VIVIEN住生活総研

住生活ジャーナリストVivienこと藤井繁子が、公私を交えて住まいや暮らしの情報をお届けします!

2019 新年のご挨拶…平成の終わりに

2019年01月01日 | 湘南・逗子の暮らし

2019年、平成最後の31年を迎え、いつもの様に氏神さん「熊野神社」にお参りし
甘酒を頂き、おみくじを引くと【大吉】さん!
(何もかも上手くいくようなメッセージには、逆に不信感・・・歳のせいかしら)
その足で、逗子大師「延命寺」へ除夜の鐘つきに並ぶ。


新年を元気でTim共々迎えられた事に、感謝、感謝…でも涙。
昨年、最愛のベスこと愛犬エリザベスが7月に亡くなり(前記事「虹の橋で待ってってね、ベス」
クリスマスには猫のクレオパトラまで、目が見えなくなってしまいました。

ベスの居ないクリスマス。日米の両親と天国で会ったかな?

19歳になるクレオ。突然クルクル回り出し、目が見えない事に気づかされ。食べなくなって焦りましたが、しばらくすると見えない事に慣れたのか、食べるようになり少々元気に(付きっ切り介護のTim)。

そして、‘ペット・ロス’という訳でも無いのですが、何か犬のお世話がしたくなって(Timは熱心に「神奈川ドッグプロテクション・KDP」の譲渡会ボランティアへ)
ジャックの里」の一時預かりファミリーをする事に。早速、やって来た(仮称)ジャック!

かなりの男前ジャック・ラッセル・テリア(推定3−4歳)、元気印で近所でも人気物になりましたが…やはりジャック、猫との共存は無理でした。
そして、ジャック・ラッセルを甘く見た我々は…ガブリと腕を噛まれて流血!やっと懐いた頃に、受け入れてくれるファミリーが見つかり
1ヶ月半過ごしただけなのに、別れが辛くなる始末。でも、ジャックにとっては、とても幸せな環境のファミリーに引き取られたのでハッピーエンド!

仕事は細々と、関心のあるテーマを取材し書かせて頂いています。やっぱり人が好きなので、住まいや暮らしを、その方の人生観と共に伺い「SUUMOジャーナル」で連載中。
【記事リンク→】
(YKK吉田前会長やトーヨーキッチンスタイル渡辺会長のお話は、サラリーマン社長とは一味違う生き方がステキ!)

昨年取材をした中では、ガン支援センター「マギーズ東京」の活動にも感銘を受けました。
【記事リンク→】
秋山マギーズ東京センター長は、長らく看護に携わってこられた〝市ヶ谷のマザーテレサ〟。

(私が幹事でもある日本不動産ジャーナリスト会議から「社会貢献賞」に選出し表彰。チャリティーコンサートを来月2月に開催予定! ↑ 詳細リンク)

4月は恒例のインテリア見本市「ミラノ・サローネ」取材。今年は主催者の歓迎ガラ・ディナーパーティ@王宮、にもお招き頂きました。

(ドゥオモの右手にある王宮にて)
クラッシック空間にKartell社のモダンチェアを使う設えが、サローネらしさ。自然・四季をテーマにした天井プロジェクション・マッピングが壮大!


(食事のテーブルに、ムスカリなど土モノを鉢無しで!?ワイルドなフラワーアレンジ)
ミラノ・サローネ情報は「Houzz」「SUUMOジャーナル」などWebの他、雑誌「住まいの設計」にはキッチン見本市のトレンドをレポート。


そして仕事より時間を費やしている(笑)テニストーナメント遠征!
北海道から九州まで、試合に行くのか観光に行くのか分からない旅を楽しんでいます。
富士山の麓の大会で
何と、優勝するまでに!?(運を味方に頑張ってます)
50歳枠での最終年、最年長者でキツかったものの年末JOPランクは過去最高の35位/252人。今年は55歳枠の最年少!ゾンビのように生き返るシステム(笑)
でも、プレーヤー数が更に多いので、自動的に10位は下がってのスタート。前途多難!

今年は団体戦などダブルスでも頑張りました。 
【鎌倉宮カントリーテニスクラブ】のメンバーとして鎌倉市クラブ対抗で優勝し
逗子市の地区対抗戦では【山の根地区】として準優勝。幅広い年齢層でのチーム戦、ご近所コミュニティも育まれる良い機会。

逗子市の大会では上手なパートナーと組んで頂き、女子ダブルスで2大会優勝🏆️
今年は勉強中のダブルスも、試合に出て行こうと思っています🎾

昨今、60が近づくにつれ?旧交を温める機会が増えて来ました。特に昨年は、大同窓会が二つ開催。
リクルートの同期入社【昭和61年(1986年)組】の同窓会@東京。社長やら議員やらが…相も変わらない芸で盛り上げ、大笑い!

更に、【大阪府立高津高校】は創立100周年の大祝賀会@地元大阪+東京の二会場で中継。

(私が出席した東京会場のホテルも200人近くが集合。同期は5人しか居ませんでしたが、大阪会場では同期会も開催されグループLINEが湧いてます)

そんな出会いと別れの1年でしたが、今年は平成に終わりを告げ
新しい年号と共に、新らしい出会いが沢山生まれる年になりますように!
日向で大あくびのクレオパトラ、長生きしてね〜
コメント (1)

住宅業界向けテーマ…CLTから海外事業まで「建材マンスリー」記事2018年一覧

2018年12月31日 | 住宅業界
「建材マンスリー」誌連載記事バックナンバー
コメント

Happy holidays 2018 @HOME

2018年12月25日 | My Home
Merry Christmas 🎄 My friends🤶
I had Christmas party at home in Japan, earlier than you guys in Europe and USA!

Turkey with cranberry sauce (little bit too brown?!)

Spinach soup…and more. I did hard work to cook!

Do you know Japanese love to eat Christmas Cake like this? (has to have strawberries on)

Guests were my tennis friends and Tim's ex-coworker couple.

Tim's daughter, Cleopatra has become blindness from last week...18 years old.

And my daughter Elizabeth is where

together with our parents passed away. Although last year Beth had have this Christmas hat on.


I wish your Merry Christmas and Happy healthy New Year!
コメント

『虹の橋』で待ってってね、ベス。

2018年08月08日 | MyFamily犬・猫・外人
1ヶ月前、7月8日(日)愛犬ベスことエリザベス(ウェルッシュ・コーギー)が亡くなりました。
なかなか書く気になれず・・・1ヶ月目にして意を決し、感謝の気持ちを残しておこうと思います。

保護活動をしている友人が、軽井沢の悪徳ブリーダーから救って来てくれたのが出会い。
12年前、私が初めて出会った日のことを書いたBlogがコレ。
「コーギー犬が来た!」 (ロングヘアーの自分にびっくり!?)
2歳って書いてあるけど、その後毛並みが変わったので1歳程度だったかも。
虐待されていたのか、何もかも怖がって、あらゆる音・物にビクビクしていたベス。

(なんと、見すぼらしい顔!リードも嫌がって、困りました)
ただ大人しく、何でも言う事を聞く健気な子。すぐに私にだけは懐き、全身でLOVEを表現してくれました。
そんなベスの世話をしていて、私は自分の変化に気が付きました。

「この子の為なら何でもしてあげたい」そんな母性本能が湧いてきたのです!?
子育てをしなかった私が感じたことの無い気持ち。ベスのお陰で心が豊かになりました。

(広報「ずし」にママと登場)

春夏秋冬、12年間を共にした思い出は尽きません。
春の公園で

(テニスのお供に日参していました)
 
夏の逗子海岸(海は嫌いなのに連れて来られ・・・)

秋、イチョウが綺麗な公園や

大好きな山歩き、裏山を駆け回り葉山へ遠出も

冬は雪に大喜び

雨の日も、2人でカッパ着てお散歩に。

コスプレも嫌がらず、クリスマスはトナカイに、ハロウィーンは魔女に。

ティムやクレオとも仲良くなって、4人家族生活を楽しませてくれました。

この1年は腎臓病を患いながら、毎日の点滴や不味い療養食も我慢して頑張ってくれました。
全部ママの為だよね・・・
そして先月日曜の夜、仕事やテニスで家を空けがちな私のスケジュールを知っていたかのように
何も支障がない時に、何も迷惑をかけずに、健気すぎる最期でした。
「ゆっくり、寝んねするんだよ・・・」(コレは元気な頃の写真、でも同じように眠っているようでした)


良くして頂いたペット葬儀屋さんが、この詩を教えてくれました。少し、死ぬのが楽しみになりました・・・
『虹の橋』
天国の一歩手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所がある。
地上にいるだれかと親しくしていた動物は、死ぬとその『虹の橋』へ行く。
そこには、草地や丘がひろがっていて、
動物たちはいっしょになって走ったり遊んだりすることができる。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく、快適に過ごしている。
病気にかかっていたリ歳をとったりしていた動物たちは、
ここに来て健康と活力を取り戻し、
傷ついたり不具になったりした動物たちも、
もとどおりの丈夫な体を取り戻す。
過ぎ去りし日の夢の中でのように。

動物たちは幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ不満がある。
それぞれにとって特別なだれかが、
あとに残してきただれかがいないのを
寂しく感じているのだ。

動物たちはいっしょに遊んで時を過ごしている。
しかし、ついにある日、そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向ける。
目はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめる。
突然、彼はみんなから離れて、緑の草地を跳ぶように走っていく。
あなたを見つけたのだ。
とうとう出会えたあなたたちは、抱き合って再会を喜びあう。
もはや二度と別れることはない。
喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友の頭と体をふたたび愛撫する。
そして、あなたは信頼にあふれたその瞳をもう一度のぞきこむ。
あなたの人生から長いあいだ姿を消していたが、
心からは一日たりとも消えたことがないその瞳を。

それから、あなたたちはいっしょに『虹の橋』を渡るのだ。


英語の詩「Rainbow Bridge」の訳のようで、英語の動画も沢山ありました。
(他の動物の動画より、文章だけの方が心にしみる)
ベスちゃんも、大好きな草原でゴロンゴロンしながら待ってっるんだよ〜

私を見つけて、走って来てね!!

Love you so much, BETH!
コメント

2018 初春のご挨拶、昨年を振り返り・・・

2018年01月01日 | 湘南・逗子の暮らし
新年明けましておめでとうございます。
Blogでの御挨拶、失礼致します。写真イッパイで波瀾の昨年を振り返り、新しい一年に歩み出したいと思います!
今年は戌年、我が家の愛犬ベスことエリザベスと言えば・・・暮れのクリスマスに高熱を出して死にかけましたが何とか復活。

(12−3歳、昨年より腎臓病で通院中。ペット医療の高コストを思い知る日々)
一方、クレオことクレオパトラは捨て猫だけあって、17年間病気一つせず今も家中を飛び回っています。


昨年、友人の書家・福島美生氏の個展で「欲しい!」と思えた作品に遭遇。象形文字の書を手掛ける福島さん、「笑」と書かれた掛け軸。

(ダイニングに20年以上掛かっていた絵を、軸に掛け替え心機一転)

色々あった昨年から「笑う門には福来る」、これもイイ出会いでした!

少し、昨年の仕事の振り返り。
「Sumai(住まいの設計)」での連載は終了しましたが、業界向けの「建材マンスリー」では引続き住宅業界の動向を連載中。
Webの「SUUMOジャーナル」では、お宅訪問の連載もスタート。私が気になる〝方々〟のお宅を訪ねる企画です。

新たなメディア「Houzz」などにも執筆挑戦しています。


また今年も[ミラノ・サローネ]に取材で飛びました。今年はライティング見本市「Euroluce(エウロルーチェ)」の開催年。

(最近は日本の桜の時期に、ミラノなので少し残念…展示会場にも八重桜?!)
オランダ人デザイナーMarcel Wanders(マルセル・ワンダース)率いるブランド「moooi(モーイ)」では、161作品の照明を一挙展示し圧倒

同じMarcel Wandersでも、ルイ・ヴィトンのために家具をデザインすると、こんな上品なチェアに!

一方、キッチンブランド「Boffi(ボッフィ)」で驚いたのは、一昨年に亡くなった建築家Zaha hadid(ザハ・ハディッド)がデザインしたキッチンが展示されていました。

(ザハの代表的作などトリビュート展示。ここに東京オリンピックのスタジアムが並ぶはずだったと思うと、感慨深い)

キッチンはニューヨークのマンションにデザインされたものを商品化。流線形で未来的なザハらしいデザイン。

さて、今年も仕事以上に頑張ったテニスですが、成果はイマイチ。20もトーナメントに出場しながら
全日本ベテランランキング(50−54歳)は56位(シングル12月時点)と、今一歩!来年は50位以内を目指したいですが年齢が最高齢になるので厳しい・・・

(ミックスダブルスでは初めて逗子市民大会優勝!パートナーのお陰です!!)
テニストーナメントでは、北は北海道から南は九州まで遠征(笑)行く先々で親戚や旧友に会うのを楽しんでいます。
初めて行った四国・松山では、初戦負け(泣) 道後温泉や松山城やらへと、観光へGO。

明治27年(1894年)に改築された本館は、温泉だけでなく建築として見ごたえ有りの道後温泉。
伊予国、松山城の築城主は加藤嘉明。城内で兜のコスプレ(?)に興じる50代。

奈良ではリクルートの大先輩、現在一条高校の校長を務める藤原和博さんを訪ね
建築科・隈研吾を乗せて案内したという同じ愛車ポルシェで、若草山頂上へ。

(藤原さんによるパノラマ撮影。小雨の中、若草山から奈良市内を望む)

夕陽が古都に沈む、後光が差すように美しかった。
実は奈良県、私の本籍地。吉野の叔母を訪ねた足で、仕事の取材へ。
日本でも浸透してきた民泊を「Airb&b」で体験宿泊。吉野町が運営支援する「吉野杉の家」。

(吉野川に佇む「吉野杉の家」、レポートはこちらご案内頂いた石橋さんは、大和ハウスの故石橋オーナーの御親戚)

そして今年の一大事は、23年来のパートナー、アメリカ人Timのタイ移住。
還暦を迎え、学校の仕事をリタイアしたTim。来日当時から「リタイアはトロピカルで」と聞いていたものの
いざ別れとなると(私は移住しませんので)、23年間の感謝と愛情が込み上げて涙涙で見送り・・・
しかし!その涙が乾かないうちにーーーーーーーー日本に帰って来たTim!?
日本に永住する決意をし、慌てて入籍(Timは初婚&私は2回目)、婚姻VISAを年内ギリギリで取得しました。

そんな怒涛の年を、周りの人に助けて頂き乗り越える事が出来ました。本当に有り難うございました!
2018年は皆様にとっても、穏やかに笑って過ごせる一年になればと祈っております。
本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます!
コメント

ペット、吉野杉、ミラノ照明、ZEH・・・2017年の記事テーマ

2017年12月31日 | 建材マンスリー連載記事
ペット関連は、まだまだ需要が広がります・・・

画像データが見つからず小さくてスミマセン。
この石橋さんは、大和ハウス創業者:石橋信夫オーナーの御親戚。お話していて、面影があるように感じました。

今年のミラノ・サローネは〝ルーチェ(照明)〟にフォーカス取材

ZEHの普及に励む住宅行政&業界の動向

木造化が進む、大手メーカーも工務店領域に?

さて、これからの住宅業界は・・・
コメント

迎春2017 −Beth12歳Cleo17歳Tim60歳⁉︎−

2017年01月01日 | MyFamily犬・猫・外人
明けまして、おめでとうございます。
穏やかに正月を迎えられる事が、どんなに幸せなことか。50を過ぎると毎年その想いが強くなります。
いつものように、氏神さんにお詣り。ご近所さんと挨拶を交わし、かまどで炊いた甘酒を頂き・・・
 
お寺では除夜の鐘をつき@延命寺、例年のラーメンを頂戴した上に、今年はペンライトまで!(新鐘楼堂のお祝)
 
おみくじでは、久しぶりに大吉を引きニンマリ!!


そんな2017年のスタート、実は相棒TIMが年男(酉年、Chicken!と言うと怒りますのでRooster)、ナント還暦であります⁉︎

(裏山ハイキングのお伴はBethちゃん。いつもは、私とBethがテニスコートへ向かう山越えコース)

私と言えば・・・2016年のテニス戦歴、優勝2回はじめ今までに無い経験を沢山積む事ができました!
日本テニス協会ベテランJOPランキング:50~54際シングルス69位
 
(50−54歳のオバサンの部、小さな大会ですが優勝は励みに!ご指導頂いているコーチや練習仲間のおかげです!!)

仕事はテニスほど進歩しておりませんが(謝)、恒例のミラノ・サローネやら30年弱ぶりのオーストラリアにも取材へ行かせて頂きました。
ミラノ・サローネ報告会をドイツの大手メーカー・ミーレさん主催で開催。「POPYE」「BRUTUS」などの創刊編集長・石川次郎さんとトークイベント。
 

次郎さんの息子さんのイタリアン・レストランBucaJuntaにてミーレ・ミラノ御一行の慰労会@外苑前

SUUMOジャーナルへ執筆のミラノ記事リンク

さて、年末のdocomo解約に続いて、年初は日本経済新聞の紙版を解約してWEB版に変更!今頃、やっとですが・・・
30年間の付き合いに終止符を打つには、結構な勇気がいるものです!
紙面だと、関心が無いテーマも目に入り社会を俯瞰できる感覚がありましたが
WEBでは、興味の無い記事はクリックしないから視野が狭くなりそうで不安。当分、紙面画像版をPCで確認してしまいそう。

(WEB版にしても300円安くなるだけ。新聞紙って、鏡や窓ガラス磨きに重宝なんだけどね)

チラシが入らなくなるのも淋しいですが、配達員さんにも思い出が。
仕事で夜な夜な原稿書いている事が多い私。午前3時頃、寝る前にBethを散歩させていると
配達のおじさんがやって来て手渡しで貰ったり・・・今日から会えなくなるのに、挨拶ができなかった。

2017年も、色んな出会いや別れがあるに違いない。
17歳になるCleoことクレオパトラは、オムツ姿のBethを尻目に全く老い知らず⁉︎

やっぱり野良猫の血は強いなぁ〜 私も負けずに筋トレ&ストレッチで、猫のようにコートを駆け回ります!!
コメント

Merry Christmas 2016 !

2016年12月25日 | MyFamily犬・猫・外人
静かにクリスマスを終え、今年もあと1週間に。
我が家の愛犬Bethちゃんは推定11歳。

先月からお漏らしするようになり・・・オムツ姿に。「何、撮ってんのヨ!」尻尾無しのコーギーは人用オムツでOK。


私と言えば、11月はオーストラリア出張へ(シドニー&メルボルン)
 

(オーストラリアの住まいは裏庭に面したテラス〝アルフレスコ〟が特徴。「建材マンスリー」掲載記事参照)

帰国後は河口湖の取材へと、中央高速を富士山に向かってひた走り

今年ミラノ・サローネにご一緒したカリスマ編集長・石川次郎さんのセカンドハウスへお邪魔し

(SUUMOジャーナル編集メンバーと、御歳75歳の次郎さんを囲んで)

テニスの試合にも毎週参戦!思いの外、トーナメントを勝ち残りスケジュールがキツキツに!?
とうとう、風邪→喘息発作でぶっ倒れました。無理は禁物、反省しきり・・・

気管がイマイチの中、毎年恒例の明海大学にて演壇に。日本で唯一〝不動産学部〟のある大学、3年生向けのキャリアデザイン授業。

(浦安市長、会社社長、業界団体の長などが登壇するシリーズの1コマを担当)

10年以上通わせて頂いてると、学生との年齢差がどんどん開き・・・〝先輩〟から〝お母さん〟になってしまた。

そして今日クリスマスには、17年継続していたdocomoとのお付き合いを終了。
スマホはそのまま、MNPで通話SIMを安いキャリアに乗り換えた!(月5000円安に)
初めての携帯から17年間、お世話になりました。(その前ってポケベルだったんだよね(笑))
何だか、過去から未来に踏み出したような気分


コメント

オーストラリア取材、日本の住宅会社が続々進出 「建材マンスリー」

2016年12月24日 | 建材マンスリー連載記事
コメント

「Sumai(住まいの設計)」連載記事にて、お恥ずかしながら…

2016年09月22日 | 雑誌掲載記事
住宅雑誌「Sumai(住まいの設計)」(扶桑社)の連載記事に、丸編集長と登場しておりますが
最近はオチャラケ過ぎ?! 体験宿泊のモデルハウスにて、IHクッキングで中華を料理してみたり・・・
(3月号)
ナント!今月9月発売では・・・
(←表紙にHPリンク)
〝健康〟テーマとしながら

入浴シーンまで御披露!?調子に乗り過ぎ(笑)由美かおる、ちゃうっちゅうねん。(因みに、由美さんと食事した事ありますが…美しく淑やかな方です)

パナソニックの「美泡湯」という設備をホテルにセットして撮影。
微粒子の泡で気持ちよく、美容と健康に効果的な住宅設備という話です。
テニスの疲労回復に、毎日入浴派の私は健康設備に興味津々なり。
コメント

終の住処&MilanSalone2016

2016年09月11日 | 建材マンスリー連載記事
2016年4月ー8月執筆のコラム@「建材マンスリー」。
終の住処選びは、50代になって益々我が事に。この分譲型はマジで検討中!(投資としても悪く無いが、必実需)


今年のミラノサローネはキッチン見本市「Eurocucine」の年。近未来のキッチンは、私達のイメージを超えそうです!




コメント

女性活躍推進法世代に、均等法世代からのエール!

2016年04月07日 | 建材マンスリー連載記事
2016年2月発行の「建材マンスリー」誌への記事。

私が社会人になったのが1986年、雇用機会均等法施行年。採用時点ではまだ女性が同等に働ける会社は少なかったので教師にでもなるか…と考えていたが
創業以来、職種&給料などに男女差が無かったリクルートのリクルーティングに引っかかり(笑)20年間お世話になった。
我々世代までは、結婚・子育てor仕事キャリアは二者択一が一般的。一握りの環境が整った人だけが、子育てしながらトップキャリアを形成できた。
今の推進法世代が羨ましいと思う事も多いが、基本的には日本男性の意識と行動を変える事は時間がかかりそうだと社長達の声を聞いていて思う…

コメント

老後に向けた住まい研究…取材3連発

2016年04月07日 | SUUMOジャーナル記事
昨年から、終の住処探しを本格的にする為にシニア関連取材に奔走しています!
50を過ぎれば、いつ死んでもおかしくないし、生きていれば遅かれ早かれボケは来ます。
足腰と頭がシッカリしているウチに、皆さんも最期の5年が幸せに過ごせるよう支度を始めましょう・・・

【SUUMOジャーナル掲載3記事】リンク






コメント

HAPPY NEW YEAR 2016

2016年01月01日 | 湘南・逗子の暮らし
新春のお慶びを申し上げます…@HOME
何事もなく、穏やかで幸せなお正月を過ごしています。

恒例の初詣は、徒歩5分の氏神さま「熊野神社」へ時報と共にお参り。お神酒と甘酒を頂きました。
続いて「延命寺」へ、仏様にもお参り。除夜の鐘をつくと、何故かインスタントラーメンを1袋下さるお寺。

延命寺の釣鐘堂、再建築されるらしく今年が最後のお堂にて

昨年は、仕事とテニスとどちらに時間を費やしたやら?!
テニスの方は日々、切磋琢磨してくれる仲間のお陰でボチボチと成果が出て来ました🎾

50歳以上の部、小さな大会では優勝も!全日本ベテランのシングルスランキング:今月は71位(50-54歳)

仕事では、関心事が老後の暮らしに向かっています…

「SUUMOジャーナル」(リクルート住まいカンパニー)藤井繁子の執筆記事一覧(画像クリックでページリンク)

こんな業界誌にも執筆… 在宅医療・介護が推進されると住まいの在り方も考えなければなりません。
 
「福祉介護」(日本工業出版) [心を開いて、住まいを開く](6p)

雑誌「Sumai(住まいの設計)」(扶桑社)では、

新編集長の丸さんとの連載に“住宅業界のご意見番”として登場中

インテリア関連の記事も書いてます!
 
雑誌「ダイアモンドQ」(ダイアモンド社)では[男前なインテリアたち]として、デザイナーとプロダクトをピックアップ!

住宅業界周辺のトレンド話を、好き勝手に書かせて頂いている連載記事
業界誌「建材マンスリー」(住友林業)連載記事【ちょっと一息CoffeeBreak】バックナンバーは、
こちらから↓(ダブルクリックで拡大)

15年12月号は[住宅会社の主戦場Pan-Pacific、戸建の動向にも注目]

こんな感じで書く仕事も少ししていますが、
エンドユーザー向け/企業内向けセミナーや大学での講師など、やっぱり〝しゃべり〟の方が得意です!

さて、60歳に近づくと、同窓会が増えると聞いていましたが
私も懐かしい友達と会うのが楽しみな年になってきました。
 
大阪の高校時代の友達が逗子まで遊びに来てくれたり、リクルート新入社員時代の先輩と鎌倉の元上司を訪ねたり…

皆が元気で笑っていられる2016年になりますように!!
コメント

米国第4位のリモデラー来日、ビジネス成功の鍵は?

2014年11月01日 | 建材マンスリー連載記事
米国から来日したリモデラー(リフォームが主事業の会社)のKelly社長の講演を聞いて、日本のリフォーム会社にとって参考になるビジネス手法がないかを考えた。
バスサニタリールームのバリアフリー化は、在宅介護・医療が主流の米国の方が進んでいる。シニア住宅にとってもデザイン・クオリティが重要であることを見せてくれた。
この記事には書けなかった事が他にもあるのだが、【ハンディマン・サービス】修理事業が使う車のデザインが素敵だった!街を走っていて注目される事は、地元密着企業にとって重要な戦略だ。
コメント