しまね分かち合いの会・虹

自死遺族自助グループ
『分かち合いのつどい』
と『J交流会』

出雲分かち合い会場の変更について

2020年07月07日 | 変更案内

皆さまへ(Bcc)

鬱陶しい日が続いています。
いかがお過ごしでしょうか。

コロナ渦の中、7月11日(土)開催の出雲分かち合いの会場が「出雲市民会館」へ変更になりましたのでお知らせします。

会場:出雲市民会館  302研修室
日時:7月11日(土)  14時~分かち合い    15時30分~クールダウン茶話会

会場変更以外はいつもと変わりません。
分かち合いだけ、茶話会だけのご参加でもよいです。
駐車場は、市民会館北側(裏側)に広い無料のがあります。
入り口も、エレベーターに近い北側が良いかと思います。
梅雨時の運転、気をつけてお越しくださいね。

それでは会場で😢🍵😄☔☀️
桑原  09046925960


道の駅のツバメ

2020年07月04日 | その他

道の駅スタッフの思いやり  自動ドアに貼ってあるイラストにも…  
どんな社会にも、相手を思いやる優しい心があれば、追い込むことはないでしょうに…

 


2020/6月後半の主な動き

2020年07月03日 | ご報告

6月17日(水)
1.メンバー2名で、今年度の補助金申請と活動概要の説明をしに県庁を訪問
2.松江市市民活動センターへ年会費の支払いに
3.島根いのちの電話事務局へ、20日の打ち合わせを兼ねて資料を持参

6月20日(土)
1.島根いのちの電話公開講座.第39期電話相談員養成講座で、「自死遺族に寄りそう~マニュアルではなく体験を伝えたい」と題してお話をさせていただきました
2.松江市内の遺族二人と一緒に、松江分かち合いの現状と今後の課題について話し合いました

6月26日(金)
1.大田市内でNHKの記者と面談
2.メンバー2名で、大田市役所を訪ね健康増進課課長たち3名の方々と面談しました
他市の広報や情報を熱心に聴いてくださって、「これコピーさせてください!」と、かなり積極的な姿勢に感心しました

6月27日(土)
益田分かち合い
コロナ感染防止を最優先とし、会場が健康保健センターから別会場の学習センターに変更になりました。
市は有線放送やホームページ等で会場変更のアナウンスをしてくださっていましたが、いつもの会場に足を運ばれた方が数名おられたそうです。
分かち合いに初参加の方がお一人、J交流会にはゲストの方1名がお越しになり、7名で交流しました。

6月28日(日)
~「一生に一度は、映画館でジブリを。」~
交流のあるジブリ大好きな高校生が、26日からジブリ作品が観れる!!という情報をくれました。
4作品中のどれにしようか迷って、、、「もののけ姫」を一緒に観ました。
益田からシネマスクエア7まで車で往復約5時間~それでもやはり、映画館で観る懐かしいジブリ作品には感動しました。
そして、受験勉強を頑張ってやっている彼女のつかの間の笑顔に会えたことが、何よりでした。

6月29日(月)
益田~浜田自動車道~邑智郡内三つの町役場への挨拶回りをしました。
1.邑南町瑞穂支所  2.川本町役場  3.美郷町役場
昨年も訪れ、その際に対応の温度差を感じてはいましたが、今回もまた、、、

保健センターのある邑南町役場瑞穂支所


遺族支援についていろいろ説明し、他の自治体の広報で良いと思われるものを真似してでも取り上げてはいかがですか?という意味を込め「コピーされていいですょ」と言ったのですが、「結構です」と。
今年度から自死対策に関わられたというその方は別れ際に、「時間があれば道の駅に新鮮野菜が売れているので買って行ってください」と。
片方で、こちらが言わなくも「これ、コピーさせてください!」と、前向きな担当者であり自治体もある。
また、今年度から自死対策担当になったという若い男性保健師のいる役場は、対応してくれたお二人の真摯さが伝わってきた。
今回1市3町を回ったが、向き合い方が個人(人柄)的にちがうだけではなく、自治体そのものの雰囲気で向き合い方の違いをも感じとれた。

同行のメンバー、あべ○マスクに例え「首相本人(地方行政)は良いと思いマスク(広報掲載)を配布しただろうが、国民(市民.町民)との間にズレが生じるミスマッチがあっては(税金が)勿体ない」と説明。
解りやすい!と変に感動してしまった。
行政に理解してもらえ定着するまでは走り続けなければ、特にマイノリティで弱い立場の者達の二次被害は防げないのだろうか??


緊急です

2020年07月03日 | 変更案内

出雲分かち合い会場の変更のお知らせ


7月11日(土)
ご注意ください❗❗
すでに出雲市広報7月号P30に掲載されていますが、分かち合いの会場が、急遽変更になりました。

出雲市社会福祉センター➡️➡️出雲市民会館(出雲市塩冶有原町2ー15  (0853-24-1212)

お間違えのないようお越しください。


2020/6月前半の主な動き

2020年06月15日 | ご報告

6月1日(月)
益田市~浜田市~江津市の各自治体の自死対策課を、地元の遺族と一緒に今年度の挨拶訪問をしました。
浜田市内は以前に座談会を開いてくださった三隅町白砂公民館と、お世話になっている県西部人権啓発推進センターにも立ち寄りました。
市役所ロビーで河上さんと待ち合わせ~健康福祉部部長室に通され、部長も一緒に問題を共有されようとする姿勢にいつも頭が下がります。

江津市では江津市人権センターで二又さんと待ち合わせし、新センター長に、国の重要施策には未だ入っていないからこその「自死と人権」について説明をさせてもらいました。
市役所では、色々兼務をされていらっしゃる新課長と担当の保健師さん二人の五人で話し合いをしました。
広報紙への啓発内容の掲載仕方などのお願いをしました。

駆け足でしたが、コミュニケーションをとることから始まると思ってきたので、今後も絶えることのないよう走らねば。。。
ふと思い出した自身への激励❗「フットワークはネットワーク、ネットワークはチームワーク⁉️」


6月6日(土)
大田分かち合い
ソーシャルディスタンスを!ということで、いつもより大きな輪になり分かち合いましたが、やはり、悲痛な分かち合いには…。
亡くされて半年の初めて参加された方の言葉にならない姿に、「あの時」の自分自身を重ねていました。
クールダウン茶話会の必要性も感じた大田分かち合いでした。

「今回の異動で出雲保健所から県央保健所になりました、また寄ってくださいね」と連絡を頂いていた県職員の方の訃報は知っていた
私たちに無言の励ましをくださっていたあのなんとも言えない眼差しに、癒しを感じていた遺族は多かった
どうしてもお礼が伝えたくて、分かち合い後にお家へ手を合わせに行かせてもらった
遺影の笑顔の彼に涙があふれた「ありがとうございました、お世話になりました」合掌


6月13日(土)
松江分かち合い
レベル4の大雨洪水警報発令中に10名が集いました。
警報発令中なので中止でもよい状況でしたが、今年度初めての4ヶ月振りの再開(再会)なので、いつの間にか参加者が増えてきていました。
コロナ感染防止策のための、マスク着用やアルコール消毒薬持参やソーシャルディスタンス、換気は守ってやりました。
が、自死遺族の分かち合いに距離感は重要で、やはりソーシャルディスタンスには違和感がありました。


あなたは

大切な家族を 自死で突然失う衝撃 誰にも話せず胸がつぶれそうな日々 一人ではとてもかかえきれない想い このつどいでは 悲しみ苦しみ怒りなどを分かち合っています 涙しています 聴いています あなたのとなりには 同じおもいの自死遺族しかいません 安心して分かち合っています 新しいつながりが きっとあなたを待っています 一度いらしてみませんか (会場等に自死自殺の文字は使用していません安心してお越しください)