雨過天晴

ジャズとホークスとファッションなどなど。
興味のあることには片っ端から手を出します。
そして時々飽きるのです。

祝!CSファイナル進出!!

2018-10-15 | ソフトバンクホークス

えー、私常々プロ野球の日本シリーズはあくまでリーグ優勝のチーム同士が執り行うべき、と本ブログで主張しております。

今までホークスがリーグ優勝したのに日本シリーズに行けず悔しかったり、相手のセ・リーグ代表がリーグ覇者じゃなくCS覇者だと正直応援に熱が入りづらい。

なので一刻も早くCSは辞めてほしい。

その前に球団数を増やしてほしい。

 

とは言え、CSに出る以上はギリギリまで覇者を追い詰めてほしい。

そうすることで、若い選手の経験が積められるならそれは嬉しいから。

今回はホークス2位、ハム3位なので、がっつりホークスが勝っていい試合。

 

1勝1敗出迎えた今夜は空中戦を制したホークスの勝利でしたね。

まさかの明石1本、デスパイネ2本、中村1本、松田1本それぞれのソロホームランで5得点。

・・・もう少しランナーいてくれたらもっと得点になるのに。

 

 

 

 

さあCSファイナル。

王者西武と、対戦成績の悪いメットライフ球場で。

ファンからの提案なのですが、できれば若い大竹や高橋礼、松本らに投げさせてほしい。

捕手は栗原、野手は髙田、釜元出して。

 

若手の経験は、真剣な試合であればあるほど値が上がる。

今年の西武打線はとてもパンチがある打線だった。

彼らを抑えてこその次期エース。

 

ヒリヒリしたCSファイナルを愉しみにします。

 

 

・・・・色々言った結果CS賛成派なのかな?

でもCSで絶対リーグ覇者が最終的に負けない、って条件付きだな。

 

 

 

 

ジャズ
記事一覧

コメント

Where The River Goes

2018-10-15 | 音楽

野球もペナントレース終了して、CSが始まりました。

我がホークスは日ハムと勝負していて、今日まで1勝1敗。

日本シリーズは両リーグ優勝の2チームでぜひ行ってほしいのですが、それに出られるかも?という少しヒリヒリした試合を体験しておいたほうが選手の今後の成長につながると思うので、日ハムは倒して王者西武の胸を貸してもらいたいところです。

 

さて金曜日にしこたまお酒を飲んで楽しい時間を過ごしたので、昨日は二日酔い、今日は腹痛に見舞われておりました。

まあ予定のない休みの前の晩に、酒の量なんか気にしてられっか!!って男らしいことを言ってみる(本当はそんなに呑むつもりもなく、ただただずるずる時間が長引いただけなんすけどね)。

 

おかげで溜まったジャズ盤を手にする。

今回は前回も素晴らしかったクインテット。

ウォルフガング・ムースピールで『Where The River Goes

ホエア・ザ・リヴァー・ゴーズ
ウォルフガング・ムースピール,ウォルフガング・ムースピール,アンブローズ・アキンムシーレ,アンブローズ・アキンムシーレ,ブラッド・メルドー,ブラッド・メルドー,ラリー・グレナディア,ラリー・グレナディア,エリック・ハーランド,エリック・ハーランド
ユニバーサル ミュージック

 

1.Where The River Goes 
2.For Django 
3.Descendants 
4.Clearing 
5.Buenos Aires (solo guitar) 
6.One Day My Prince Was Gone 
7.Blueshead 
8.Panorama (guitar & drums duo)

Wolfgang Muthspiel(g)
Ambrose Akinmusire(tp)
Brad Mehldau(p)
Larry Grenadier(b)
Eric Harland(ds)

 

前作Rising Graceはもう2年前ですか。

早いなー。

私がベスト5枚に入れました。

 

Rising Grace
Ecm Records
Ecm Records

 

その時のメンバーから実はドラマーがブライアン・ブレイドからエリック・ハーランドへ変わりました。

フロントが変わってないし、そんな変わることないだろうとお思いかもしれませんが、結構はっきり違いましたね。

アルバムの曲構成の違いにもよりますが、ブレイドのドラムはすごく雰囲気と味わいがあってときに歌を感じるようなドラム、かたやハートランドは小刻みでいてミニマルなドラム。

曲構成の違いとともにドラムも選択したような気がします。

 

リズカルなビートに乗せられた演奏が多いのですが、じゃあアップテンポばかりかと言うとそうではなくスローなバラードも演奏しています。

その時はやはりアンブローズ・アキンムシーレ、ブラッド・メルドーの登場ですね。

二人のメロディーが世界観を作ってくれます。

 

中心はあくまでムースピールでしょう。

アコースティックを操り、ブルース・バラード・フォークそしてビバップを牽引していたように思います。

 

 

ちなみにこの作品、もちろん私の今年の5枚候補。

ECMも忘れた頃に、美味しいごちそうをしれっと準備するのが憎いなぁ。

 

 

 

ジャズ
記事一覧

コメント

Bay Of Rainbows

2018-10-10 | 音楽

最近ジャズのアルバムがドサーッと届いたんですが、今は意外と聴く時間がなくて愉しみにして一気に聴くのもありかな・・・。

仕事が特に忙しいわけではなく、むしろ体調崩して休みがちなんですが、そういう時はあまり聴く気力が湧かないものです。

 

さてそんな中とりあえず飛びついたのが本日ご紹介する作品。

ヤコブ・ブロのECM今年2作目で『Bay Of Rainbows』。

 

 

BAY OF RAINBOWS
ECM
ECM

 

1.Mild
2.Red Hook
3.Copenhagen
4.Dug
5.Evening Song
6.Mild(Var)

Jakob Bro(g)
Thomas Morgan(b) 
Joey Baron(ds)

 

ブロのECM盤は4作品目ですね。

毎年1枚ずつ出ていましたが、珍しく2枚目が出るんだ、と思っていたらライブ盤なんですね。

2017年に録音されています。

 

ドラマーも今年リリースされた前作の『Returning』のジョン・クリステンセンではなく、昨年リリースされた前々作の『Streams』で叩いていたジョーイ・バロン。

 

RETURNINGS
ECM
ECM
Streams
Jakob Bro & Thomas Morgan & ジョーイ・バロン
Deutsche Grammophon ECM

 

好みの問題かもしれませんが、私はバロンの粒立ちの良い音が好きかな???

なのでこのトリオの作品は待ちかねていました。

 

ブロ作品では比較的メロディーの強い1曲目(バージョン違いの6曲目)は私も昨年直にライブで聴きました。

本作は二晩のライブから選曲されているので、バージョン違いがあるのが嬉しい。

また3曲目はECMでのデビュー作『Gefion』に収録されていました。

 

Gefion
Ecm Records
Ecm Records

 

やや深い暗さを感じる4曲目、一転仄かな明るみを感じる5曲目は初めて聴くかな?

とりあえず手持ちのアルバムには収録されてないし、ライブでも聴いたことないかも。

 

ライブということで、曲終わりに拍手が入るのですが、その具合というか雰囲気がブロのライブを体感した私には非常によく分かる感じでややおとなしめ。

ブロのライブはこうでなくては。

 

 

 

Streams』には収録されていない曲なので、ファンの方じゃなくても買っていいと思います。

私はファンなので、特に大喜びの一枚になりました。

 

やっぱりブロとトーマス・モーガンの組み合わせは最高です。

 

 

 

ジャズ
記事一覧

コメント

GoGo Penguin@梅田クラブクアトロ

2018-10-05 | 音楽

金木犀の香りが漂う今日この頃。

高校生の頃、裏門に咲いていた金木犀を思い出してすごく気持ちが良い。

 

さて今夜はUKジャズのGoGo Penguinのライブでした。

初めての梅田クラブクアトロ。

私は今日休みだったので開場前に並んでいました。

 

 

チケットを取ったのが前日だったのでだいぶ後ろの方なのですが、早く並んだおかげか、スタンディングの最前列に位置することができました!!

これは相当嬉しい。

ちょい前、東京のブルーノートだけでライブがあって相当悔しかったんです。

今回はスタンディングということで演者とすごく近くて、これこそライブの醍醐味。

 

私の目当てはdsのロブ・ターナー。

彼のプレイを見たいのがほぼほぼですね。

ついでpのクリスも見たかった。

 

ということで私の席は最前列ですが、ピアノの裏辺り。

そこからはdsがバッチリ見える。

 

 

結果的には最新盤の『A HUMDRUM STAR』からの選曲が多かったです。

 

A HUMDRUM STAR
BLUEN
BLUEN

 

やっぱりターナーのdsに感服。

普通ピアノ・トリオといえばメインメロディーをピアノが担当することから、必然的にP:主、b.ds:従となりがちなのですが、このトリオは違う。

かなりをdsのリズムがメインだったりします。

ドラムソロなんかあった日には観客から”キャー”ですよ。

それくらいこのトリオは主従関係がなく3人並列のトリオなんですよね。

 

もう盛り上がりまくりですよ。

ジャズのライブとは思えない感じ。

渋谷ではアンコールが2回あったそうですが、梅田では残念ながら1回だけ・・・。

渋谷のほうが盛り上がってたのかな。

 

でも来日するなら、東京だけではなく、大阪や京都にも来てくれたほうが良いですね。

そのほうが演者の方も楽しめると思いますよ。

日本人ファンからは”福岡にも来てくれ!”って声がありました。

私もぜひ行ってほしいと思うのですが、やっぱりGoGo Penguin偉くなっちゃったのかな?

BlueNoteだし。

 

正直今夜のライブは私のこれまでの人生で3本の指に入ります。

絶対。

だから日本の大きな都市には行ってほしいな。

 

GoGo Penguinは朝霧JAMにも出るみたい。

行かれる方、楽しみにしてていいですよ。

 

ロブ・ターナーは必見です。

 

______

 

ライブ後一人でお初天神をウロウロして一人飲みしてきました。

ライブの盛り上がりのせいか、一人飲みも進んで、酔っ払って帰ってきました。

 

これから一人ゆっくり今夜のライブを噛み締めたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ジャズ
記事一覧

コメント

急遽参戦!GoGo Penguin

2018-10-04 | 音楽

今朝もぐったり疲れていましたが、気持ちを振り絞って何とか出社。

明日は会社の施策的休み(有給取得キャンペーン)だから、何としてでも行かねば。

 

本当は明日休むかどうか悩んでいたのですが、仕事も落ち着いてるし、何より楽しみが待っている。

そう、明日急遽GoGo Penguinのライブに参戦することにしました。

 

 

絶対に行きたいライブだったけど、仕事上がりだと間に合わないかもしれないし、もうほぼほぼ諦めていました。

でも行きたい!!!

なので昨晩チケットを取った次第です。

 

 

昨日は渋谷クラブクアトロでライブだったのですが、渋谷はSoldOutだったそうです。

大阪も本日SoldOut。

当日券は出るのかな??

昨晩はだいぶ盛り上がったようで、ファンの方の感想も良いものばかり。

 

ギリギリでとったので整理番号は後ろの方ですが、まあそれはこの際良いでしょう。

ジャズのライブでスタンディングは初めて。

相当盛り上がる。

楽しみだー。

 

ア・ハムドラム・スター
ゴーゴー・ペンギン,クリス・アイリングワース,クリス・アイリングワース,ニック・ブラッカ,ニック・ブラッカ,ロブ・ターナー,ロブ・ターナー
ユニバーサル ミュージック

 

 

 

ジャズ
記事一覧

コメント

本当にありがとう、大隣

2018-10-03 | ソフトバンクホークス

昨年の戦力外通告から、そう遠くない日に来るとは思っていました。

大隣。

ホークスの左腕のエースとして活躍してくれました。

治療が難しい怪我を背負って、それを克服して頑張ってくれていました。

本当に大好きな投手でした。

千葉ロッテに移っても頑張ってほしかった。

 

しかし皮肉にも今シーズンは対ホークス戦で打ち込まれてそれ以後1軍登板はありませんでした。

本人も分かっていたことでしょう。

 

最後に元いたチームのホークス戦に出場させてもらえたのも千葉ロッテの関係者の方、特に井口監督の配慮だと思います。

ロッテに行って正直あまり戦力には慣れなかったけど、ロッテファンが大隣を応援してくれて嬉しかったです。

 

 

試合終了後は両チームの選手・スタッフがマウンドに出てきて胴上げ。

 

 

ちょっとうるっときちゃいました。

でも大隣は泣かなかった。

今年1年最後と思って必死にやったからでしょう。

 

奇しくも今日のホークス先発は大隣のホークス時代の背番号を背負った高橋礼。

 

 

打球があたって途中降板しましたが、来年以降の飛躍を感じさせるピッチングでした。

大隣の魂はホークスにも残ってる!!

 

難病を克服した経験も生かして、また現場に帰ってきてくれることを期待しています。

ホークスファンの一人として、本当にお疲れ様でした。

 

 

 

ジャズ
記事一覧

コメント

バッテリーが逝く

2018-10-02 | 

今日は昨日の仕事で疲れ切ってしまってお休みをもらってしまいました。

AMはぐったりしていて横になっていました。

 

するとさっき出かけたはずの奥さんから電話。

エンジンがかからん!!とのこと。

あー多分バッテリーだろうな、と思い駐車場に駆けつけた所、やはりセルが回らない。

久しぶりにJAFを呼ぶ。

 

 

測定してもらった所案の定10V程度しかなく、バッテリーがお亡くなりになっていました。

とりあえずエンジンだけかけてもらい、ディーラーさんへ連絡。

幸い店休日が月曜だったので交換対応してくれることに。

 

小1時間ほど待って交換してもらいました。

37,800円也。

バッテリーがでかいので仕方ないけど高いなぁ。

 

前回交換して3年ちょい。

まあ仕方がないか。

 

ちなみに今回気がついたのですが、JAFの契約をしているのは私個人だけだったんです。

なので幸か不幸か会社を休んでいたのですぐ対応できました。

家族追加は年間2,000円なのだそうで、今後のことも考えて奥さんも契約しました。

 

少し考えたのが、来年の車検。

タイヤの交換やランプの交換は必須なので25万以上はかかるだろうな・・・。

買い替えも視野に考えないと。

10年経ったとは言え、まだ7万km弱なので乗り続けたいところではあるのですが。

 

来年でビートルが生産停止になるので、敢えてビートルに交換するのもありかな。

少し時間かけて考えよう。

 

 

 

ジャズ
記事一覧

コメント

パ・リーグ2018終戦・・・残念

2018-09-30 | ソフトバンクホークス

はー・・・・。

台風24号は我が家の付近では大した被害もなく過ぎ去っていきそうです。

 

そして。

パ・リーグの覇者が西武に決まりました。

最後あがくには直接対決を6つ残した時点で負けないことが現実的には必要だったと思います。

それが終わってみれば1勝5敗。

ここにつきたでしょうね。

昨日1勝して眼の前の胴上げを阻止したのは最後の意地だったことでしょう。

 

しかししかし。

やはりリーグ覇者がマジック1になっているのにホークスが負けるというのは、こりゃいかん。

1位のチームが勝って初めて胴上げもファンも含めて喜べるというもの。

今夜は西武もホークスも負けてなんとも締まらないリーグ優勝となってしまいました・・・。

 

兎にも角にも西武ライオンズ優勝おめでとう。

山川を軸に秋山・浅村・おかわりくん・森とほんと打てるバッターが力を出しました。

代わりに投手陣は大したことなかったのに、そこをホークス打撃陣が打てなかった。

完全に打ち負けた感ですね。

防御率はしょぼいのに打率はお見事。

 

ホークスも来季に向けた課題が増えたでしょう。

 

 

柳田の代わりがいない、松田はチャンスに弱い、内川は怪我しがち(長谷川でカバーできると思う)、長蛇を期待できる若手が上林しかいない、etc

投手は若手が増えてきたのでややも仕方がない。

ただ五十嵐・寺原・攝津あたりはきびしいな・・・。

中田がギリくらい。

来季の開幕までには面白い若手を引き上げて使ってほしい。

特に田中ジャスティス。

怪我とかそんなん分かっていた話なんやから、それを踏まえても先発の一角に入れるように育成しないと駄目。

 

CSは個人的にはリーグ覇者同士がやるべきだと思うので、まあ経験値を増やすため、若手中心でハムを倒して、西武を追い詰めるくらいでいいでしょう。

そうなれば日本シリーズはカープ対西武。

もちろんカープをブチ応援します。

 

せっかくDAZNに入ってホークス応援してきたのに残念。

ただ2位(最後はもう少しゲーム差縮めておいてほしいけど)なので、若手の底上げがもう少しあれば来季はいける。

 

頑張れ、ホークス!!!

 

ジャズ
記事一覧

コメント

Ask for Chaos

2018-09-27 | 音楽

今日は非常に残念な日なのですが、それはあとに置いといて、今夜のジャズ。

イスラエル出身で今やNYでも大活躍中のギラッド・ヘクセルマンの自らのレーベルHexophonic Musicを立ち上げた第一作目で『Ask for Chaos

 

 

ギラッド・ヘクセルマン / アスク・フォー・カオス (Gilad Hekselman / Ask for Chaos) [CD] [輸入盤] [日本語帯・解説付]
motema music / King International
motema music / King International

 

1. Prologu00001101
2. Vblues (*)
3. It Will Get Better (+)
4. Tokyo Cookie (*)
5. Stumble (*)
6. Milton (+)
7. Home To You (*)
8. Little Song For You (+)
9. Clap Clap (*)
10. Do Re Mi Fa Sol (+)

Gilad Hekselman(g)
gHex Trio (+) (on tracks 3,6,8,10)
  Rick Rosato(b)
  Jonathan Pinson(ds)

ZuperOctave (*) (on tracks 2,4,5,7,9)
  Aaron Parks(p/keys)
  Kush Abadey(ds/pads)


今回の新作が面白いのはヘクセルマンが所属する2つのトリオで作り上げているところ。

 

一つはリック・ロサルトとジョナサン・ピンソンによる「gHex Trio」。

このユニットによって、ギラッドは、オーソドックスなトリオ・フォーメーションで、コンテンポラリー・ギターの可能性を表現しようとしているものと思われます。。


もう一方のユニット「Zuper Octave」ではアーロン・パークスとクッシュ・アバディを迎え、エレクトリック・サウンドのカッティング・エッジを堪能する世界を構築していくような感じでしょうか。


なので単純に1枚の作品の中で、メンバーが入れ替わる、っていうだけよりも、そもそも本来であれば2枚に分けたほうが作品の方向性がわかりやすいことをあえて確信犯的にセットを変えてしまうのが、この自分のレーベル1作目にどうしても持ってきたかったんじゃないでしょうか。


では聴いてみるとどうだ、というと、確かにセットによってカラーはだいぶ変わるところもありますが、如何せんリーダー俺、的な(笑)感じで、さほど違和感なく、むしろ1度で2度美味しい的な、ところがあります。

 

これはヘクセルマンの今後の可能を大きく広げる面白いプロジェクトではないでしょうか。

 

ちなみにこの作品の動画殆どが、ヘクセルマンご自身で公開されているので、全部(ラストはないか)聴いてみて買ってみてもいいですよ。



さて、今夜の残念なことですが、ホークスが首位ライオンズに負けました。

ライオンズのマジックはこれで3。

ホークスの選手たちも絶対3連勝目指していたし、途中逆転するなど白熱した首位攻防戦でした。

最後は私がオフロに入っている間に秋山に逆転3ラン打たれていました・・・。

ニコ動のころからのあるあるで、風呂に入ると大きく試合展開が変わるってやつ。

今夜忘れてたー・・・・・。

 

それでも優勝の可能性がある限り、ホークスを応援するのだ。

そしてリーグ覇者としてカープとホークスで戦うのだ。

その日まで・・・俺は応援するぜ。

 

 

 

 

ジャズ
記事一覧

コメント

Bristopia

2018-09-26 | 音楽

今週は少し体調を崩しているのでお休みを頂いています。

外出するのもきついので自宅でのんびりしています。

 

おかげでジャズのCD溜まった新譜を聴く時間ができています。

ここのところ出てくる新譜は結構いい作品が多いなあという印象です。

年末にかけて、がっつり力を入れた作品を賞レースに届けたいとかあるのかな?

 

ということで、めちゃめちゃ新譜です。

私の大好きなジャズ・バンド”Get The Blessing”。

なんか久しぶりの新譜のような気がします。

Bristopia

 

 

Bristopia
Kartel
Kartel

 

1. If It Can It Will
2. Cococloud
3. Cellophant
4. Sunwise
5. Not With Standing
6. Recorded for Training And Quality Purposes
7. Bristopia
8. Rule Of Thumb
9. The Second Third
10. Tuathal
11. The Grand Scheme Of Things

Get The Blessing

Clive Deamer(ds)
Jim Barr(bass-g)
Pete Judge(tp)
Jake McMurchie(ts)

 

UKジャズシーンの最近の変遷はすごく早くて、当時時代の寵児や!と思っていましたGet The Blessingもしばらくお久しぶりでした。

UKジャズも南ロンドンが熱いらしく、それらのいくつかは聴いているのですが、衝撃は受けるもののまだ自分のものとして咀嚼できていません。

なので個人的にはGet The Blessingの成長が楽しみではあったりするのですが。

 

で本作ですが、2管(tp、ts)にdsとbの4人。

このフロント2管がグイグイ来ずにマイペースなのがGood。

リズムセクションも私の好みなバコバコに叩くのではなく、細かいリズムをテンポよく刻んでいくタイプ。

これはこれまでの作品よりもあっさりとでも癖になる楽曲になっています。

UKは結構ジャズの流れが本場米国よりも早いように思います。

 

 

 

是非試聴してみて下さい。

カッコいいですよ。

 

そして今夜。

カープがリーグ優勝しました!!

おめでとう!!!!

衣笠氏も亡くなってしまったし、新井も引退。

セリーグでは巨人でしかなし得なかったV3を決めてくれました。

 

申し訳ないけど、カープよ待っててくれ!!

明日からのホークスvs西武でケリつけてきてやる。

ホークス連勝で、絶対西日本シリーズにするんや!

負けんなよ、ホークス!!!!

 

 

ジャズ
記事一覧

コメント