雨過天晴

ジャズとホークスとファッションなどなど。
興味のあることには片っ端から手を出します。
そして時々飽きるのです。

さあ交流戦!!

2016-05-31 | そのほか

今日からプロ野球は交流戦が始まりましたね。

我らがホークスは交流戦で勢い付けてこの2年間日本一に輝きましたから応援にも気合が入るというものです。

 

ホークスの先発はバンデンハーク。

来日初敗戦から今ひとつパッとしないのが心配の種でしたが、今夜も復調していませんでしたね。

結果としては5回2失点という内容でした。

先制点を与えてしまって、攻撃のリズムを今ひとつ盛り上げられなかった感じです。

かたやドラのドライチ小笠原は5回で7四球も与えていながらヒットが一本で1失点。

高卒ルーキーの初登板に大事な交流戦の初戦で負けてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしました。

 

しかし相手も中継ぎ以降がピリッとしません。

福谷に変わってから8回2アウトからの内川・長谷川・松田・中村・吉村・高谷の6連打4得点。

一気に試合をひっくり返して、結果はホークスの5-2で勝利。

良かった良かった。

小笠原の3四球でノーアウト満塁のチャンスで1点も入れられなかったのが、打撃陣としては反省点でしょう。

ホークスの中継ぎ以降は飯田・岩嵜・サファテと安心の継投でした。

ちなみにサファテは通算150セーブ。

おめでとう。

 

 

明日の先発は和田。

ホークス6勝3投手のうち武田・バンデンハークが7勝目を取れなかったので、和田が勝てば単独ハーラートップのチャンス。

攻撃陣が頑張って是非和田に勝ちをつけてもらいたい。

期待しているのは柳田と今宮。

頼んだぞ!!

 

熱男!!!

 

 

↓ ポチっとお願いします  

blogram投票ボタン 

 

ジャズ、フリージャズ、スウィングジャズ、ウクレレ、ラグビー、サザンオールスターズ、靴下、VOLKSWAGEN

 

コメント

Everything's Beautiful

2016-05-30 | 音楽

今日は産業医との面談を終えて、梅田界隈をウロウロしていました。

バッグが欲しいんですよねー。

トートとリュックの2Wayで、かつビジネス用にも使えるような。

若干矛盾している要望ではあるのですが、良いのがあれば。

 

今夜のジャズは今年の話題作で、マイルス・デイヴィス&ロバート・グラスパー名義となる『Everything's Beautiful』。

 

Everything's Beautiful
Sony Legacy
Sony Legacy

 

1.Talking Shit
2.Ghetto Walkin’ (feat. Bilal)
3.They Can’t Hold Me Down (feat. Illa J)
4.Maiysha (So Long) [feat. Erykah Badu]
5.Violets (feat. Phonte)
6.Little Church (feat. Hiatus Kaiyote)
7.Silence Is the Way (feat. Laura Mvula)
8.Song for Selim (feat. KING)
9.Milestones (feat. Georgia Ann Muldrow)
10.I’m Leaving You (feat. Ledisi & John Scofield)
11.Right On Brotha (feat. Stevie Wonder)

 

今年の12月に国内公開予定のマイルスの伝記映画『Miles Ahead』と連動した作品になります。

 

Miles Davis & Robert Glasper - Everything's Beautiful (Mini Documentary)

 

Columbia Recordsの保管庫に遺されたマイルスのオリジナルのマスター音源にアウトテイク音源を使って、豪華なゲスト陣と共にマイルスの音楽を再構築する意欲作。

マイルスとも縁のあるジョン・スコフィールド、スティーヴィー・ワンダー、グラスパー作品にはよく顔を出すビラルやエリカ・バドゥ、気鋭のグループ、ハイエイタス・カイヨーテなどなどと幅広いゲストを迎えています。

 

Miles Davis, Robert Glasper, Bilal - Ghetto Walkin' (audio)

 

Miles Davis, Robert Glasper - Violets (audio) ft. Phonte

 

Miles Davis, Robert Glasper - Maiysha (So Long) [audio] ft. Erykah Badu

 

Miles Davis, Robert Glasper - I'm Leaving You (audio) ft. Ledisi, John Scofield

 

マイルスのオリジナル音源が加わっていますが、基本的な雰囲気はRobert Glasper Experimentの雰囲気です。

油断していたらサンプリングした部分がどこか分からない曲も。

それだけグラスパーが違和感なくサンプリングしたというところでしょう。

それぞれの曲は参加したゲストのカラーもあり、グラスパー一辺倒でもないところが良いんじゃないでしょうか。

ちなみにこの『Miles Ahead』のオリジナル・サントラ盤は別にリリースされており、また別の機会にご紹介したいと思います。

サントラでもグラスパーは音楽監督の一人として参加しております。

 

そういえば明日からプロ野球は交流戦に突入しますね。

例年ホークスは交流戦でいい結果を出しているので今年も期待しています。

 

 

↓ ポチっとお願いします  

blogram投票ボタン 

 

ジャズ、フリージャズ、スウィングジャズ、ウクレレ、ラグビー、サザンオールスターズ、靴下、VOLKSWAGEN

 

コメント

Africa/Brass

2016-05-28 | 音楽

今日はウクレレのレッスン。

発表会までなにげにあと一ヶ月。

しまった。

あまり自主練してない。

ということで、今日のウクレレのレッスンでアンサンブルを合わせたのですが、私が足を引っ張っておりました、はい。

明日は奥さんもYuさんもいないので、ウクレレやろう。

 

さて今夜のジャズ。

ジョン・コルトレーンのImpulse!レコードに移籍して最初のアルバムで『Africa/Brass』。

 

Africa / Brass (Reis) (Rstr) (Dig)
Verve
Verve

 

1.Africa
2.Greensleeves
3.Blues Minor

John Coltrane (ts.ss)
Eric Dolphy (as.b-cl.fl.arr)
McCoy Tyner (p)
Reggie Workman (b)
Art Davis (b)
Elvin Jones (ds)

Brass section :
Freddie Hubbard (tp)
Booker Little (tp)
Britt Woodman (tb)
Pat Patrick (b-s)
Bill Barber (tuba)
Julian Priester (eup)
Charles Greenlee (eup)
Carl Bowman (eup)
Garvin Bushell (piccolo, woodwinds)
Julius Watkins (fhn)
Jim Buffington (fhn)
Bob Northern (fhn)
Donald Corrado (fhn)
Robert Swisshelm (fhn)

 

面子がとんでもない。

コルトレーン風ビッグ・バンドということになるのだろうが、ドルフィーがいるわ、ハバートがいるわブッカー・リトルわ、その他も含めてすごいメンバーが揃っているんですね。

コルトレーン・カルテットの面々はそれなりにソロとかあるんですが、ビッグ・バンドの面々は本当に伴奏に徹するのみ。

メンバーも贅沢なら、その利用方法も贅沢。

それだけ当時の新興レーベルImpulse!移籍には並々ならぬ思いがあったのでしょう。

なおビッグ・バンドの指揮・アレンジャーはドルフィーが努めており、この徹底したサポートいい、ドルフィーの才能をアピールするにはいい作品なのではないでしょうか。

 

1曲目のAfricaはやはり黒人回帰の作品になるのでしょうか。

とはいえ、然程そのような雰囲気は感じられず、ややスピリチュアルなベースのイントロであったり、ドラムの手数が多いことくらいかな。

しかしコルトレーンの音もややハーモニクスを多用しているところもあり、そのあたりで黒人のあるべきAfricaを演じたのでしょう。

 

2曲目はMy Favorite ThingsやChim Chim Cher-eeを彷彿とさせますが、やはりコルトレーンのソロの裏に控えるビッグ。バンドの影響はかなり大きいと思います。

 

John Coltrane - Greensleeves

 

3曲目はホーン部隊の中からドーンとコルトレーン登場。

やはりこういった演出はビッグ・バンドがいないと出来ないですよね。

ビッグ・バンドというだけで避けられる傾向があるかもしれませんが、これは必聴盤ですよ。

 

最後に今日のホークス。

打線爆発10-2で勝利。

しかし柳田は芯食うととんでもない飛距離が出ますね。

左打者で左中間の深いところにHR。

あと千賀が2点で抑えたことで、打線にも勢いがついたのでしょう。

 

 

今宮が2割を超えてきたので、贅沢は言いませんけど、なんとか2割5分くらいまで打率を上げて欲しい。

 
 
さて今夜はゆっくり寝ます。 
 
 
 
 

↓ ポチっとお願いします  

blogram投票ボタン 

 

ジャズ、フリージャズ、スウィングジャズ、ウクレレ、ラグビー、サザンオールスターズ、靴下、VOLKSWAGEN

コメント

大同窓会

2016-05-28 | 遊び

私の出身校では毎年地元福岡と東京で大きな同窓会があります。

これまで卒業した卒業生が集まるので、ホテルの大広間を貸しきるくらいの出席者が出席します。

その東京の同窓会が来年我々の代が幹事の年。

 

しかしなかなか幹事を手伝ってくれる奴が東京にはいないらしい。

まあ仕方ないといえば仕方ない。

卒業して四半世紀も経っていて、それぞれ家庭や仕事にてんてこ舞い。

そこに幹事の仕事までやれっていうのも酷な話。

幹事の連中は猫の手も借りたいらしく、大阪の私にも連絡が来ました。

 

当然東京の幹事会などに参加できるわけではないので、東京のこれ、というメンバーとの連絡を手伝っています。

確かに皆忙しい。

間違いない。

けど、青春時代の3年間を満喫してきた仲間。

手伝わない、ということは考えられない。

 

私は出来る限り手伝うことにしました。

休職中のみにもかかわらず(笑)。

 

今それぞれ大変な時期を過ごしているからこそ、くだらない話で盛り上がりたい。

老後も何なら一緒にゴルフして、一杯やりたい。

 

そのための種まきだと思うんです。

私の人生はこういう愉しいことをするためにあると最近思います。

多少人が億劫になることでも、それが愉しいことに繋がるなら、そんな手間は厭わない。

 

関西でも同期で集まって、来年の東京組をサポートしてやろうと思います。

 

さて今夜のホークス。

東浜頑張りましたね。

涌井と投げ合って勝ちました。

大きく一皮むけたのではないでしょうか。

 

 

交流戦までに貯金をもっと作って、交流戦でもっと貯金して。

 

 

 

↓ ポチっとお願いします  

blogram投票ボタン 

 

ジャズ、フリージャズ、スウィングジャズ、ウクレレ、ラグビー、サザンオールスターズ、靴下、VOLKSWAGEN

コメント

I, Eye, Aye

2016-05-26 | 音楽

今日は睡眠外来へ行っていました。

睡眠時無呼吸の回数は大幅に減っているようで何よりです。

 

その後本屋に行って以前から読んでいる富樫倫太郎の『北条早雲 - 相模侵攻』が既に発売されていたことに気が付き、即購入。

 

北条早雲 - 相模侵攻篇
富樫 倫太郎
中央公論新社

 

最近小難しい職務に関わるような本ばかり読んでいたので、娯楽の位置づけで。

で、読み始めたら止まらず、さっき読了しちゃいました。

せっかく「読書のオアシス」を見つけたのに・・・もう少し味わいたかった。

このシリーズ中々続編が出ないので、まあ半年から1年先になるでしょうね。

待ち遠しい。

 

そう言えば『親鸞 完結篇』が最近発売になったらしい。

本屋では売ってなかったけど、ネットでは買えそう。

次のオアシスはこの作品で。

 

親鸞 完結篇(上) (講談社文庫)
五木 寛之
講談社
親鸞 完結篇(下) (講談社文庫)
五木 寛之
講談社

 

そんなこんなで本屋でウロウロしていました。

本屋って結構ウロウロ出来て嬉しいですね。

 

さて今夜のジャズはローランド・カークのライブ盤から『I, Eye, Aye』。

 

I, Eye, Aye: Live At Montreux Jazz Festival 1972 Switzerland
Rhino/Wea UK
Rhino/Wea UK

 

1.Rahsaantalk 1
2.Seasons
3.Rahsaantalk 2
4.Balm In Gilead
5.Volunteered Slavery
6.Rahsaantalk 3
7.Blue Rol No. 2
8.Solo Piece A. Satin Doll B. Improvisation
9.Serenade To A Cuckoo
10.Pedal Up

Roland Kirk (ts,manxello,strich,cl,fl,siren)
Ron Burton (p)
Henry "Pete" Pearson (b)
Robert Shy (ds)
Joe "Habao" Texidor (perc)

 

カークのライブは熱いですね。

観客を盛り上げまくります。

本作は72年のモントルーでのライブ音源です。

 

お馴染みのレパートリーの「Volunteered Slavery」や「Serenade To A Cuckoo」そしてラストの「Pedal Up」までカークを満喫できます。 

ライブの映像がアップされていました。


Rahsaan Roland Kirk - I Eye Aye

 

この映像からは複数の管モノを操ったり、鼻で笛を吹いたり、循環呼吸で演奏する、といったカークならではのパフォーマンスも見て取れます。

循環呼吸の様子は見ていてもどうなっているのかさっぱり分かりません。

カークの凄さを見せつけられた感じです。

私に至っては、こんなに熱いジャズ・ライブに未だリアルタイムで参加出来ていないのが残念です。

 

そして最後は今夜のホークス。

さすがに今日は接戦になりましたね。

中田はやはり制球力がないですね。

調子が良いといい感じの荒れ球になるんですが、完全にボール球。

まだ本調子ではないです。

その後の飯田が頑張ってくれたと思います。

ホークス打撃陣は今宮を始め、難敵金子を打ってよく頑張りました。

 

 

明日は東浜。

是非とも勝ち星をつけてあげたいですね。

 

さーて・・・文字ばかり追っていたので寝ます。

 

↓ ポチっとお願いします  

blogram投票ボタン 

 

ジャズ、フリージャズ、スウィングジャズ、ウクレレ、ラグビー、サザンオールスターズ、靴下、VOLKSWAGEN

コメント

ベラスT

2016-05-25 | ファッション

洋服の話。

 

私の好きなブランドに「BRU NA BOINNE」というブランドがあります。

大阪発のブランドで来年20週年を迎えるそうです。

デザイナーは辻マサヒロさんと徳田直子さんのお二人。

遊び心に満ちたデザインで、いい意味で大阪発っぽいです。

直営店は代官山にしかないのですが、関西ではセレクトショップの「LOFTMAN」でよく扱われています。

昨年からは「アーバンリサーチ」でも取り扱いが始まりましたね。

 

商品の中にはシリーズモノがあって、SSで好きなシリーズが「ベラスT」。

シルク100%のTシャツです。

少し大ぶりなサイズ感で、一枚で着てもいいし、シャツの上に着てもいいです。

 

一昨年のモノを昨年古着屋で買ったんですが、気に入ったので昨年新品でも買いました。

一昨年のモノはこれ(着ているのは本人ではありません)。

 

 

和柄が気に入って買いました。

昨年のモノはこれ。

 

 

ネイビーの柄なしシンプルですが、光沢があってとても良いです。

そして今年はカーキがリリースされました。

 

 

ミリタリーものが流行っているので、カーキなんでしょうか。

上述のLOFTMANのブログでは女性店員さんが着ていましたがとてもお似合いでした。

今年も買うのかな・・・・ダメかな・・・・。

 

シルクは何と言っても肌触りがよくて、夏のジメジメした空気の中でもサラッと着られます。

ぽっちゃり体型の私にも優しいサイズで嬉しい限りです。

 

最後に今夜のホークス。

和田が7回2失点でハーラートップタイの6勝目。

 

 

長谷川が当たってますね。

国内FA権を獲得したそうですが、複数年契約していて良かったです。

明日の先発は中田。

相手は金子で中々点が取れないかも知れないので、中田には頑張ってもらいたい。

 

 

↓ ポチっとお願いします  

blogram投票ボタン 

 

ジャズ、フリージャズ、スウィングジャズ、ウクレレ、ラグビー、サザンオールスターズ、靴下、VOLKSWAGEN

コメント

今日のいろいろ

2016-05-24 | そのほか

今日も暑い一日でしたね。

天気の日はウォーキングを日課としていますが、ここのところの暑さで今日はやめました・・・。

 

ところで昨日読了した本なんですが、『決断力と行動力が覚醒するインバスケット集中講義』。

 

決断力と行動力が覚醒するインバスケット集中講義
鳥原 隆志
日本実業出版社

 

インバスケットなんて今更感満載ですが、少しでも復帰に向けた営みとして、小説以外の本を読むようにしています。

この本もその一環。

仕事に戻ったら、何から手を付けていいかわからない場面もあろうかと思い、サクッと読みました。

講義形式になっている点が従来のインバスケット関連本と違うところでしょうか。

 

この本の前に読んでいた本は『小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ』。

 

小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ
水島広子
大和出版

 

これは自分に自信を無くしかけてるので読んでみました。

「成果」主体に生きてきた人の心が折れてしまったときは、「自分がどうありたいか」にに目をむけることで自信を持ちましょう、という内容ですがなかなか面白かったです。


これらの本を読了したあとは、自分なりに文章を起こしてまとめています。

少しは身につけばいいのですが。


最後に今夜のホークス。

なんかとんでもない試合になりましたね。

17安打22得点で勝利。

柳田の2ランから始まりました。


 

試合のダイジェスト。

 

 

ホークス先発全員「打点」。

珍しいです。

相手投手陣の四球は14。

これでは一方的な試合になっても仕方がないですね。

猛打賞が長谷川、高谷、途中出場の吉村と3人も出ました。

 

一方ホークス投手陣。

バンデンハークは5失点しているので猛省して欲しいところです。

ブランコに2本HR打たれてはイカンです。

 

「昨日の点を今日に回して欲しかった」って事にならぬよう、明日もホークス打線頑張って欲しいです。

 

ということでおやすみなさい。

 

 

↓ ポチっとお願いします  

blogram投票ボタン 

 

ジャズ、フリージャズ、スウィングジャズ、ウクレレ、ラグビー、サザンオールスターズ、靴下、VOLKSWAGEN

コメント

Black Ice

2016-05-24 | 遊び

今日は暑かった・・・。

暑いのを見越して上はTシャツにシャツジャケットを羽織って、下は短パンで家を出ました。

ご近所の顔なじみの奥様とばったり会う「どーもー」なんて話をしましたが、先方は「なにゆえこの時間に短パン??」と不思議に思ったでしょう。

Tシャツはボーダーで、ジャケットを脱ぐと、ただの小学生の夏休みスタイルです。

まあ季節を先どるのがファッションの常、と言い聞かせて出動しました。

 

こんな暑い日の夜には静かなジャズでも。

オランダ人ピアニスト、ヴォルフェルト・ブレデローデのECM3作目『Black Ice』。

 

Black Ice
Ecm Records
Ecm Records

 

1.Elegia
2.Olive Tree
3.Bemani
4.Black Ice
5.Cocoon
6.Fall
7.Terminal
8.Conclusion
9.Curtains
10.Rewind
11.Bemani (var.)
12.Glass Room
13.Fall (var.)

Wolfert Brederode (p)
Gulli Gudmundsson (b)
Jasper van Hulten (ds)

 
私自身は初めて聴きます。

8曲目がベーシストのグリ・グドムンドソンで、その他はブレデローデの曲です。

 

1曲目の冒頭で本作を気に入った次第です。 

低温で物静か、美しいメロディー、優しいピアノのタッチ。

ECMからリリースされているから当たり前なのですが、それでもECMらしい作品。

あまり小難しく考えることなく、音の波に揺れていられます。

 

Wolfert Brederode Trio - Elegia

 

いい作品ですね。

これまでにリリースした作品も折を見てチェックしたいです。

 

とブログをアップしている側から猛烈な睡魔が。

日中暑かったせいですかね。

寝まーす。

 

 

↓ ポチっとお願いします  

blogram投票ボタン 

 

ジャズ、フリージャズ、スウィングジャズ、ウクレレ、ラグビー、サザンオールスターズ、靴下、VOLKSWAGEN

コメント

Dark Blue

2016-05-22 | 音楽

今夜のジャズ。

Smoke Sessions Recordsから”One For All”でお馴染みのトランペッター ジム・ロトンディの新譜で『Dark Blue』。

 

Dark Blue
Smoke Sessions Rec
Smoke Sessions Rec

 

1.In Graz
2.BC
3.Biru Kirusai
4.Dark Blue
5.Highline
6.Pure Imagination
7.Monk's Mood
8.Le Crest
9.Our Day Will Come
10.Going To The Sun

Jim Rotondi(tp)
David Hazeltine(p)
Joe Locke(vib)
David Wong(b)
Carl Allen(ds)

 

Smoke Sessions Recordsの作品はとてもストレートなジャズが多いのですが、本作もその路線を踏襲しています。

ファンキーで、グルーブ感のある演奏です。

ロトンディ、思いっきり吹き上げていて、気持ちが良いです。

勝手知ったるメンバーのジョー・ロックのヴィブラフォンとデヴィッド・ヘイゼルタインのフェンダーローズのソロもなかなかいいですね。

ちなみにSmoke Sessions Recordsのジャケットはリーダー一人街なかで撮られた写真になっているのですが正直あまりセンスが良いとは思えない・・・

まだ本作はロトンディが楽器を持っているだけまだ良いほうですね。

https://joelocke.com/news/jim-rotondi-dark-blue/

 

あ、ちなみに今日のホークス勝ちました。

武田が6勝目です。

ブロトピ:武田6勝目!!

 

 

ホークス頑張れ!

俺も程々に頑張る!

 

 

↓ ポチっとお願いします  

blogram投票ボタン 

 

ジャズ、フリージャズ、スウィングジャズ、ウクレレ、ラグビー、サザンオールスターズ、靴下、VOLKSWAGEN

 

 

コメント

ブラブラと

2016-05-22 | 遊び

この土日。

先週の平日の疲れもあったのか自宅でゆっくりしていました。

 

でも今日はあまりにも暇だったので先ほどマンガ喫茶に行って、『亜人』を読んでいました。

 

亜人(8) (アフタヌーンコミックス)
桜井画門
講談社

 

最新刊の8巻は出ていませんでしたが7巻まで読めたので良かった。

映画の方はなかなか時間が合わないので諦めました。

アニメと原作のマンガとは少し違いますね。

アニメの方は影響が大きいからなんでしょうかね?

 

BGMは手嶌葵の穏やかなベスト・アルバムの『Aoi Works ~best collection 2011-2016』で。

 

Aoi Works ~best collection 2011-2016~
ビクターエンタテインメント
ビクターエンタテインメント

 

手嶌葵 - Aoi Works ~best collection 2011-2016~ トレイラー映像

 

さて明日からも適度に穏やかに過ごしましょうかね。

 

 

↓ ポチっとお願いします  

blogram投票ボタン 

 

ジャズ、フリージャズ、スウィングジャズ、ウクレレ、ラグビー、サザンオールスターズ、靴下、VOLKSWAGEN

コメント