うさぎの日記

毎日とはいかないけど・・・ぼちぼちと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レバノン(7/25)

2010-07-31 | Weblog
昨夜、無事帰国いたしました。
向こうでアップできなかった現地の様子を
少しずつ、アップしていきます。
・・・・それにしても日本は湿気がすごいですね!

上の写真は、ベイルートの空港からホテルに向かう途中で撮りました。
ホテルのお迎えの車がなかなか来なかったのですが、
何だか頼んでた運転手が連絡がとれず・・・・ということで
オーナーが自分で車を運転してやってきました。
しかしそのオーナーの運転がまた・・・・・・・!
アラブにきたなという感じ
怖いのなんのって。



そしてついたホテルの入り口。
そりゃぁもう、すごい。
人生最大級で、すごいホテルでした
どのように、すごいかは、見ていただけるとわかるかなぁ。


午前中で、まだチェックインができないので
荷物だけ預けて、今回の会場であるユネスコホールへ。

ユネスコホールでは、先発して絵のワークショップを終えた人たちが
その絵の展示にせいを出しておりました。
今回のこのイベントは、レバノンのパレスチナ難民キャンプに
10年通い続けて、絵を教えてきた上條陽子さんを中心とする
パレスチナハートアートプロジェクトの皆さんの
10周年記念のイベントとして企画されました。



もちろん、私たちもお手伝い。
ご指示の元、絵を貼ったり、つったり、
いえいえ、遊んでないですってば (^o^)
コメント (4)

レバノンにて

2010-07-28 | Weblog
無事、レバノンに着き、
毎日元気に活動しております。
昨日、オープニングセレモニーがあり、
レバノンの情報大臣もおいで下さり、
この日のためにこの国の人が大好きな
歌手の歌を覚えてきたのですが、
それを歌ったら、みんな大喜びで
最後には大合唱。
何ともエキサイティングなセレモニーになりました。

ネットの環境があまり良くないのと、
毎日、帰るとバタンキュー
写真などは帰国してからアップしていきます。

コメント (10)

成田!

2010-07-24 | Weblog
今からレバノンへ行ってきます。
コメント (8)

京成電鉄成田アクセス線

2010-07-24 | Weblog
そんな線があるなんて!知りませんでした。さらにシートには飛行機が飛んでます。これに乗ってただいま成田に向かっています(^o^)
コメント (2)

子どもってば!

2010-07-23 | Weblog
今、さいたま市にあるプラザウエストという公共施設で
子どもミュージカルの歌唱指導をしています。

4月からはじめまして、残すところ後約1ヶ月とちょっと。
子供たちを、しかったり、盛り上げたり、悪戦苦闘の日々であります。

この間の稽古の時、小学4年生の女の子からこんなコメント。
「先生、和田先生と結婚したんですってね!おめでとうございますぅ」
「へっ?ま、そうだけど23年前から結婚してるから、今更、おめでとうっていわれても」
「だって、わからなかったもん、子どもをだますなんて、ひどーい!!」


いえ、だますも何も、ということですが
相方と私は、別姓で仕事をしているので
実は、こういうことは多々あります。
悪気はないのですがね。
まして、彼女は、昨年のジュニアコーラスにも参加していて
それでもわからなかったのだと、
あまりに凄い剣幕で、驚きました。

こんな子供たちの公演は8月29日です

プラザウエスト開館5周年記念事業★~宮沢賢治作「北守将軍と三人兄弟の医者」より~

あらすじ:長年の任務のため、馬の鞍から降りられなくなってしまった北守将軍のソンバーユ-。困ったあげくたどりついたのがラユーという町の三人兄弟の医者だった・・・。

公募で集まり4月から歌やダンスを練習してきた小学3年生から中学3年生の子どもたちが、プラザウエストオリジナルミュージカルを披露します。

■日程:8月29日(日曜日)
■開演:14:00~
■会場:プラザウエスト さくらホール

■演出:伊藤 大(劇団青年座)
音楽/和田啓〈オフィスティルタ〉
振付/白沢靖子〈劇団キンダースペース〉
歌唱指導/松本泰子〈オフィスティルタ〉
演出助手/奥山智恵野〈(株)仕事〉

■料金:1,000円(全席自由)    ※未就学児童の入場はお断りいたします。
チケット発売:5月29日(土)10:00~インフォメーションセンター(048-866-4600)電話予約にて発売開始!

※発売日翌日からプラザウエストほかで発売!

■問合せ:プラザウエスト 048-858-9080


コメント (4)

3兄弟

2010-07-21 | Weblog
今月は、世界各国から友人が帰国。
この写真は、バリに住む友人、ケイコ・マンダラ氏の麻布での個展のもの。
ケイコちゃんの長男、イスワラ君がクビャール・ドゥドゥックを踊っております。
後ろの絵はケイコちゃんの作品です。

私たちが彼らと知りあったのは、今から約20年前。
彼女のご主人に、相方が楽器を習い始めたのがきっかけです。

イスワラ君とU太は、同じ年なので
バリ滞在中は、本当によく遊びました。
3歳前後に知りあい、小学校に上がるまで
毎年、彼女の家が経営する宿に泊まっておりました。


この写真は、次男、スマラ君と三男クリシュナ君。
クンダンをたたいているのは、日本のガムラン第一人者、皆川厚一氏であります。
バリの情報を集めていた頃
彼のバリ島留学記をむさぼるように読んだものでした。

マンダラ家は、代々芸能一家。
時代の波と共に、それを継承していくのが
バリでも大変になっておりますが(他にやりたいことがいっぱいありますからね、いずこも一緒)
今回、日本に行きたければがんばりなさい。という母の号令の元
3人とも、一生懸命練習を重ね、この日のステージとなりました。

赤ん坊のころから知っている3人の晴れ舞台は
心にせまるものがありました。

いつも、家のどこかで、誰かが楽器を練習していたり、踊りを練習していたり
どんな人生を歩んでいくにしても
彼らが育ってきた家の環境は、彼らの人生に大いに影響していくと思います。

どんな大人になるのかなぁ。
コメント (4)

コンサートのお知らせです

2010-07-17 | Weblog
打楽器奏者の玲子ちゃんに誘っていただいて
ベルナール・ビュフェ美術館でのコンサート。
サヌカイトと一緒に小さな空を歌ったり
マリンバ2台との曲「Love Songs」に挑戦。
今までにない私を、聞いていただけるのではないかと・・・・思います。
ネットで見てみるとこの
ベルナール・ビュフェ美術館のあるクレマチスの丘は
(静岡県三島駅からはシャトルバスが出ているようです)
とてもすてきな場所のようです。
お時間ありましたら、お出かけください。

夏のマリンバコンサート/ベルナール・ビュフェ美術館
今年の夏も、ベルナール・ビュフェ美術館にマリンバの音色が響き渡ります。
毎年恒例の夏のイベント、DADA(ダダダ)のマリンバコンサート。7回目を迎える今回はボーカルも加わり、子供から大人まで楽しめるプログラムをご用意いたします。マリンバをはじめ、さまざまな打楽器による心躍るハイクオリティなパーカッション・サウンドを、この機会にぜひご堪能ください。
「“レインスティック”をつくろう」のワークショップ に参加したこどもたちとのセッションもあります。

■DADA(ダダダ)マリンバコンサート■

日 程 2010年8月8日(日)
時 間 1stステージ/11:30~、2ndステージ/14:00~ 各約40分
会 場 ベルナール・ビュフェ美術館 大展示室
出 演 小松玲子・井手上達(パーカッション)、松本泰子(ボーカル)
料 金 入館料のみ 全席自由
ご予約 予約制 電話055-986-1300(10:00~17:00 水曜除く)まで
     予約メールも受付けます buffet@clematis-no-oka.co.jp
http://www.clematis-no-oka.co.jp/main.php
コメント (10)

男の子?

2010-07-13 | Weblog
オリンパスさんからお手紙が届きました。相方がオリンパスPENを使っているのですが、そのオリンパスPENが、グッドデザイン賞か何かをとったのだとか。で、これからもよろしくと、写真のシールが同封されておりました。
まぁまぁご丁寧に!といったところですが、シールなんて。。。ねぇ。
「すてる?」って聞いたら
「とっておく」と。
「えーいらないじゃん」と私。
「男の子は、好きなの。こういうの。
・・・・・男の子(^_^;)
コメント (8)

展示販売 4

2010-07-11 | Weblog
今回、場所を提供してくださった月の砂漠(03-3980-7057)。ヨルダン人のご主人と日本人の奥さまでやっている、とてもアットホームなレストランです。池袋駅西口交番前から徒歩30秒!
とても美味しいです。でもって、アルコール持ち込み可!
コメント (10)

展示販売 3

2010-07-11 | Weblog
ほーら!
コメント