道端鈴成

エッセイと書評など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

超能力喫茶あんでるせんの思い出

2007年02月12日 | 思想・社会
マスターの実演に見入る観客


河端「やあ、こんにちは。なんだか春めいてきたね。」
道端「はい。暖かいですね。今日は、先日お約束の話を、」
河端「ああ、オウムか。」
道端「いえ。オウムじゃなくて、あんでるせんです。」
河端「あんでるせん?」
道端「はい。雲仙普賢岳が噴火した後ですから、もうずいぶん前のことです。ちょうど梅の咲く今頃の季節でした。同僚と長崎のあんでるせんという喫茶店に行ったことがあります。他の用事のついででした。雑誌などでマスターが超能力で評判でしたので、ひやかしにいったような次第です。」
河端「超能力喫茶か。すごいな。」
道端「はい。一階がマスターの親御さんのやっている果物屋さんで、二階が喫茶店でした。喫茶店の前の道路には10時の開店前から、お客さんが列を作っていました。みんなマスターの超能力を見るのが目的です。」
河端「料金は?」
道端「マスターが超能力を披露する時間は決まっていました。その時間に来店して、飲み物とケーキを注文すれば無料で見学OKでした。」
河端「なかなか良心的だな。」
道端「はい。ケーキも美味しかったです。コーヒーとケーキを賞味して、しばらく待ちくたびれた頃に午前の実演でした。写真を示しましたが、喫茶店一杯の人が、カウンターの回りに詰め掛けて、固唾を呑んで、マスターの実演を見守ってました。」
河端「実演はどうだったんだい。」
道端「なかなか見事でした。お客さんが適当に入れた電卓の番号を当てたり、空中に紙幣を浮かせたり、つぎからつぎへと繰り出しました。間近で見てても、種もしかけもありそうには見えません。話術も淡々とユーモラスで巧みでした。コインを小さな口の瓶に入れるときなど、分子の間は実際はすかすかで、こうやってその間をうまく合わすとなどといって、やってました。先日、お客さんがうっかり瓶に手を通してしまって後で困った、ちよっとやってみますか、などと話しかけられたお客さんは、怖がって手をひっこめてました。」
河端「なるほど。道端君はすなおな観客でもなさそうだがな。」
道端「はい。はじめは疑いの気持ちで種を見破ってやろうと見てました。瓶の実演でも、では、私が手を出してちょっとやってみましょうかと言おうとしたのですが、とどまりました。」
河端「なぜだい。」
道端「大勢のお客さんが夢中になっているに水をさすような気がしてためらわれたからです。それに、もしかして抜けなくなったらと、ちらと思ってしまいました。」
河端「ちらとか?」
道端「はあ。それで、マスターも後ろで疑わしそうにしているのがいるなとでも思ったのかもしれません。マスターから指名されました。」
河端「いよいよ道端君が実験台か。」
道端「はい。そうです。小さな紙と筆記具を渡され、自分しか知らないことを書くようにいわれました。私は、周りに覗いている人とか、隠しカメラとかないか注意して、絶対に見られないように、しっかり自分の体の前にガードして書きました。そしてそのまま何重にも折りたたみました。」
河端「それで。」
道端「マスターは折りたたんだ紙をうけとり、みんなの前で串にさして燃やしてしまいました。それから、さっき書いたことをイメージするように言われました。頭の中のイメージを読むからというわけです。」
河端「どうだったんだ。」
道端「全部当てられてしまいました。ショックでした。」
河端「なんか恥ずかしい事でも書いたのか。」
道端「違います。生年月日とか、そんなことだけです。透視能力は本当にあるのではと思いました。観念動力もあるだろうと思いました。」
河端「すこしは疑問には思わなかったのか。」
道端「はい。根がまじめなものですから。実演が終わった後で、マスターに素晴らしいですね、これを何か実用できませんかなどとたずねました。そしたら、マスターもなかなかです。医学部の先生がこの能力をマイクロサージェリーに使えないかとなどと言ってました。ますます感心しました。」
河端「実にまじめでよろしいな。」
道端「それで、一階の果物屋さんの両親のところへも挨拶にいきました。お宅の息子さんはすごいですねと。そしたら、うちのは昔からああいう事が好きでと、きまりの悪いような表情をしていました。」
河端「しかし、何事にも批判的な道端君が、なんでまたそう簡単に信じてしまったのかな。」
道端「実は、喫茶店に行く途中で同僚と、ブライアン・ジョゼフソンの話だの、アインシュタイン・ポドルスキー・ローゼンのパラドックスだの、量子的ゆらぎの自己組織化の可能性もなどと、しち難しい話をして、頭がくらくらしてたのがいけなかったかもしれません。喫茶店のお客さんの奇跡の顕現を待ち望むような熱気の影響もあったと思います。」
河端「なるほど。それでその後どうなったんだい。」
道端「世界観の根底をゆさぶられるような思いでした。マスターだけではない、超能力をもった人が念じたら、知らないうちに心臓がとまるかもしれない。そういう不可解な力が飛び交う世界は、底が抜けたようで恐ろしいと思いました。一方で、もし超能力が本当なら、応用範囲はものすごいと思いました。だからオウムの弟子の気持ちがわかります。ただ冷静になってみると、そんなすごい能力が本当なら、なにを悲しくて喫茶店のケーキの付録にするんだろうとか、当たり前の疑問もうかんできました。それに、マスターの両親の言葉やきまりの悪いような表情がどうもひっかかりました。」
河端「やっと気がついたか。」
道端「マスターの実演の解説がないか探してみました。そしたら、ミスター・マリックの超魔術や手品の本にほとんど仕掛けが書いてありました。分かってみると単純なものばかりでした。」
河端「道端君の透視はどんな仕掛けだったんだい。」
道端「たぶん紙の台にカーボンか何かあって、台に書いたことがうつしとられたと思います。串にさして燃やしてたり、紙に注意を誘導していましたから。鍵に紙縒りで紙をしこみ、箱を開けるときに紙が箱に落ちるようにするなど、似たような手品は他にもあります。この場合も箱に注意を誘導します。鍵はノーマークで、そこに助手がしこみます。」
河端「そんなところかな。」
道端「そんなこんなで一時期、手品に凝りました。コインを2つに割って周りをゴムでとめた道具なども買いました。小さな口の瓶のなかにコインを入れるマジックのネタです。家族の前でやったら、ちょっとそれ見せろで、すぐにネタばれでした。そこで、知り合いの米国人と一緒に喫茶店にいって、実はこの人は物理学者(これは本当)で私の超能力を調べにきた、物質は分子の間は実際はすかすかで、こうやってその間をうまく合わすとなどと、アンデルセンのマスターのトークを真似してやってみました。大成功でした。その喫茶店の美しい女主人は、まじまじと驚嘆の眼で私を見つめていました。すっかり信じてしまったみたいです。」
河端「道端君も隅に置けないな。」
道端「いえ。その場でちゃんと種明かしをしました。」
河端「そうか。今日、話しを聴いてみて、超能力のトリックは、科学者なんかが案外だまされて、マジシャンの方が見抜くという理由がわかったよ。うっかりふつうに考えると脇の抜け道には気づかないからな。」
道端「はい。その意味でいわゆる超能力者とか、マジシャンは、すぐれた心理技術者だと思います。そういうのを除いて、ぎりぎり本当の超能力があるか、ないかですが、確かヒュームは奇跡論で、奇跡とされる事象の存在を認定するか否かの基準として、奇跡とされる事象が存在するという報告が誤りである確率Aと、その奇跡とされる事象が既存の知識体系に照らして存在しうる確率Bを比較して、確率Aが確率Bより小さい場合にのみ、存在を認定しようといっていたと記憶します。」
河端「奇跡の確率論は難しいな。確率Bの見積もりは人によって違うだろう。」
道端「はい。単純に言えば、科学的な常識外の事象には、事象の報告が誤りでないという検証がより厳しく求められることになります。この点で、いわゆる超能力の報告は再現性がなく失格だと思います。もし再現性があったら、応用も可能でしょうし、日の目をみないことはないでしょう。それを、こそこそ、いいわけがましく、あったように示すのは、結局のところ、ないからだと判断した方が妥当でしょう。とにかく、ありそうで、なさそうでと、思わせぶりなのは気に入りません。あるなら、あるで、きっちり出してほしいです。」
河端「その辺がオカルトなんだろうな。」
道端「江戸時代の哲学者、三浦梅園は「枯木に花咲くより、生木に花咲くに驚け」と言っています。至言だと思います。花が咲いて、それを見てといった、日々繰りかえされる出来事こそ、驚嘆すべき宇宙の不思議だと思います。それをそう思わないのは、たんに慣れっこになっただけです。」
河端「それをそう思うには、それなりの認識の前提も必要なんだろうな。今日は、道端君の体験談なかなか面白かったよ。確率論だの、ややこしい話はまたにしよう。」
道端「はい。わかりました」
コメント

スピリチュアルカウンセラー江原啓之氏のホットリーディング発覚

2007年02月05日 | 心理学
河端「スピリチュアルカウンセラーの江原啓之氏って知っている?」
道端「はい。よくテレビに出てますね。あなたの過去は、何とかでとか、ペラペラ喋っていて、それをタレントなどが傾聴しているのを見ました。見事な話術だなあと感心しました。本屋には江原啓之氏の著書群が一角を占有して平積みされていました。水からの伝言(物理学者による批判については学習院大学田崎氏の記事を参照)なども平積みでした。たしかに、読者の聞きたい事、信念にうまく訴えていて、巧みなのでしょう。その方向での才能はあって、営業努力もしているんでしょう。結局、科学の方法が根付いていないんだなとあらためて思いました。一方でオカルトやスピリチュアルの流行、もう一方でポストモダンとポリティカルコレクトですから、科学の方法や自由な批判的議論を主張するのは、時代遅れと見なされているのでしょう。科学の方法と自由な批判的議論の意義は、否定の否定による正しさへの接近を公共的に行える点にあります。人間の自然な肯定の心性にはしっくりいかないものです。おうおうにして、硬い心の科学主義だとか、時代遅れの客観主義だとか、政治的に正しくないなどと、嫌悪と忌避の対象になってしまいます。しかし、人間は誤りを犯す存在です。正しさに確かに近づくには、公共的な事実による検証と批判を通じた誤りの除去という、科学の方法と自由な批判的言論によるしかありません。科学の方法と自由な批判的言論を軽視して、信念の方法と言論統制に頼ることは、個人としてはともかく、集団としては、致命的に危険です。和辻哲郎が、「鎖国」の冒頭で苦い悔恨をこめて書いているように、科学の方法の軽視は、言論統制と並んで、太平洋戦争で日本が最も反省すべき点だったと思います。歴史は繰り返す、一度目は悲劇として、二度目は喜劇としてという言葉があります。ヘーゲル流の歴史主義に棹さすつもりはないですが、戦前とは違う方向での科学の軽視と言論統制による、集団的誤りの危険もあるような気がします。精神論的・言霊的軍国主義と精神論的・言霊的平和主義、特高警察による言論統制と人権警察による言論統制、方向に違いがあるかもしれませんが、科学軽視、言論統制というメンタリティーは同じです。」
河端「なるほど、科学の方法と自由な批判的言論か。道端君の持論だな。ややこしい議論になりそうだな。この辺の話はまたの機会にしよう。」
道端「はい、わかりました。人間の誤りやすさの認識と科学の方法の説明ですが、参考になりそうなサイトがあったので、とりあえず紹介しておきます。心理学の講義資料のようですが、ここの「トピック:人間の誤りやすさ」「科学の方法」に、人間がいかに誤りやすく騙されやすいのか、信念の方法と科学の方法の対比、科学の方法がどんなものなのか、等、オカルトや誤った説明になぜ納得してしまうかも含めて、基本的な点が解説されています。可謬主義の認識論、自由な批判的言論の意義や議論法、虚偽論と言霊信仰、クリティカルシンキング、社会的構成主義の批判的検討、サイエンスワーズなど、また機会を見て書いてみたいと思います。」
河端「ああ、そうしてくれ。楽しみにしているよ。気がむいたら読むから。それで、江原啓之氏なんだが、ライブドアニュース2月1日の記事にこんなのが出ていた。」

カリスマ霊能師 江原啓之にも『あるある』疑惑
  Aさんは当時番組内で霊能師の江原啓之氏(42)が担当していた「スピリチュアル開運術!」のコーナーに夫婦で出演。夫の失業、子どもの病気やケガ、Aさん自身の精神的疲労など、度重なる不幸から脱出する処方箋を求めて番組に出演を決めたという。「『こたえて――』の別のコーナーに手紙を出したら“江原さんのコーナーに出演しませんか?”というオファーが日本テレワークからありました。江原さんの著作も持っていて大ファンだったので出演しました」 ところが、Aさんはいざ番組に出演して愕然とする。江原氏が即興で霊視してくれるとばかり思っていたら、「事前に詳しいプロフィルの提出も求められ、自宅には日本テレワークの方から30分以上も電話リサーチがありました」。 その上、「控室にスタッフから“ご主人か奥さまかどちらかで結構なんですが、昔、頭を打ったことありませんか?”なんて電話も。夫が“5歳くらいの時に階段から転げた”というエピソードを披露したら、江原さんは本番で、さも今、霊視で見えたかのように“ご主人、頭を打ったことありませんか?”って真顔で言うんです。呆れました」。 Aさん夫妻は生放送中では時間が足りずおはらいができなかったため、後日、東京・原宿にある江原氏の診療所を訪れることになる。この模様は2カ月半後にオンエアされた。「江原さんは主人に“亡くなった兄弟がいるはず。その方はまだ生きたいという願望が強くてあなたに憑依(ひょうい)している。母親も心配で憑(つ)いている”と言うのです。でも、兄弟を亡くした話は事前に話していたこと。一気にシラケてしまいました。今は江原さんに夢中になっていた時間を返してほしいです。」

道端「典型的なホットリーディングですね。」
河端「なんだい。そのホットリーディングというのは。」
道端「マジェイアのカフェというマジックに関する面白い紹介のあるサイトに分かりやすい紹介があります。」

コールド・リーディングとホット・リーディング
  よく当たると評判のよい占い師は、例外なく、「黙って座ればぴたりと当たる」と客に感じさせるのがうまい。「コールド・リーディング(cold reading)」がうまい。「コールド・リーディング」というのは、相手に具体的な質問することなく、雑談や、その人の顔や服装といった外観を見るだけで、その人の個人的な情報を引き出すテクニックである。それを拡張して、その人の恋愛や仕事上の悩みなども当ててしまう。実際は「超能力」でも何でもない。タネを明かされたら、あっけないほど簡単なことなのだが、原理を知らないと驚く。
  コールドリーティングに関しては、海外では体系化されたテクニックがあり、専門書も色々と出ている。しかし、いくら体系化されたテクニックとはいえ、さりげない会話の中から微妙な情報を引き出すのは、ある種の才能は必要である。評判のよい占い師は、例外なく、このコールド・リーディングの達人である。ただし、日本ではこの言葉自体ほとんど知られていないし、日本で営業している占い師も、これを体系的に勉強した人はほとんどいないだろう。勉強したことはなくても、経験でほぼ同じようなことをマスターしている。インドの「アガステアの葉」なども、実際に行ってみると数百におよぶ質問をされるそうだ。これだけ質問すれば、個人のどんな情報でも引き出せる。「黙って座ればぴたりと当たる」と思わせるテクニック、実際にはいくつか質問しているのだが、それを感じさせない人がうまい占い師なのだ。「○○の母」と呼ばれている女性占い師がいる。東京の某所で店を出しており、何度も雑誌やテレビなどで取り上げられているようで、そのスジではよく知られている人のようだ。この人が、実際に仕事をしている場面をテレビで見たことがある。客として来ていた女性の手相を見ながら、さりげなく雑談をしている。顔の角度は手のひらのほうを向いているのだが、視線は上目づかいで、何度も客の顔に行っている。ちょっとした質問をしながら、客の顔がどう変化するか、微妙な変化を見逃さない。表情のちょっとした変化から情報を引っぱり出してくる。2,3分も喋れば、相当なことがわかる。
  コールドリーディングに対して、「ホット・リーディング」というのもある。これは占い師より、海外の職業霊媒師などが行っている。コールド・リーディングが何の準備もないのに対して、こちらは周到に準備をする。たとえば、あなたがある霊媒師のところへ行ったとしよう。その霊媒師とはまったくの初対面である。霊媒師にとっては、前日にでも予約があれば都合よいのだが、予約なしで、いきなり行ったとしよう。そこで、あなたのおじいさんの名前を言ったら、その霊媒師はおじいさんの霊を呼び出す儀式を行い、おじいさんの亡くなった正確な日付をあなたに告げたらどうだろう。「おじいさんは、1985年11月27日に亡くなったのですね」と言われ、それがズバリ当たっていたら、イヤでもその霊媒師の力を信じてしまうだろう。このようなものをホットリーディングという。 必ずしも、客の全部に対してこのようなことをするわけではない。実際には数人に一人の割でも、この種の話は口コミですぐに広がる。あの霊媒師はスゴイということになる。タネを明かせば、これも簡単なことなのだ。この霊媒師は、普段から自分の住んでいる町や、近隣の町の墓をまわり、墓石に刻まれている氏名と亡くなった日をメモしたデーターベースを作っている。訪問客が来たとき、雑談の中で、その人が昔からこの町に住んでいることがわかったら、その人の家族で、すでに亡くなっている人の墓がある可能性が高い。隣の部屋にあるデーターベースから、それを探し、見つかればこっそりメモをしてきて、それを告げる。

河端「江原啓之氏について報告されているのは、まさにホット・リーディングだな。」
道端「はい。テレビ局もホット・リーディングのしこみに一役かっています。記事のAさんのように信じ込んでいる人も多いでしょうから悪質です。オウム真理教の麻原教祖も弟子の電話の盗聴などしてネタを仕込んでおいて、弟子との面談で、お前は最近こんなことをなどと言ったそうです。言われた側の驚愕はたいていではなかったそうです。もともと尊師には、超能力があるなどと吹き込んでいたわけですから。そこで尊師の超越的な力を信じ込んで言われるままになってしまったらしいです。」
河端「なるほどな。」
道端「実は、私にもそんな経験があります。」
河端「もしかしてオウムだったのか。」
道端「いえ違います。」
河端「どんな経験なんだ。」
道端「長くなってしまいましたから、またその話はあらためてということにしましょう。」
河端「ああ、そうだな。楽しみにしているよ。」
コメント (2)   トラックバック (3)

節分選挙:愛知県知事選・北九州市長選

2007年02月04日 | 時事


道端「もしもし、こんばんは。」
河端「ああ、道端君か。なんだこんな夜中に。」
道端「選挙結果見ました。」
河端「いや、どうなったんだ。」
道端「愛知県知事は、現職の神田真秋氏(自民・公明推薦)が、元犬山市長の石田芳前民主党衆院議員をかわして当選しました。北九州市長選は、北橋健治氏(民主・社民・国民新党推薦)が柴田高博氏(自民・公明推薦)を破って初当選しました。」
河端「以前の予想と比べると、愛知県知事選で接戦、北九州市長選でやや差がついたのは、やはり自民・公明への逆風が示されたようだな。しかし、民主党党首の小沢氏等が期待するほどの風では全くなく、柳沢発言に乗じての審議ボイコット戦術は不発というところかな。」
道端「そうですね、小沢氏は柳沢発言糾弾に関する自分たちのあおりに、国民が思うようにのらないと嘆いていたようです。自民・公明にたいして逆風を吹かせたいのはやまやまでも、民主・社民への追い風はどうもという人は、多いんではないでしょうか。以前、朝の討論番組で政治学者のジェラルド・カーチスさんが、今度の参議院選で自民・公明が負けるのは容易に想像できるが、かと言って民主が勝つのも想像できないなどといっていました。最近の小沢氏の言動を見ていると、かつての自民党ドンの金丸信氏がまぶだちの旧社会党の田辺誠氏とつれだってピョンヤンもうでしたことを思い出します。さすが金丸信の秘蔵っ子だなと。」
河端「道端君は、賞味期限切れの食品には平気なのに、賞味期限切れの政治家には、なかなか厳しいんだな。」
道端「ところで、北九州市長選ですが、つんく・元モー娘の飯田・矢口が自公候補の応援演説をしたようですね。ここにその時の写真があります。産む機械発言が問題になっているのに、つんく・モー娘のラブマシーン応援とは、有権者をなめています。これでかなり票を減らしたと思います。反省してほしいですね。」
河端「結局、それを言いたかったのか。」
コメント   トラックバック (2)