satineko日記

猫が好き、花が好き、2015年カワセミを見てから野鳥も好きになりました。

花の丘は夏の花が

2019年07月24日 | 野鳥
 今年の梅雨は長雨で家の中もジメジメです。
そんな季節、いつもはバイクで行く公園ですが午前中に用事が済んで雨が降ったらすぐ帰れるように車で行って貰いました。

公苑は夏休みに入り水場には水が入って子供たちは水の中で賑やかに遊んでいます。





サルビアも咲きそろってきました。



池ではチョウトンボがヒラヒラ、カワセミまちの間はトンボを見て過ごしました。

気が付けば鉄塔にはオオタカが止まっていました。久しぶりのオオタカでした。





池ではカルガモがバタバタ!!



あれっ!!カワセミが橋の縁に登場していました。







サルビアとカワセミは外れましたが見られただけでも満足でした。



雨の降る前にと車に戻り走り始めたら降りだして、ラッキーにも濡れずに済みました。
コメント

蓮カワセミに会いたくて

2019年07月19日 | 野鳥
 先週ですがこの時期にしか見られない蓮とカワセミに会いたくて水鳥の郷に行って来ました。
7月に入ってから日照時間が少なくて農作物には被害が出る程の雨ばかりですが13日は朝から曇り空でしたが降っていなかったので
降るまでに帰ってくれば良いと思い出かけました。

今年はハスの花が少ないようで地元のウオーキング方も気にしていました。



早朝にハスカワセミは見られたそうですが出が良くないのでお昼で帰られる方が多かったのですが、午後も粘っていました。
飛んできたのが見えて止まったのは一瞬でした。







木の下に飛んで行ったのは見えたので探したら止まっているのが見えるだけでした。








残念!諦めて帰り路の池の畔で柵に止まっているカワセミを見つけましたが餌獲りをして花には止まらずに飛んで行きました。








4年目の今年は一瞬でしたが花乗りが見られました。
コメント (8)

湯治を初体験

2019年07月12日 | お出かけ
 8日(月)~11日(木)まで3泊4日で秋田県の玉川温泉に湯治に行って来ました。
夫は50代から遺伝性の糖尿病ですが一病息災と思い養生して薬も飲まずに頑張っていますが、定期健診で見て頂いたらがん検診で疑いが出て再検査の結果は前立腺癌が見つかりました。
自覚症状は全くなかったほど初期なので手術で完治すると医師からは言われたそうですが、知人は手術は出来ないと言われたガンを
湯治に通ってSPA数値が下がり完治ではないそうですが16年が過ぎたそうです。
身近で効果があるのを見ていたのでガンと聞いてすぐに知人が湯治に通った玉川温泉に行って来ました。




初めての田沢湖、駅には竜の頭が3個、お神輿でしょうか?が迎えてくれました。
玉川温泉までは駅から1時間以上もバスに乗るので途中下車して田沢湖畔で降りて昼食は名物の稲庭うどんを食べました。
秋田犬の犬舎もあったので覗いたらザギトワさんに贈られたマサルちゃんによく似た賢そうな犬もいました。





関東は梅雨空でしたが良い天気なのでバスの時間まで湖を歩いて見ました。
玉川温泉まではバスで1時間以上も曲がりくねった山の中を走り車酔いしそうになった頃到着しました。



娯楽も何もなく来ている人は皆同じ目的で一日に何度も温泉に入り岩盤浴で身体を暖める湯治です。
旅館には室内にも岩盤浴施設がありますが、外の自然研究路やテントにゴザを敷いての岩盤浴の方が多くいました。
皆さんを真似て暖かい場所を探してゴザを敷いて寝そべる、これが本物の岩盤浴だと判りました。













湯の川沿いの自然研究路は硫黄の煙が立ち上り歩いているだけでも効果がありそうな気がしてきます。
温泉は強酸性で100%の湯と50パーセントの湯があり悪い所があるとピリピリと痛みが出るそうです。夫は1日目は何とも無かったのに2日目から痛みが出たそうです。
私はどこも痛みは無かったのですが、森でやぶ蚊に刺されたのがお湯で温まると痒みが増して辛かったです。
そんな初めての湯治体験でしたが、夫は効果が実感できたようなので手術の前に何度か行く予定です。
関東は梅雨ですが玉川温泉にいた4日間、晴れて爽やかな高原の快適さでした。
帰りに売店で「こちらは梅雨は無いのですか?」と聞いたら「いつもなら梅雨ですよ。明日からは雨になるようです。」と言われましたがお天気にも恵まれて外の岩盤浴も体験出来ました。
コメント (10)

久しぶりに森を散策

2019年07月04日 | 野鳥
雨ばかりの日が続き出かけられないうちに6月が終わり7月も4日になってしまいました。
梅雨前線が刺激されて大雨が続いて甚大な被害が出ている地方が心配ですが、こちらは雨続きでも被害はありません。
7月2日は曇ってはいても雨が降っていなかったのでで久しぶりに森に行って来ました。

オオタカの巣がある場所を常連さんが案内して下さったので雛を見る事が出来ました。有難うございました。





親鳥は餌を置いて行ったらしくお食事中の2羽が見えました。

久しぶりの森の中は雨上がりで気温と湿度が高く、チクチク足が痛いので見ればやぶ蚊がパンツの上に群がっていて留まっていられないので
親鳥の来るのを待たずに森から退散しました。

コンコンコン♪頭の上を見ればコゲラです。
森の奥ではフクロウもいました。





蚊に刺された足が痒くて短時間の森散策でしたが、久しぶりに常連さんにお会い出来てオオタカの雛にも巣立つ前に会えました。



早々に退散してバイク置き場に戻って来たら木の上に桜カットの三毛猫がお昼寝中でした。
ここでは4匹くらいの猫達を見かけます。

翌朝痒くて眠れなくて足を見れば凄いことになっています。



塗り薬を付けても温まると痒くなるので冷していますが虫刺されというより見た目は蕁麻疹のようです。
汚い足がさらに赤く腫れて人生初のやぶ蚊200匹以上の証拠写真です。

お見苦しい画像を見て頂いたお口直しに雨の中で咲いていた庭の花を見て下さいね。










コメント (8)

コアジサシの営巣

2019年06月21日 | 野鳥
 今朝はTVでもオリンピックチケットの当選が話題になっていましたが、楽しみにしてた発表は残念なことに夫も私も落選でした。

でも昨日はコチドリの雛が見られたので私にとっては嬉しい日でした。
コチドリで思い出したのは建設予定地になっている広い空き地で営巣していたコアジサシです。
高いフェンスで囲まれた空地は砂利と雑草と水たまりがあってコアジサシの集団で賑わっていました。
顔見知りのCMさんがいらしたので雛の居る場所も教えて頂いたのですが、距離があるのと高い網のフェンスが邪魔で
見えにくかったです。
場所の様子を判って脚立に乗って撮っているCMさんもいらっしゃいました。
この場所は建設予定地で工事が始まりそうです。沢山のコアジサシの楽園は今だけで次は何処に行くのか?心配になります。

抱卵中のコアジサシは見えるのですが雛は肉眼では見えません。
時々一斉に空に飛び出して、その数は50羽以上いるようでした。













抱卵中の♀にお魚を持って♂が来ました。




卵が2個見えてます。



良く見れば親から離れて雑草の中で走っている雛も見えました。





コアジサシの雛も嬉しい初見でした。
コメント (4)

コチドリの親子

2019年06月20日 | 野鳥
 国道の脇の空地にコチドリが営巣して昨日から雛が4羽孵りました。
「親子で動いているけれど早く行かないとどこかに移動して見られなくなりそうです。」と情報を頂いたので
午後から行って来ました。
道路脇の空地はロープで囲ってあり小砂利の中に草が少し生えているだけです。
こんなところで雛が産まれたとはびっくりです。

鳥撮り仲間が先に来ていて探していましたが、親鳥しか見つからないので空地を一周して帰る支度をしていました。
親鳥だけでもと撮っていたら幼鳥の頭が見えました。
せっかく来て空振りにならずに親子を見つけることが出来ました。





















雛ちゃんは綿玉のようですが小さいのに足は長めで走るのが早い事、小石の中では保護色になり見つけるのが難しかったです。
コメント (8)

優にプレゼント

2019年06月19日 | 
 優が虹の橋を渡って49日がきます。
甥っ子夫婦がペットロスを心配してお花を持ってきてくれました。
普段は元気にしてればラインだけで会う事もないのですが「家にいる?」と花束を届けに来てくれました。

猫の居ない生活にも慣れてきましたが、まだどこかにいるような気がします。

出窓の猫ドアーは取り外し、観葉植物の置き場になりました。







元気だったころの優、猫って箱があったら必ず入りますね。
温もりを手で触れなくなりましたが沢山の思い出はいつまでも消えることはないでしょう。
コメント (2)

夏野菜が豊作です。

2019年06月19日 | 家庭菜園
 大雨の後で出かけていたので帰って来て畑に行ったら沢山の収穫がありました。
インゲンは今年の初採りですが捥ぐのが疲れる程採れて友達にお届けしました。



出かける前は花ばかりでしたが、暑さもあって急に育ったようです。











畑から見えるお向かいの軒下のツバメの巣、出かける前は餌運びに忙しい親鳥でした。







家主さんがカラス除けの網を掛けて下さったので4羽の雛が無事に巣立ちました。
もう次の繁殖の準備で親鳥は空になった巣の補修が始まっていました。
コメント (2)

初見のコルリ

2019年06月18日 | 野鳥
 17日に群馬県で用事があったので、前日はさいたま市の保養施設のバンガローに泊まりシダの池に行って貰いました。
早起きして行ったので現地に着いたらCMさんが1人だけでした。
ご挨拶をしたら「雨の翌日はこの池まで野鳥は来なくて、森の中の水たまりの方が鳥が見られますよ。」
「今の時期は営巣中なので野鳥を見るなら梅雨明け後の方がいいですよ。」と言われましたがご一緒に待たせて頂きました。



時々小雨が降ったり陽が射したりと変な天気でしたが午前中に念願のコルリの初見が叶いました。










青い鳥3種がのうちコルリだけがまだ見た事が無かったので今回はコルリが見られただけで満足でした。

鳥の声よりカエルとセミの声ばかりを聴きながらキセキレイが追いかけっこしてしてるのを見ていましたがキセキレイを撮ったら岩の上にハルゼミも乗っていました。









クロツグミは何度も水浴びに来ました。

他にもホオジロ、シジュウカラ、ヒヨドリが水浴びにきました。
野鳥を撮っていると池の柵には人馴れしたシマリスが遊びに来ます。
篭脱けという事ですが手が届くところまできて驚かせてくれます。



シジュウカラと思って撮ったけれど見れば黒いネクタイも無く、この2枚は名前が判りません。





可愛い眼をしたこの鳥の名前の判る方、よろしくお願い致します。

 鳥撮りの先輩からコサメビタキでは?と教えて頂き図鑑で調べましたが水浴びシーンで全身が見えないので難しいです。
ホロホロさんからもビタキ類の幼鳥では?と教えて頂きました。
有難うございます。コサメビタキにいたします。違っていたら変更させて頂きます。

早目に昼食を食べて池に戻りましたが雨が本降りになりそうで地元のCMさん2人が帰られるので、ご一緒に撤退しました。
お天気が悪かったので野鳥撮影は3人だけでした。常連のお二人には大変お世話になり有難うございました。





コメント (6)

s沼はカワセミ祭り

2019年06月14日 | 野鳥
 S沼では昨年生まれた若夫婦が6羽の幼鳥を育てて沼に連れて来ました。
沼はにぎやかに飛びまわる幼鳥と親の8羽で活気付いています。
常連さんのお話では6羽というのはS沼の新記録だそうです。

幼鳥達にエサをあげながら早くも親鳥はクチバシも足も泥だらけで新居のリホームも始まった様子です。





母鳥はエサ取りに励んで羽も傷んでいます。










幼鳥達も餌獲りの練習をして小さな魚が獲れるようになりました。








小さいながら羽繕いだって出来るようになりました。










沼を見渡せば2羽3羽と支柱に止まってるので合わせて8羽を数えられましたが、1本の支柱で初めて6羽並びが見られました。

嬉しいカワセミ祭りでCMさんも連日にぎわっているようです。

コメント (6)