しまね分かち合いの会・虹

自死遺族自助グループ
『分かち合いのつどい』
と『J交流会』

2021年5月の主な動き

2021年06月02日 | ご報告



5月6日(木)
出雲市役所の自死対策のある課に、遺族二人で新年度の挨拶に行きました。
課長も担当者も新たな方々。
引き継ぎがあったとしても、遺族の心情や自助活動を理解してもらうには、その度に足を運ばねば先細りになってしまうのです。
6月23日(水)に、出雲市役所24課連絡会の研修会で、お話をさせていただく事になりました。

5月8日(土)
出雲分かち合い
分かち合いは9名が参加。
そのあとのJ交流会には、遺族2名が加わり、外部から出雲市役所のお二人、NHKの記者さんもご参加されました。
14名が交流するには、かなりな密をさけた距離間を必要としました。
忌憚のない意見交換が続き、会場予約時間をオーバーしてしまいました。

5月15日
浜田分かち合い

5月20日(木)
県の自死対策のある課へ昨年度の実績報告書を持参。
その後、人権啓発推進センターへ今年度事業の助成金申請に行きました。

5月21日(金)
島根いのちの電話事務局へ

5月26日(水)
5月31日の過労死(自死)裁判に向けて、原告遺族とちょっとした激励分かち合いをしました。

5月29日(土)
島根いのちの電話第40期電話相談員養成講座
「自死遺族に寄り添う~自死遺族への理解」でお話をさせていただきました。

29日夜~30日(日)
息子さん娘さん、それぞれを亡くされた方お二人と、個別分かち合いをしました。

5月31日(月)
松江地方裁判所で過労死(自死)裁判の傍聴応援
「虹」からは10名が駆けつけていました。
約10年という長い闘いでしたが、やっと労災認定となりました。
が、国が控訴してくる場合は、高裁が待っています。
まだ闘えというのでしょうか⁉️


執念で労働災害認定‼️  過労自死  行政訴訟判決について

2021年05月31日 | ご報告



2009年9月18日に過労死(自死)した高木教生さん、ご両親は労働災害の申請をしました(2014年1月27日)
が、出雲労働基準監督署長が業務外の決定処分をしたため、この処分の取り消しを求めた訴訟でした。
長い年月を闘ってこられましたが、本日2021年5月31日、労働災害=過労死(自死)と認められました。
何度も傍聴(応援)に駆け付けてくださった皆さま、ホントに本当にありがとうございました!(虹)

以下、裁判結果を写真(NHKニュース)で紹介します。

 

 

 

裁判(傍聴)応援への御礼


皆さまにはお忙しい中、裁判の行方をいつも一緒に見守っていただき、誠にありがとうございました。
お陰さまで、やっと労働災害(過労自死)と認定されました。
その都度、励ましをいただきましたこと、心より御礼を申し上げます。
また、皆さまには今後も何かとお世話になるかも知れませんが、何とぞよろしくお願いいたします。
高木猪三男.栄子


2021年4月の主な動き

2021年05月02日 | ご報告





山陰中央新報6回連載  愛(かな)しみと歩む  ~「自死」という死~ 

3回(4月2日)「母の孤独」



4回(4月6日)「一番好きな笑顔」




5回(4月9日)「父の苦悩」




6回(4月13日)「命救える一助に」



3月の「自死対策強化月間」に併せ、3月初めからの掲載をと取材に応じてきましたが、諸事情でかなりズレこんでしまいました。
私たちがしんどい思いで取材を受け読者の方に伝えるのは、「こんなおもいは、もう私たちだけでいい!!」との強い想いがあるからなのです。
「遺された者の生き方一つで、自ら逝かねばならなかった人たちの命の意味が活かされる」
「経験を語ることで遺族たちの苦しみを減らし、一人でも救える命につながる一助になってほしい」
いつもそんな気持ちでいます。
取材に協力された遺族の方々、本当にどうもお疲れさまでした。



4月8日(木)
NHK松江放送局の記者さんと面談

 



4月17日(土)
松江分かち合い
山口県の遺族の方が何年振りかに参加されました。
繋がった当初は皆な、言葉にしようとしても言葉にならず… とめどなく溢れる大粒の涙も拭かず…
再会の時にも、でもやっぱり泣いて…
こうしていつでも遠慮なく泣ける場所っていいなぁ~と感じます。
後半のクールダウン茶話会(J交流会)では今年度の予定を確認したり協議をし、ゲストのNHK浅井記者さんと情報交換をしました。

4月20日(火)
子どもを亡くした親たちの臨時分かち合いを急きょ開催しました。
桜の花の潔さや間もなくやってくるGWの賑わいがキツイので、どこからともなく声が上がり、たまに集ってきました。

日本海に沈む夕日.国道9号線五十猛海岸より~



4月23日(金)
NHK松江放送局の記者さんと3度目の面談

4月24日(土)
益田分かち合い
今年もまたやって来る5月がツライ… と涙が頬をつたうお母さん。
大多数の人には5月は花咲く薫風のよい季節ですが、私たちには5月はしんどい月です。
5月は遺族になる人たちが多いのです。

4月26日~27日
益田市内の支援者の事務局や津和野町役場.益田市役所.益田保健所の各自死対策のある課を回りました。
最後に江津市内の遺族と道の駅サンピコで待ち合わせて、打ち合わせをし帰路につきました。

津和野町にあるローソンは、町並みにあわせたシックな外観です



GWには昨年度の事業内容報告の仕上げが待っている
相談電話を受けながら、領収書を整理しながら… のこの連休
心身の奥底にある愛(かな)しみと、やらねばならないという目の前のストレス…
そんな自身を理解し受けとめてくれるのは、自分自身しかないのだろうか…
5月10日は、父親の命日で亡き子の誕生日… 不思議で複雑な1日となる


2021年4月~分かち合いスケジュール

2021年04月14日 | ご案内

桜は来年も咲く…  散った一ひらの花びらとは二度と会えない…


今年は2週間ほど早く桜の季節が来て、瞬く間にシーズンも終わっていました。
あの日から10年間くらい桜や華やかなもの儚いものに目を背けていました。
3~4年前から、やっと桜には向き合えるようになりました。

辛く悲しい時間(time)は、皆平等に流れます。
話す(talk)ことと、涙(tears)を思い切りながすことは、ある意味選択肢になります。
自ら逝かねばならなかった人達が精いっぱい生きた人生に蓋をするのではなく、話して涙して共有したい。。。
同じ経験.想いを抱えた私たち当事者の集い、それが自助グループの「分かち合い」だとおもいます。
3つの「T」がうまく絡み合うことや、他の方の話を聴くことで、新しい自分自身に出会うこともあります。

愛(かな)しみを、医療(クスリ等)で治せる病気だと考えることに疑問を持ちます。
セルフヘルプグループ(自助グループ)の分かち合いに、一度いらしてみませんか。
連絡先:(090-4692-5960)桑原



松江会場:いきいきプラザ島根(0852-32-5911)
    4月17日(土)  6月19日(土)  8月21日(土)  ※10月3日(日)  12月18日(土) 

出雲会場:出雲市民会館(0853-24-1212)
    5月8日(土)  7月10日(土)  9月4日(土)  11月20日(土)  1月8日(土) 

浜田会場:浜田市総合福祉センター(0855-22-0094)
    5月15日(土)  7月17日(土)  9月18日(土)  11月13日(土)  1月15日(土)  3月19日(土) 

益田会場:益田市民学習センター(0856-31-0621)
    4月24日(土)  6月26日(土)  8月28日(土)  10月23日(土)  12月25日(土)  ※2月19日(土)会場は益田市保健センター 

大田会場:県立男女参画センターあすてらす(0854-84-5500)
    6月5日(土)、10月2日(土)、2月5日(土)

松江と益田の※印の日は、ご注意ください
いずれの会場も、14時から遺族だけの分かち合い
15時半からクールダウン茶話会:J交流会(遺族以外の方がご参加になる場合もあります)
参加費:300円(茶菓代.資料代など)
マスク着用でお越しください




2021年3月後半の主な動き

2021年04月01日 | お知らせ


3月15日(月)
吉賀町は、松江道~三次.中国自動車道~六日市インターで下りました。
パネル等を積んでいる津和野の遺族達と、会場となる図書館で合流。
なななんと!ここではボード運び~組み立てを、役場職員の方々と一緒にすることとなりました(泣)
が、明るいし大型TVビジョンもあり、VTRを流せるのがラッキーな会場でした。

ケーブルテレビで放送されたVTRを流しました


3月16日(火)
会場には都合をつけれる遺族が、常時いるように心がけます。
役場の担当者が気を使ってくださる姿勢を感じながらスタート。
館長さんとも、ちょっとした分かち合いをすることに。
役所の方々の入れ替わりの来場(パネル見学)にも、真剣さがうかがえました。
また、初めて向き合った職員が庁内用のチラシを作成し配ってくださっていました(涙涙)

職員作成の庁内用チラシ



3月17日(水)
来場の町民の方々にパネルの説明をしながら、まさかの遺族の想いを直接伝えます。
相談も受けますし、共に泣いたり怒ったりしました。

3月18日(木)~19日(金)
パネル展会場には益田の遺族が当番につき、アンケートやVTRの説明などをさせてもらいました。

 

吉賀町パネル展記事(読売新聞)


熱いおもいを伝えてくださる佐藤弁護士

 

遺族の想いを伝えています

顔出し名前出しで想いを伝える河上さん 

分かち合いの集いの紹介

パネル展のお知らせ

 

3月20日(土)
浜田分かち合い
久しぶりの方が2名いらっしゃって、5名での集いとなりました。
最近は自死遺族の悲しみを病的に扱い、治療目的の精神科が出現しているそうです。
何故、人の悲しみを治療しなければならないのか、まったく理解に悩みます。
向精神薬などに染まるから、感情がコントロール出来なく長引いているのに、、、と思います。
言葉のマジックで、グリーフケアというのも同じように感じています。

3月21日(日)
パネル展会場には、平日に来れなかったと役場職員も何人か来場してくださいました。
ケーブルTV(ひとまろ.さんねっと)をご覧になられて来場された方も、多数ありました。
来場者アンケートも、今後は公開していきたいと考えています。

ただやりましたよの結果だけではなく、自死の予防や防止への気づきだけでもなく、自死に対する人権侵害等も地域の皆様と共有出来ていれば… 開催の目的が叶ったことになります。
こうして、行政と遺族たちの気持ちをコラボさせたパネル展を、なんとか終えることが出来ました。

3月24日(水)
令和2年度第2回益田市自死総合対策ネットワーク会議.研修会
後半の研修会で、遺族の立場から遺族支援を中心としたお話と、経験的知識を活かさせていただき机上論で終わらない対策にと、お願いをしました。
帰りに益田市議会事務局にアポなしで行き、ある議員に面談を申し込みしましたが、たまたまおいでになり心よく応じていただけました。

遺族の分かち合いの必要性などを説明しています


3月26日(金)
山陰中央新報で、シリーズ愛(かな)しみと歩む~「自死」という死~が始まりました。
6回の連載ですが毎日ではなく、毎週金曜日と火曜日のくらし面です。
最終回は13日の火曜日です。
本来は、3月の自死対策強化月間に合わせたシリーズのはずでしたが日程的に無理なようでした。
頑張って取材を受けた遺族たちから、そのすれ違いが悔しい… との声が上がっていました。

シリーズ  愛(かな)しみと歩む~自死という死~  の第一回目


NHK松江放送局の新しい(はじめての)記者さんから連絡をもらっていたので、面談をしました。

3月30日(火)

山陰中央新報くらし面


愛(かな)しみと歩む  「自死」という死  第二回目

 

 


今月も駆け足のひと月だった
体二つとまでは言わないが、もう半分あれば、ちゃんとしたことが出来ただろうにと振り返っては反省
4.5月は実績報告と予算組み立ての事務的処理がある
分かち合いの集いだけなら大丈夫だが、事務仕事は何年やっても苦手だ!
合間をぬって各自治体への挨拶にも行かねば、後手ごてに事が進んでしまう!!


あなたは

大切な家族を 自死で突然失う衝撃 誰にも話せず胸がつぶれそうな日々 一人ではとてもかかえきれない想い このつどいでは 悲しみ苦しみ怒りなどを分かち合っています 涙しています 聴いています あなたのとなりには 同じおもいの自死遺族しかいません 安心して分かち合っています 新しいつながりが きっとあなたを待っています 一度いらしてみませんか (会場等に自死自殺の文字は使用していません安心してお越しください)