てんち米店 東京府中のこだわり米屋 無農薬玄米・出産内祝い米・引越し挨拶品・披露宴両親贈答米

日々のあれこれ、米屋としての徒然を気分のままに。玄米・精米・環境・町づくりetc!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どっちが遠いの? 放射能

2012-10-20 18:33:48 | お米

空間線量が随分下がっているとの嬉しいニュースもありますが、

やはり、心配な方は心配。

 

先日も、

熊本からオーガニックの米や野菜を買っているというお客さん。

過去・現在・未来予測を話したら、随分、楽になったようですが、

「今だけでも出来ることをしておかないと、後で後悔したくないので」と。

そりゃ、そうですよね。

でも、情報が錯綜しているので、リアルなデータだけは理解した方がいいですね。

 

それにつけても、60年代に幼少期を過ごした私たち。

「放射能雨にぬれるとハゲル」とは言われましたが、

内部被曝なんて、これっぽっちも気にせずに。

去年平均より、高いベクレル値の米を今の倍食べて、

へたすりゃ100Bq/kg超の脱脂粉乳を給食で飲まされて

(残したら、掃除当番だったなぁ)、

今の子は、そういう意味では幸せかもしれませんね。

 

「親のストレスが子に移り」ってことにはならなようにだけ、気を付けて欲しいです。

 

熊本からのオーガニックは、正直しんどいそうです。

やっぱり、食費が非常に高くつく。

しょうがないですね。

農薬まで気にしたら、オーガニックになるのは。

 

ところで、

リアルと言えば、近い遠いもイメージ?

 

「出来るだけ福島から遠いところを」

「それでは、北陸は?新潟は? いかがでしょう」

「いやぁ、新潟はちょっと・・・」

「それでは、石川はいかがでしょう?」

「富山はないんですか?」

「えっ、ありますけど (富山の方が近いんですけど)」

「じゃ、富山にしてください」

「あっ、はい、それでは・・・」

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 知恵袋とかOkwaveとか | トップ | 箱根駅伝 おめでとう!!! »
最近の画像もっと見る