KOPATA 挑戦の章

2016年2月の株価はどうなる?1月後半で収まったと思えない。それでも消費税10%か?公務員か?生活保護か?在日の為か?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1月15日経済墜落、ブラック黒田フライデー

2016-01-15 19:47:29 | 政治

 本日新興株ほぼ全滅。

 上海下げ止まらず、日経は日銀子飼の企業以外はほぼ終わる。

 日経平均17147 -93 (日中16000を割る場合あり)

 アベノミクスによる円安で輸出企業を中心に空前の利益を上げ、政府は経済界に賃上げを要請している → 失敗確実。株価の下落。会社は内部留保金を海外に移送する可能性大。円高進行で輸出関連のトヨタマツダが下落した。原油先物の下げを嫌気して国際石開帝石や石油資源が下げた。ブラジル事業の特別損失の計上を発表した川重も売られた。一方、ソフトバンクNTTが上昇し、シャープも上げた。JALANAHDも買われた。

 

1月15日: 黒田総裁「金融政策については現時点で追加緩和をする考えはないとしたが「物価の基調に変化が生じたら、ちゅうちょなく政策を調整する用意はある」とも述べた。民主党の石橋通宏委員への答弁。

 

 恐らくとき既に遅しと感じる。タイミングを間違うと間違いなく経済が落ち込む。今年は景気は悪いし、リーマンショック以来の大恐慌の年。1月の失敗が今年度いっぱい響くと予想する。ホントに月曜日に更に経済が落ち込む可能性が高いので怖い。まだ終わっていないのが非常に悔しい。誓っていえるが今回のは間違いなく日銀が手を出した方がよかったこと。何もしないで経済が安定するなら総裁職などいらない。生きていたら結果だけ見せていただきますよ。その明るい未来を。

 

 日銀黒田総裁は、日銀の総裁として失格の烙印を押させていただく。また、麻生経済担当も経済を語る資格はないと思われる。さすがに今日は酷かった。ブラック黒田フライデーというに相応しい最低の日でした。いろいろ諦めました。

 本年度2016年の経済の回復。好景気。日本の安定。

 そんな上手くいくとはこれっぽっちも思わない。大企業は春闘で賃上げ。中小はボーナスすらない会社多し。わたしもだが。それでも国会で公務員の賃上げ。挙げ句に秘書の給料もか。防衛省はともかく、これか。老人には3万円の給付金。公務員は賃上げ。周りは殺伐としている。これが明るい未来か。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 入管特例法の法改正と、特別... | トップ | 反社会化組織・大阪維新の会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事