信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

プレイバック 白馬大池

2020年07月28日 | 山紀行





お早うございます、信です。
季節は進み 7月文月は大暑の次候、第三十五候 土潤溽暑(つち うるおうて むしあつし)になりました。

当初の予定では、今日から夏休みの予定でしたが、いっこうに梅雨が開ける気配が無いので
会社に無理を云って、一週間ずらしてもらうことにしました。

梅雨の出口も見えず、コロナ禍の出口は光明すら見えず
まるで日本全体が長いトンネルに入ってしまったような気さえしてきます。

錫杖さんが北海道からお帰りになったようです。
梅雨の無聊もこれで少しはドラマチックに飾られることでしょう。楽しみです


今日は来週行くテン泊の第一候補、白馬大池です。
今まで2回ほど行きましたが、天気に恵まれずどんより山行となりました。

今回は2014年9月の白馬大池です。
栂池自然園の脇の登山道を登り、白馬乗鞍岳を越えてくると見えてきます


1









小蓮華に向かう山の斜面はお花畑のようでした


2









池の淵を廻りこんで歩きます


3









岩の間からイワツメクサ


4








この山域に多いタカネシオガマ


5








このアングルを青空バックで撮りたい


6









この時は14時過ぎ
赤い屋根は白馬大池山荘です


7









小屋の周りはお花畑


8








チングルマの群生です


9








あの斜面のピンクのところ
すべてチングルマの果穂です


10








午後の陽光に輝いていました


11











12











13









チングルマの中に咲くタテヤマリンドウ


14









小屋の向こうがこの池を造った、白馬大池火山でしょうか


15








小蓮華山に続く雷鳥坂です


16









その右手に続く小蓮華山


17









果たして行けるかどうか


18



今週もじっと我慢の子です。


 撮影日: 2014年 9月 6日
 撮影場所:白馬大池
 撮影機材:OLYMPUS E-410


それでは皆様、ご機嫌よう。






コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 束の間の青空 | トップ | プレイバック 灼熱の稜線 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2020-07-28 09:44:13
おはようございます。
錫杖さんは北海道だったのですね。
昨年と同じ敦賀〜苫小牧のフェリーだったようです。
どんな風景が見られるのか?たのしみですね。

白馬大池のお花畑、いろいろな高山植物が見られて楽しい撮影ですね。
あいにくの曇天で山の風景写真には悪い条件でしたが、
花の撮影にはしとりとした感じが出て良かったようです。
4番のイワツメグサ、5番のタカネシオガマは可愛いですね。
6番は青空なら素晴らしい1枚になったことでしょう。
7番の写真も好きなショットです。
チングルマの群落がすごいですね。
花の時期なら一面真っ白でしょうね。
12番はお気に入りです。
カメラはOLYMPUS E-410なんですね。

本当に今年は梅雨かけが遅いですね。
八月に入ってからの梅雨明けなんて信さんが言っておられたように、
亜熱帯気候の雨季と言ってもおかしくない気候ですね。
コロナはますます酷い状況になり、それでも政府は旅に出ろとけしかける。
これからどうなるのでしょうね?
先が見えない状況で、まさにトンネルに入ってしまいましたね。
もうこの年ですから先も長くはないですが、コロナでは死ににたくないと思うこの頃です。
望岳台 ()
2020-07-28 10:40:25
takayan師匠>

こんにちは。
美瑛夜中直行ということは、私が昨年指をくわえて見ていた望岳台の前を歩いて
百名山 十勝岳を登られたのでしょう。
花の百名山にも選ばれていますから、どんな花がこれから出てくるのか
非常に楽しみです。

白馬大池の台地は蓮華温泉に向かって、お花畑が続いています。
前に行ったときは花咲く前と、果穂の季節ですから
間に合えば花が咲いているときに、見てみたいものです。
盛夏の北アルプスの緑豊かな斜面を楽しみたいと思っています。
12番有難うございます。

まったく中国由来のウィルスでやられるなんて
絶対にありえません。
どんなことをしても生き延びたいと思います。
なるべく若い人には近づかず
山もそれなりに楽しみたいと思います。
コメント有難うございます。

Unknown (イワン)
2020-07-28 23:36:37
山の風景は、やはり好いですね。
黒岳が最初で最後と言いましたが、空沼岳に組合の青婦部イベントで登りましたが・・確か池のある山小屋までで、頂上までは途中まで行きましたが体力を考えて引き返し、山小屋で休憩していたような(笑)

錫杖さんとは、すれ違いばかりです。
私は21日で錫杖さんは24日、なかなかご対面とはいきませんね(笑)
空沼岳 ()
2020-07-29 05:54:47

イワンさん>

お早うございます。
空沼岳、札幌市民の定番の山でしょうか
標高は武甲山と同じくらいですね
頂上からの眺めはすこぶる良さそうです。
私は一度、中山峠まで羊蹄山を眺めに行ったことがあります。
残念ながらガスで見えませんでしたが・・

錫杖さんは私の場合は追っかけをしていますから、本人が逃げない限り(笑)
何度かお会いしてお酒を飲みました。
私の憧れの飯縄大権現さまです。
そういえば小樽の雪まつりでニアミスがありましたね
同じオブジェを撮られていたのを、よく覚えています。
そのうちに会う機会があるでしょう。
コメント有難うございます。

コメントを投稿