53:34 | 自然観察会

今日の陣屋の村の観察会は「大分きのこ会」の方々とコラボの観察会です

最初にお出迎えしてくれたのは 白のホタルブクロ たくさん咲いてました

 

クリの木広場では

クリの花 下がったたくさんの雄花と 丸っこい雌花  美味しいクリの実になってね

ツバメシジミ しっぽがうまく撮れたのでうれしい

さてさて キノコでありますが

メインのヒメヒカリタケ 今年もたくさんありました

この小さなキノコも光るそうです アリノトモシビタケ  かわいい名前ですねえ~

アリの巣穴の中は真っ暗なので このキノコを持って行って ランプの代わりにするのかしらん

保護池では ヤマアカガエルが上陸中です。 まだシッポがついてます 池のまわりには小さいのがぴょんぴょんしてます

マンネンタケの幼菌だそうです  私が名前を付けちゃる ズバリ カエルノコシカケ でどうでしょう

キノコの上に違うキノコが生えてます ようわからん奴らです

ちなみに 若いキノコは 幼菌 終わりかけたキノコは 老菌というそうです  「ろうきん」ってうちのNPOがお世話になってますが 

たくさんのキノコを教えていただいて 頭がいっぱいになったところで キノコあわせ

今回の私の1番 クロサイワイタケ というのだそうです 子のう菌の仲間で雌雄があって

この角の先から 胞子を飛ばすそうです ソウメンタケとは違う種みたい 

もうわけわからん から 面白いねえ

 

 

コメント

にぎやかしいのは 県民の森の観察会

2021-06-08 22:37:08 | 自然観察会

毎月第1日曜日は県民の森での自然観察会  まあ~にぎやかしいこと

子供たちがやってきて 木に登るのがお約束になっています

今回 梅の木に登って 梅の実を落としています  登らない人は 梅の実を拾いました

オオシマザクラのサクランボを味見したり カボスの木の葉の上の 小さなたぶんナガサキアゲハの幼虫を見つけたり

丸まった葉っぱを広げてみたり  小さな虫がいました

こっちには イモムシが入っていました なんの幼虫かな

これは、、ぎゃぼー!! ムカデが入ってるー  なんでんかんでん覗くのはやめよう

茎には アカホシテントウムシですかねえ せっせと歩いていました

花びらのようなキノコが地面に生えてます  キクラゲのようですが 地面からでてるしね?

桜の幹には 穴が開いてます  アオゲラさんがあけて 途中でやめた穴だそうです

なんか 気に入らんことがあったのでしょうか

フウトウカズラの雄花って 毛虫みたいね いっぱい下がっていました

足元にゴホントゲザトウムシ  足短い分 がっしりしています

あちこちにひっかかり 覗いたり 味見したりの観察会

楽しかったですよ キイロクチキムシさんの黄色い上着も 楽しそうです

 

 

コメント

寒いモニ1000

2021-06-07 00:09:16 | 自然観察

6月なのに 久住のキャンプ場は 16℃ でモニ1000調査開始

クロツグミが出てきて カッコウが鳴いて いい感じ

ガマズミの花がきれいです  でも前回咲いていた花たちは種になって花の種類が少ない

おまけに 花が落ちてまだ種ができてないのなら 種・実でカウントできないののでは ということで

なんだか寂しくなってしまう

ところが今回から シダ類も対象とするというので シダの葉っぱはみんなひっくり返してソーラスがついているか確認

もう じみ1000です

でも虫たちはみんな元気

ヒメアシナガコガネが大発生して あっちこっちの葉っぱをむしゃむしゃ

サナエトンボの仲間が羽化しています

ハナグモは ごはんのアブを確保  背中(腹)の模様が笑っているようだと

草原に出ると

クマイチゴ ルビーみたいで色はきれいなんだけど味はいまいち

陽がさしてくると ダイミョウセセリが日向ぼっこ 寒いよねえ おまけに調査員のS氏が

オヤジギャグ連発で 余計寒い

竹には タケカレハ

柳には ドロノキハムシが 大量発生して 丸裸

マルハナバチだとおもうのだけど 黄色の服

クサボケも実がついていました 

今回の調査でショックだったのは ブタナとヒメグンバイナズナがあったこと

今まで(7年くらいの調査ですが)なかったのに、、、 ここんとこコロナ騒ぎで

キャンプ場が大賑わい 特に昨年は多かった ソロキャンプもたくさんいれば密になる

今年生えているのをみればお客さんの車やら靴やらについてきたのか そのせいかなとも思います

にしても 残念なことです

 

 

 

コメント

晴天に撤去  鹿ネットかたずけ

2021-05-31 23:16:26 | 自然保護活動

4月に設置した鹿ネットとロープを 牧野組合さんとの約束通り 撤去しました

総勢18名  梅雨とはいえ晴天です まだ5月なので 五月晴れ

すっかり 草丈の伸びた牧野

ロープをとったら ネットを止めているペグを抜いて 結着バンドを外して ネットを絡まないように外します

軽トラに積み込んで終了 9時に始めて 11時半に終わりました まずまずです

ネットの中のサクラソウは無事に花を咲かして 種をつけて もう種もこぼれていた株が多かったです

これを見ると 任務完了という気持ちになります よかった

来年もまた ネットを張って外して また再来年も、、、 あんまり先のことは考えないことにしよう

草むらには

かりにくいとは思うけど テンナンショウ マイズルテンナンショウだとレッドなんですが諸説あり

たくさん生えていました

コモリグモさんも出てきて  あー名前がわからん

お弁当食べて 観察会を隣の山でして帰りました

タンナサワフタギの 白い花がとてもきれいでした  

疲れたなあと言いつつ夜は蛍を見に出かけたのでした

 

コメント

ダイオウイカ 奇跡の遭遇 窪寺 恒己著

2021-05-25 22:47:35 | 書籍紹介

2013年に発行された ダイオウイカの本です。

2012年にNHKの番組で放映されたので こちらをご覧になった方も多いと思います。

実は 2004年に小笠原沖で 生きて活動している様子をこの窪寺センセは観察撮影されたいたのです。

年によっては 日本海側の海岸にダイオウイカの死体が上がってのがニュースになったりします。

生きてるやつは どこらへの海でどのくらいの深さで 何を食べているのか み~んなナゾだったんですね

撮影までにたどり着く過程が わくわくものです。 10年前の書籍なのに読んでいてライブ感はんぱないです。

小型の潜水艦で どんどん潜って ライトをあてて 仕込んだ餌を食べている様子を自分の目で見るなんて うらやましいけど

深海600m 怖いですね

ここまでに世界中の研究者が アイデアを出し合って 技術の協力があって  あ~ こうまでしても 生きているダイオオイカが見たいんだ!

なんせ 大王という名前がついているし、ペンギンは王様か皇帝だけど 大王ですよ 偉いのよ グソクムシにも大王がいるけど  くしゃみをしても大王は偉いのだ

で、マッコウクジラはイカばっかり食べるので 世界の海の イカの数を推測するところが面白かったです  まあいっぱい(1パイではなく)いるのね

で、鯨の種類によって食べるものが違うのもあらためて知りました。 そういやシロナガスさんはオキアミ食でしたね。

本の巻頭にある ダイオウイカの 顔のアップの写真は圧巻です。目ん玉がすごい迫力

地球上の陸地はほとんど人が見知っている場所になってしまったけど 作者の言われるように 海は未知のワンダーランドです

もそっと長生きすれば 面白いもんが もそっと見れそうです

 

 

 

コメント