インカレ帯同

2018年12月14日 | チューニング・トレーナー活動
今日から三日間、大学対抗戦への帯同のため、治療業務はおやすみさせて頂いております。

患者様にはご迷惑をおかけしますが、どうかご容赦くださいm(__)m

学生たちはみな勝利に向かって全力で闘います。

それをサポートする私にとってもこの三日間は真剣勝負です。

初日の選手たち、よく頑張りました。

果敢に攻める姿勢と勇気に感動しました。

あと二日、彼らにも、私にも悔いの残らぬよう、全力でサポートしてきます!


第23回神奈川県パワーリフティング選手権大会にて「パフォーマンスチューニング体験会」開催します

2018年11月17日 | チューニング・トレーナー活動

明日11/18は治療院をお休みさせていただいて、

横浜市神奈川スポーツセンターで行われる「第23回神奈川県パワーリフティング選手権大会」にてトレーナー活動をしてきます!

会場では選手の皆様に

徒手医学を応用した調整法「パフォーマンスチューニング」をご体験いただきます。

本手法は身体機能を正常化し、さらに促通させる効果を持つことから試合直前の調整として最適です。

会場ではパフォーマンスチューニングのほかに、

キネシオテーピング療法や手技療法による治療もご体験いただけます。

この体験会は非営利型一般社団法人徒手医療協会の会員制勉強会「臨床技術研究会」の臨床実習の一環として行われているもので、

神奈川県パワーリフティング協会様とのコラボレーションは昨年から3度目。

前回は今年の9月でしたが、昨年の活動を覚えていただいていたようでスタートから終了時刻までノンストップでご相談をお寄せいただきました。

きっと、明日もオープンからフル稼働になるでしょう。

前回同様ご体験いただいた皆様に喜んでいただけるよう誠意勤めさせていただこうと思います。

では、行ってきます!


東日本インカレ終了

2018年07月02日 | チューニング・トレーナー活動

何の競技かはクライアントへの守秘義務上申せませんが、

6/30・7/1とお休みをいただきました東日本学生対抗選手権大会(東日本インカレ)、

二日間の激闘の末、無事上位の好成績を勝ち取ることができました。

二日間、いろんなことがありました。

対抗戦独特の緊張感という魔物にとらわれてしまうもの、大会の緊張を味方につけるもの、様々なシーンがありました。

中には試合中の負傷に対し、インターバル中にケアを受けつつ逆境をはねのけて結果をはじき出した選手もいました。

私はといえば、故障した選手に駆け寄るつもりが鉄柱にぶつかり額から流血するなどの空回り(ひとり相撲!?)…

そんな場面もありましたが、結果よければすべてよし。

さて、明日からまた通常シフトに戻ります。

バリバリ治療してまいりますので、どうぞお気軽にご相談ください!


6/30-7/1の二日間、東インカレでのトレーナー活動のためお休みを頂戴します

2018年06月27日 | チューニング・トレーナー活動

今週末は第46回 東日本大学対抗選手権大会(東日本インカレ)

昨年に続き、今年も学生さんのサポートに行ってまいります。

学生たちが全力で試合に集中できるよう、私も全力でサポートしてまいります。

いつも週末にご相談いただいている患者様には休院となりご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。

どうか、ご容赦いただけましたら幸いです。

学生たちと最高の結果を得られるように頑張ってまいります。

ご声援のほどよろしくお願いいたします!

 

 


ワーカホリック

2018年03月15日 | チューニング・トレーナー活動

のつぼみもほころび、
杉や檜が花粉を撒き散らかす

…(∋_∈)

吐き散らかす…(ー_ー;)

もとい、
愛をささやく季節になりましたね(^_^;)

この時期を木の芽時というのだそうで意外と体調をくずす方が増える季節なのでお気を付けていただきたいところです。

治療でも、身体も心もくたびれてしまった方からの相談が増えています。

みなさん責任感が強く、仕事にも真摯に向き合う方ばかり。

これを「ワーカホリック(仕事中毒)」というのでしょうか…。

そうした患者さんの治療を終えた時には別れ際に

「頑張りすぎないでくださいね(^_^;)」

と声をかけるのですが、

『それができたら苦労もないですよ(;´_ゝ`)』

と言いたげな苦笑いが返ってきます。

身体のことを思うと、ほんの少しだけ仕事の手を弛めてみてはどうかと思うのですが、

状況がそれを許さない、という方も多いようです…。



さて、これを書いている今日は休診日。

いつもなら午前中にトレーニングをしてから午後は学生アスリートのケアサポート業務の流れ。

しかし、今日は先日のトレーニングのダメージが抜けず、練習はおやすみ。

やればやれるんですけどね。

ここで欲かくとろくなことになりませんからね。

本音を言えば、メッッッッッッ… チャリフティングしたいんですけどね。

これをリフティングホリックという(ウソ)

ともかく、こらえに堪えて、久方ぶりに昼まで寝太郎を決め込みました。

おかげで自律神経の疲れも和らいだようで、アレルギー反応もおさまってます。

さぁ!

今日もバリバリ治療するぞ!!!

って、僕もワーカホリックですね(^_^;)

行ってきます!


パフォーマンスチューニング体験会、大・盛・況!

2017年11月14日 | チューニング・トレーナー活動

さて、前回の投稿でも取り上げさせていただきました

第22回神奈川県ノーギアパワーリフティング選手権大会

第21回神奈川県ノーギアベンチプレス選手権大会

での「パフォーマンスチューニング体験会」、有り難いことに大盛況のうちに終えることができました!

弊会の活動にご理解をいただき、このような貴重な場をご提供いただきました神奈川県パワーリフティング協会様、

そして協賛としてテープ類をご提供しただきましたトワテック株式会社様に心より感謝を申し上げます。

この日は私を含め6名の施術者を用意し、朝9時から15時まで体験会を実施させていただきました。

今までの経験からいうと、はじめての現場の場合は開始から1時間ほどは「様子見」となることが多いものです。

ですが、この日は開始から終了まで人が途切れる間もなく、それどころか順番待ちすらでるほどの賑わいでした。

しかも、試合を終えた方から嬉しいお言葉をいただくこともあり、

私たちとしてもやりがいを感じながら気持ちよく仕事をさせていただくことができました。

とても嬉しい感想をいただいたので、いくつかご紹介させていただきたいとおもいます。

 

「いつもはスクワットで足首が安定しないのだけど、今日は足首が決まってとてもやり易かった。」

「スクワットが浅くなって失格になることが多かったのだけど、気を付けなくても深さが出てくれたので助かった。」

「(ベンチプレスで)ブリッジが組みやすかった。」

「このところデッドリフトのセットアップが決まらなかったのだけど、今日は全くストレスなくセットアップが決まった。」

 

などなど、「パフォーマンスチューニング」の名称通りの成果をご体感いただくことができたようです。

皆さんのお役に立てて本当に良かった!

 

今回の企画では私には大きく二つの目的がありました。

一つは徒手医学という学びがスポーツの現場でも大いに活きるという事実を多くの方に知っていただくことです。

これは大成功と言っていいと思います。

もう一つの目標はスタッフのみんなが徒手医学という学びを状況に沿って応用できるようになること。

実はこうした試合会場でのサポート活動は、私の主催する一般社団法人徒手医療協会所属のメンバーへの臨床実習として行っているものなのです。

この日、体験会スタッフとして参加した会員諸氏にとっては、今までの学びを現場に沿って応用するというタスクに挑戦するという真剣勝負の場でもありました。

これに関してはほぼ全員がクリアできたと思います。

あとはこの経験からどう学んだか、今後の取り組み方が雄弁に物語るでしょう。

以上、11/12のご報告でした!

 


パフォーマンスチューニング体験会開催! 第22回神奈川県ノーギアパワーリフティング選手権大会 第21回ノーギアベンチプレス選手権大会

2017年11月11日 | チューニング・トレーナー活動

明日の11/12は横浜市神奈川スポーツセンターで開催される

第22回神奈川県ノーギアパワーリフティング選手権大会

第21回神奈川県ノーギアベンチプレス選手権大会

の会場で「パフォーマンス・チューニング体験会」を開催(韻を踏んでみました!)してまいります!

って、その前に

「パフォーマンスチューニング」ってなに?

ってなりますよね(*_*;

「パフォーマンス・チューニング」とは、試合や練習に適した状態に身体を調整する手法です。

一般的には「コンディショニング」という言葉のほうがメジャーかもしれませんが、

「コンディショニング」という言葉には「トレーニングによる強化」も含まれますので、

私のスポーツシーンでの仕事にはしっくりくる表現ではありません。

試合直前や練習前のクライアントに対して私が行うのは、

徒手医学的な手法を使い関節の可動性や神経機能を可能な限り引き上げ、

その選手本来の力・能力を発揮できる状態に身体を調整するという作業です。

この仕事内容的に言えば「チューニング=調律」という言葉の方がしっくりきます。

そうした考えから、最近ではスポーツシーンでのお仕事を「コンディショニング」ではなく「チューニング」と呼ぶようにしているのです。

つまり、「パフォーマンス・チューニング」というのは私の造語なんですね。

だから分からなくって当たり前…(;^ω^)

しかし、おそらくこれから定着してゆく言葉・概念になるだろうと思います。

いや、定着させますよ!

というわけで、

明日は神奈川で頑張ってきます!! 


バルカーカップでのトレーナー活動終了

2017年11月03日 | チューニング・トレーナー活動


西尾ペア、残念ながら僅差で準々決勝を逃してしまいました。

しかし、この結果はアクシデント。

今日は絶好調だっただけに、私としても後ろ髪を引かれる悔しい結末となりました。

今日、この日の二人のダンスは鳥肌が立つのを止められないほど晴らしかったのです。

ではなぜ?

というところは個人情報なので言えません。

いいたいけど…

観客目線でも素直に

もう一試合、二人のダンスが見たかった…

と思わせられるダンスだっただけに残念です。

会場にもそう思った方はたくさんいたはず。

力がある二人ですから、次の試合に今日の分もぶつけていただきたいとおもいます。

今日という特別な1日を共に過ごさせて頂いたことに、心より感謝したいとおもいます。

西尾先生、下田先生、本当にお疲れ様でした。

お引っ越し

2017年11月03日 | チューニング・トレーナー活動

一次予選が終わり、選手控え室にも隙間ができてきました…

が、

もっと居心地(!?)のよさそうな踊場を発見!

無事お引っ越し完了です(^^)b

始まりました!バルカーカップ統一全日本ダンス選手権大会

2017年11月03日 | チューニング・トレーナー活動
ただいま高輪プリンスホテル、選手控え…

のある棟の階段の踊場です(^_^;)


今日はいつにもまして混雑しておりまして、出場選手の控えすら足りない状況です。

先に到着し、なんとか確保したスペースは西尾ペアにお譲りしてここに流れ着きました(^_^;)

今ほど両選手のチューニングを終え、ただいま静寂の中でblog更新です。


↑「西尾先生、証拠写真いいですか?」と撮った写真。
なんだか怪しげになっちゃった(^_^;)

この「階段の踊場」、ながれながれて流れ着いた場所ではありますが、
周囲の目がない分、落ち着いてチューニングをお受けいただけるし、競技動作へのファシリテーションも行いやすいので、今後もお気に入りの場所となりそうです。

結果オーライ。

トラブルすらもいい方向へ繋がってくれていて、いい雰囲気。

試合が進めば控え室もすくので、後程お引っ越しの予定ですが…

このままでも良いかなぁ…(*´∀`)


バルカーカップ 統一全日本ダンス選手権 2017 西尾浩一・下田藍組に帯同します

2017年10月31日 | チューニング・トレーナー活動

また今年もやってきました「バルカーカップ 統一全日本ダンス選手権」!

「バルカーカップ 統一全日本ダンス選手権 2017」というのは、

ソシアルダンス(社交ダンスといった方が通じますでしょうか)のプロの日本一を決める国内最高峰の大会です。

その舞台となるのは芸能人の披露宴なんかで有名なグランドプリンス新高輪「飛天の間」

この日一日でなんと400組以上の選手が予選から決勝までを戦います。

選手自身はもとより選手をサポートする私も10時入りの21時撤収予定という、実に過酷な一日となる予定。

この栄えある大会で、今年も西尾浩一・下田藍ペア(←優勝経験多数の実力の高い選手です)の「パフォーマンス・チューニング」を担当させていただくことになりました! 

「パフォーマンス・チューニング」とは「動きやすいカラダ=操作性の高い身体」への調整法で、

個々人の持つ本来のパフォーマンスを引き出すための医科学的アプローチです。

西尾ペアのポテンシャルを存分に発揮できるよう、先週から仕込みをはじめ後は本番を待つばかり。

今年はどんなドラマが待っているのでしょうか!?

楽しみです!

 

以下にソシアルダンスの資料として動画を二つ張らせていただきました。

一つ目はご存知「ボールルームにようこそ!」

ソシアルダンサーのリアルな姿が垣間見えて、実に面白いアニメです。

二つ目は実際の試合の模様です。

西尾・下田組も踊っています。

ぜひご覧になってみてください!


おすすめ動画