しまね分かち合いの会・虹

【 自死遺族自助グループ 】
しまね分かち合いの会・虹
J交流会

しまね分かち合いの会・虹

2018年10月07日 | 変更案内

2か月間ブログ更新ができず、ご心配ご迷惑をおかけしました。

ブログとフェイスブックの担当者が今月から代わりました。

引き続き今後ともよろしくお願いいたします。

 

2018/10月~2019/1月 分かち合いの集い

 基本的には、松江・大田・益田会場は偶数月。 出雲・浜田会場は奇数月です。

 各会場とも、13時45分受付、14時~15時半分かち合い、15時半~17時クールダウン(J交流会)です。

      松江会場:10月20日、12月8日

      出雲会場:11月10日、1月12日

      大田会場:12月は中止

      浜田会場:11月17日、1月19日

      益田会場:10月27日、12月22日

      雲南会場:調整中

 

   参加費(茶菓・資料代ほか):300円

J交流会には、自死遺族以外の方にもお入りいただく場合があります(行政、関係機関、マスコミなど)

 

 

 

      

2018/8月~9月の主な活動

 

8月は、「虹」の発足10年ということで、メディアからの取材がけっこうありました。発足当時

のメンバーの方、県内の各所で取材をうけられた皆さん、お疲れさまでした。

  8月6日  島根県警では講演会の、県心と体の相談センターでは研修会の、それぞれの

       打ち合わせをしました。県警の講演会は9月12日に、県庁大講堂に決まりま

       した。心体相主催自死遺族支援研修会は11月30日、佃弁護士に来ていただ

       くことにしました。 虹メンバーも2~3名が、おもいなどを発表させてもら

       います。

   7日  中国新聞の取材

   8日  山陰中央新報の取材

   9日  共同通信の取材

  11日  島根県自死総合対策連絡協議会委員でしまね命の電話理事長の釜瀬先生と面

       談。午後、いきいきプラザで分かち合いの集い松江を開催。後半のクールダウ

       ン(J交流会)に共同通信の記者さんが入られました。

  20日  午前中メンバーの裁判、午後共同通信記者さんと面談。

  22日  雲南広域連合(消防署)と島根県警へ、9月の研修会などの最終打ち合わせへ。

  25日  益田分かち合いの集い開催。クールダウン時に中国新聞の記者さんが取材に入

                    られました。

  30日  自死遺族自助グループ「しまね分かち合いの会・虹」、本日は10回目の誕生

       日。19時から、「第一回松江市自死対策事業検討会」があり、委員として参

       加しました。「自さつ」と言われる委員もおられ、自死問題をあまり理解され

       ずに参加されていることが分かり残念でした。というか、他人事のように思わ

       れている感じが強く、まだまだこれからなのだと実感しました。おこがましい

       のですが、「私たちの経験的知識と知恵を活かさせてください」と、述べさせ

       てもらいました。スタートしたばかりの新生松江市、検討会がキリッとした緊

       張感あるものに育っていってほしいと願います。

 

 

 

 9月は、10日が世界自死予防デー、それからの一週間を予防週間といいます。行政主導の恒例

予防啓発のチラシ配りがありますが、遺族は心が痛く協力同行出来ないのが現状です。私たちは私

たちにしか出来ない方法で、啓発につながることをやり続けたいと考えています。

 

  9月6日  雲南広域連合の職員の方々(消防士さんなど)の、人権同和教育研修会があり

        ました。自死問題の人権を取り組んでいただき、ありがたいと思っていま

        す。オレンジと青色の制服姿の約50名皆さんの前でお話をするのには、

                      かなりの緊張感と勇気がいりました。最初にお世話になる当事者たちは、

        皆さま方から掛けていただいた言葉一つで、心が落ち着くこともありますと

        話しましたと。

    7日  6日に続き、約50名の夜勤や非番の制服の職員さんや、その他からも参加

        されていました。消防士長さんが制服を脱がれTシャツになられると、腕の

        筋肉がモリモリで、鍛えられかたが違うのが分かりました。玄関~車まで、

        指令長さんにもお見送りいただき、この地域が更により良く変わっていくこ

        とを誓い合いました。

    9日  全国自死遺族連絡会主催の第11回目のフォーラムが横浜であり、「虹」か

        ら、2名参加しました。 参加可能な遺族が参加してきますが、各地の遺族

        がつながりあう場所となっていることをうれしく思います。

今回のフォーラムは横浜で「あんじゅ」と「虹のかけはし」の共催で開催されました。約150名の参加があり、主催者側はうれしい誤算で立ち見の人も見られました。基調講演は「自死遺族の自助グループ活動と悲しみについて」と題して上智大の岡知史教授より問答形式で行われました。

        出雲分かち合いの集い開催。9名参加でした。

   12日  県庁6階の大講堂で、警察職員、救急隊員の方への「自死遺族講演会」が、

        県主催で開かれました。遺族が初期に直面する方々に、対応で傷つけられた

        ことや、優しい言葉が嬉しかったことなどの事例を挙げ「皆さま方からの対

        応の仕方一つで、私たちのその後の人生観までもが、大きく変わります」

        と、伝えました。ほんのちょっとでもいい、遺族や未遂者がその一言で再生

        できるような、そんな優しい社会になってほしい・・・と。

 

 島根県主催 自死遺族後援会

県警職員の方々の真剣な眼差しを感じながら・・・。

   13日  浜田圏域自死総合対策連絡会に地元の遺族が委員として参画しました。忌憚

        ない意見を述べさせていただいているとのこと・・・、信念と心強さを感じ

        ます。

        メンバーの裁判応援と、17時からBSSラジオの方と面談。

   15日  浜田分かち合いの集いを開催しましたが、同館でしまね命の電話の講演会と

        バッテングしていました。その帰りに、浜田市役所の自死担当課の方お二人

        が「J交流会」に参加してくださいました。親、配偶者、子供を亡くした遺

        族たちが、それぞれに言いたいことをいっぱい伝えていました。その中の一

        つでもいいから、参考にして対策に生かしてほしいものです。

   28日  岩手県一関保健所主催の「自死遺族フォーラム」で、自死遺族の想いと

        「虹」の自助活動をお話しさせてもらいました。基調講演は、島根県が「自

         さつ」から「自死」に切り替わりる頃パブリックコメントを入れてくださ

         った、清水新二先生でした。 やはりとても説得力があり、遺族支援には

         欠かせない存在です。(奈良女の名誉教授です)

 


~2018/7月の主な活動~

2018年08月03日 | ご報告
7月6日(金) :ゆいぽーと(広島市男女共同参画推進センター)で広島弁護士会とゆいぽーと主催のシンポジウム
         「まさか・・・」いったい何があったの? ~7名の自死遺族たちが勇気を出して語る~ がありました
         しまね分かち合いの会・虹は共催&「中国地方における自死遺族支援の取り組み」で、報告をさせていただきました
         また、「虹」のメンバー2名が悲しい苦しい辛い体験を、涙ながらに語りました
         途中で何回か大雨警告アラートが鳴り響きましたが、なんとか無事時に終わりました
         このイベントが、今後の対策(特に司法等)の参考になり活かされていくことを願いました
 
7月12日(木):H30年度第1回 出雲圏域自死総合対策連絡会・出雲市自死対策検討委員会
         H29年度から「しまね分かち合いの会・虹」は両会議に委員として参画
         「虹」メンバーが地元遺族の立場から意見を交わさせていただいています
 
7月13日(金):曹洞宗島根県第二宗務所の人権擁護推進主事のご住職と面談
         以前に相談をしていたので、自死防止団体に名前のあるY県の酷い言葉を浴びせる傲慢な住職を訪ねてくださっていたようです
         私(達)が依頼をしなくても直ぐに動いてくださるご住職もいらっしゃるので、驚いています
         この二人の住職の、大きな大きな違いはいったい何なのでしょうか
 
7月14日(土):出雲分かち合い
         母親を亡くした子どもの立場の遺族がたまたま3人参加、3人は別グループでの分かち合いになりました
         後半のクールダウン時(J交流会)には共同通信・NHKの両記者がご参加、12名で「虹」の10年を振り返りました
 
7月21日(土):浜田分かち合い
7月23日(月):午前中、江津市の人権啓発推進センターで10月にある「島根県人権フェステバル2018」の説明会&打ち合わせ
         午後、3月に予定している江津市の自死対策担当の方とパネル展開催会場「パレットごうつ」の下見にいきました
 
7月26日(木):雲南広域連合 雲南消防本部・雲南消防署へ
         若~い消防士長と、9月の職員人権教育研修会の打ち合わせをして来ました
         さすがに「自死」という言葉でお話はされますが、「自死問題」についてはほとんどご存知ありませんでした
         だからこそ、縦社会の職員の方々にコツコツと気の遠くなるような啓発をし続けなければならないのでしょうね 
         
 
 

~あり得ない話~

2018年07月28日 | その他
「おまえなんか死んでしまえー!! ガチャン!!」
稀死念慮のある相談者が、そこそこ知られた「自殺防止」相談団体の僧侶に最後に投げつけられた暴挙。
たとえ相談者が、向精神薬でウツロでもアルコール飲酒で暴言を吐いても、最後まで向き合うのが本来。
ましてや「自殺防止」相談団体の中に名前を連ねているのなら、禁句の言葉であることを理解しているハズ。
  
その僧侶に、私も自身が「自死遺族」であることの自責の苦しさを「相談」してみた。
ウザかったのか・・・話の途中で・・・「ガチャン!」と切られてしまった。
かけなければよかった・・・後悔の重ぐるしい気持ちだけが残った。
悲痛を引づっている「自死遺族」にも、二次被害を与えられるようではたまったものではない。
 
その相談団体のサブの方に、組織のあり方を聞いてみた。
「宗派を超えてこの指止まれ的で、特に自死(予防・防止・遺族)に対する研修などしていない」、とのこと。
~お電話ください 自殺防止・ネットワーク○○へ~
組織のための売名!? 売名(ビジネス)のための偽善!? 徳を積んでたのじゃないの!?
 
聴いてもらったり、一言で救われた相談者がいるかもしれない。
しかし一方で、相談者が自死へ向かってしまうような背中を押すような、そのような言動があってはならない。
地域のお偉い僧侶かもしれないが、「自死問題」「自死遺族の心情・人権」等の基本だけは学んでもらいたい。
そして、相談を受ける人は、どんな理由・状況であっても「傲慢」であってはならない。と。
 
  

〜2018/6月の活動〜

2018年07月01日 | ご報告
☆1日(金)  H30年第一回島根県自死総合対策連絡協議会
 
☆2日(土)  大田分かち合い
        半年前に奥様を亡くされた旦那様が、初めて分かち合いに参加されました。
        噴き出し止まらない涙に、奥様をとても愛されていたことが、体中から伝わってきました。
        私たちも、あの時のあの衝撃がよみがえり、ただただ一緒に泣くことしか出来ませんでした。
        自死遺族の分かち合いは、同じ体験をした者同士にしか分からない感情を共鳴させるところ。
        揺りもどしが来るから分かち合いはもういい、、、いつまで経っても分かち合いでしか泣けない、、、
        遺族の気持ちはそれぞれ、、、それでいいと思います。
 
☆9日(土)  松江分かち合い
        息子さんを亡くされたお父様が、広島は尾道からお越しになりました。
        もう、何回目かわからないほどに通っていますね、、、とおっしゃっていました。
        久しぶりに参加されたお父様も、また、息子さんを亡くされています。
        この日は、息子さんを亡くしたお父様が、偶然にも4名もいらっしゃいました。
        後半のクールダウン(茶話&J交流会)に、中国新聞社の記者2名も参加され、11名で交流しました。
 
☆10日(日) 松江市健康福祉フェステバル
        2011年から、ブース参加、2013年からミニパネル展示も。
        フェステバルというお祭りっぽいイベントは嫌い。
        でも、、、取り返しのつかない「まさか」が、いつあなたの身に起きるかも分からない。
        一人でもいいから、そのことを頭の片隅にインプットしておいてほしい。
        SOSを発していたのに、、、と自戒を込めた私たちからのメッセージを!!
 
☆12日(火) 過労自死裁判傍聴応援
 
☆23日(土) 益田分かち合い
        クールダウン時に、益田市役所自死担当の方と、保健所からもお二人が参加され、8名で交流しました。
        以前、県外の保健師さんに「予防も防止も同じじゃないですか!?」と言われたことがありました。
        県内各圏域の自死対策の名称が、予防、防止と、バラバラでした。
        事後も含め、総合になるようにお願いしてきました。
        益田圏域(益田市・津和野町・吉賀町)は、30年度から「自死総合対策」に決まったそうです。
        遺族とともに、、、と寄り添ってくださる益田(圏域)の姿勢を嬉しく思います。
 
☆28日(木) 安来市広瀬~雲南市掛合へ
        今年度の自死遺族フォーラムは松江で開催予定です。
        松江圏域の安来市にもご協力をいただけるよう、お願いに行きました。
        また、安来市の自死対策協議会に、遺族を入れてくださいとの要望もしました。
        各種相談先一覧パンフレット「ハートライン・やすぎ」に「虹」を掲載してくださっています。
        24時間をうたっているのは、警察関係と「虹」のみでした。
        素晴らしいパンフレットだけに、、、ちょっとさみしく感じてしまいました。
        その後、雲南市掛合町に回りました。
        雲南市と奥出雲町と飯南町の1市2町で組織されている、職員広域連合というのがあるそうです。
        職員の方の人権問題研修を考えていらっしゃるとのことで、打ち合わせに寄らせていただきました。
        2日連続の4回研修はきつい!!と思いました。
        でも、それだけ関心をお持ちいただけているのなら!と引き受けて帰りました。

2018年7月〜2018年10月 分かち合いの集い開催のご案内

2018年06月13日 | ご案内
🌈分かち合いの集い

誰にも話せない深い深い悲しみ、苦しみ、怒り等を遺族だけで分かち合っています。
大切な家族を自死で亡くした遺族同士だからこそ、分かち合いができると思います。
どうか一人で悩まないでください。同じ痛みをもつ遺族同士で分かち合いませんか…。

【出雲】

   日時 :2018年7月14日(土)

       日時 :2018年9月8日(土)

         会場 : 出雲社会福祉センター(〒693-0001   出雲市今市町543)


【浜田】

  日時 :2018年7月21日(土) 

       日時 :2018年9月15日(土)

      会場 : 浜田市総合福祉センター(〒697-0016  浜田市野原町859-1)

 

【松江】

   日時 :2018年8月11日(土)   

     日時 :2018年10月20日(土)   

    会場 : 島根いきいきプラザ(〒690-0011  松江市東津田町1741-3)

 

【益田】   

  日時 :2018年8月25日(土)

      日時 :2018年10月27日(土)   

      会場 : 益田保健センター(益田駅前イーガビル)(〒698-0024  益田市駅前町17-1)

 

【大田】

      日時 :2018年10月6日(土)

      会場 : 島根県立男女共同参画センターあすてらす(〒694-0064  大田市大田町大田イ236-4)

 

【雲南】                            

      調整中            

 

いずれの会場も受付開始は13時30分

・分かち合い                 14:00~15:30
・茶話会(J交流会)     15:30~17:00 
 *茶話会(J交流会)には遺族以外の方にお入りいただくこともあります(弁護士、保健師、宗教者、マスコミ関係者、行政の自死担当者など)。