さむらい小平次のしっくりこない話

世の中いつも、頭のいい人たちが正反対の事を言い合っている。
どっちが正しいか。自らの感性で感じてみよう!

日本書紀 神功皇后紀を読んでみる11

2017-09-17 12:16:41 | 日本書紀を読んでみる


応援クリック


こんにちは

小野派一刀流免許皆伝小平次です


今回は、少し間があいてしまいましたが、神功皇后紀を読んでみる11をお送りいたします


前回は

『 「敵が少なくとも侮ってはならぬ!、敵が多くてもくじけてはならぬ!暴力を振るい婦女を犯すようなことを許してはならぬ!自分から降伏する者を殺してはならぬ!戦いに勝てば、必ず賞がある。背走する者には罪がある」 』

と、美しき男装の神功皇后が、新羅出兵直前、兵士の前で檄をとばされる、なかなかにかっこいいシーンまででした

それ以前のあらすじについては、よろしければプロローグがからお読みいただければ幸いです


さて、続きです

『原文』


『既而神有誨曰 和魂服王身而守壽命 荒魂爲先鋒而導師船 和魂此云珥岐瀰多摩 荒魂此云阿邏瀰多摩 即得神敎而拜禮之 因以依網吾彦男垂見爲祭神主 于時也 適當皇后之開胎 皇后則取石插腰 而祈之曰 事竟還日産於玆土 其石今在于伊覩縣道邊 既而則撝荒魂爲軍先鋒 請和魂爲王船鎭』



『訳文』


『神の教えがあった。
「和魂(にぎみたま)は王の身(神功皇后)、命を守り、荒魂(あらみたま)は先鋒として軍船を導くだろう」 その神の教えを頂いてすぐに皇后は拝礼された。そして依網吾彦男垂見(よさみのあびこおたるみ)を祭の神主とした。時がたまたま皇后の臨月であった。皇后はすぐに石を取って腰にはさみ、お祈りして言われた。
「事が終わり還る日に、ここで産まれてほしい」
その石は今、伊都縣(いとのあがた:筑前国怡土郡)の道のほとりにある。 こうして荒魂をお招きし、軍の先鋒として、和魂をお呼びし、王船のお守りとされた。』




感想

さて、御腰に石を巻かれ、出産を遅らせたという故事
これにちなみ、京都の月読神社では安産祈願のお参りが今も盛んです



神功皇后が腰にあてられたと言われる月延石と安産祈願の祈願石




御免!


コメント (2)

不倫、不倫と大騒ぎ、覗きはそんなに楽しいか

2017-09-16 16:46:33 | 社会・経済


応援クリック


こんにちは

小野派一刀流免許皆伝小平次です


さて、ちょっと落ち着いたようではありますが

ついこの前まで、連日、不倫不倫で大騒ぎでした


テレビをちょっとつければ不倫不倫

yahooのホームに入ればニュース欄に不倫、不倫

コンビニ入れば週刊誌、スポーツ紙の見出しに不倫不倫


気にしないようにしてても目に入っちゃいます


件の山尾志桜里さん


この方についてはですね

小平次は国会議員としては立派な方だと思っておりますよ


小平次は国体の護持以上の国の大事はないと思っております


そのような意味で、昨年の天皇陛下のおことば以降、現政権が推し進めようとした一代限りの特例法、様々考えはあるかと思いますが、小平次は陛下のご意志に背くものであり、国体を破壊するものだと感じておりました

その中で山尾さんは実に真っ当なことをおっしゃていると思いましたし、尊皇心を持ち、非常にがんばっておられるとも感じておりました


さて、それはさておき、どうしてこうも他人の性生活なんぞに興味が湧くのでしょう

湧いたとしてもそれは心のうちでひっそりと楽しめば良いでしょう


連日、テレビ、雑誌、その他でコメンテーターがしたり顔で、まるで犯罪者に対してするような罵詈雑言でした…

そんなにみなさん聖人君子なんですか

この件については、当事者のお二人は否定をしているわけです

それを疑わしいだのなんだと

何をそれ以上暴きたいのでしょう



思うんです

人間なんてみんな紙一重だと


犯罪者になんか絶対にならない…

愛する人を、友人を、裏切ったりすることはしない…

人を騙したりしない…

多くの人はそう思って生きているのでしょう


犯罪のニュースを見て、なんてひどい奴だと罵る

しかし、ほんの些細なきっかけ、魔が差す… 自分にそんなつもりはなかった…

しかしいつの間にか、気づいてみれば自分が罵られる側にいる…

そういう可能性について、私たちは非常に鈍感なように思います

そう、みんな紙一重のところで生きているのだと思うのです


そういうことを感じずに人さまのプライベートまでズケズケ入り込み糾弾する

同じ土俵に皆がいるかのように錯覚し、自分たちと違う!と糾弾する

ああ、おそろしい、おそろしい

芸能人や政治家、立場上普通の人よりは関心持たれるのは仕方ないでしょうが

どうしてこんなにも人さまのプライベートの覗き見報道が連日のようにされるんでしょう

理由は単純です

そういう人さまのゴシップが見たい、聞きたい、読みたい

と言う人が大勢いるからでしょう

マスコミも商売です

売れるからそういう報道、記事を出すのでしょう


かつて、戦前、マスコミは大いに国民を煽りました

そういう記事が売れたからでしょう

そのことと我が国が戦争へ突入したことも、決して無関係ではないでしょう
(もちろんそんな単純なことだけではないことも承知しております)



さて、おかしなものなんですが

例の森友加計問題が起きた時

一部の識者さんが言ってました

半島有事が現実味を帯びている中、連日そんな報道をしているのは、反安倍政権の左翼的偏向報道だ!


で、今

その方たちは北朝鮮の核開発がより一層深刻化する中

連日、山尾叩きをしていたマスコミに対してなんと言っているのでしょうか…




御免!

コメント (11)